全力教室

<   2011年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

あやせん 6月30日

 
  あやせん 6月30日(木)

 昨日は、ものすごく暑かった。
 東京は、初の猛暑日。
 教室は、朝から34度。
 途中でエアコンをつけても、31度。
 梅雨明けを思わせる暑さだ。

 熱中症が心配。

 用事がないときは、早めに帰ることにしている。
 学校の電氣その他を使わないためである。
 お氣に入りのラーメン屋へ。
 つけ麺を食べる。
 相変わらず、おいしい。
 仕事がていねい。
 接客がよい。
 それでいて、混んでいないのがいい。

 「真名井」へ。
 コンディションを調整する。
 ミストサウナと冷水浴をくり返す。

 家に帰り、仕事。
 公開授業について、詰めていく。
 今年度、公的には初めての公開授業である。
 校長先生の許可が下りた。
 9日は、公開できることになった。
 ありがたいことである。
 ※ただし、参加者は限定。

 授業の構想を練る。
 大枠は、だいたい決まった。
 細かい点について詰めていく。
 今回も、おもしろい。
 たとえば、班学。
 3つにわける。
 ・算数班学
 ・国語班学
 ・その他班学

 授業も、普通の教科でくくる。

 ◆算数
 ・算数班学
 ・音読、カード(基礎)
 ・なんこれ!
 ・10マス計算
 ・「折れ線グラフ」
 ・復習
 ・テストを活かした学習  教え合い
 ・どん難問だい!

 ◆国語
 ・国語班学
 ・ワン学
 ・一斉音読
 ・表現読み
 ・漢字楽習
 ・リズム漢字 復唱
 ・超高速読み
 ・漢字書き取り
 ・一文解釈
 ・『短歌の世界』

 こんな感じである。
 杉渕流のユニット授業最新版。

 3校時は、指名なし発言の授業。
 そして、ミニ発表。

 今日の学校、ばたばたしている。
 6年生が社会科見学に出かけるのである。
 暑いときの見学、大変だと思う。
 お疲れ様です。

 授業の構想を練る。
 今日の授業について、考える。

 教室へ。
 室温、すでに35度。
 エアコンをつける。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 チャイム前から、始める。
 あいさつリレーの途中で、チャイムが鳴る。

 ◆班学

 ◆ひと班学

 ◆班学 2
 班ごとに、メニューを考える。
 1 算数班学
 2 国語班学
 3 それ以外班学

 ◆音楽
 音楽室へ。
 行きはよい。
 ・さっと並ぶことができる。
 ・机、いすの整頓ができる。
 ・歩行
 ・入室時のあいさつ
 などなど。
 まあまあ。

 問題は、帰りである。
 火曜日はひどかった。
 ・ばらばらで戻ってくる。
 ・教室に入るとき、あいさつしない子がいる。
 ・2校時のチャイムが鳴ってから戻ってきた子9人。
 時間感覚、その他が、いいかげんになっている。
 指導を入れた。
 今日は、どうだろうか?

 職員室と教室で仕事をする。
 ・実践開発
 教材と方法を開発している。
 今、「漢字一覧表」を使っての実践を開発中。
 おもしろい。

 9:32 子どもたちが戻ってきた。
「ただいま」
 早い。
 授業が早く終わったのだろう。
 ・全員そろって、もどってきた。
 ・教室に入るとき、あいさつをした。
 先週とは、段違いによかった。
 チャイムが鳴るまで、教室で待機。
 待ち時間を使える子は、少ない。

 チャイムで、トイレ、水飲みなど。

 ◆リズム漢字 読み
 ・復唱
 ・超高速読み

 ◆書き取り
 リズム漢字の書き取り。

 ◆漢字一覧表を使って
 ・部首探し
 部首に色をぬっていく。
 (例)
 例だったら、「にんべん」に色をぬる。
 
 5分で、どのくらいできるか。
 ・覚えていないとできない。
 ・俯瞰できないと、できない。
 一番色をぬった子で、93。
 半分いかない。
 話にならないレベルである。

 指導を入れる。
 さて、私はどんな指導をしたか?
 コマーシャルの後。

 2回目は、別人になっていた。
 取りかかりが違う。
 全員が、さっと書き出す。
 教室の空氣が違う。

 まずは、5分で200個色をぬることが課題。
 ・部首をすべて覚える。
 ・さっとぬることができる。
 先ほどトップの子は、全部できた。
  93→200
 しかも、3分ちょっとでできた。
 この違い。
 20→200
 になった子もいた。
 ホントかな(笑)
 63→199

 色をぬることができたら、次は言うこと。
 (例)
 愛→心
 案→木
 以→人
 というように、いえるようにする。
 言葉だと、ごまかすことができない。

 ◆20分休み
 まだ、続けて部首を調べている子もいた。

 ◆算数

 ★折れ線グラフ
 教科書の問題。
 ドリルの問題。
 まだ、取りかかりが遅い子がいる。
 実力は、取りかかりのスピードにあらわれる。

 ★テストを活かした学習
 昨日行ったテストを、もう一度やらせる。
 同じ問題をくり返す。
 このよさに氣がついたのは、数年前。
 ※よさを実感したという意味。
 「くり返しは奇跡を生む」。
 ただし…ただのくり返しではない。
 「(ただの)くり返しは、惰性を生む」。
 意味のあるくり返しをさせたいものである。
 わかってきた子は、「またーっ」とはいわない。

 説明を書くとなると…
 時間がかかる。
 ほとんどの子が、ていねいにやっている。
 それはいいのだが…
 スピードがない。

 まだ、説明できない子もいる。
 できなくてもよい。
 さっと解けない→解ける。
 という段階である。
 さっと解けないと、説明できない。

 ★どん難問だい!
 分数の難しい問題を出題。
 今日は、全員正解だった。

 ◆音読づくし
 班ごとに練習。
 ・『ひろがる言葉』
 ・『とびばこ だんだん』
 ・『春の歌』
 ・『あめ』
 プリントをなくす子がいる。
 今日は、あげない。

 ◆『あめ』
 『あめ』を覚える。
 フルバージョンで、音読する。
 あとで、アレンジしたい。

 ◆歌
 ミニコンサートに向けて、歌の練習。
 声量アップ。
 美しさは、あっぷあっぷ。
 美しさを求めると、声が小さくなってしまう。
 まだ、声量の段階。

 ◆自学タイム
 それぞれ、テーマを決めて学習。

 ◆給食
 最初に指導を入れる。
 ・切り替え
 ・先輩たちのタイム
 「切り替え」の速さは、実力をあらわす。
 先輩(1年生)は、5分で準備。
 先輩レベルには、ほど遠い。

 会食。
 しゃべっていて進まない子に、声をかける。
 途中、氣持ちが悪くなった子一人。
 今日は、残菜ありとなった。
 食べ方についても指導。
 教師の食器とくらべさせる。
 次元が違うきれいさ。
 ※その子なりに、がんばればよい。
 ひどい子になると…
 ご飯粒が30以上残っているのに「きれい」という。
 どういう神経?

 最近、最寄り駅の広場がきたない。
 夜、酒盛り?
 朝、ゴミが散乱している。
 以前は…そこまできたなくなかった。

 学校の最寄り駅。
 ビューティフルウインドウズ運動が展開されている。
 毎日、ボランティアの方がゴミを拾っている。
 拾っても拾ったも、毎日すごいゴミが出ている。
 ということは、平氣で捨ててる人が多いことをあらわしている。
 教育の結果である。
 学校で教えるべきことを教えていない。
 基本を教えていない。
 大切なことを教えていない。

 12:55に「ごちそうさま」ができることは、ほとんどない。
 昼の時間を活用できるのは、いつのことか…
 13:05 定刻も、あやしいものである。
 特定の子が遅いので、「ごちそうさま」が遅れる。
 わがクラスが崩れるのは、時間がかかったとき。
 一定時間をこえると、待っている子が崩れてくる。

 牛乳パックの折り方。
 1班から、見本を回していく。
「このように折るんだ」
 見ればわかる。
「そこまでしなくても…」
 という甘さが、学級を壊す原因。
 できなければ、教師が手伝えばよい。
 できる子が、手伝えばよい。
 大切なことは、「できるだけ努力すること」である。

 チャイムがなっても、まだ終わらない子がいる。
 今日は、厳しく指導する。
 ・十二分に量を減らしている。
 なぜ食べ終わらないのか…
 私は、ずっと見ているのでよくわかっている。
 とどのつまりは、「考えの甘さ」である。

 ◆昼休み
 昼休みは、5分遅れでスタート。

 ◆掃除
「しゃべる人は、教室から出てください」
 自問清掃…
 今、ものすごく難しくなっている。
 10年前は、2ヶ月でできたことが…
 今は、1年たってもできない。
 「黙って何かをする」ことが、できなくなっている。
 土台の部分が、かなり落ちている。
 以前は、できて当然。
 今、かなり努力しないとできない。
 前提が、違ってきている。

 ◆図工
 「人物画」
 差が出るのが、人物画。
 「よく見る」が、できていない。
 描く技術がない。
 ※両方できない子が多い。
 まずは、輪郭が取れない。
 卵型が描けず、真四角になる(笑)
 などなど。
 3分交替で描いたのだが…
 だんだん、しゃべる子が出てくる。
 うまく描けない子がしゃべる。
 手応えを感じている子は、しゃべらない。

 教師は、ある子の顔を描く(見本)。
 机間巡視して、えんぴつを入れていく。
 ちょっと手を入れるだけで、絵ががらっと変わる。

 ◆テストを活かした学習
 テストを返却。
 説明を書き加える。
 ある子は、説明をたくさん書いた。
 算数のテストのときも、たくさん書いた。
 今まで、なかったことである。
 こんなところにも、成長の跡が見られる。

 ◆『短歌の世界』

 東の野にかぎろいの立つ見えて
        かえり見すれば月かたぶきぬ

 について。
 班学。
 全体で、指名なし発言。
 一歩突っ込んで発言できるように、指導する。

 ◆帰り
 ・掃除
 ・帰りの支度
 ・連絡…明日は水泳
 ・「さようなら」
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-30 23:21 | あやせん

あやせん 6月29日


  あやせん 6月29日(水)

 昨日の午後は、暑かった。
 急に暑くなったので、体が対応できない。
 梅雨明けを思わせる暑さだった。

 夕方は、同僚と教材研究。
 ・メリハリをつける。
 ・同じ問題をやらせる。
 ・力の弱い子の指導

 ユニット授業を展開する。
 ・音読
 ・漢字
 ・一文解釈
 ・その単元
 など、メリハリをつける。
 45分間同じことをする…
 今は、かなり難しい。
 よほど力量が高くないと無理。

 同じ問題をやらせる。
 教育界で軽視されていること。
 違う問題だと、感覚が育たない。
 同じだからこそ、少しずつわかってくる。
 できない。→できる。
 わからない。→わかる。
 できるようになったら、負荷をかける。
 (例)
 ・10分制限→8分制限→5分制限→3分制限。
 ・解くだけ→声を出して解く→ポイントを書く。
 などなど。

 力の弱い子を、どう指導するか。
 1回で、できるようにしようと思わない。
 10回やるつもりで。
 今、底が抜けている状態。
 底をつくる指導が必要。

 その後、居酒屋で教材研究(笑)
 いつものパターン。
 まだ6時前だというのに、ものすごく混んでいた。
 2軒はしごしたのだが、いずれもカウンター。
 混んでいるときは、カウンターがいい。
 周りがにぎやかでも、話ができる。

 同じ学校ならではの、研究形態(笑)
 しかし…いつまで続くかわからない。
 諸事情で、どちらか転勤になったらそれまで。
 そのときしか、できないことがある。
「またの機会に…」
 はない。
 できるときに、できることをするべきだ。

 家に着いたのは、10:30過ぎ。
 健康的な生活だ(笑)
 犬の散歩。
 11:00に寝る。

 朝は、4:00起き。
 すぐ、仕事にかかる。
 朝風呂読書。
 朝から、ものすごく暑い。

 いつもの電車に乗る。
 今日は、なぜか混んでいる。
 車内で、教材研究。

 学校到着。
 校長先生に、お願いする。
 正式に、参観許可がおりた。
 ありがとうございます。
 これで、7月9日授業を公開できる。
 ただし、限定5~6名。
 すでに、定員。

 引き取り訓練の構想を練る。
 今回は、9月11日土用参観日に実施する。
 ・猛暑のため、室内での引き取り。※昨年度と同じ。
 ・参観日のため、そのまま引き取りに入る。
 ・流れをどうするか?
 昨年度混乱した点を、改善する。


 若い先生と話しをする。
 先日、パワーアップタイムを参観した先生。
 クラスの子が、刺激を受けたそうである。
 一つ上の先輩とくらべる。
 一番いいパターンである。
 大きな違いを感じたことだろう。
 がんばってほしい。

 教室へ。
 室温35度(笑)
 ここは、亜熱帯か?
 ※あとでエアコンを入れても、32度(笑)
「あーっ、熱帯」

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 氣合を入れて、あいさつ。

 ◆班学

 ◆ワン学
 ・『ひろがる言葉』
 ・『とびばこ だんだん』
 ・『春の歌』
 ・『あめ』
 ・漢字の広場 送りがな
 昨日は初見だったので、いまいち。
 今日はいろいろな形で読ませる。
 4分割し、それぞれ読ませる。

 暑さのため、全力レベルがダウン。
 私が見本を見せる。
 基準を明確にする。

 ◆音読
 ・漢字の広場 4分割
 ・漢字の広場 超高速読み
 ・『短歌の世界』の冒頭部分。

 短歌と俳句について、教える。

 ◆一文解釈
 教科書に出てくる、柿本人麻呂の歌

 東の野にかぎろいの立つ見えて
      かえり見すれば月かたぶきぬ

 言葉が難しいので、いつものように意見が出ない。
 少しだけ解説。
 話し合いについては、明日にまわす。

 ◆リズム漢字 読み
 班ごとにおこなう。
 ・復唱
 ・超高速読み

 ◆リズム漢字 書き取り
 5分間の学習。
 静の授業。
 そろそろ、指導を入れていこう。

 ◆同音異義語
 「漢字の広場」3より。
 おもしろい。

 「あつい」の違い。 熱い、暑い、熱い
 「さめる」の違い。 覚める(醒める)醒める、冷める
 「かえる」の違い。 変える、代える、返る、替える、蛙など

 キ   ※これも、教科書に載っている。

 □候    気候
 好□    好機
 □節    季節
 学□    学期
 □録    記録
 楽□    楽器

 教科書も、けっこうおもしろい。

 ◆社会
 『くらしとゴミ』のテスト。
 ほとんどが、100点。
 100点は、終わりではない。
 次の段階のはじまりである。
 +αの学習をさせる。
 説明を書く。
 ※これは、以前から取り組んでいること。
 
 詳しく書く。
 ・ゴミを出すとき、どんなことに気をつけて、
 ゴミを出しますか。

 ひらがな部分を漢字になおす。
 (例)
 ・ゆくえ
 ・もやす
 ・えらぶ
 ・しげん
 ・くふう
 ・中央せいぎょ室(せいぎょ)
 などなど。

 やることは、たくさんある。
 
 まだ、スピードがない。
 遅すぎる。

 ◆20分休み
 教材印刷。
 学力テスト返却準備。

 ◆テストなおし
 区の学力テストが返ってきた。
 点数がいい子もいれば、悲惨な子もいる。
 しかし…このテストを実施したのは、4月12日。
 学級開きから、1週間。

 あれから、2ヶ月半。
 どのくらい力がついたか。
 もう一度やってみる。
 ・もう一度解く。
 ・短時間で解く。
 ・解き方を説明する。
 ・ポイントを書く。
 ・プラスαの学習。
 などなど。

 今日、家に持って帰る。

 ◆算数
 まとめのテストをする。
 基本通りにやらないと、やり直しをさせる。
「これくらいでいいや」
 この甘さが、命取りになる。
 基本は、その通りやること。
 徹底してやること。
 
 今日のテストは、歯ごたえがある。
 応用問題が難しい。
 ひとひねりしてある。
 罠を見抜けるか?

 おもしろかった。
 いつもは、平均点が95~97。
 今回は、90点くらい。

 全部できた子は、大喜びしていた。

 ◆給食
 かなり前から、いいにおいがしていた。
 今日は、スパゲッティだと確信したのだが…
 チキンライスだった(笑)

 算数が盛り上がった影響もあり…
 切り替えが遅い。
 さっと取りかかる子が、まだ3分の1。
 遅いなーっ。
 会食。
 しゃべり過ぎる子がいる。
 その子の波動が伝わる。
 影響を受ける子が出てくる。
 だれかの波動→伝わる。
 プラスの場合とマイナスの場合あり。

 会食に時間がかかると…
 崩れる。
 かたづけも同様。
 もっとスピードがあれば、崩れる子がいなくなる。

 ◆昼休み
 水曜日は、掃除の時間がない。
 しかし、私の学級では必ず掃除をする。
 「場を清める」ことは、基本中の基本であるから。

 ◆読書タイム
 子どもたちは、読書。
 私は、T字型ほうきのメンテナンス。

 ◆A小タイム
 基礎学力づくりの時間。
 4学級が、5つにわかれて学習。
 ・漢字ドリル
 ・計算ドリル
 ・部首探し
 ・難問
 ・その他

 ときどき、個別指導。

 途中、水飲み休憩1回(1分間)。
 ※熱中症予防。
 校長先生の話
「タイでは、1日5リットルの水を飲む」
 とのこと。
 塩をなめることもあるという。

 放課後は、校内研分科会。
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-29 23:20 | あやせん

あやせん 6月28日


  あやせん 6月28日(火)

 昨日は、歯医者。
 このところ月曜日は、歯医者に通っている。
 この日は、土台づくり。
 来週、上物をかぶせる。

 家に帰り、仕事をする。
 途中、『ハンチョウ』を見ながら仕事をする。
 夏の授業セミナーについて、構想を練る。
 10:00前に寝る。

 朝は、4:00に起きる。
 夏の授業セミナーの構想を練る。
 資料づくり。

 早めの電車に乗る。
 車中で、構想の続き。
 ・今日の授業
 ・夏の授業セミナー
 ・公開授業

 かなり「形」になってきた。
 もう少しである。

 学校到着。
 教材研究。

 教室へ。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 休みの子のところで、間があく。
 やりなおし。
 この子は、いつも意識が抜ける。
 変化に弱い。
 2回目、今度はよくなった。
 昨日とは違う。
 エネルギーとパワーが、段違い。

 ◆班学

 ◆読書
 火曜日は、読書タイム。
 あいさつリレー、班学の後は読書。
 静の時間

 ◆音楽
 音楽室へ移動。
 いつもより、行動が速い。
 机いすも、整頓されている。
 子どもたちと共に、音楽室へ。
 音楽の先生に、お願いする。

 ★教材研究
 職員室と教室で、教材研究。
 教材づくりをする。
 「4年生漢字一覧表」
 ※いくつもバージョンがある。
 最新バージョン。
 見やすくするために、字を大きくした。
 授業の構想を練る。

 子どもたちが帰ってきた。
 きちんとあいさつしない子は、やり直させる。
 しかし…
 どうして、並んで帰ってこないのか?
 帰ってくるまでに、時間差があるのか?

 「専科の授業からの帰り」は、大きな課題。
 授業が終わったら終わり…
 になっている。
 教室までが授業とは、認識していない。
 このへんを、あらためて指導する必要あり。

 ◆国語
 チャイムと同時に、授業を始める。
 まだ、戻ってこない子が9人。
 いったい、何をやっているのだろう?
 音楽室から教室まで、徒歩1分。
 不動産だったら、最高(笑)
 特別な事情がない限り、遅れることはあり得ない。

 ◆ワン学
 ・『ひろがる言葉』
 ・『とびばこ だんだん』
 ・『春の歌』
 ようやく、戻ってきた。
 遅れたことを謝る子がいない。
 きちんとするまで、授業に参加させない。
 ・心の準備
 ・頭の準備
 ・体の準備
 他の子は、すでに「場」に入っている。
 急に入ることは、できない。

 ・リズム漢字 復唱
 ・リズム漢字 超高速読み
 ・リズム漢字 書き取り

 ★部首探し
 メインの1つ。
 先ほど作成した、「4年生漢字一覧表」を配る。
 ・「にんべん」が部首の漢字を探す。

 ・「くち」が部首の漢字を探す。
 「にんべん」と違って、?の字がある。
 (例)
  「器」は、「口」か「大」か。
 ?の字を調べるのが、おもしろい。
 「一覧表」を使った実践を開発中。
 おもしろい。

 ★教科書音読
 「漢字の広場 2 送りがな」
 教科書を読みながら、問題を解く。
 今日が、初見である。

 ★『短歌の世界』
 冒頭部分を音読。
 これも、初見。

 国語に限らず、教科書音読を重視したい。
 ・復習
 ・初見
 の2本立て。

 ★一文解釈

 今日は、教材からシングルカットした。

 だれも
 歩いていない道にも
 朝が きたよ

 『朝が きたよ』より
 ※「音読の森」より

 いつものように、発言。
 子どもたちの認識が甘かったのは、「にも」
 ・歩いていない道に
 ・歩いていない道にも
 比較させる。

 ◆20分休み
 教材づくり

 ◆社会
 テストを活かした学習。
 ・問題を音読する。
 ・大切な言葉に線を引く。
 ・資料のタイトルを音読する。
 ・資料を読む。
 などなど。
 黙って解くのは、もっと後でよい。
 今は、基本の基本を学習中。
 
 多くの子は、100点。
 できない子は、90点。
 1問だけ、引っかかるところがあった。

 ◆算数
 ★『折れ線グラフ』
 教科書を使っての学習。
 ミニテストのプリント。
 問題は、「温度」。
 まだ、「温度」とする子がいた。
 ここは、「氣温」とすべきところである。
 「時間」としてしまう子がいた。
 「時刻」を教える。
 基本は、教えないといけない。

 ★どん難問だい!
 ・難しい分数の問題
 ・虫喰い問題

 今日は、面倒くさい問題。
 地道にていねいに解かないと、途中で間違える。
 しかし…粘り強く解く子が多かった。
 よし。


 ◆給食
 今日は、すべて届いている。
 定刻通り、準備開始。

 ×だったのは、配り方。
 おかずが、たくさん残った。
 もっと配らないといけない。
 最初に配る量が、大切なのだ。
 多めに配ること。
 減らしたい子だけ、減らせばよい。

 会食は順調だったが…
 おかずが減らない。
 すべてにおいて、「全員おかわり」をした。
 最近では、一番苦戦した。
 他は、もっと苦戦しただろう…

 デザートは、メロン。
 ゴミを御美にして返す。
「先生、今日の御美きれいだね」
 ということで、写真撮影。
 はい、ポーズ。
 昨日のスイカは、うまくできなかった。
 今日は、きれいに飾り付けることができた。
 食器も、きれいな子が多い。
 「食」は、その人がもろに出る。
 ※食べ方。
 小学生のうちに、きちんと基本を身につけさせたい。

 特定の子が遅いので、「ごちそうさま」が遅れた。
 休み時間に、食い込んでしまった。

 ◆昼休み
 休み時間だというのに、掃除をする子がいる。
 今日は、いつもよりきたない。
 それに、氣がついたのだろうか。
 私より先に、掃除を始めていた。
 私も、掃除。
 一通り掃く。

 ◆掃除
 子どもたちが掃いた後を、掃く。
 前にくらべると、ゴミがでない。
 掃き方も、よくなってきている。

 いつもさらっと雑巾掛けする子が…
 今日は、しつこく汚れを取っていた。
 その子が、そこまでこだわるのを初めて見た。
 徹底的に拭いていた。
 普段と違う姿を見た。

 掃除しながら、一人ひとりを見る。
 見ようとしなくても、目に飛び込んでくる。
 なるほど。
 よくなってきた子に、声をかける。
 よくないときには、教える。
 叱ることは、ほとんどない。

 ◆歌
 歌の練習。
 アニメ特集。
 『いつも何度でも』
 かなり覚えてきた。
 『世界の約束』
 今日から、練習に入る。
 『君をのせて』
 練習に入る。

 ◆節電について
 区からの要請あり。
 節電について、考えさせる。
 節電だけでなく、「節約」。
 ・もったいない。
 ・エコとエゴ
 子どもたちが氣づいていないことがある。
 たとえば、時間。
 時間を有効に使っていない。
 これも、エコに反する。
 自分ばかりか、人の時間を奪っている。
 環境破壊に力を貸している…

 私は、なるべく早く帰るようにしている。
 学校の電氣、その他を使わないためである。
 節約できることは、たくさんある。
 体育主任をしていたときは…水を節約した。
 プールフロアを買ってもらった。
 低学年でも水を減らすことをさせなかった。
 区で一番水を使わない学校だった。
 1回減らすと…3万くらいかかる。
 石灰も、使わせなかった。
 これが、ほんとのおせっかい(笑)
 お手玉、コーンで代用した。
 そのおかげで、みんなに憎まれた。
 その立場にならないと、わからない。
 自分でお金を払わないと、わからない。

 わがクラスは、いつも「節約」している。
 ・元氣
 ・発言
 などは、節約しないように(笑)

 放課後は、職員会議。
 ミニ学年会。
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-28 23:20 | あやせん

あやせん 6月27日


  あやせん 6月27日(月)

 金曜日、用事のため休暇を取る。
 5、6校時は、自習。
 ※補教の先生がついての自習。
 私は、研修会で勉強。
 ときどき、担任がいないのはいい。
 子どもたちの「育ち」をチェックできる。
 私が一番見るのは、教室である。
 子どもたちが去ったあとの教室。
 すべてが、あらわれている。

 朝、教室を見ると…
「うーん」
 ゴミが落ちている。
 机の上にものがのっている。
 黒板が消してない。
 日付が、24日のまま。
 普段と違う。
 今日は、掃除から入ろう。

 職員室へ。
 「新体力テスト」の記録を入力。
 忙しい現場を、さらに忙しくさせる…
 最近、このようなことが多い。
 何を考えているのだろう。
 やるべきことが、違うのではないか?

 しかし…やるしかない。
 氣持ちを切り替え、入力にかかる。
 本氣になると、速いのが私。
 なんとか、入力終了。
 これで、一つ終わった。

 ◆朝会
 雨が降ってきたため、体育館で行うことになった。
 放送が入ったのが3分前。
 8:30までに集まるのは、無理だろう。
 わがクラスは、どのくらいで集まるか?
 教室の状態を見ると厳しいと思っていたが…
 8:30までに集合することができた。
 彼らは、集まった者から移動したのだ。
 全員集まるまで待つと、かなり時間がかかる。
 なるほど。
 頭を使った。
 学校全体が整ったのは、8:37であった。
 いまいちの掃除と素早い集合。
 見事なコントラストである(笑)

 ★あいさつ
 朝のあいさつは、よかった。
 代表のKくん(6年生)。
 よく、声が出ている。
 聴く態度がいいので、よけいに声が大きく響く。
 いいあいさつだった。
 後輩は、先輩を見て育つ。
 6年生がかっこいいのは、とてもよい。
 このような場面を、たくさんつくってほしい。
 口ではない。
 下級生は、上級生の姿を見て育つ。

 ★校長先生のお話
 若い先生2人が協力。
「雨の日の歩道橋」
 すれ違うときの様子を再現。
 ・よくない例
 ・よい例
 「かさかしげ」 江戸時代から行われていた。
 具体的な話だった。
 よくわかる。
 「江戸仕草」の話である。
 「粋」な教師になりたいものである。

 ★看護当番の話
 かなり間があった。
 誰が話しをするのか、決めていなかったのだろうか?
 ざわつかず待っていたのは、立派。
 ・あいさつ
 ・校長先生の話
 が効いている。

 朝会終了。
 雨が上がったので、4年生は「犬走り」を通って教室へ。

 ◆場を清める
 掃除から入る。
 子どもたちは、掃除をしたという。
 どこが…
 私が指摘すると…
「……」
 掃除から入る。

 朝の入り方には、いろいろある。
 どう入るか?
 担任の考え、クラスの実態などによって変わる。
 (例)
 ・朝の読書など  静
 ・掃除  「場を清める」 静
 ・運動   動
 ・声を出す 動

 入りは、かなり重要。
 私の見るところ、よい入りをしている人は少ない。

 ◆あいさつリレー
 オーケーを出さない。
 2回目も、オーケーを出さない。
 当然である(笑)
 3回目、ようやく合格。
 みんなで「おはようございます」。

 ◆班学
 班学。
 終了後、班学の見直しタイム。
 ・メニューを新しくする。
 ・パワーアップをはかる。

 ◆班学 2
 メニューを考える。
 練習。
 9日の公開授業は、「3班学」を予定している。
 ・朝の班学
 ・算数の班学
 ・国語の班学

 ◆理科
 ・『一日の氣温の変化』
 ・『夏の自然』
 テストを活かした学習。
 できていても、復習。
 音読する。
 解説を書く。
 などなど。
 やるべきことは、いくらでもある。

 ◆漢字
 漢字を覚える。
 前回、ある子は「にんべん」の漢字をたくさん書いた。
 100以上書いた。
 かつてのその子を知る人は、驚愕するだろう。
「今日は、『きへん』の漢字を書く」
 張り切っている。
 意欲は持続している。
 これまた、すごい。
 ※午後は失速(笑)

 6月終わりから、クラスのベクトルははっきりする。
 プラスに向いているか、マイナスに向いているか?
 どちらかで、取り組み方が違ってくる。
 プラスなら、
 ・今までやってきたことのパワーアップ。
 ・当たり前のことを究極に高める。
 ・新しいことに取り組む。
 マイナスなら、0に戻ってスタートする。
 0だと、マイナスではない。
 加点法の世界になる。
 「いつでも、始業式」がよい。
 ・教師自ら動く。  師動
 ・新しい関係をつくる。
 ・基本からスタートする。

 マイナスの場合…
 関係ができていない。
 ・信頼
 ・尊敬
 ・好き

 教師は、子どものよい面を見なくなる。
 悪い面ばかりに、目がいくようになる。
 悪い面を修正しようとすると…よけいに悪くなる。
 よい面を取り上げ、認めることだ。

 教師に認めれると、子どもも教師を認めるようになる。

 よい学級、崩れる学級の差は、わずか。
 その差は、自分では見えないことが多い。

 ◆一文解釈

 先生がいないとき。

 (例)
 ・用事で、先生がいない。
 ・補教の先生はいるけど、担任の先生がいない。
 ・先生は、出張。
 ・先生は、勉強しに出かけたのだと思う。
 ・先生は、重要な会議で出かけた。
 ・先生がいないと、だらける。
 ・先生がいなくなると、氣が抜ける。
 ・ふざける。
 ・だらける。
 ・集中しなくなり、ぼーっとする。
 ・いないときほど、がんばろうと思う。
 
 マイナス面が多かった。

 そんな自分をどう思うか。
 発言させる。
 ※自分の発言に、責任をもたせる。

 まだまだ、教師不在では難しい。
 いるときと、いないときの違い。
 金曜日は、明確になっただろう。
 今日は、意識を明確にした。

 ◆社会
 「水源の確保」について
 私のもっている資料と子どもたちの資料は違う。
 ※同じだが、バージョンが違う。
 これが、おもしろい。

 ◆体育
 2回目の水泳。
 今日は、2組の先生が全体指導。
 水慣れのあと、各クラスごとに、蹴伸びの練習。
 4つのコーナーにわかれて練習。
 効率がよい。
 誰がどのくらいできるか。
 担任が把握できる。
 すぐ、指導を入れることができる。
 ・5メートル
 いくかどうか。
 ・姿勢
 頭が上がっていないか。
 ・脱力
 脱力ができているかどうか。
 チェック。
 チェックしながら指導。
 指導しながらチェック。
 普通の指導にくらべ、練習時間は3倍以上ある。
 効率がよかったので、他もわかれて練習することになった。
 ・クロール
 同様に、4コーナーにわかれて練習。
 ハイエルボーを教える。
 手のひらを外に向けて入水。
 それはできても、水中でハイエルボーにならない。
 直接手を取って教える。
 プルとプッシュを教える。
 これも、手を取って教える。
 グークロール。
 グーで泳ぐと、いろいろなことがわかる。
 「水をかいているのは手のひらだけではない」
 ことがわかる。
 4かきで、どこまで進めるか。
 ストロークを大きくする。
 これまた、手を取って教える。

 ・平泳ぎ
 2組の先生説明。
 そのあと、代表の子に泳いでもらう。
 蹴伸びの時間を長くする。
 これが、上達のコツである。
 ※蹴伸びの時間は、5秒くらい。
 わかれて、練習。
 休憩のとき、私が見本を見せる。
 わかれて、練習。
 平泳ぎが初の子は、蹴伸び→腕のかき。
 これまた、手を取って教える。

 最後は、流れるプール。

 今日は、かなりの時間泳いだ。
 圧倒的な量であった。

 日差しがなく、子どもたちにとっては寒かったようである。
 私は、これくらいがちょうどよい。
 氣温が高ければ、もっとよかったと思う。

 着替え方が、本日より変わった。
 男子は、体育館で着替えるようになった。
 ※それまでは、スタンドで着替えていた。

 今日は、クラスごとに指導。
 そのため、よく指導することができた。
 私の場合、1日でどうこうしようとは思っていない。
 水泳の上達は、時間がかかる。
 もちろん、「次」だけの指導なら簡単。
 しかし…それでは、いずれ頭打ちになる。
 ・呼吸
 ・脱力
 ・フォーム
 むしろ、級が上がってから上達するように指導している。
 あとで効いてくる指導である。


 ◆給食
 早めに終わり、給食準備に間に合ったと思ったが…
 まだ、食管が届いていない。
 今日は、時間がかかっているようである。

 水泳で、いいリズムになったのだが…
 リズムが崩れた。
 流れが、変わってしまった。
 残念。
 食管届き、配膳開始。
 配膳が終わったのは、12:45。
 いつもより、15分遅い。
 取り戻すことができるか?

 今日は、冷やし中華+春巻き+すいか。
 量が多い。
 減らし、増やしに、時間がかかった。
 食べるのに時間がかかった。
 1:05になっても、食べ終わらない。
 かたづけも、難しかった。
 スイカのカットが、今までにない形。
 うまく並べることができない。
 ゴミを御美にするまでに、時間がかかった。
 「ごちそうさま」ができたのは、1:20。
 昼休みが終わってしまった。
 食管準備の遅れを取り返すことはできなかった。

 ◆掃除
 金曜日(私が掃除できなかったので、入念に掃除。
 15分、フルタイム掃除。
 朝掃除したので、それほどよごれていないが…
 班の実力差が、もろに出る。
 育っている班は、ごみやほこりが少ない。

 ◆算数
 ★復習
 「垂直と平行」
 「四角形」
 教科書音読。
 大切なところを、声を出して読む。
 暗記する。
 野球でいえば、キャッチボールのようなもの。
 毎日行うことが大切。

 ★『折れ線グラフ』
 理科で、折れ線グラフを学習している。
 エンジンは、あたたまっているはず。
 どのくらいできるか?
 「氣温」と答えるべきところを、「温度」にしている。
 この単元は、「いいかげん」は許されない。
 「限定」したいい方をしないといけない。
 他は、よくできていた。

 ★どん難問だい!
 前やった問題を出す。
 ※分数の問題。
 見事にできない(笑)

「私の学級、平均点は●点です」
 という人がいるが…
 そのときだけで、判断していいのだろうか?
 毎回、●点ならいい。
 しかし…実力は上がるか下がるかしかない。
 ※多くの場合、下がる。
 だから、平均点がよくても安心してはいけない。
 前回のテスト、平均点は、97点をこえている。
 よくできていた。
 しかし…いつも、その点が取れるとは限らない。
 忘れたら、あっという間に落ちる。
 成績は…そのときを評価してつける。
 それでいいのか?
 「力を保つ」力を、つけなければいけない。

 ◆帰り
 ・帰りの支度
 ・歌
 全力を出しているかどうかを問う。
 全員が、整っていない。
 整っていない子のオーラが、伝染する。
 弱い子は、すぐに影響される。
 まだまだ、弱い。

 ある子は、午後スタミナが切れた。
 このところ、切れなくなってきたのだが…今日は切れた。
 最後は、叱った。
 いつもなら、わめくところだが…
 わめかなかった。
 成長している。

 ◆見守りたい子報告会
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-27 23:19 | あやせん

あやせん 6月24日


  あやせん 6月24日(金)

 今日は、初めての水泳授業。
 学校に着くと、すぐにプールへ。
 ・給水
 ・掃除
 ・腰洗い、足洗い場に水と塩素を入れる。
 ・その他いろいろ
 準備をする。

 学年の先生と打ち合わせ。

 ◆パワーアップタイム
 ・あいさつリレー&あいさつ
 ・班学
 ここから…
 新採の先生とそのクラスが参観。
 ★ひと班学
  ・あいさつ
  ・返事
 ★ワン学&斉学
 ・『とびばこ だんだん』
 ・『春の歌』
 ・リズム漢字

 ★復唱
 ・リズム漢字 復唱。

 ★
 ・リズム漢字 超高速読み。

 ★歌
 『さくら』

 ビックリして見ていた。

 水泳なので、早めに終える。
 女子はとなりのクラスで着替える。
 男子は、自分のクラスで着替える。

 私は、一足先にプールへ。
 ・掃除をする。
 プールの中に入り、ゴミを取る。

 ◆水泳
 ・準備運動
 きちんと教える。
 意識して体を動かすことを教える。

 ・水慣れ
 水の中で、息を吐く。
 水から出たら、「ぱっ」という。
 基本を教える。

 蹴伸びの姿勢を教える。
 今日は、蹴伸び中心に指導する。
 5メートルがポイント。
 ・正しいフォーム
 ・きちんと壁を蹴る。
 ・脱力
 ができていれば、5メートル以上進む。
 そうでない場合は、すぐ止まってしまう。
 顔つけをいやがっているのは、一人だけ。
 ※中国から来た子。
 後は、オーケー。
 教えれば、もっと泳げるようになるだろう。

 まずは、蹴伸び。
 これができないと、この先うまくならない。
 基本的なフォームをマスターすることが大切。

 5メートル以上いった子は、次に進む。

 ★蹴伸び→浮き泳ぎ
 泳がないで泳ぐ(笑)
 ・脱力
 ・呼吸
 ができないと、まずできない。
 両方をマスターするのに、最適な方法である。
 ほとんど子は、10メートルいくことができない。
 5メートルいかないうちに、立ってしまう子がいる。
 脱力ができていないのだ。
 →蹴伸びグループの方にいく。
 
 後半、ようやく25メートルいく子が出てきた。

 最後は、立たないで泳ぐ。
 立ったら、そこで終わり。

 ★クラスごとに練習
 担任の先生が、自分のクラスをチェック。
 誰がどのくらいできるか、チェックする。

 ★流れるプール
 最後は、流れるプール。

 子どもたちの実力をチェックした。
 次回から、本格的な指導をしたい。

 ◆20分休み
 プール管理。

 ◆一文解釈
 
 初めて、プールに入った。

 たーくさん、意見が出された。
 最近は、角度がつくようになった。

 ◆理科
 『1日の氣温の変化』
 多くの子は、100点。
 95点、90点が少数。
 よくできていた。
 平均点は、97、6くらい。

 ◆部首探し

 ある子は、にんべんの漢字を調べた。
 いつもなら、5分で飽きる。
「もう、調べた」
 となる。
 しかし…今日は違った。
 3ページ書いても、まだ止まらない。
 わからないときは、聴きにくる。
 同じ子と思えない…
 これだから、教育はわからない。
 これだから、教育はおもしろい。
 3人が、注意される。
 それ以外は、かなり集中していた。

 ◆体の漢字が入った言葉、慣用句
 (例)
 ・目は口ほどに物を言う。
 ・鼻を折る。
 など。

 ◆午後の授業について
 午後、用事で出かける。
 そのため、自習。
 5校時 算数
 少人数の先生が来てくださる。
 ・テスト2枚。
 6校時
 ・リズム漢字
 ・音訓入れて文をつくる。
 (例)
  包丁を布で包む。
 ・体の漢字が入った言葉、慣用句。
 ・漢字パズル

 ◆給食
 食管そろわないが、準備を始める。
 スムーズに準備。
 会食もスムーズ。
「先生、特盛りにしてください」
 リクエストに応えて、漫画のようなご飯(笑)
 爆笑だった。
 しかし…3人ともぺろりと食べてしまった。
 泳いだので、おなかがすいたのだろう。

 後半、給食主事さんがくる。
「ご飯、おかわりしませんか?」
 お釜で炊いたご飯である。
 多くの子が、おかわり。
 さっき、ご飯を減らした子がおかわり(笑)
 お釜で炊いたご飯は、すごくおいしい。
 完食。
 主事さん、思わずガッツポーズ(笑)
 今までで、一番食べた。

 ◆昼休み
 昼休みの途中、用事で教室を後にする。
 あとは、子どもたちに任せる。
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-24 23:18 | あやせん

あやせん 6月23日


  あやせん 6月23日(木)

 昨日は、校内研究会。
 2年生の若い先生が授業をした。
 私が見るところは、ただ一つ。
 「子どもが育っているか」
 教室に入ると、子どもたちの歓迎が待っていた。
 何度か、授業したことがある。
 午後は蒸し暑かった。
 よく1時間がんばった。
 何より、学級の空氣がまるい。
 いい雰囲氣だった。

 打ち上げ。
 そして、二次会へ。
 今週は、4回飲み会が入っている。
 ※先週は、5回(笑)
 重なるときは、重なるものだ。

 飲み会では、若手と話しをする。
 学級づくりの話しがメイン。

 学級のほうは…
 昨日、育ちをチェックすることができた。
 ものすごい暑さと湿氣の中、どのくらいできるか?
 ・特定の子(1人)は、レベルダウン。
 ・班も、レベルダウン。
 しかし、後は悪くなかった。
 栄養士の先生が、いつもほめてくださる。
 ・完食!
 ・食器がきれい。「なめたみたい」(笑)
「うちのクラスだってきれいですよ」
 と若い先生がいった。
「1回、見にいった方がいいわよ」
 百聞は一見にしかず。新聞は一軒に一部。
 そう、見た方がいい。
 違いがわかる。

 「発言+書く」授業。
 テストを活かした学習。
 軌道に乗ってきている。
 レベルアップしている。

 今日は、すぐ教室へ。
 すでに、室温は31度。
 すばらしい記録である。

 猛暑と蒸し暑さで、コンディションを崩す子が出てくるだろう。
 まだ、タフさはない。
 環境に影響される。
 ・入室時のあいさつ
 一人ひとりのあいさつを見る。
 合格者少なし。
 声が小さい。
 氣合が入っていない。
 
 登校途中ではいた子一人。
 筆箱を忘れて、えんぴつを借りに来た子一人。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 チャイムと同時に、あいさつリレー。
 暑さのせいか…いまいち。

 ◆集会
 雨のため、放送による集会。
 ○×クイズ。
 出題する子のトーンが、フラット。
 盛り上げるトークがない。
 このへん、工夫することができないか。

 まるでもばつでも、大きな声でいわせる。
 ポーズを取らせる。
 ×のポーズは、垂直のポーズと似ている。

 わがクラスでも、クイズに取り組もう。
 表現力向上の修行(笑)

 ◆班学

 ◆ひと班学

 ◆歌
 『もののけ姫』

 ◆音楽
 音楽室へ。
 ・机上整理
 ・机いすの整頓
 ・さっと行動
 ・出発時の返事
 ・歩行 足音を立てない、間隔を保つ。
 ・あいさつ
 などなど。

 保健室へ。
 すでに、耳鼻科検診が始まっていた。

 空き時間を使って、教材研究。
 教材づくり。
 明日の午後は、用事があり休暇を取る。
 自習の用意をする。

 子どもたちが、帰ってきた。
 バラで帰ってきた。

 ◆新体力テストのまとめ
 区の要請あり。
 エクセルファイルに、記録を入力とのこと。
 なぜ?
 ということで、記録用紙を確認。

 ◆耳鼻科検診
 育ちをはかる絶好の機会。
 ・待っているときの態度
 ・あいさつ、名前をいう。
 ・お礼をいう。
 ・教室に戻ってから。→学習

 男子はよい。
 しゃべる子が1人もいない。
 女子は、注意された子2人。

 ◆漢字
 残り時間は、漢字の学習。

 ◆20分休み
 外遊びできるのだが…
 教室に残っている子が多い。
 教材印刷。

 ◆算数
 ★テストを活かした学習
 「四角形」と「まとめのテスト」
 力の定着をはかる。
 ・作図
 作図が弱い子がいる。
 ちょっとしたゆがみあり。
 私の場合、性格が歪んでいる(笑)

 できがよくないのが、「図形の特徴」
 ・2本の対角線が垂直である。
 で、平行四辺形を選ぶ子がいる。

 スピード不足。

 2枚のテスト、10分以内にできないと話にならない。
 速い子は、2枚で5分。
 
 まだまだ、くり返す必要あり。
 2枚、5分でできるまで。
 速く正確にできる。
 目をつぶってもできる。
 このレベルが、「できる」レベルである。

 ★どん難問だい!
 分数の問題。
 まだ、回路ができていない。

 ◆一文解釈
 
  雨が降る。

 (例)
 ・天気予報通りに雨が降る。
 ・大雨。
 ・土砂降り。
 ・この雨は、放射能を含んでいる。
 ・今、降っている。
 ・3分後くらいに雨が降る。
 ・これから、降る。まだ、降っていない。
 ・天氣あめ。
 ・降り始め。
 ・雨はみぞれに変わる。
 ・ザーザー降りではない。
 ・小雨。
 ・ぱらぱらの雨。
 ・1週間くらい、雨が降り続いている。
 ・梅雨に入ったということ。
 ・夜に雨が降る。
 ・雨が降るのか?と疑問に思っている。
 ・天気予報士が、予想している。
 ・博士が、予想している。
 ・ずっと雨が降らなかったから、雨が降って喜んでいる。
 ・この地方は雨が多く、「また、雨か」とがっかりしている。
 ・キャンデーが降っている(笑)
 ・これは、外国のこと。
 ・1日中降っている。
 ・降ったり病んだりしている。
 ・この人は、雨がきらい。
 ・台風。
 ・明日は降ると思っている。
 ・天気予報の台詞。
 ・キャンディーを上に投げて、それが降ってきた。
 ・てるてる坊主を逆さにしている。
 ・雪と書こうと思ったけれど、ヨを書くのを忘れてしまった(笑)
 ・街を見たら、傘をもっている人が多かった。

 ◆テストを活かした学習
 理科「1日の氣温の変化」。
 弱い点をチェックする。
 やはり、知識系。
 ・氣温のはかり方
 地面から、どのくらいの高さで測るか。
 ・百葉箱
 このへんが、わからない子がいた。
 知らないと、できない問題である。

 ◆発言+書く
 「給水訓練」について。
 資料集を音読する。
 ・発言
 ・書く
 班ごとにおこなう。

 ◆よく見る
 杉渕学級(A小6年生)のビデオを見る。
 歌うときの表情を見る。
 自分たちとくらべてみる。
 

 ◆給食
 食管そろわず、待機。
 その間、ビデオの続きを見る。
 会食。
 おしゃべりが多い。
 やはり、特定の子が遅れる。

 かたづけ。
 今日のデザートは、サクランボ。
 「ひまわり」にして返す。

 ◆昼休み
 内遊びする子、多し。

 ◆掃除
 机を拭く子が少なかったので、私も拭く。
 私の後を2人が拭く。
 最低でも、3回拭く。
 ていねいに、掃除をする。

 ◆図工
 補教で、2年1組へ。
 課題が決まっていたので、授業できず。
 残念だった。

 下校指導。

 教室に戻る。

 ◆帰り
 ・明日の予定を確認
 明日は、水泳あり。


 ◆常置委員会
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-23 23:17 | あやせん

あやせん 6月22日


  あやせん 6月22日(水)

 夏至を迎える。
 ものすごい暑さ。
 昨日までとは、次元が違う暑さである。
 教室内は、32度くらいになるだろう。
 ※これまでの最高記録は、室温39度。
  それにくらべれば、まだいいほうだ。

 保護者から連絡あり。
 不審者出没。
 子どもが、体をさわられたという。
 ・生活指導主任、管理職に連絡。→スクールサポーターに連絡。
 ・保護者に連絡。
 警察には通報してなかった。
 学校に連絡する前に、すぐ警察に通報するようお願いした。
 ・その他。

 ということで、スタートは子どもたちに任せた。

 ◆あいさつリレー&あいさつ

 ◆班学

 ◆ひと班学

 教室に戻ると、ひと班学中だった。
 パワーがない。
 暑さに負けている感じがする。
 パワーダウンしていることに、氣がついていない。
 少し、様子を見る。
 声が小さい。

 ◆斉学
 ・『とびばこ だんだん』
 ・『春の歌』
 ・『あめ』
 の音読。
 全員で読むと、よい。
 班だと…

 ◆歌
 ・『いつも何度でも』
 ・『もののけ姫』
 ・『さくら』

 ◆リズム漢字
 ・読み  班ごとに音読
 ・書き
 書き取り。
 部首を調べながら、書く。
 部首に色をつける。
 「おしゃれ部首」(笑)

 ◆一文解釈

  黒い目のきれいな女の子

 杉渕学級定番のお題。
 子どもの育ちがわかる。
 (例)
 ・目が黒い。
 ・目が黒くてきれい。
 ・目じゃなくて、瞳が黒い。
 ・日本人。
 ・外国人。
 ・顔がきれいではない。
 ・顔がきれい。
 ・目がきれい。
 ・目だけがきれい。
 ・大きな目をしている。
 ・性格はきれいではない。
 ・女の子だから、子ども。
 ・子どもだけど、高校生くらい。
 ・全体的にきれいだけど、特に目がきれい。
 ・3歳くらい。
 ・アジアの人。
 ・女の子の家族も、目が黒い。
 ・目がまるくて、くりくりしていてきれい。
 ・コンタクトをしている。
 ・ハーフの人。
 ・スタイルがいい。
 ・この人はひとり。
 ・黒い目の人はいっぱいいるけど、一番きれい。

 このあと、教える。

 うんちが出た。(笑)

 何が出たのか、聴いてみる。
「うんち」(爆笑)
 他に意見が出ないので、線を引く。

 うん/ちが出た。

 「うん」の後で切ると、「血が出た」ことになる。

 ここで/はきものをぬぐ。

 ここでは/きものをぬぐ。

 ようやく、氣づいた。

 黒い目のきれいな女の/子

 これは、今まで出なかった意見。

 「黒い」について
 ・肌が黒い。
 ・日焼けして黒い。
 ・もともと黒い。
 ・黒い色をぬっている。
 ・よごれて黒い。
 ・服が黒い。
 ・髪の毛が黒い。
 ・お葬式?
 ・腹が黒い(笑)
 などなど。

 「きれいな」について
 ・美人
 ・かわいい。
 ・おしゃれしている。
 ・服がきれい。
 ・肌がきれい。
 ・心がきれい。
 ・清潔にしている。
 ・食べ方がきれい。
 ・お金の使い方がきれい(笑)
 などなど。

 ◆『水を届ける』
 ・資料集を読む(復習)。
 「もしもにそなえる」を読む。
 タイトルを検討する。
 ・3月に起きた地震。そういうときに備える。
 ・災害に備える。
 ・いつ起きるかわからない地震に備える。
 ・火事に備える。
 ・大きな地震が来ても大丈夫なように、準備する。
 ・非常時。
 ・地震、津波などで、水が出ないときにどうするか。

 ★資料を読む
 氣がついたことを発言する(班学)。
 まとめを書く。

 ◆部首
 ・へん、つくり、かんむり、あし、かまえ、にょう
 を教える。
 漢字を分類する。
 「飛」などは、どのように分類するのか?


 ◆20分休み

 本日は、避難訓練あり。
 休み時間の避難訓練は、はじめて。
 はたして…

 ★避難訓練
 想定は、民家の火災。
 休み時間なので、子どもたちが一カ所に固まっていない。
 さて、どうなるか?

 教室に残っている子を連れて行く。
 途中、校舎内にいる子に声をかける。
 並ぶ位置がわからず、少し混乱。
 黙って、整列できない。
 暑さのせいか?
 聴く態度が、いまいちな子がいる。
 ※全体的に。

 校長先生のお話。
 副校長先生から、かかった時間の発表。
 3分50秒。
 好タイムである。
 ただし…前述したように、おしゃべりが多かった。
 このへんは、課題。
 夏のような暑さの中、よくがんばったほうだろう。

 ◆理科
 『月』の学習。
 班学。
 ・教科書を読む。
 ・発言する。
 ・氣づきを書く。
 覚えるべきことを覚える。
 『月』の単元は、覚えるべきことが多い。

 『春の自然』テストを活かした学習。

 暑いが、ときどきいい風が入ってくる。
 教育界にも、新風を入れたいものだ。

 ◆算数
 ★まとめのテスト
 どのくらい力がついたか?
 「まとめのテスト」をおこなう。
 多くの子は、100点。
 「大きな数」が弱い子がいる。
 あとは、だいたいオーケー。
 今日は、雑な子がいなかった。
 確実に、力はついてきている。

 ◆給食
 切り替えが遅い。
 全員が速くないと、ロスが出る。
 意識の問題である。
 会食。
 しゃべりすぎる。
 特定の子が、遅くなる。
 このへんが改善されないと、次へはいけない。

 ◆掃除
 水曜日だが、きちんと掃除をする。
 「最後をしめる」
 大切なことである。


 ◆帰り



 ◆校内研
 研究授業(算数 2年生)。
 学校の研究は理科なのだが…
 低学年は理科がないため、算数。
 「表現力養成」が大テーマ。
 うーん。
 
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-22 23:16 | あやせん

あやせん 6月21日


  あやせん 6月21日(火)

 昨日は、早く帰る。
 歯医者である。
 あと数回通わなければならない。
 このところ、歯医者と動物病院通いが続いている。
 大の苦手であるが、仕方がない。
 まな板の上の鯉ならぬ、まな板の上のゴリラ(笑)

 仕事をしながら、『ハンチョウ』を見る。
 ラストは、ショッキングだった。
 自分が撃たれたようだった。
 10:00前に寝る。

 3:30ころ起きる。
 すぐ、仕事にかかる。
 講師としての仕事が待っている。
 構想を練る。
 本氣になると、ものすごいスピードが出る。
 集中力がすごい(自分でいっている 笑 )

 大枠が決まった。
 →具体化する。
 だいたい決まった。
 今回は、これでいこう。
 ★楽しい授業
 そして、
 ★子どもに力をつける授業

 ◆漢字楽習
 ・成り立ちクイズ
 ・部首クイズ
 ・共通する部首は?
 ・変換、間違い探し
 ・ひっくり返すと意味が変わる漢字
 ・画数リレー
 ・カタカナ探し

 ◆音読
 ・復唱
 ・超高速読み

 ◆表現読み
 ある教材が中心。

 ◆一文解釈

 などなど。
 持ち時間は、60分。
 ぜんぶやるのは、厳しいかもしれない。

 車中で、教材研究。
 後半は、『教師のチカラ』第6号を読む。

 学校到着。
 教材研究。
 教材づくり。

 教室へ。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 氣合が入っている。
 あいさつは、水準に達している。

 ◆班学
 少しだけ、班学。
 班学は、課題山積み。
 玉石混淆。
 もっと、ワン学をしないといけない。

 ◆読書
 火曜日の朝は、読書タイム。
 10分間読書。
 静寂な時間。

 チャイム。

 ◆歌
 音楽の支度をして、後ろに整列。
 1曲歌う。
 『さくら』
 朝一番のせいか、いまいち声が出ない。

 ◆音楽
 子どもたちを送っていく。
 まだまだ、足音を立てて歩く。
 ふだん、意識していないのだろう。
 忍者は無理(笑)

 教室に戻り、仕事をする。
 2校時「参観させてほしい」という申し出あり。
 ※同僚の先生。

 この機会を使わない手はない。
 授業の構想を練る。

 ◆国語
 ユニット授業。
 楽習、声を出す、発言するなどなど。

 ★漢字楽習
 ・漢字成り立ちクイズ  思と悲
 ・漢字変換クイズ
 はじめてのクイズ。
 すごくおもしろい。
 (例)恋人からメールが来た。
  式はやめにする。
  「止める」か「早める」か?
 ・部首クイズ
  「勇」「労」「者」「単」などなど。
 部首クイズは、けっこうおもしろい。

 ★ひと班学
 ・あいさつ
 ・返事
 1班のスタートが遅れたので、2班から始める。

 ★ワン学
 ・『とびばこ だんだん』
 ・『春の歌』
 ・『あめ』
 ・『リズム漢字』
 班ごとに読む。
 ちょっとずれているのが、おもしろい。
 一番、エネルギーが出ている。

 ★一文解釈

 最近好調な実践。
 意見が、ばんばん出てくる。
 かなり違う意見が出されている。
 今日のお題、

  ぼくは、勉強ができるようになった。

 前半は、いまいち。
 同じような発言が続いた。
 後半は、いろいろな考えが出された。
 途中、注意する。
「『ぼくは、勉強ができるようになった』というのは~」
 は無駄な言葉。
 いわなくていい。

 (例)
 ・努力して、勉強ができるようになった。
 ・国語、算数、理科、社会、全部できるようになった。
 ・先生の話が理解できるようになった。
 ・前はできなかったことが、できるようになった。
 ・テストで、いい点が取れるようになった。
 ・予習してできるようになった。
 ・復習してできるようになった。
 ・家でも、べんきょうするようになった。
 ・授業を、きちんと聴くようになった。
 ・みんなに、ついていけるようになった。
 ・前は、授業のスピードについて行けなかった。
 ・前は、やる氣がなかった。
 ・できなくても、前は努力しなかった。
 ・塾に行って、できるようになった。
 ・お母さんといっしょに勉強して、できるようになった。
 ・先生が替わって、できるようになった(笑) いや、笑えないかな?
 ・できるようになって、自信が出てきた。
 ・もっと、できるようになりたいと思っている。
 ・やっとできるようになって喜んでいる。
 ・今、勉強するのが楽しくなった。
 ・嫌いな科目がなくなった。
 ・勉強が嫌いだったけれど、好きになった。

 などなど。

 ★漢字の書き取り
 部首を調べながら、漢字を書く。
 途中、私が出題。
 「協」など。
 部首は、「十」か「力」か。
 なかなか、いい問題である。
 部首一つずつ調べるのは、おもしろい。
 ときどき、「へぇーっ」というものがある。
 だいたい予想通り、ときどき「へぇーっ」がよい。

 ◆社会 『水』
 資料集の音読
 ★タイトル検討
 そのページのタイトル検討。
 「たくさんの水をとどける」
 全体。
 最低、一人一回は発言させる。
 タイトルだけでいろいろ考えると…
 注意して、本文を読むようになる。
 意識が違ってくる。

 ★水道局の人の話
 水道局の人の話を読み、発言する。

 ★グラフを見て
 「水道水をつくることができる量のうつりかわり」
 このグラフを見て、氣がついたことを発言する。
 班学。

 いずれも、資料を見て氣づいたことを発言。

 ここまでで、1時間。
 参観、ありがとうございました。

 ◆20分休み
 外遊び、オーケー。
 よかった。
 図書ボランティアの方による、読み聴かせあり。
「今なら、タイムサービス。無料です」(笑)
 私は、仕事をする。

 ◆社会の続き
 東京都にある11の浄水場について、調べる。
 水道局の人の話について、まとめを書く。

 ◆理科
 『月』
 この前、プラネタリウムに行った。
 この機会を逃す手はない。
 『夏の自然』に並行して『月』の学習をしている。
 私としては、「ツキ」の学習がしたい(笑)


 ◆算数
 ★復習
 声を出すことがポイント。
 まだ、弱い点にメスを入れる。
「向かい合った2組の辺が平行である四角形」
「正方形、長方形、平行四辺形、ひし形」
「4つの角がみんな直角である四角形」
「正方形、長方形」
「2本の対角線が垂直な四角形」
「正方形、ひし形」
 いずれも、声を出す。
 何度もくり返す。
 図形を指さしながらおこなう。

 体も動かす。
 ・垂直のポーズ
 ・平行のポーズ
 を取る。
 ばからしいが、大切なことである。
 体を使わないから、間違える。
 杉渕学級の子は、照れずにポーズをとる。
 担任ゆずり(笑)

 ・声を出す。
 ・体を使う。
 いずれも、基本中の基本である。
 基本どおりやると、まずミスはしない。
 これを続けると、忘れなくなる。

 ★垂直と平行のミニテスト
 多くは、パーフェクト。
 しかし…不十分な子がいる。
 雑、煮込み不足…
 「できる」とは、目をつぶってもできるということ。
 基本通りやらないと、ミスをする。
 ・声を出す。
 ・体を使う。
 「平行と垂直」の場合、
 垂直を見つけるときは、問題の横に + と書く。
 こうすると、平行とごっちゃでなくなる。
 平行を見つけるときは、問題の横に = と書く。
 ちょっとした工夫で、ミスを防ぐことができる。

 ★復習
 ・分数
 ・小数
 今回は、よくできていた。
 同じミスをしないところは、成長している。

 ★どん難問だい!
 ちょっと難しい分数の問題を出す。
 分母が違う。
「わからない」
 という子に対して、ヒントを出す。
 2分の1と4分の2は等しいこと。
 ※これは、以前教えている。
 指導がすんなり入る。
 
 ほとんどが、一発正解だった。

 ◆給食
 食管がそろっていない。
 定刻にスタートできず。
 わずかな差で、雰囲氣ががらっと変わる。
 ちょっとのことで、崩れる。
 一度崩れると、すぐには戻らない。
 いい形で、切り替えができない。
 残念…
 人生、タイミングだな…

 今日も、配り方がよくない。
 スープが大量に残っている。
 具ばかり残っている。
 おかわりする子が、少ない。
 今日も、「全員おかわり」。
 なんとか、完食。

 特定の子が遅いのだが…
 1:00には、ごちそうさま。
 5分間、昼学。

 ◆昼休み
 今回も、外遊びオーケー。
 よかった。
 すごい湿氣は変わらず。
 室温は、30度をこえている。

 少しだけ、掃除をする。

 ◆掃除
 本格的に掃除。
 私のグッズが、すべて使われている。
 再び、自分専用グッズをそろえよう。
 ていねいに、掃除をする。
 特定の子がしゃべる(一人だけ)。
 その子は、掃除をするだけでも奇跡に近いことだった…
 しゃべりが、掃除の内容になってきている。
 これも、大きな変化。
 古いほうきを処分する。

 ◆歌
 歌の練習。
 『さくら』
 『もののけ姫』
 『いつも何度でも』
 『いつも何度でも』は、ちょっと歌えるようになってきた。

 ◆よく見る
 3Dの絵を描く。
 私は、一人ずつ似顔絵を描いていく。
 今日は、5人の似顔絵を描いた。
 子どもたち、かなり上達している。
 立体感が出せるようになった。
 陰影をつけられるようになった。

 ある子は、絵を描いてほしいといってきた。
 しかし…手本となる本をもってきていない。
「もってきたら、描きます」
 以前なら、切れる。
 大泣きする。
 顔は崩れたが、泣かなかった。
「わかった」
 と引き下がった。
 大きな成長だ。
 いままでになかったこと。
 祝杯をあげよう(笑)

 ◆帰り
 ・掃除
 ・班ごとに「さようなら」
 ・教師のところに来て「さようなら」

 となりのクラスの先生が出張。
 そのため、帰りを見る。
 もう、「さよなら」は済んだとのこと。
 残っていることいっしょに、窓しめ、机やいすの整頓。

 教室掃除。

 ◆常置委員会
 生活指導委員会。
 たくさん議題があった。

 終わってから、教室掃除の続き。
 「場を清める」
 基本中の基本である。

 区の方から要請あり。
 スポーツテストの結果を、エクセルファイルに入力とのこと…

 知り合いの若手教師来校。
 劇のビデオを借りに来た。
 杉渕学級の劇は、すごくおもしろい。
 百聞は一見にしかず。
 
 その方は、その劇をやりたいという。
 偶然だ。
 私の大好きな演目なのだ。

 同時に、同僚との教材研究会もある。
 同時に、講座の打ち合わせもある。
 ということで、3つ重なる飲み会。
 大義名分が、たくさんできた(笑)
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-21 22:16 | あやせん

あやせん 6月20日


  あやせん 6月20日(月)

 氣がつけば、6月も下旬。
 夏休みまで、あと1ヶ月。
 重要な時期を迎えた。
 この1ヶ月間が、大切。
 今回は、山を2つつくる。
 ・公開授業 7月9日
 ・夏休みまで
 次なる山を目指して。

 昨日、「JIN」を見てから寝る。
 かなり疲れ、少し眠りながら見ていた。

 娘が、私の部屋へ。
「お父さん、父の日なので…」
 あるものをプレゼントされた。
「えっ、プレゼントくれるの? ありがとう」
 思わぬプレゼントだった。
 そうか、今日は父の日だった…
 そういえば、食事のとき、息子が、
「いつも、ありがとうございます」
 といっていた。
 なるほど。
 父としては…甘く見て3点。
 父ではなく遅々であり、「ちっちっ」である。
 夫としても、「おっとーっ」である。
 家族にとって、いい家庭人ではない。
 ごめんなさい。

 床につくとなかなか眠れない。
 長時間昼寝をしたせいだろうか?
 いや、まだ氣持ちの整理ができていないのだろう。
 頭でなく、心と体が…

 今朝は、氣持ちが切り替わっていた。
 前を向いて生きていこう。
 自分らしく。

 朝は、4:00前に起きる。
 最近の休み明けでは、一番いい状態である。
 このところ、ハードスケジュールが続いている。
 よく続いている…
 自分でもあきれるくらい、タフになっている。
 変なストレスがないからだろう。
 今年度ほど、学級に集中できることはめったにない。
 ある意味、ありがたいことである。
 そうそうこういうチャンスは巡ってこない。
 感謝したい。

 娘からプレゼントされたパンを食べる。

 メールの返事、その他。
 教材研究。
 公開授業に向けて、構想を練る。
 「子どもの育ち」

 車中で、教材研究。
 『教師のチカラ』第6号を読む。
 ※ゲラ刷り版。
 おもしろい。
 かなり見やすくなっている。
 見やすく、読みやすい。
 内容は…
 三層。
 ・実践=原稿
 ・実践が、原稿を上回っている。
 ・原稿が、実践を上回っている。
 その人なりの文体があるか?
 借り物か?
 見ると、すぐわかってしまうところが怖い。

 学校へ。
 一氣に仕事をする。
 その氣になると、はやい。
 ・校内研 講演記録をまとめる。
 まとめたものを、印刷する。
 ・避難訓練詳細計画
 作成→印刷→配布。
 ・生活指導 安全マップづくり
 資料をまとめる。→提出

 あとは、自己申告書のなおしのみ。
 おっと、スポーツテストのまとめが残っていた…

 ◆朝会
 早めに校庭に出る。
 5分前。
 8:28。
 クラスのほとんどが整列。
 ただし、間隔をきちんと取れない子がいる。
 しゃべる子がいる。
 まだまだ。
 8:30になっても、朝会は始まらない。
 放送機器の調子が悪いのだろう。
 ほんの数分であるが、雰囲氣が崩れた。
 定刻に始まっていれば、雰囲氣は崩れなかった。
 学級が伸びるか、崩れるか。
 このへんに、秘密がある。
 ・スピード
 心地よいスピードが必要。
 多くの学級は、ゆっくりではなく「遅い」。
 ・タイミング
 いつはじめるか。
 タイミングが勝負。
 タイミングを逃すと、すべてがダメになる。
 料理と同じ。

 校長先生のお話。
 水泳について。
 中学まで、プールで泳いだことがない。
 インパクトがあった。
 小さいころは、川で泳いだ。
 川の泳ぎとプールの泳ぎは違う。
 初めてプールで泳いだとき、水が透明でびっくりした。

 当番の先生の話。

 朝会終了。
 音楽がかからない。
 これも、タイミングのミス。
 終了と同時に音楽がかかれば、さっと行進に移れる。
 しかし…音楽がかかるまで待つか…行進に移るか…
 迷いが、崩れを呼ぶ。
 かなりたってから、音楽がかかった。
 
 両方に共通するのは、空白の時間をつくってしまったこと。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 休み明けだが、悪くない。
 全員の意識が高くないと、こうはいかない。
 まずまず。

 ◆班学
 少しだけ、班学。

 ◆新体力テスト
 まだ、終わっていない種目の測定。
 ・反復横跳び
 ・シャトルラン

 ◆新体力テスト 2
 教室で、握力測定。
 待っている間に、調査票に記録を記入。
 アンケートに答える。
 教師は、一人ずつ呼んで、身長、体重、座高を記入する。
 終わった子は、自主学習。

 けっこう時間がかかった。
 なんとか、終了。

 プールから、声が聞こえる。
 6年生によるプール開き。
 いよいよ、水泳指導が始まった。

 ◆班学
 あらためて、班学。

 ◆ひと班学
 1班から順番に、発表していく。
 ・あいさつ
 ・返事
 ・1つずつ
 班の実力が、はっきりわかる。

 ◆20分休み
 調査表をまとめる。
 何とか終了。→提出。
 これで、
 ・講演記録
 ・「安全マップ」の資料
 ・避難訓練詳細計画
 ・スポーツテスト集計
 終了。
 ものすごいスピードで、仕上げた。
 短期決戦型?


 ◆社会
 ・一生県名
 ・県庁所在地を覚える。
 ※今日から、県庁所在地に入る。
 「絶対的な基礎」の一つ。

 ★『くらしと水』
 テストを活かした学習。
 第二段階の学習である。
 テストの見直し。
 もう一度、テストをする。
 テストに、解説を記入していく。
 ノートにまとめを書く。
 テストは、そのときだけできても意味がない。
 いつやっても、できなければ…
 そのときできなくても、できるようになればよい。

 多くの教師は、「そのときだけ」で判断する。
 「そのとき」を、
  ・これから
  ・いつも
 に変える方がいい。

 ◆歌
 『もののけ姫』
 ★『世界の約束』(『ハウルの動く城』主題歌)
 ★『いつも何度でも』(『千と千尋の神隠し』主題歌)
 ※★は新曲。
 金曜日教えた曲。
 どのくらい歌えるか、試してみる。
 『世界の約束』は…
 約束破りという感じ(笑)
 『いつも何度でも』の前半は、よい。
 後半、リズムがわからなくなる。

 ◆理科
 『夏の自然』
 ・春と比較させる。
 比較すると、よく見える。
 ある観点をもって見るということだ。

 『月や星』
 まだ、完全に覚えていない。
 「つきがない」状態(笑)

 ◆一文解釈

 ぼくは、勉強ができない。

 (例)
 ・「できない」のではなく、「やらない」。
 ・自分は「できない」と思い込んでいる。
 ・勉強をしていないだけ。
 ・「できない」のではなく「わからない」
 ・「できない」のではなく、やろうとしない。
 ・勉強をやらないから、できない。
 ・覚えようとしない。
 ・他の人とくらべて、できない。
 ・まだ、小学生になっていない。
 ・他から見ると、「できている」。
 ・勉強が嫌いだという子と。
 ・算数の勉強ができない。
 ・クラスの中で、できない。
 ・努力をしょうとしていない。
 ・国語、算数、理科、社会ができない。
 ・他の人ができているので、「できない」といっている。
 ・1年生のころから、できなかった。
 ・1年生の問題にも、答えられない。
 ・入試に向けての勉強。できなくて苦しんでいる。
 ・すこしできても、「できない」と思っている。
 ・先生の話しを聴かないのではないか。
 ・難しい学校に受からなかったときの言葉。
 ・自分の能力に対して、あきらめている。
 ・先生に、きちんと教えてもらっていない。
 ・勉強をしたことがない。
 ・病氣で、学校に行けないから仕方がない。
 ・外国で、学校に行こうと思っても働かなければならない。
 ・自分レベルより、高いことをしている。
 ・みんなに置いていかれてしまった。
 ・学校の勉強はできるが、塾の勉強ができない。
 ・前はできていたが、だんだんできなくなった。
 ・これは、夢。
 ・働いていて、勉強ができない。
 ・全教科できない。
 ・テストも体育もできない。
 ・スポーツは、できる。
 ・障害があって、学校に入れない。
 ・その他いろいろ。

 5分間発言、5分間書く。
 「発言+書く」の学習。
 今、旬を迎えた学習。

 ◆リズム漢字  読み
 ・復唱読み
 ・超高速読み
 班ごとに学習。
 氣合が入っている。

 ◆リズム漢字 書き
 ・書き取り
 ノートに書いていく。
 レベルが上がってきた子は、部首に色をぬる。
 毎回色ぬりをしていれば、自然に覚えてしまう。
 わかる部首、覚えた部首だけをぬればいい。
 ぬっていない漢字の部首を覚えればいい。
 マスターした子は、その漢字を使って熟語をつくる。

 ◆給食
 まだ、食管がそろっていない。
 学習の続きをして待つ。
 全部そろっていれば、さっと切り替えることができる。
 そうでないと、リズムが崩れる。

 今日は、配り方がいまいち。
 もう少し多く配らないと、おかわりが厳しくなる。
 最初の量に規定される。
 おしゃべりが多い。
 時間配分ができない。
 逆算思考ができない。
 特定の子が遅い。
 今日は、かなりの量が残った。
 全員でおかわり。
 残ったときは、「全員で食べる」のが決まり。
 とくに、今は「もりもりウイーク」。
 完食プロジェクト中である。

 ◆昼休み
 午後は、3年生の交通安全教室だが…
 昼休みは、外遊びしてよいとのこと。
 よかった。
 このところ、スポーツテストで外遊びできない日が続いていた。
 栄養士さんが、食管を見て回っている。
「先生、今日はどうでしたか?」
「今日は、苦戦しました。なんとか完食しました」
「他は、すごく残しているので…」
 特に、ご飯が残ったという。
 確かに量は多かったが…
 なんといっても、キムチチャーハンである。
 わがクラスでは、「氣持ちチャーハン」という。
 大人氣メニューである。
 休み明けのせい?
 おいしかったのだが…
 おかずの方も、かなり残ったようだ。
 わがクラスが苦戦する場合、他は大苦戦する。
 何はともあれ、完食。

 ◆掃除
 チャイムと同時に掃除を始める。
 班によって、大きな差がある。
 それほど、ごみやほこりがない班がある。
 大量のごみとほこり、えんぴつが落ちている班がある。
 そろそろ、注意しよう。
 時間をめいっぱい使って、教室をきれいにする。

 ◆歌
 掃除時間~5校時までの5分は、歌タイム。
 ・『さくら』
 ・『YELL』
 だんだん、レベルが上がってきている。

 ◆算数
 ★予習
 ・小数のたし算
 ・分数のたし算、ひき算

 休み明け…
 思考が雑になっている。
「簡単だ」
 と思うと、間違える。
 無意識のうちに、手抜きしている。
 教育とは、「無意識」を変えること。

 崩す教師は、子どもの意識に働きかけている。
 意識は変わったように見えても、無意識は変わらない。
 だから、崩れは止まらない。
 アタックすべきは、無意識である。

 しかし…この「無意識」というやつは、やっかいである。
 強敵である。
 ・小数点の付け忘れ
 ・計算ミス
 答えを音読していない。
 音読すれば、「あっ」と氣がつく。
 普通の子は、いわれたとおりにやらない(笑)
 
 分数の計算は、よくできていた。
 わからない子には、教える。
 「1」を分数に直せない子に、教える。

 ★『四角形』
 『四角形』のミニテスト
 弱い部分がある。
 (例)
 ・2本の対角線が垂直な四角形は?
 など。
 「対角線」が、まだ弱い。
 あとは、できていた。

 ★どん難問だい!
 ちょっと難しすぎる?
 いえいえ、最初難しくてできないのがよい。

 算数の授業では、休みの影響が出た。
 簡単な計算をミスする。
 いい加減になっている。
 基本通りにやらない。
 このへんを、どうするか?

 ◆部首調べ
 4年生の漢字。
 一つずつ部首を調べる。
 班学。

 ◆漢字からだ!
 「体」の漢字について、調べる。
 肘、腕、額、眉など。
 これから、調べていく。

 今、「個」を追っている。
 いつも休み明け不調の子が、かわってきた。
 何とか、自分をコントロールしている。
 大崩れしない。
 午後は冬眠(笑)していたのだが、今日はスタミナが切れなかった。
 その子とは、しょっちゅう会話をしている。
 だいたい、その子が話しかけてくる。
 授業以外の話題が多い。
 ゲームのことは、よく教えてもらっている。
 だいぶ、詳しくなった。

 ◆帰り
 ・班ごとに掃除
 ・「さようなら」
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-20 22:15 | あやせん

あやせん 6月17日


  あやせん 6月17日(金)

 昨日は、大きな変化があった。
 ある子が、最後まで掃除をした。
 4月の姿からは、ありえないことが起きた。
 ●●したから、こうなった。
 ということはない。
 なぜだかわからないが…掃除をするようになった。
 指導案…計画…時数…
 その通りに行くのか?
 その子に対して、全力で柔らかく接してきた。
 2ヶ月半の取り組みが、花開いたのである。
 何がよかったのか、わからない。
 本などに書くことはできない。
 教育は難しい。
 難しいから、おもしろい。

 ただいえることは…
 その子に寄り添ってきたことだけ。
 どうこうしようと、思わない。
 その子を理解し、プラス面を引き出す。
 マイナス面をカバーする。
 最近は、関係ができてきた。
 昨日も、その子に頼まれて絵を描いた。
 ものすごく、喜んでいた。

 同僚も、「個」に着目。
 アタックを開始した。
 教育は、個にはじまり、個に終わる。

 昨日は、教材研究のあと飲んだ。
 いつも、飲んでいる(笑)
 話をしていると、ふと思いつくことがある。
 ひらめきがある。
 ?が解決するときがある。
 それが、おもしろい。

 いつものように、4:00に起きる。
 朝風呂読書。
 仕事。
 犬の散歩。

 いつもの電車に乗る。
 教材研究。

 このへんは、毎日同じである。

 ◆学校公開後
 取り組んでいること
 ・教科書音読  大量に読ませる。
 ・100発見伝
   100発言
   100書き
 ・一文解釈
 ・指名なし発言
 ・教え合い
 ・新聞づくり  レイアウトと内容
 ・表現読み
 ・歌
 ・超班学
 ・ひと班学
 ・ワン学
 ・絶対的な基礎
 ・「予習」
 ・究極のユニット授業
 ・漢字楽習
 ・どん難問だい!
 ・積み上げる

 などなど。

 7月9日、公開授業をする予定。
 恐れをなして?申し込む人が少ない(笑)
 いいことだ。
 6月11日は、おもしろかった。
 7月は、もっとおもしろくなっている。

 学校到着。
 仕事をする。
 早めに教室へ。
 子どもたちを迎える。

 杉渕学級では、入室するときあいさつする。
 人がいてもいなくても。
 子どもたちの声を聴く。
 多くの子は×××。
 声が小さい。
 氣合が入っていない。
 エネルギーが充電されていない。
 このへんは、まだ育っていないところ。

 ◆音楽朝会
 一足先に出る。
 体育館で待つ。
 なかなかこない。
 遅いぞ、ムサシ。
 ようやく到着。
 会場の雰囲氣に流される子がいる。
 教室でできることが、できなくなっている。
 もちろん、変わらない子もいる。
 24学級そろうまでに、時間がかかる。
 歌の練習をするといいな。

 全員がそろう。
 そろうまでに時間がかかったので、雰囲氣がいまいち。
 しゃべる子がいる。
 何しに来たの?
 わがクラスでも、一人。
 その子は、何度見てもしゃべっている。
 目があったとき、目で注意。
 その後も、しゃべっている。
 叱る。

 『ゆかいに歩けば』
 1~3年生、主旋律。
 4~6年生、オブリガート。
 このオブリガートは、音楽の先生のオリジナルバージョン。
 すばらしい。
 1年生以外は、歌う声が出ている。
 いい感じである。
 何度も歌うと、声が出てきた。
 しかし…地声に戻ってしまった。
 残念。
 最後は、6年生の合唱。
 5年生のときより、よくなっている。
 地声ではなくなってきている。

 時間も、15分ぴたり。
 教室に戻ったとき、8:50前。
 いい感じだった。
 音楽会に向けて、いいスタートを切ることができた。

 先ほどの子を、厳しく叱る。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 昨日注意されたことが、できていない。
 いや、意識していない。
 ※言葉をはっきり。
 エネルギーはあるが、言葉がクリアではない。
 2回目、よくなった。
 意識するだけで、こんなに違う。
 やはり、意識が大切。

 ◆班学
 いいユニットとそうでないユニットがある。
 全部よくなると…次元が変わる。
 まだ、玉石混淆。

 ◆ひと班学
 ・あいさつ
 ・返事
 ・いいものから
 2班が、よくなってきた。

 ◆班学 2
 班学のリストラクチャー。
 メニューを変える。
 班ごとに、話し合い。
 5班は、ユニーク。
 「ざんざん ざかざかリレー」を考えた。
 こういうのがいい(笑)
 アドバイスする。
 ・ハイタッチ ざんざん ざかざかリレー
 ・戦場カメラマンバージョン
 など。
 爆笑。

 ◆交流給食に向けて
 ・クイズづくり
 ・グッズづくり
 ・練習
 班ごとに、準備。
 2年生の教室にいく子が、2年生役。
 実際にやってみる。
 イメージ通りにいかない。→修正する。
 さて、どうなるか?

 ◆リズム漢字
 書き取り。
 ノートに書く。
 全部覚えた子は、熟語づくり。

 ◆20分休み
 雨のため、内遊び。
 静かに遊んでいる。
 交流給食の準備をしている子もいる。

 ◆漢字クイズ
 部首探し

 士 今 中 亡

 これは、けっこう難しかったようだ。
 わからない子には、ヒントを出す。

 士  下につくことを教える。
 口

 正解は、心。

 ◆一文解釈

 あの人はきれいだ。

 ・心がきれい。
 ・おしゃれしている。
 ・アクセサリーがきれい。
 ・美人
 ・化粧している。
 ・どこかにおでかけする。
 ・パーティー用のドレスを着ている。
 ・多くの人の中で、目立ってきれい。
 ・自分とくらべてきれい。
 ・あの人のことが好き。
 ・肌がつやつやしている。
 ・その他いろいろ

 ◆新聞づくり
 終わった子は、違う作業。

 ◆社会のテスト
 平均点は、95点くらい。
 よくできている。
 終わったら、解説を書く。

 ◆交流給食の準備
 ・準備
 ・掃除

 ◆交流給食
 ハイテンションになっている。
 ある子は…朝から不調。
 昨日がよかっただけに、ものすごい差がある。
 やはり、「一瞬のきらめき」だったのだ。
 集中する時間が短い。
 やる氣がいまいち。
 友だちに対して、しつこい。
 しかし…4月とくらべると段違いによい。
 総崩れにならない。

 すぐよくなったことは、すぐ崩れる。
 地道に指導するしかない。

 準備完了。
 2年生を呼びに行く。
 会食スタート。
 どの班も楽しそうにしている。

 完食は無理な感触。
 2年生と4年生では、食べる量が違う。

 食事が済んだ班から、クイズ。
 終わった班のために、後半私もクイズを出題。
 楽しいひとときだった。

 ◆昼休み
 静かに、読書など。
 私は、掃除。


 ◆算数
 ★予習
 分数の予習

 ★どん難問だい!
 ある保護者の方がつくってくださった問題。

  42÷7+1+{28÷4+3+(25×5)
  -(20×3)}+50-49

 それほど難しくはないが…
 めんどうくさい。
 ていねいさ、集中力の持続を見るには、いい問題。
 ありがとうございました。

 ★『四角形をつくろう』
 復習問題。
 「台形」に苦戦している子がいる。
 定義を忘れている。
 思い出せば、かんたんに解ける。

 ◆音楽学習発表会に向けて
 担当は私。
 メドレーで歌う。
 ・四季の歌
 ・アニメ(宮崎駿)特集
 
[PR]
by sugitecyan | 2011-06-17 21:14 | あやせん



実践の記録
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Order butalb..
from Butalbital pha..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Azithromycin.
from Azithromycin.
Naked women.
from Free naked wom..
Buy cheap am..
from Buy ambien onl..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Citalopram.
from Citalopram.
Buy terbinaf..
from Buy terbinafine.
Buy fioricet.
from Buy fioricet.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧