全力教室

<   2011年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

あやせん 3月24日


  あやせん 3月24日(木)

 修了式。
 最終日。
 今日で、子どもたちとお別れである。
 私が私に戻った年に受け持った子どもたち。
 それだけに、感慨がある。
 子どもを伸ばし、育ててきたつもりであるが…
 本当は、私が伸ばしてもらったのである。
 目の前の子どもを見る。
 そこから、実践を組み立てる。
 「はじめに子どもありき」。
 それを実践してきた。

 まだまだ、不十分。
 自分が理想とするところからは、遠い…
 思いはあっても、実力が伴わない。
 ここまでくるのが、精一杯であった。

 ◆修了式
 途中で、地震あり。
 防災ずきんをかぶり、その場に座る。
 ※移動の時、防災ずきんを持って行くことになっている。
 今日で終わる…
 終わりは、新しい始まりでもある。

 教室へ戻る。
 行進も、まあまあ。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 すべてが、最後になる…

 ◆班学

 ◆ひと班学

 ◆ワン学
 一つずつ終わる。
 別れが近づいてくる。

 ◆あゆみ
 一人ひとりに、「あゆみ」を渡す。
 多くの子は、喜んでいた。
 「あゆみ」は、その子のすべてではない。
 しかし、努力の結果ではある。

 ◆交流授業
 3年生が、教室へ。
 『ぞうれっしゃがやってきた』を演じてくれた。
 短い期間で、よくここまできた。
 もっともっと伸びる可能性を秘めている。
 お礼に、歌を歌う。

 ◆「わたし」の授業
 5年生のわたし。
 どんな「わたし」になるのか。
 一人ずつ発言する。

 5年生になると、学校づくりにかかわる。
 学校のため、下級生のために働く。
 4年生までとは違う。
 その決意を聴きたかった。

 ◆先生の話
 ・この1年の意味
 ・5年生という学年
 ・未来像
 について、話をする。

 ◆大掃除
 ・自分の机、イス、ロッカー。
 ・教室
 ・少人数算数教室
 の掃除。
 時間をかけて、ていねいに掃除をする。

 ◆AKB44シアター  再演
 保護者の方のリクエストで、AKB44シアター  再演。
 いよいよ、最後である。
 ・『雨ニモマケズ』
 ・『大きなかぶ』
 ・歌
 ・『ぞうれっしゃがやってきた』
 ・SOHRAN

 教室は、満員。
 クラスの保護者以外の方も、たくさん観に来てくださった。

 終了…

 ◆一斉下校
 今日も、一斉下校。
 「別れ」の余韻が消えてしまうのが残念だった。

 学年の先生たちと、お昼を食べに行く。
 式場準備があるので、ゆっくりできなかった。
 
 式場準備。

 仕事。
 クラス編成、その他いろいろ。
 まだまだ、仕事はたくさんある。

 6:00過ぎに、学校を出る。
 体の方は、かなり厳しい。
 脚がつったり、背中が硬直したり…
 寒くてしかたがない。

 「真名井」で調整。
 汗の出、いまいち。
 寒い。
 あと1日がんばらなければ…
 25日は、卒業式。

 明日は、卒業式だが…
 私の「仕事」は、終わった。
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-24 20:58 | あやせん

あやせん 3月23日


  あやせん 3月23日(水)


 最後の「1日公開」が、はじまる。
 状況が状況だけに、準備などできていない。
 「AKB44シアター」の演目は、練習していない。
 厳しい状況の中、スタート。

 ◆あいさつリレー&あいさつ

 ◆班学

 ◆ひと班学

 ◆ワン学
 ・『ごんぎつね』
 ・『ぞうれっしゃがやってきた』
 ・『大きなかぶ』
 ・『お手紙』
 ・『スーホの白い馬』
 ・『八郎』
 ・リズム漢字
 など。

 ◆絶対的な基礎
 高密度高速学習。
 ・なんこれ!
 ・10マス計算 三種
 ・あまりのあるわり算
 ・漢字100問テスト、または、熟語探し
 ・リズム漢字 復唱
 ・超高速読み
 ・圧倒声音読 『八郎』
 ・表現読み 『ひろがる言葉』
 ・初読音読 『くまの子ウーフ』
 ・  〃   『だからわるい』
 ・  〃   『マザー・テレサの言葉』
 ・指名なし発言 『行為の意味』より
 ACのCMより。
 「こころ」はだれにも見えないけど~
 について。
 ・歌 『さくら』

 ◆指名なし発言
 『くまの子ウーフ』
 一文ずつ、発言させる。
 浅い。
 どんどん、突っ込みを入れる。
 ・書かれていないことを想像する。
 ・連想して、広げていく。

 ◆指名なし発言 『だからわるい』
 同様に、一文ずつ発言させる。
 どんどん、突っ込みを入れる。
 容赦なし。
 最後は、題名当てクイズ。
 当てた子は、一人もいなかった。

 ◆20分休み

 ◆AKB44シアター
 表現読み、英語の表現読み。
 歌、たくさん。
 『ぞうれっしゃがやってきた』
 SOHRAN

 ◆算数
 「文章題」のプリント(表裏)。
 仕掛けのあるプリントである。
 今日のテーマは、「見える、見えない」
 ACのCMで有名になった言葉。
 「こころは」見えないけれど、
 「こころづかい」は見える。
 (宮澤氏の『行為の意味』からの抜粋)
 ほとんどの文章題は、構造が同じ。
 それを見抜くことができるか。
 見抜くことができれば簡単。


 ◆給食
 最後の給食。
 参観者の方にも、食べていただく。

 ◆掃除
 短時間掃除。
 しかし、ていねいにおこなう。

 ◆予行
 卒業式予行。
 全体的に、よかった。
 思いが伝わってきた。
 証書授与は、多くの子が声を出した。
 (返事と決意の言葉)
 会場全体が、いい雰囲氣。
 緊張感あるいい雰囲氣である。
 5年生も、がんばっていた。
 おしいのは歌。
 もっと口が開くと思う。
 子どもたちにいいたかった…
 「口をあければ」
 あなたの思いが伝わる。

 休暇を取る。

 参観者の方と協議会。
 その後、飲み会。
 4人くるはずだったが…
 最終的には、1人。
 それでよい。
 人数ではない。

 飲み会。
 二次会、三次会へ。

----------------------------------------------------------------

 杉渕学級参観記


登校時,教室への案内の児童がやってくる。(これも初めて)
教室に行くと,それぞれが,8時30分からの準備をしながら,話し合っている。

8時30分のチャイムとともにあいさつリレースタート。
何をするにも,「○○をします。」(代表・先生),「はいっ。」(全員・班)
1あいさつリレー全体
礼の仕方,声,スピード,友達同士の間がすばらしい。
2班学で数分間。内容は,教科書(4教科)音読,歌,広がることば(国語教科書冒頭文シリーズ)
   他の班に影響されないで,力一杯取り組んでいる。
時間が来ると,先生の指示から,同じ内容を一定時間で。返事は全員。
3班ごとに「あいさつをします。」「はい。」
4班ごとに「返事をします。」「はい。」
5「ごんぎつね読みます。」「はい。」
6「ぞうれっしゃ読みます。」「はい。」
7「八郎読みます。」「はい。」
8「おおきなかぶ読みます。」「はい。」
9「スーホの白い馬読みます。」「はい。」
10 「リズム漢字読みます。」「はい。」
11「ひろがることば読みます。」「はい。」
12国語の冒頭文  「○○読みます。」「はい。」
13プリントを代表が取りに行く。「○班,○人です。」
14なんのこれ式
1510マス計算 ×0~×9,×10~×19,+0~+9,10-~19-
16あまりのあるわり算10秒制限を10題ずつ
17裏にして,同じ内容100問チャレンジ
18漢字プリント5分 個別に行う。先取りして5・6年の総まとめプリントに挑戦したり,辞書出調べたりして,やっている。
19リズム漢字代表が読む→全員で読む
20班で同じところを読む
21班で同じところを超高速読み
221人で超高速読み
23全員でそろえて読む
24「八郎」圧倒声 男女で分かれる。声が小さいとやり直し。
251班から順番に男女で「海は押す」「八郎は押し返す」「海はまた押す」のフレーズを。間延びをさせないので,班と班の間のつながりを意識させている。
26教室の中央で半分に分けて,向かい合って読む。「声で押すんだ」という指導。
27広がることば音読
28国語 3年生冒頭文の音読
29 〃 4年生  〃
30「お手紙」(英語)一緒に
31スーホの白い馬(英語・日本語)英語ではあるが,強弱・視線など読み方を適宜指導。
起立-着席が適宜あって,運動もしている。
32初めての文章初見「マザーテレサ」「くまの子ウーフ」「だからわるい」初めてなのに,かなり読める。抑揚・強弱・緩急などのレベルが高い。
33ACのCMの中にある。宮澤章二さんの誌を板書する。
「こころ」はだれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える

「思い」は見えないけれど
「思いやり」はだれにでも見える
この後,文章が続くのだが,そこから見えるものを「指名なし発言」で。
 たくさん発表するが,「表面的な解釈」を先生はのぞんでいなくて,少々追い込む。
 もっと具体的に。当たり前のことではなく,もっと見えないものが見えるように。
 2時間目に,続きをすると告げる。即興力を鍛えるためにここは厳しく。
34歌「桜」
ここで1時間目終了。怒濤のユニットのプログラムだが,スタミナが落ちないところがすごい。
圧倒的な量,間の無駄な時間がない。多くの子の集中力もすごい。
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-23 20:58 | あやせん

あやせん 3月22日


  あやせん 3月22日(火)

 あと3日で終わり。
 毎日全力投球しているので、今回はあまり終わりを意識していない。
 最後まで、「いつも通り」かもしれない。
 三連休かなり寝たので、体力は回復してきた。
 ラスト3日間(卒業式を入れると4日間)、がんばりたい。

 電車は、今日から土日ダイア。
 定刻より早めに家を出る。
 駅で、10分ほど待たされる。
 土日ダイアであるが、全部運転しているわけではない。
 なるほど。
 休日ダイア+7~8割運行なのだろう。
 明日から、もっと早めに出る必要あり。

 車中で、教材研究。
 「ラスト3日間」をどうするか?
 ・いつも通り
 ・「1日公開」
 ・しめの授業、しめの取り組み
 3つの角度から迫る。

 連休中も、いろいろあった。
 愕然とすることがあった。
「えっ」
 あまり意識の違いに驚いた。
 熱心な人たちなのだが…
 私とは、意識が違う。
 いい悪いではない…
 違う。
 ここまで違うとは思わなかった。
 人は人、自分は自分。

 早めに教室へ。
 仕事をしながら、子どもたちを待つ。
 5人がこない。
 三連休明け。
 休みの影響が出ている。
 目の動き、表情、態度、行動などなど。
 やはり、この時期の三連休は厳しいかな?


 ◆あいさつリレー&あいさつ
 いない子のところに私が入り、あいさつリレー。
 3人のところに入ってのあいさつ。
 爆笑。

 ◆班学
 5分間班学。
 休み明けだが、しっかりできている。

 ◆ひと班学
 ・あいさつ
 ・返事

 ◆ワン学
 ・『ごんぎつね』
 ・『ぞうれっしゃがやってきた』
 ・『大きなかぶ』
 ・『お手紙』
 ・『スーホの白い馬』
 など。

 ◆ラスト3日間について
 Nさんは、中国に行っている。
 Yさんは家の事情で九州へ?
 もしかしたら、修了式も休みかもしれない。
 ・3日間の予定
 ・内容
 ・その他

 ◆絶対的な基礎
 ・なんこれ!
 今日は、表裏に挑戦させる。
 三連休後の目覚まし(笑)

 ・10マス計算
 トライアスロン
 かけ算、たし算、ひき算の連続(300題)。

 スタミナを見る。
 肉体的なスタミナ、精神的なスタミナ。

 ・あまりのあるわり算
 選択制にする。
 いつも通り、10題ずつ行う。
 裏は、100題連続。
 もうひとつのコースは、200題連続。
 スタミナを試す。
 子どもたちの挑戦意欲を試す。
 ほとんどの子が「200題連続に挑戦する」という。
 やる氣がすごい。
 育ってきている。

 まずは、10題ずつ。
 200題連続に挑戦する子は、目で計算する。
 次は、100題、または、200題連続コース。
 ハードな練習である。
 しかし…挑戦する子はやる氣満々。
 楽しんでいる。

 終わった子から、漢字に入る。
 ・漢字熟語探し、漢字100問テスト
 多くの子は、熟語探し。
 100問テストをする子の多くは、高学年のプリントを使う。

 ◆交流授業
 3年生のある学級へ。
 『ぞうれっしゃがやってきた』の交流授業。
 ・4年生が3年生を教える。
 ・私が、一人ひとり指導する。
 3年生が『ぞうれっしゃがやってきた』を演じる。
 ※台詞のみ。
 なるほど。
 基本的なところはよい。
 
 グループごとにわかれる。
 ・軍人、消防団員
 ・飼育係
 ・ナレーション
 ・子ども
 4つにわける。
 4年生は、それぞれの箇所につく。
 指導開始。
 さて、どのような指導をするか?
 見ていると…
 やはり、指導はいまいち。
 私のようにはいかない。
 当たり前だ。

 後半は、私が一人ひとり指導する。
 ・視線
 ・タイミング
 ・台詞前のワンアクション
 ・強弱
 ・その他いろいろ

 爆笑の連続。
 私も、のどがいかれるくらい声を出した。
 全力で指導した。

 問題発生。
 練習しても、3年生が発表する場がない。
 明日、4年生のところにきて発表してもらうことにした。
 4年生にとっても、刺激になるだろう。
 「3年生には負けられない」という意識が働くだろう。
 はたして、どうなるか?
 楽しみである。

 ◆20分休み
 「あゆみ」と要録を提出。
 全部できていないが、今日が〆切なので出す(笑)
 一覧表は、あとでやることにした。
 校長先生と話をする。

 ◆テストを活かした学習
 テストを使っての学習。
 ただ解くだけでなく、解説を書く。
 その分時間がかかる。
 『ごんぎつね』は、ほとんどの子が100点だった。
 裏面の漢字も、よくできていた。
 理科は、まとめのテスト。
 1カ所難しい部分は、私が説明した。
 「説明するのが難しいところ」を説明(笑)

 ◆算数
 ・テストを活かした学習。
 ・難問。
 それぞれ、自分のペースで学習している。
 わからないところだけ、聴きにくる。

 ◆給食
 食管そろわず、準備に時間がかかった。
 10分くらい。
 食べるのは、早い。
 ケーキが大人氣。
 私のケーキも寄付する。
「先生、やさしい」
 今頃わかったか(笑)

 ケーキを包んでいたアルミを使って羽をつくる。
 真ん中に折り鶴を置く。
 今日のオブジェ(笑)

 ◆掃除
 あと3日間なので、念入りに掃除をする。
 教室整理も。

 ◆昼休み
 看護当番の先生から、注意あり(放送で)。
 廊下を走り回っているクラスあり。
 鬼ごっこしているクラスあり。
 わがクラスは、教室内で遊んでいる。
 読書、百人一首、トランプ、ゲーム、その他いろいろ。
 内遊び用の遊びをしていた。

 ◆読書タイム
 用事があり、職員室へ。
 先ほど依頼された書類に、必要事項を記入。
 提出する。

 ◆図工
 イラストを描く。

 ◆一斉下校
 雨のため、出発順は放送で。
 子どもたちを送っていく。
 年度内は、一斉下校を続けるとのこと。

 ◆教室掃除
 教室を掃除する。
 ゴミがたくさん出た。
 このところ、成績表作成のため掃除がおろそかになっている。
 教室は正直だ。
 普段の5倍くらいゴミが出た。

 ◆証書捺印
 卒業証書に、校印、割り印を押す。
 学年4人で、役割分担。
 私は、校印を押印する役。
 大役である。
 正確が曲がっているので、まっすぐ押せないといううわさあり。
 めげずに、押印。
 最初は、いろいろなトラブルあり。
 進みが遅かった。
 後半は、すごいスピードで作業が進んだ。
 思ったよりずっと早く終了。
 お疲れ様でした。

 夕会後、学年の先生がお菓子を買ってきてくださった。
 私の大好きな「苺大福」である。
 このお菓子屋の「苺大福」は、逸品。
 すごくおいしい。
 学年で、おやつタイム。

 その後、仕事。

 明日は、最後の「1日公開」。
 岡山から参観者あり。
 東京に7:00に着くというので、前夜祭をすることになった(笑)
 今回、いろいろあり2人がキャンセル。
 いずれも、やむをえない事情。
 仕方がないといえば、仕方がない。
 残念。
 今の学級は、もう見られない。
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-22 20:56 | あやせん

あやせん 3月18日


  あやせん 3月18日(金)

 「公開するんですか…」
 このような状況の中、公開すべきか、中止すべきか…
 まよわず、公開。
 中止しようという思いはなかった。
 私がすべきことは、公開し続けること。
 たとえ一燈のあかりでもよい。
 教育界にあかりを点すことが大切だと思っている。
 被災された方々に私ができること。
 それは、自分の持ち場で全力を尽くすこと。

 こんな状況だが…
 いいこともあった。
 ある保護者の方から、手紙をいただいた。
 大震災当日の話である。
 電車が動かず、帰宅したのは夜遅く。
 家に入ってみると、きちんとかたづいている。
 子どもが、割れた物をかたづけ、落ちた物を元に戻していた。
 洗濯物もたたんである。
 食事までつくってあったとのことだ。
 一人寂しく泣いているのではないか?
 そう思い、ひたすら歩いて家に戻った。
 しかし、子どもは明るく母親を出迎えたという。

 5:00に家を出る。
 今日は、始発から二番目の電車に乗る。
 平常モードに戻った?
 すいている。

 6:40 学校到着。
 今日は1番ではなかった。
 仕事にかかる。
 「要録」執筆。
 教材のプリント印刷などなど。

 8:00過ぎに教室へ。
 参観者を案内する。

 8:15近くになると、子どもたちがやってくる。
「おはようございます」
 教室に入るとき、大きな声であいさつする。
 ・今日の構想
 ・子どもたちへのあいさつ
 ・観取り
 来ないのは2人。
 一人は、事欠。
 もう一人は、インフルエンザで出席停止。
 休んでいた子が出てきた。
 中国から来たNさん。
 3日間休んでいた。
 金曜以来の再会である。

 参観者は、4人。

 8:30、いつものようにスタート。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 金管クラブの子がいなかったが、はじめる。
 あいさつリレーから。

 ◆班学
 5分間班学。

 ◆ひと班学
 ・あいさつ
 ・返事
 Nさんの声が出てきた。

 ◆ワン学
 同じユニットを行う。
 ・『ごんぎつね』の音読
 ・『ぞうれっしゃがやってきた』
 ・リズム漢字 音読
 ・英語『お手紙』
 ・英語『スーホの白い馬』
 ・『ひろがる言葉』
 ・『八郎』
 今、これが一番おもしろい。

 あいさつリレーからここまで、15分。
 高密度高速授業が展開された。

 ◆絶対的な基礎
 ・なんこれ!
 ・トライアスロン
(10マス計算…かけ算、たし算、ひき算 計 300題)
 ・あまりのあるわり算(10題ずつ、100題連続)
 ・漢字100問テストまたは熟語づくり
  4年生の漢字が終わった子は、高学年の漢字にトライ。
 ・リズム漢字 復唱
 ・超高速読み
 ・圧倒声音読『大きな木』と『八郎』
 『八郎』は、班対抗、男女対抗など。
 掛け合いの音読。
 ・表現読み 『ひろがる言葉』
 ・歌
 いろいろな歌を歌う。

 ◆体育
 『サッカー』
 ゲームを始めてから、2回目。
 前回から、かなり日があいてしまった。
 しかし…混乱なし。
 さっと、取りかかることができた。
 1試合終わると、私のところに集める。
 アドバイスしたり指示を出したりする。
 次のゲームは、動きがよくなる。
 ・ゲーム(5分間)
 ・集合→アドバイス&指示
 のくり返し。
 ところどころで、チームごとのミーティングを入れる。

 最後は、みんなでかたづけ。
 ・女子…コーン、ボールのかたづけ
 ・男子…校庭のブラッシング

 杉渕学級の定番、校庭のブラッシング。
 ようやく、この時期になってはじめた。

 ◆20分休み

 ◆音楽
 3校時は、音楽。
 その間、協議会。
 ・1年間かけて、子どもを育てる。
 これが、メインテーマ。

 後半、子どもたちが呼びにきた。
 私だけ音楽室へ。
 お別れの演奏会?
 歌と合奏をプレゼントされた。
 最後に、手紙のプレゼントもあった。
 ありがとう。
 しかし…まだ1年は終わっていない。
 私は、感謝されることはしていない。
 いっしょのチームで、戦ってきたのだ。
 いわば、戦友?
 これからも、全力で生きてほしい。
 自分を活かし、人のために行動する。
 そんな人間になってほしい。
 そんな思いを抱きながら、音楽室をあとにした。

 協議会の続き。

 ◆『八郎』
 4校時前半は、指名なし発言の授業。
 音読教材『八郎』を取り上げる。
 一文ずつ、検討していく。
 子どもたちは、どんどん発言する。
 中には、切れのある発言もある。
 ・わらしっこの視点で見ている。
 ・海を見ているのは、八郎、わらしっ子、村人
 ・村人たちは、避難したのか、していないのか。
 しかし…それらをつなげる、ミックスさせて考える
 などはできない。
 教師の指導が必要である。
 ・見ているのはだれか。
 ・避難したところから見ているのか、八郎の近くで見ているのか。
 ・村人はあきらめているのか、あきらめていないのか。
 などなど。
 25分くらいの話し合いであった。

 ◆『スーホの白い馬』
 後半は、英語。
 『スーホの白い馬』。
 メインは、スーホと殿様の会話。
 スーホの台詞は、感情が入る。
 なかなかよい。
 殿様の台詞は、難しい。
 発音に氣を取られ、十分表現できていない。
 もっと練習しないと、表現まで行かない。

 ◆給食
 給食準備は、時間がかかった。
 9分くらい。
 参観者全員が、教室で食事。
 これも、めずらしいこと。

 ◆掃除
 いつものように、掃除をする。
 終わったあと、私は続けて掃除。

 ◆昼休み

 ◆読書タイム

 ◆算数
 ★難問
 といっても、それほど難しくない。
 おもしろかったのは…
 算数が苦手な子ができて、得意な子ができなかったこと。
 これだから、教育はおもしろい。

 ★テストを活かした学習
 1週間前やった問題を、もう一度やらせる。
 今回のメインは、「詳しく説明を書く」こと。
 4班、だんだんNさんの面倒をみなくなってきている。
 授業中も休み時間も。
 意地悪?
 いやいや、そうではない。
 仲間として認めてきたということだ。
「つきっきりで手助けしなくても大丈夫」
 だと判断しているのである。

 細かな説明を書いた子をほめる。
 ?の子には教える。

 ★計算リレー
 「なんこれ!」のリレーをする。
 1~3問やってよい。
 どの班も速かったのだが…
 5つの班を失格にした。
 古代エジプト文字になっているのだ。
 一番遅かった2班が優勝。
 日本語になっていた(笑)

 2回目。
 今度は、ていねいに書いている。
 それほどスピードは落ちない。
 イメージと実際のずれが、ここにも顔を出す。
 雑に書いても、ていねいに書いても、それほど変わらない。
 実践した者だけにわかる真理である。
 「スピードよりもていねいさが大切」
 という人が多い。
 実践を積み重ねると、
「ていねいさとスピードは矛盾しない」
ことがわかる。
 子どもたちは、まだまだわかっていない。

 ★班対抗百人一首
 いつもと変えて、班対抗百人一首。
 その場ではなく、ちょっと走って札を取りに行く(笑)
 制限時間は、5秒。
 1位になると、ポイントが与えられる。
 6班圧勝。
 区の大会に出場した子が2人、1部リーグの常連がいる。
 ほとんどが1位だった。

 ◆AKB44シアター
 3月11日の「AKB44シアター」はすごかった。
 教室の空氣が、異次元だった。
 『さくら』の途中で大地震。
 中断、中止になってしまった。
 あの空氣は、そうそう味わうことができない。
 一回性のものである。
 それだけに、残念だった。

 今回、その空氣を求めるのは無理。
 できる範囲でやるしかない。
 ★AKB44シアター

 1 表現読み    『雨ニモマケズ』

 読むのが速い速い。
 速すぎる。
 練習していないので、いまいちだった。

 2 英語の表現読み 『大きなかぶ』
 これまた、速い。

 板書、「速すぎる」
 
 3 歌
   ・男子…『栄光の架け橋』
   ・女子…『手紙』
   ・全員…『蕾』、『さくら』、『With You Smile』

 少しよくなってきた。
 しかし…3月11日なすごかっただけに…
 くらべると…物足りない。
 あのレベルは、いつもは無理。

 4 合唱構成    『ぞうれっしゃがやってきた』
 スピードのコントロールができるようになってきた。
 いつもの状態に戻ってきた。
 『雨ニモマケズ』、『大きなかぶ』より、ずっとよかった。

 5 魂のSOHRAN
  ・チーム A
  ・チーム K

 うーん、練習不足。
 レベルを維持するのは、大変。
 毎日の練習、工夫がないと難しい。

 しかし…今回はこれが精一杯だった。

 終わってから、帰りの支度をする…
 しゃべる子がいる。
 遅い子がいる。
 まだまだ、育っていない。

 ◆一斉下校
 子どもたちを送っていく。

 その後、協議会をしているお店へ。
 ※休暇を取って、学校をあとにする。

 協議会&懇親会。
 その後、二次会。
 三次会、四次会…
 氣づくと、電車がない(笑)
 脚がつっている…
 このところ、ずっとつっていた。
 今日は、動かなくなるくらいつっていた。
 11以降の疲れが、一氣に出た感じがした。

 途中から参観、午後から参観した若手もいた。
「来られない」理由は、いくらでも見つかる。
 来るには、強い思いが必要である。
 参加した若手は、新しいサークルをつくるという。
 ぜひ、がんばってほしい。

 大震災から、1週間。
 さすがに疲れている。
 厳しい状況の中で、精一杯やった。
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-18 20:55 | あやせん

あやせん 3月17日


  あやせん 3月17日(木)

 昨日は、家に戻った(笑)
 今、当たり前のことが当たり前ではない状況。
 迂回ルートで帰る。
 電車の遅れもあり、川越まで2時間近くかかった。
 乗り越し料金を支払うのに20分くらいかかった。
 それから、歩くこと1時間。
 ようやく自宅へ。
 当たり前のことが、当たり前ではない。
 厳しい状況が続く。

 気仙沼の友人から、メールが来た。
 無事だとのこと。
 よかった。
 安心した。
 しかし…地域はひどいことになっているという。
 体育館は、安置所になっているそうだ…
 「現実を受け入れ、前向きに頑張って参ります」
 とのことだった。

 17日は、始発に乗ることにした。
 近所の方が、教えてくださった。
「杉渕さん、始発は動いていますよ」
 なるほど。
 計画停電になる前なら動いている。
 道理である。

 始発は、5:04。
 早く寝よう。
 ということで、昨日寝たのは9:00。
 よい子の就寝時刻(笑)
 疲れを取るためには、寝るに限る。

 3:30に起きる。
 たまっている仕事をする。
 犬の散歩をして、出発。
 朝早いというのに…駅には大勢の人。
 始発なのに、超満員。
 いつもなら、がらがらなのに…
 超満員なので、本を読む。
 いつもは、ノートを出して教材研究、その日の構想。

 今日も、一番に到着。
 時刻は、6:30前。

 早速、仕事にかかる。
 やるべきことは、たくさんある。
 今日は、単元計画の作成。
 教科書が変わるので、すべての計画が変わる。
 不備のあった算数、理科、道徳の計画を再度作成。
 時間がかかった。

 教室へ。

 ◆あいさつリレー&あいさつ

 ◆班学
 ・班学
 ・ひと班学
 ・ワン学

 ◆絶対的な基礎
 ・なんこれ!
 ・10マス計算 トライアスロン(300題連続)
「先生、トライアスロンをやらせてください」
 リクエストがあったので、トライアスロンに変更。
「制限時間は、3分」
 時間がかかる子は、4分30秒とした。
 時間との対決である。

 ・あまりのあるわり算(10題ずつ、連続)
 慣れてきて、速くできるようになってきた。
 速い子は、10題3秒で計算できる。
 100題連続では、2分切る子が増えた。

 ・漢字100問テスト 
   または、熟語づくり、高学年の漢字
 杉渕学級では、その学年の漢字で止まることはない。
 できるようになったら、次に進む。

 ・圧倒声音読 『八郎』
  全員
  班対抗
  男女対抗
  全員
 これがおもしろかった。
 教育は、「共同」と「競争」の原理で成り立っている。
 「競争」をうまく使うと、教室が活性化する。
 全員で読むより、班ごとに読んだ方がいい。
 全員で読むより、男女ごとに読んだ方がいい。
 人数ではないのだ。
 全員は、「人の集まり」ではない。
 明確な意識を持った人の集まりでなければならない。


 ◆理科
 復習テスト。
 答えだけではなく、説明も書く。

 ◆新聞づくり


 ◆20分休み

 ◆算数
 復習テスト 2枚。
 高速で復習。

 ◆社会
 復習テスト。
 答えだけではなく、説明も書く。

 ◆新聞づくり

 ◆給食
 ご飯、スープがこない。
 スタートが遅れる。

 ◆掃除
 いつもより、ていねいにおこなう。
 こんなときだから、なおさらていねいに。

 ◆読書タイム
 最初読書。
 後半は、打ち合わせ。
 明日は、「1日公開」。
 休んでいる子は、明日も休むかもしれない。
 『大きなかぶ』、『ぞうれっしゃ』などの代役を決める。
 SOHRANのポジションを修正する。

 ◆図工
 空き時間を使って、仕事をする。
 年間計画の手直しと要録作成。

 ◆一斉下校
 今日も、学年別一斉下校。
 子どもたちを、送っていく。

 学校に戻る。

 ◆安全点検
 月に一度の安全点検。
 担当箇所を見てまわる。

 ◆年間計画手直し
 たくさんあるので、時間がかかった。
 ようやく、終了。

 ◆要録
 要録作成。

 帰るに帰れない。
 私の乗りたい電車は、10時過ぎないと運行しない(笑)
 泊まった方がいいかな?

 夕方、降車駅まで動いていることがわかった。
 7:30過ぎに学校を出る。

 9:30帰宅。

 明日は、「1日公開」。
 こんな状況なので、ベストにはほど遠い。
 しかし、困難な状況だからこそ公開する意味があるかもしれない。
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-17 20:54 | あやせん

あやせん 3月16日


  あやせん 3月16日(水)

 昨日は、学校の近くに泊まった。
 連日、20キロウオーキングは体力的に無理。
 明日の運行状況は、よめない。
 それなら、泊まろう。
 大切なのは、「子どもを伸ばす」こと。
 20キロ歩く、泊まる…
 被災された方々にくらべれば、どうってことはない。
 しかし…眠りは浅かった。
 熟睡できない。
 どんなところでも眠れる境地には、ほど遠い。
 まだまだ。
 
 5:00に学校入り。
 早過ぎる出勤。
 誰もいない(当たり前)。

 仕事にかかる。
 電話なし、おしゃべりなし。
 集中して仕事ができた。
 ただし、暖房をつけていないので寒い寒い。
 コートを着たままでも寒かった。
 7:00まで、ばっちり仕事をした。
 月曜日できなかった分の半分仕事ができた。


 教室へ。
 もうすぐ8:30になるというのに…
 いない子がいる。
 2日間、朝教師がいなかった。
 落ちている。
 レベルが上がれば上がるほど、毎日やらないと落ちる。
 高いレベルを維持するのは、大変なことである。
 明確な意識と真剣な練習が必要。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 いまいち。
 やり直しをさせる。
「それが、全力ですか?」
 私の目は、ごまかせない。
 無意識のうちにレベルダウンしている。
 指導者は、無意識を意識化させることが役目。
 意識を無意識化させることが役目。

 2回目は、よくなった。
 ダメなときは、最初からやり直せばよい。

 ◆班学
 ひさしぶりに、班学を見る。
 金曜日から、見ていない。
 ずいぶん見ていない感じがする。
 金曜日午後から、ありすぎるくらいのことがあった…

 ◆ひと班学
 これは、よい。
 氣合が入っている。
 心が感じられる。

 ◆ワン学
 1ユニットずつ行う班学。
 同じユニットを行う。
 ・『ごんぎつね』
 ・『ぞうれっしゃがやってきた』
 ・『お手紙』
 ・『スーホの白い馬』
 これも、よい。

 ◆絶対的な基礎
 ・なんこれ!
 ・10マス計算 三種
 ・あまりのあるわり算
 ・漢字100問テスト または、熟語づくり

 ◆理科
 ・復習
 『もののあたたまり方』

 ◆社会
 ・復習
 『私たちの東京都』
 ひさしぶりに23区をいわせてみたが…
 見事に忘れている(笑)

 ◆10分休み

 ◆手紙
 手紙の続き。
 普通の手紙ではないのが、おもしろい。
 変わった手紙である(笑)
 教室があたたかい。
 1時間の授業、そして、あの1日があるからこそのあたたかさ。

 ◆算数
 ・総復習


 ◆給食
 スープが残ったので、みんなでお代わり。
 今日も、完食。
 デザートはいちご。
 いちごのへたで、ハートマークをつくる。
「ラブ注入!」(笑)

 ◆掃除
 ていねいに教室を掃く。
 私としては…一昨日掃除をすることができなかった。
 昨日も、完全にできていない。
 落ち着いてきた今日は、いつものように掃除をする。
 さすがに、スタミナが切れてきた。

 掃除の最中、地震あり。
 3階は揺れを感じなかったが、すぐ机の下に避難。
 揺れは、すぐおさまった。

 ◆昼休み
 地震、砂埃のひどさで、自主的に内遊び。
 参観者の方からいただいたDVDを見せる。
 とてもよく撮れている。
 ※京都のF先生、ありがとうございました。

 ◆新聞づくり
 「1年間」の成長の記録

 またしても、地震。
 机の下に避難。
 今回も、揺れを感じなかった。

 ◆学年一斉下校
 今日も、学年一斉下校。
 低、中、高と時間差をもうけて、下校。
 途中まで送っていく。

 ◆職員会議

 終わってから、要録作成。
 がんばらないと、終わらない。

 早めに帰る。
 東上線が動いていないので、迂回して帰る。
 京浜東北線で大宮へ。
 川越線で、川越へ。
 そこから歩く。
 3時間以上かかった。
 いつもの倍である。
 
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-16 20:53 | あやせん

あやせん 3月15日


  あやせん  3月15日(火)

 ネットで、電車の運行状況を見る。
 よし、朝は動いている。

 駅に着いたのが、5:40過ぎ。
 えっ?
 動いていない。
「計画停電のため、運休します」
 ネットの情報と違う。
 電車は影響を受けないと書いてあったのに…
 情報当てにならず。
 この駅から、電車が動いている駅まで、約20キロメートルある。
 歩くしかない。
 タクシーは来ない。
 長蛇の列。
 覚悟を決めて、歩き始める。
 自転車通勤が多い。
 14日の夕方、ショッピングモールにいった。
 自転車が飛ぶように売れていた。
 電車がダメら、自転車通勤。

 歩き始める。
 20キロとなると、半端ではない。
 ハーフマラソンなみの距離である。
 歩きが得意だといっても、かなり厳しい戦いになる。
 1時間経過…
 2時間経過…
 3時間経過…
 4時間歩き、ようやく電車が動いている駅に着いた。
 長かった。

 電車に乗る。
 ひさしぶりに文明に触れた感じがした(笑)
 そこから学校まで、1時間。
 歩き4時間、電車1時間。
 5時間かかって、学校到着。
 疲れた…
 これが毎日となると…
 続かない。
 帰りもあるのだ。
 1日8時間歩く。
 そうなったら、泊まるしかない。
 同じく、遠くからきている同僚に聴いてみると…
「友だちの家に、泊めてもらっています」
 なるほど。
 私はネットカフェか漫画喫茶に泊まることになるだろう。
 1日8時間のウオーキングよりはよい。

 職員室にいると、外で遊んでいる子どもたちが窓のところへやってきた。
 窓ガラス越しの再会。
 みんな笑顔。
 みんな手を振っている。
 1日離れるだけで、こんなに懐かしいなんて…
 不思議な感じがした。

 ◆地震関係の話
 子どもたちの安否について。
 いろいろ聴く。
 大丈夫のようだ。
 私の話。

 ◆H先生に学んだこと
 H先生の授業は、大好評だった。
 ふつうは、それでおしまい。
 終わらないのが杉渕学級。
 早速まねして、漢字のクイズづくり。

 ◆H先生への手紙
 H先生が、イラストを送ってくださった。
 かわいいものばかりである。
 さっそく、印刷して配る。
 子どもたちは、大喜び。

 授業のお礼、イラストのお礼ということで、手紙を書く。
 ただの手紙ではない。
 ・お礼
 ・授業分析
 ・学んだこと
 ・漢字クイズ いろいろ

 ◆算数
 復習。

 1日休んだだけなのに、動きについていけない。
 感覚を磨けば磨くほど、休んだときにガクンと落ちる。

 ◆給食
 なぜか、カフェオレ。
 明日から、牛乳なしとの噂あり。
 地震の影響で、工場が動かないのかもしれない。
 準備に時間がかかった。
 食べるのも時間がかかった。
 やはり、影響が出ている。

 ◆掃除
 しかし、掃除はよかった。
 技術より態度。
 「掃除の心」が感じられた。
 

 「ごちそうさま」が延びたため、休み時間はなし。

 ◆読書タイム
 今日は、図書ボランティアの方による読み聴かせ。
 わがクラスKさんのお母さんである。
 1年間お世話になった。
 今日が最後。
 2冊の本を読んでくださった。
 『ともだち』 谷川俊太郎 は、これから授業で活かそう。
 「友だち」とは?

 お礼に、「AKB44シアター」を披露する。
 地震のため、最後まで演じることができなかった。
 今回、聴かせたい方がはっきりしている。
 目的も、はっきりしている。
 1年間お世話になったお礼である。
 ・『蕾』
 ・『さくら』
 最初は、この2曲のみの予定だった。
 子どもたちの歌を聴いているうちに、予定を変更したくなった。
 ・男子の歌 『栄光の架け橋』
 ・女子の歌 『手紙』
 ・全員の歌 『With You Smile』
 そして、特大のおまけはSOHRAN。
 チームA、チームKが踊った。
 地震の復興とは、街のことばかりではない。
 人を元氣にさせることだ。
 SOHRANは、復興の意味もあり付け加えた。

 子どもたちは、思いっきり踊った。
 この元氣が、被災された方々、心に傷を負った方々に届くことを祈って。

 Kさん、1年間お世話になりました。
 ありがとうございました。

 ◆H先生への手紙
 お礼をする。
 大切なことである。
 思いは、形になって初めて伝わる。
「先生、ビデオレター送ろうよ」
 という子もいる。
 H先生は、『さくら』の途中までしか見ていない。
 SOHRANは、是非見ていただきたかった…
 思いを込めて、綴ろう。

 ◆クラブ
 最後のクラブ。
 反省用紙に記入、それから思い思いの作業。
 3年生が見学にきた。

 ◆一斉下校
 クラブ終了後、学年ごとに一斉下校。
 防災ずきんをかぶっての下校。
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-15 20:51 | あやせん

あやせん 3月14日


  あやせん 3月14日(月)

 電車動かず。
 出勤できず。
 自宅待機。

 ある子に電話。
 ※年賀状に電話番号が書いてあった子。

 今日、行けないことを伝える。
「先生、大丈夫です」
 とのこと。
 力強い言葉だった。
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-14 20:49 | あやせん

あやせん 3月11日

  あやせん 3月11日(金)
 
  とうとう、この日がきた。
  わくわくして待っていた。
  もう、結果はわかっている(笑)
  楽しい1日になる。
  子どもたちの潜勢力が引き出される。
  覚醒のとき…
  今日、1日を楽しもう。
 
  本日の予定。
 
  朝学習
  ★あいさつリレー&あいさつ
  ★班学
   ・班学
   ・ひと班学
   ・ワン学
 
  1校時
  ★絶対的な基礎
   ・なんこれ!
   ・10マス計算(かけ算、たし算、ひき算)
   ・あまりのあるわり算(10題ずつ、連続)
   ・漢字100問テスト
   ・リズム漢字 復唱
   ・超高速読み
   ・圧倒声音読 『大きな木』、『八郎』
   ・表現読み  『ひろがる言葉』
   ・英語    『お手紙』、『スーホの白い馬』
   ・歌     『負けないで』、『YELL』など。
   ・指名なし発言  社会、理科
 
  2校時
  ★『ごんぎつね』  二次読み
   ・指名なし発言
   ・全文音読(表現読み)
 
  3校時
  ★協議会   ※専科の先生の授業
 
  4校時
  ★特別授業
 
   給食
 
   掃除
 
  ★百人一首
   ・百人一首リーグ戦
 
  5校時
  ★算数
   ・計算リレー
   ・テストを活かした学習
   ・どん難問だい!
 
  6校時
  ★AKB44シアター
   1 表現読み    『雨ニモマケズ』
   2 英語の表現読み 『大きなかぶ』
   3 歌
      ・男子…『栄光の架け橋』
      ・女子…『手紙』
      ・全員…『蕾』、『さくら』、『With You Smile』
   4 合唱構成    『ぞうれっしゃがやってきた』
   5 魂のSOHRAN
      ・チーム A
      ・チーム K
  AKB44シアターも、佳境に入る。
  『さくら』を歌っているときだった。
  地鳴りとともに、ものすごい揺れ。
  3階は、よく揺れた。
  教室の後ろに集め、子どもたちを座らせる。
  揺れが収まらない。
  長い…
  普通の地震と違う。
  泣き出す子もいる。
  みんなで声をかける。
  今回は訓練ではない。
  本当の地震だ。
 
  放送が入る。
  校庭へ避難。
  全員が集まる。
  今後の対応を検討していると…
  次の地震。
  先ほどの地震より大きいかもしれない。
  すごい揺れである。
  震源地に近いのか?
  この時点では、情報なし。
 
  東北が震源地らしいことがわかった。
  東京の震度は、5以上6以下だ。
  私は、神津島で震度6を二度経験している。
  それよりは、弱い。
 
  緊急一斉下校になる。
  保護者の方が、引き取りに来ている。
  保護者が来た子は、引き渡す。
  この時点で、校舎に入ることは×。
  余震の可能性あり。
 
  しかし…体育の授業中だった子どもたちは体育着。
  そのまま帰すのか…
  着替えさせるのか…
 
  揺れが収まってきたので、全員教室へ。
  帰りの支度をして、再び校庭へ。
  学年ごとに、一斉下校。
 
  バス、電車はストップ。
  ・交通機関を使って通学している子
  ・家に帰っても一人で、不安な子
  は、体育館に集合。
 
  私は、子どもたちを送っていく。
  最後は、中国から来た子を家まで送る。
  しかし…鍵がかかっている。
  外出し、帰れなくなったのだろう。
  電話してもダメ…
  通じない。
  学校に戻り、体育館で待機。
  何度も連絡したが、つながらなかった。
 
  5時過ぎ、体育館にいる子どもたちも下校。
 
  電車すべてストップ。
  復旧の見込みなし。
 
  6時過ぎ、知り合いの方がNさんを引き取りに来てくださった。
  これで、全員オーケー。
  最後に残った子も、知り合いの方が引き取りに来てくださった。
 
  けが事故なし。
  子ども全員下校。
  まずは、よかった。
 
  夕方、学校は緊急避難所に指定された。
  職員全員は、スタッフになる。
  買い出しに行く。
  食料を買ってくる。
  いろいろ準備していくうちに…
  状況は、変わった。
  教育委員会から通達あり。
  スタッフは、三分の一でいいとのこと。
  ※電車が動かないため、多くの職員は帰ることができない。
 
  参観者の方々と、喫茶店で協議会。
 
  その後、学校へ戻る。
  その日は、教室で寝た。

  大変な一日になりました。
  被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。
  東京も、今までにない大変なことになりました…
  みんなで力を合わせ、がんばりましょう。
 
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-11 20:43 | あやせん

あやせん 3月10日


  あやせん 3月10日(木)

 「1日公開」前日。
 今回ほどわくわくする公開はない。
 あと1日、できる限りのことをしよう。

 昨日は、仕事より体を優先した。
 早めに帰り、「真名井の湯」へ。
 ※家の近くのスーパー銭湯。
 汗の出方で、コンディションがわかる。
 はじめは、出方がよくない。
 後半、いい汗の出方になってきた。
 よし。

 家に帰り、仕事をする。
 『相棒』を見ながら仕事をしたのだが…
 仕事に集中していたので、ストーリーがよくわからなかった(笑)
 早めに休む。
 今は、コンディションを整えることが大切。
 
 4:00に起きる。
 すぐ仕事にかかる。
 朝風呂研究。
 今日は、読書ではなく構想を練る。
 メールの返事。


 学校到着。
 「1日公開」のプログラムをつくる。
 子ども用のプログラムである。

 ◆看護当番
 今日は、歩道橋のところに立つ。
 あいさつの声は…いまいち。
 「大きな声であいさつする」
 どの世界でも、基本中の基本である。
 学校全体で取り組むといいと思うのだが…

 門を閉め、体育館へ。
 今日は、集会。

 ◆集会
 「クラブ紹介」集会。
 メインは、3年生の入部指導である。
 きちんと練習したことがわかる。

 「教室に戻るまでが集会」
 認識し実行する。
 集会が終われば終わり。
 だらだら戻る。
 ほんのわずかなことだが、ものすごい差となる。

 教室へ。
 まだ、用意ができていない。
 朝準備できない子もいる。
 スポーツクラブ、金管クラブの子は、8:25過ぎにくる。
 集会があるときは、すぐ教室を出なければならない。
 準備できないのは、仕方がない。
 しかし…教室に戻ってからすぐ準備できない子がいる。
 切り替えができていない。
 みんなを待たせているという認識がない。
 しっかりしている子が、今日は抜けていた。
 流動論でいえば、C状態。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
「あいさつをします」
「はい」
 あいさつリレーが始まる。
 すぐに、ストップをかける。
 立ち方がダメ。
 さっと立たない子がいる。
 わずかなことだが、決定的なことである。
 百人一首で強くなろうと思ったら…
 カルタの練習をするだけではダメ。
 日常生活すべてで、反応力を鍛える必要あり。
 ・先取りして準備する。
 ・予想する。
 ・教師の唇の動きを読む。
 などなど。

 2回目は、さすがにさっと立つ(笑)
 しかし、1回目が実力。
 真剣勝負に「もう一度」はない。

 ◆班学
 途中でストップをかける。
 全力が弱い。
 1つ終わったら着席。
 立って次のユニットに入る。
 こうした方が、メリハリがつく。

 ◆ひと班学
 メリハリがあってよい。
 1班→2班という順に、ひと班ずつ行う。
 テンポがよくリズミカル。

 ◆ワン学
 同じユニットを、全班同時に行う。
 今、一番パワーのある活動。
 時間は、1分。
 終わったら、次のユニットに入る。

 ◆プラスα
 「プラスα」を教える。
 明日は、「1日公開」。
 何をプラスするか?
 考えさせる。

 同じことをしていたのでは、レベルが落ちる。
 知らないうちに交代している。
 新しい刺激が必要なのだ。
 ちょっとしたことでよい。


 ◆算数
 自主学習。
 子どもによって、課題は違う。
 やっていることも違う。
 復習。
 説明。
 難問に挑戦。


 ◆新聞
 新聞づくり。
 ・『ごんぎつね』
 ・「これからの自分」
 終わった子は、「明日の自分」。

 ◆給食
 今日は順調。
 定刻に「ごちそうさま」。

 ◆掃除
 明日に備え、教室はいつもよりていねいに掃除。

 ◆昼休み
 看護当番の仕事あり。
 校庭の隅に立つ。
 子どもたちが、校舎の裏側に行かないように見張る。

 ◆読書タイム
 今日は、静かに読書。

 ◆新聞
 新聞づくりの続き。

 ◆明日に向けて
 練習。
 2人休み。
 明日も休む可能性がある。
 ・誰がその子の代役を務めるか。
 ・踊りのポジションは?
 などなど、決めるべきことがある。
 ある程度決めたところで、練習。

 ★『ぞうれっしゃがやってきた』
 通してみる。
 時間の関係で、歌はカット。

 ★歌
 歌は、上を見ればきりがない。
 「ちょっと」よくなるためには、すごい練習が必要。
 プラスαの指導をする。
 ぐんとよくなる。
 しかし、本番でできるかどうかは?
 ちょっと力が入ると(力むと)、微妙な表現が飛んでしまう。

 ★SOHRAN
 一番困っているのが、SOHRAN。
 振り付けを変えなければ、ばっちり。
 今回、初めて変えたので混乱している。
 夢中になると、体が以前の振り付け通りに動いてしまう。
 ミスの連続。
 チームごとに話し合い、最終的な振り付けを決める。
 決めたら、練習。

 終了。
 ここまでしかできなかった。
 仕方なし。

 教室掃除。
 明日の準備。

 校庭に砂が入った。
 職員全員で、砂を均等にまく。
 かなり時間がかかった。

 看護当番なので、見回り。
 ・門の鍵を閉める。
 ・昇降口の鍵を閉める。
 ・窓の鍵を閉める。
 ゴミ拾い、つくえの整頓などなど。

 全部終わってから、「あゆみ」に取りかかる。
[PR]
by sugitecyan | 2011-03-10 20:47 | あやせん



実践の記録
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Order butalb..
from Butalbital pha..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Azithromycin.
from Azithromycin.
Naked women.
from Free naked wom..
Buy cheap am..
from Buy ambien onl..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Citalopram.
from Citalopram.
Buy terbinaf..
from Buy terbinafine.
Buy fioricet.
from Buy fioricet.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧