全力教室

<   2010年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

あやせん 11月30日


  あやせん  11月30日(火)

 11月も終わり。
 時が過ぎゆくのが早い。
 週末は、同僚の結婚式がある。
 慌ただしい日々が続く。

 昨日は、いろいろあった。
 「子どもの育ち」について、考えた。
 発展途上の子どもたち。
 条件がそろうと、元に戻る。
 音楽の授業では、条件がそろった。
 自分の授業では、まず考えられない。
 「崩れないシステム」が、裏で働いているからだ。

 以前受け持った子が、不思議がっていた。
「どうして●●先生の授業だと崩れるのに…」
 私の授業では、崩れないのか? と。

 一般的には、「教師の力量」。
 しかし…「教師の力量」を具体化すると…
 わからなくなってくる。
 まあ、いろいろある。
 ・授業のおもしろさ
 ・的確な指示
 ・明快な発問
 ・その他いろいろ
 今回は、「崩さないシステム」。
 私の授業には、裏で「崩さないシステム」が働いている。
 (例)
 ・ユニット…やることが明確
 ・スピード
 ・取りかかり、切り替えの速さ
 ・アップテンポ
 などなど。
 崩れる暇がない(笑)
 
 本当は、崩れている。
 しかし、見てもわからない。
 「崩れ」には、
 ・見える崩れ
 ・見えない崩れ
 がある。
 私の学級でも、「見えない崩れ」はたくさんある。
 毎日ある。
 それを、修正している。
 だから、「見える崩れ」になることは少ない。

 教師が変われば子どもは変わる。
 いついかなるときも崩れない。
 このような子は、いない。

 「崩れる」のではない。
 「崩している」のである。
 

 ★「見えない崩れ」を見る
 シロアリが食い荒らす。
 柱が倒れるのは、最後。
 「倒れてわかる」のでは、遅い。
 何でもそうだが、初期対応が大切なのだ。
 保護者とのトラブル。
 スピードが命。
 すぐ連絡。
 家に直行。
 これだけで、保護者の対応が違ってくる。
「先生が、すぐ来てくれた」
 これだけで、怒りがおさまることもある。
 誠意は、スピードなのだ。
 「崩れ」も同様。
 初期なら、すぐ修正できる。
 その場で、修正できる。
 しかし…「見える崩れ」になると大変。
 その場では、修正できない。
 時間がかかる。

 学級を見て…
 私が声をかけることがある。
「大丈夫です」
 大丈夫じゃないから、言っているのだ。
 私には見えているが、その方には見えていないのだ。
 2ヶ月後、見事に崩壊。
「助けてください」
 立て直すまでに…1年かかかった。
 初期対応していれば…崩れなかったはず。

 教師は、「見えない崩れ」を見る努力が必要。
 どうすれば見えるのか?
 ここから、有料(笑)

 昨日も、早めに家に帰った。
 ある電車に乗ると…すいている。
 なぜ?
 ようやく、わかった。
 遠くまで行かない電車なのだ。
 だから、遠距離の人が乗らない。
 その分、すいているのだ。
 なるほど。
 わかれば、「なーんだ」
 わからないと、不思議。

 コンディションはよくなってきたのだが…
 スタミナがない。
 昨日は、子どもが帰ったとたんガクンとなった。
 スタミナが切れたのである。

 早めに寝る。
 調子がよくないときは、寝るに限る。
 私の健康法。

 今朝も、4:00起き。
 朝風呂読書、犬の散歩。
 いつもより、早めに出る。
 座れる電車に乗る。
 車中で、教材研究&本関係の仕事。
 じっくり仕事をしたいときは、座れる電車を選ぶ。

 講座のことも、考える。
 「てつじん倶楽部」は、今後、関東のみで行う。
 関西の担当者は、多忙。
 代わる人もいない。
 いつもなら、年末に講座があるのだが…
 その日は、違う講座が入っている。
 「てつじん倶楽部」は、最初からやる予定がなかったのだ。
 都合で、やったりやらなかったり…
 これは、困る。
 楽しみにしている人もいるのだ…
 「今回はやらない」という連絡もなかった。
 忙しいのだろう。
 しかし…相手に対する配慮がない。
 少なくとも、事前にきちんと連絡すべきだろう。
 残念だ…

 忙しい方が事務局をやるのは無理。
 専属でないと、うまくいかない。
 ということで、今回から関東のみ。
 関東は、私が事務局。
 どんなに忙しくてもやる。
 専属だから。

 だれもが、「忙しい」という。
 しかし…
 ・情熱
 ・優先順位
 ・効率化
 ・時間の使い方
 があれば、不可能ではない。
 ほとんどの場合、「情熱」がない。
 そこまでのやる氣がない。

 私は、忙しいながら事務局も務める。
 だから、「効率化」をはかっている。
 このシステムを売れば、大もうけできるだろう(笑)

 お別れである。
 残念であるが、仕方がない。
 今まで、ありがとうございました。

 「てつじん倶楽部」の講座に参加したい方は、関東まで。
 大宮まで、足を運んでいただきたい。
 お金と時間をかけた分、身につくものはあると思う。
 1月8日の講座。
 申し込みは、20人近く。
 今回は、定員が少ない。
 興味ある方は、お早めにどうぞ。


 途中で、乗り換える。
 今度は、立って仕事。
 車中の状態で、自分のコンディションがわかる。
 乗り換え。
 地下鉄に乗る。
 疲れて寝てしまった。
 まだまだ、コンディションはよくない。

 学校到着。
 仕事をする。
 若い先生と話をする。
「陰山先生の授業を見たい」
 そうである。
 現役じゃないからな。
 話は聴いた方がいい。
 最新情報あり、基本あり。
 とても、おもしろい。
 ※陰山先生とは知り合い。

 A区では、おもしろいことが起きている。
 教育委員会が、「基礎学力づくり」を推進している。
 「パワーアップタイム」
 読み・書き・計算を行う時間である。
 普通は、朝会、集会を抜かした朝の時間15分。
 週3回、基礎学力づくりをするのである。
 これを、A区全校に広げようというのである。
 今日も、推進校で発表がある。
 ※A小からは、教務主任が参加。

 笑ってしまった。
 この「基礎学力づくり」は、私が伝えたものだ。
 もう、8年前?
 G小に、講師で招かれた。
 そのときに、伝えた。
 当時、勤務していたS小では、「基礎学力づくり」の研究をしていた。
 名称は「チャレンジタイム」。
 大きな成果を上げていた。
 これまた、私が伝えたものだ。
「杉渕先生、広島のT小の実践知っていますか」
 それは、私が伝えたんだよ(笑)
 T小の実践ではない。
 私が開発した実践である。

 当時は、総スカンをくった。
 ※1989年。
 おかしい。
 変だ。
 しかし…学力テストをすれば、私の学級はダントツ。
 周りは否定できなくなった。
 まねする人も出てきた。
「教えて」
 という人も出てきた。
 非難する人たちは、わたしを無視するようになった。
 長年にわたって、報復されることになる。
 今思えば、若氣のいたり。
 現在の自分なら、こんなことはなかっただろう。

 当時、「モジュール」という考え方はなかった。
 だから、非国民扱いされたのだ(笑)

 懐かしい話である。

 それが、区をあげて推進されるとは…
 時代は変わったものだ。

 「基礎学力づくり」
 大切である。
 是非、取り組んでいただきたい。

 しかし…多くは形だけ。
 成果は、100分の一。
「松坂牛、焼きすぎればただの肉」
 である。

 「基礎学力づくり」をシステム化したのが、20年前。
 現在は、かなり完成度が高い。
 「上達するシステム」がある。
 聴きたい方は、講座に来てください。
 宣伝です(笑)


 ◆看護当番
 歩道橋のところへ。
 犬走りで、あいさつする。
 かたまりごとにあいさつ。
 こうすると、声が出る。

 歩道橋の下に立つ。
 こちらは、あいさつする子が多い。
 以前もそうだった。
 どうしてだろう?

 歩道橋のところでは、大きな声を出せる。
 横断歩道のところは、それができない。
 マンションの住民から「うるさい」といわれるのだ。
 ある人から見ると
「大きな声のあいさつ、氣持ちがいい」
 遠回りして、学校前を通る人もいる。
 ある人から見ると、
「うるさい」
 人それぞれ。

 歩道橋は、大きな交差点のところにある。
 大きな声を出しても、迷惑ではない。
 だからかな?

 ◆持久走
 放送の調子が悪く、肉声。
 当番の先生が声を出しているのに、しゃべっている子多し。
 ※私の学級は静か。
 一喝する。
 まわりが静かになると…
 肉声でも届く。
 なるほど。
 悪条件も、まわりが静かであればクリアできる。
 声が届くのだ。
 これからは、マイクなしでやったらどうだろうか?

 持久走の練習。
 いつものように、2周走ってから交通整理。

 終了。

 教室へ。
 子どもたちは、カードに記録を記入している。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 まだ、途中の子がいるが、「あいさつリレー」スタート。
 当然のことだが、整っていない子がいる。
 もう一度。
 ・カードに記入。
 ・準備
 全員の準備ができたところで、2回目に入る。
 2回目は、よかった。

 1回目で待っていると…
 学級崩壊につながることがある。
 きちんとしている子が、待たされる。
 不公平である。
 「きちんとしている子」が、崩れるのが崩壊。
 きちんとしている子を、基準にすべきである。

 2回目、今度は全員。
 「待たずに、2回」を推薦する。


 ◆班学
 『ぞうれっしゃ』が入ったが、まだ短い。
 完全に、マンネリ化している。
 迫力がない。

 ◆ひと班学
 ・あいさつ
 ・返事
 今日は、いまいち。
 班学の影響を受けている。
 あるレベルまで行くと…
 現状維持さえ難しい。
 ・たくさんの努力で、ちょっとしかレベルが上がらない。
 ・ちょっと抜けば、ガクンと落ちる。
 そのレベルまで来ている。

 ◆班学 2
 『ぞうれっしゃ』
 あの2年生くらべると…
 そろそろ、指導を入れよう。

 ◆絶対的な基礎

 ★なんこれ!
 今日は、1分30秒制限。
 スタートを2系統にする。
 最初からスタート。
 30秒後にスタート。
 後者は、「追いかけ方式」である。
 どちらを選択するかは、自由。
 「追いかけ」の方が得意だという子もいる。
 ・イーブンペース
 ・逃げ切り
 ・追い上げ
 3つの型がある。
 子どもによって、タイプが違う。
 ただし…
 「追いかけ」が、一番おもしろい。

 ★10マス計算
 1分制限で行う。
 「なんこれ!」「あまりのあるわり算」にくらべると、簡単。
 もう「1分制限」でもよい。
 手が届くところまできている。
 ・かけ算
 ・たし算
 ・ひき算
 「1分制限」だと、緊張感が違う。
 ゆとりがない。
 ちょっと氣を抜いたら、もうダメである。
 えんぴつの芯が折れたら、ダメである。
 すごい集中力がないとできない。
 逆に言えば…
 「1分制限」で、すごい集中力を身につけることができる。

 ★漢字100問テスト
 指導を入れる。
 教育には、「番」がある。
 ・教師の番
 ・子どもの番
 終了後、挙手させる。
 ・100問完答
 ・90問以上
 ・80問以上
 などなど。
 100問完答の子は、合格。
 熟語づくり。
 100いかなかった子に、指導を入れる。
 ・明日の課題
「明日は、ここまでやる」
 ということを明言させる。
 それがないと、いい加減になる。
 ときどき、みんなの前で宣言させる。
 私も、よく宣言する。
 モハメッドアリをまねしているのだ。
 宣言することにより、自分を追い込む。
 ときどき、追い込むことが必要。
 毎日、ある人から追い込まれている?(笑)
 ときどき、自分で自分を追い込む。
「100問です」
「100問です」
 100が続く。
「では、2回目いきます」
 合格しなかった子は、2回目。
「えーーっ、また」
 という声が出ない。
 以前は、かなり出ていたこの声。
 今は出ない。
「よし」
 という声である。

 2回目、100問完答できた子いた。
 圧倒的に遅い子、一人。
 4年の漢字ができず、2年の漢字を学習している子が一人。
 それを除くと、最低ラインが70を越えてきている。
 「全員5分で100問完答」は、遙か彼方。
 残り一人となってからが大変。
 先輩たちのレベルは、すごかった…

 ◆リズム漢字 「書き」
 漢字のあとも、漢字。
 とってもいい感じだ(笑)

 わがクラスは、大量に漢字を書く。
 練習量が桁違い。
 できるようになるのは、当然だろう。
 「圧倒的な量」をこなせば、だれもができるようになる。

 ◆国語
 『「便利」ということ』
 音読させる。
  ↓
「キーワードを見つけながら読みます。
 終わったら、キーワードに線を引きます」
 2回目の音読。
 キーワードに線を引く。
  ↓
「一番大切な一文を見つけましょう」
 3回目の音読
 大切な一文を発表。
 全員起立。
 同じだったら、腰掛ける。

 ★型を教える
 説明文の型を教える。
 ・尾かつ型
 ・頭かつ型
 ・双かつ型

 この文章は、どの型かを問う。
「尾かつ型だと思う人」
「頭かつ型だと思う人」
「双かつ型だと思う人」
「とんかつ型だと思う人」

 文章を書くときも、「型」を意識すると違ってくる。

 私の場合、新卒3年目。
 初めての雑誌原稿で、20回書き直した。
 自分だけの書き直しなら、50回以上。
 これだけやると、感覚的につかめる。

 小学生の場合、大切なのは「書き慣れる」こと。
 書くことが苦にならなくなること。
 作文の会の大先輩の学級を参観したことがある。
 子どもたちは、どんどん書く。
 最低でも、一人10枚は書いていた(45分の授業で)。
「どうして、そんなに書けるんですか?」
「書いちゃうのよね」
 今でも、秘密はわからない。
 子どもたちの書くスピード。
 緊迫した中にも楽しさのある雰囲氣。
 今でも、覚えている。
 「45分で10枚」
 は、このときインプットされた。
 書くことが苦にならなくなると強い。
 私の狙っているのは、これ。
 いつか、大先輩のように、
「書いちゃうんだよねー」
 という境地に立ってみたい。


 ◆理科
 プリントを使って、班学。
 教え合い。
 これがおもしろい。
 ある子が、わからない子に対して一生懸命教えている。
 4月は、高飛車な教え方だった。
 今は、違う。
 すごく優しく教えている。
 私も教わりたい(笑)

 学んだことを、ノートにまとめる。


 ◆20分休み
 今日は、校庭の見回り役。
 ※校舎の裏に行かないように、所定の位置に立つ。
 最初は、持久走の練習。
 いっしょに走っている先生がいる。
 50代の方も走っている。
 私?
 人生を走っている(笑)

 後半は、遊び。
 ドロケイが多い。
 わがクラスの子も、ドロケイに夢中。
 思いっきり走っている。
 いいことだ。
 今も昔もかわらないのが、ドロケイ。
 こういうシンプルな遊びは、時代を越える。

 終了2分前に、放送が入る。
 さっとかたづけにかかる子が多い。
 2分後、体育で残っている子はのぞき、全員が中に入った。
 荒れそうな学級は、チャイムが鳴っても遊びを続けている。
 それがない。

 ◆理科
 先ほどと、違うプリント。
 班学による教え合い。
 わからない子が主役。
 教えることで、わかっている子が得をする。

 ◆社会
 「山にかこまれたところをたずねて」
 のところを取り上げる。
 ・教科書を音読する。 2回
 ・発言
 班ごとに、話し合い。
 「5分何回発言できるか」
 ・まとめを書く
 7分ほど時間を取る。
 育ってくると、「5分で2ページ」書くようになる。
 ※「5分で1ページ」書けたら、相当速い。
  「5分で2ページ」は、超高速の世界。


 ◆『ぞうれっしゃがやってきた』
 ・軍人・消防団員の台詞
 ・飼育係の台詞
 の練習。
 昨日より、迫力あり。
 しかし…あの2年生には及ばない。
 ど迫力!
 学年差など、消し飛んでしまう。

 歌 『ぞうれっしゃよ走れ』
 今は、慣れる段階。
 たくさん歌って、感覚的につかむ。

 今、覚えるのが早くなってきている。
 『雨ニモマケズ』を1回で覚えた子もいる。
 音楽の先生も「覚えるのが早い」と言っていた。
 歌は、よくなってきている。
 どれくらい伸びるか、楽しみ。

 ここで、ゴング。
 いや、チャイム。


 ◆算数

 ★『4年の復習』
 復習に入る。
 今日は、教科書を使う。
 基本的なことを確認、指導を入れる。
 最初の問題は、『大きな数』。
 ・位  4つごとに線を引く。
     その上に、「万」「億」などと書く。
 間違える子がいた。
 線を引いていない。
 目で数えている。
 きちんと確認していない。

 やらないと、忘れる。

 ★どん難問だい!
 難問を出す。
 子どもたちは、これが大好き。
 「難しい問題を解く快感!」を味わっている。
 簡単な問題とは、達成感が違う。
 なんといっても、中学入試問題。
 できたとの喜びは大きい。
 ※ただし、4年生でも解けるレベル。
  そのかわり、超面倒くさい。
  普通の計算20個分くらいか?

 できた子は、できない子に教える。
 自然に教え合いが始まる。

 丸つけのシステムも、おもしろい。
 杉渕流の丸つけである。
 初めて見た人は、びっくりする。

 できた子には、超スペシャル問題を出す。


 ◆給食
 全部そろっていないが、準備スタート。
 遅れてくるものは、あとで配る。
 途中、地震あり。
 机の下に入る。
 しゃべる子がいる。
 残念。
 こういうときに「実力」が出る。
 身についていないということだ。

 準備再開。

 会食。
 メインの「揚げ餃子」が届かない。
 届いたのは…会食後10分過ぎ。
 急いで配る。
 「餃子」の遅れで、「ごちそうさま」は10分以上遅れた。
 今日は、仕方なし。
 食管の方も、今日はなかなかからにならず。
 「全員でおかわり」
 少しずつ、おかわり。
 全員でおかわりして、完食。
 ・地震
 ・揚げ餃子の遅れ
 2つのアクシデントがあった。
 しかし…子どもたちは平然。
 地震の方はいただけない。
 揚げ餃子の方は、よし。
 給食主事さんは、揚げたてを食べさせたかったのだ。
 だから、ぎりぎりになってからあげたのだ。
 ありがたいことだ。

 「ごちそうさま」
 自主当番の子が、きれいにかたづける。
「先生、私がやります」
 私の仕事は、取られてしまった。

 役割分担の確認。
 掃除開始。

 ◆掃除
 いつもなら、掃除終わりの時刻にスタート。
 子どもたちは、どんな動きをするか?
 なんと、いつも通り。
 時間は、かなりオーバー。
 それでも、休み時間は8分ある。

 多くの子は、外に行かず内遊び。
「時間なし」
 と判断したのだろう。
 暴れようとした子を注意。

 ◆読書タイム


 ◆班学の見直し
 班学の見直しをさせる。
 もう一度、班学。
 タイムを計る。
 全班、3分前後。
 短すぎる。
 5分にするように指示。
 子どもたちに考えさせる。
 ・メニューを増やす。
 ・1つのユニットの量を増やす。
 私からは、「バリエーション」を提示。


 ◆『ぞうれっしゃがやってきた』
 ★台詞
 ある部分を班全員で読む。
 DVDを見る(5年生)。

 今度は、班学で一人一台詞ずつ読む。
 
 ★歌
 先輩の演技に合わせて、歌の練習。
 ・『ぞうれっしゃよ走れ』
 ・『悲しみの日に』

 ◆SOHRAN
 今日も、ビデオを見て練習。
 ポイントを押さえて、練習。
 私が見本を見せる。
 スタミナは、とうに切れている。
 氣力のみ。

 コンディションが戻っていない。
 午後は、ガクンとスタミナが落ちる。
 飲みに行かないせいだろう(笑)

 ◆帰り
 百人一首できず。
 班ごとに、掃除、「さようなら」

 ◆委員会
 今日は、委員会と代表委員会。

 ◆看護当番
 同じ当番の先生(2人)が、そろって出張。
 私一人で、校内を回る。
 窓の鍵閉め、ドアの鍵閉め、校門の鍵閉め、掃除などなど。
 最後に、学年の靴箱へ。
 靴をそろえて、終了。
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-30 23:44 | あやせん

あやせん 11月29日


  あやせん 11月29日(月)

 先週は、厳しかった。
 累積した疲れがどーっと噴出した感じだった。
 週の後半は、体動かず。

 木曜日、就学時健診 知能テスト19人で疲れがピークに。
 金曜日は、出張授業2本、研究授業参観、一斉下校など盛りだくさん。
 氣力で乗り切った。
「そうとう疲れているみたいですが…大丈夫ですか?」
 ある方が、心配してくれた。

 土日は、完全休養にあてた。
 いろいろあった用事は、ほとんどキャンセル。
 延び延びになっていた愛犬のシャンプーのみ。
 精神的な疲れも、かなりたまっている。
 今、関係が変わるとき。
 ある関係を、ようやくリセットできた。
 もっと以前にリセットしたかったのだが…
 それができなかった。

 土日休養したので、少し体が動くようになってきた。
 フリーズした分、仕事をしなければならない。
 特に、原稿関係の仕事が残っている。

 ◆関係
 「会うは、別れの始まりなり」といわれる。
 ずっと継続する関係は、ありえない。
 去っていく人がいる。
 私から去る場合もある。
 公的には、いろいろなるので…
 私的な関係は、選びたい。
 わざわざ、いやな関係を選ぶ必要はない。
 ある関係が切れると…
 新しい関係が生まれる。
 このへんが、おもしろいところである。
「役割を終えた人が去っていく」
 以前、ある方に言われた。
 なるほどと思う。
「なぜ?」
 と思えることも、「役割が終わった」と考えるとわかる。
 それぞれ、役割が終わったのである。
 それぞれ、新しいステージが待っている。
 志同じならば、また会うこともあるかもしれない。


 ◆三連続公開
 もうすぐ12月。
 三連続「1日公開」が始まる。
 ひと月1回。
 12月、1月、2月に公開する。
 ※メインは、2月の公開。
 1月の公開は、「2分の一成人式」あり。

 1回目の公開は、12月8日。
 仲間に依頼されての公開。
 参観希望の方は、杉渕まで。
 ※熱心な方のみ
 →tecyan@sannet.ne.jp

 今朝は、わりとあたたかい。
 今までが、寒すぎたのかもしれない。
 一氣に冬から、逆戻り。
 「三歩進んで二歩下がる」か?

 氣候の変化に、体がついていかない子も多いだろう。
 長男も、咳き込んでいる。
 土曜日から急に。
 抵抗力が落ちていると、一発でやられる。
 タフな私でさえ、具合が悪い日が続いた。
 休み明け、休む子が多いかもしれない。

 育ってくると、タフになる。
 精神的にも、肉体的にも。
 だから、休まなくなる。
 少々のことでは、風邪を引かなくなる。
 抵抗力がついてくるのだ。

 学校へ。
 車中で仕事。
 よし。
 コンディションは、よくなってきている。

 仕事をする。
 今週用のプリントを印刷。
 その他、いろいろな仕事。


 ◆看護当番
 今週は、看護当番。
 横断歩道のところに立つ。
 ここは、一番危ないところ。
 右折車、左折車。
 出て行く、入ってくるの両方。
 ここに立つと、いろいろなことがわかる。
 たとえばあいさつ。
 きちんとあいさつする子は、少ない。
 まして、大きな声であいさつする子は数人。
 がくんとレベルが落ちている。
 校門前、先生と当番の子は、声を出している。
 しかし…他の子はおざなり。
 声を出していない。
 「背中教育」だけでは、通用しない世の中だ。
 「見て感じる」力がない。
 言われないとわからない。
「あいさつは、するものだ」
「大きな声を出すのは当たり前」
 きちんと教える必要がある。
 ちょっとやらないと、すぐ戻る。
 教育とは、そういうものだ。
 「あいさつ」一つとっても、定着するのは大変。
 定着しても…
 すぐ戻る。
 継続することは、大変なのだ。


 ◆朝会
 朝のあいさつ。
 代表の6年生は、立派。
 毎回声が出ている。
 すばらしいことだ。
 例外がない。
 代表は毎回替わるのだが、だれもがよい。

 表彰あり。
 前回のことがあり、「返事」を意識させていた。
 賞状をもらう子は、あらかじめ朝礼台のところに集合。
 指導を受けていた。
 今回の返事。
 今までにくらべると、格段によくなっていた。
 教師の意識が違ったからである。
 表彰時間をもっと短縮するといい。
 全員を座らせるのだから、朝礼台下でやればよい。
 ※これでも、見える。
 入れ替わりの時間を短縮できる。

 当番の話。
 今日は、私が担当。
 すでに、8分が過ぎている。
 語ったのは、「今週の目標」だけ。

 朝会終了後、クラスの子どもたちのところへ。
 5人の顔が見えない。
 そのうち一人は連絡あり。
 用事で出かけている。
 あとの4人は、具合が悪いのだろう。

 ◆持久走の練習
 ・準備運動
 これが長い。
 ・持久走の練習

 1校時に食い込んでしまった。
 もう少し、なんとかならないか。

 教室へ。
 子どもたちは、「持久走のカードに」記入していた。
 授業開始。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 休み明けだが、それなりに声は出ている。
 休みの子がいると、タイミングが狂うのだが…
 今、真央ちゃんがジャンプのに苦しんでいる。
 女性は体型が変わるから大変だろう。
 以前の感覚で跳ぶと、うまくいかない。
 新しいタイミングが必要なのである。

 休む子がいると、タイミングが狂う。
 それを修正できるか。
 そこだけを見る。
 やはり、ちょっとずれた。
 なるほど。

 「あいさつ」が終わると、班学。

 ◆班学
 『ぞうれっしゃ』を入れたのだが…
 短い。

 ◆ひと班学
 ・あいさつ
 ・返事
 これは、よい。
 完全に、自分のものにしている。
 コンディションがよくなくても、できる。

 ◆『ぞうれっしゃ』
 班学の続き。
 『ぞうれっしゃがやってきた』の練習。
 見れば、すべてがわかる。
 まだ、ダメ。
 やる氣、実力、その他いろいろ。
 総合的に…
 話にならないレベル。
「お帰りください」
 のレベルである。

 ◆絶対的な基礎
 ★なんこれ!
 休み明け、プリント配りのとき、しゃべる子がいる。
 ※いつも、同じ子。
「よーい、どん」
 すぐスタートする。
 待たない。
 待つと腐る。
 この場合、子どもに合わせるのではない。
 子どもが合わせるのだ。
 「1分制限」で行う。

 ★10マス計算連続 三種盛り
 かけ算、たし算、ひき算、いずれも「1分制限」で行う。
 今、たし算が一番速い。

 ★あまりのあるわり算
 通称「百割計算」。
 クラス全員が2分を切れるようになると、驚くことが起きる。
 体験した人にしかわからない。
 たとえば…
 何をやっても、短期間に上達する。
 テストの平均点が90点以上なのは当たり前。
 総合的なレベルがぐんと上がるのである。
 ●1ブロックずつ  ×10セット
 「5秒制限」で行う。
 かなり力がついてきたので、「5秒制限」。
 もう、「10秒制限」だと腐ってしまう。
 腐らせないために必要なのは、冷蔵庫ではない。
 「制限時間」である。
 ●100題連続
 今日は、「1分30秒制限」で行う。
 さすがに、「1分制限」ではきつい。
 トップの子が、1分。
 次の子が、1分3秒。
 すごい速さである。
 2分でも速いのに、その半分。
 やったことがある人なら、難しさがわかる。

 ★漢字100問テスト
 「5分たっぷり使う」
 すでにできるようになった子に対して言う。
 「5分でていねい」がよい。
 ※今の段階では。
 5分でていねいに書くことができたら…
 すごい実力である。
 私は、7分かかる。
 5分となると、「すごくていねい」ではなくなる。

 ★リズム漢字 「書き」
 今日は、時間を計らずに行う。
 チャイムが鳴ったら、終わり。

 ◆国語
 ★表現読み
 『ぞうれっしゃ』を教材に、表現読みの練習。
 へたくそ…
 軍人、消防団の台詞、迫力がない。
 2年生のビデオを見せる。
 迫力が違う。
 全然…
 別物である。
 学年差を考えれば、圧倒的な違い。

 ★歌
 『ぞうれっしゃよ走れ』
 歌は、悪くない。
 歌い込んでいない段階で、これだけ歌える。
 この学級のよさである。
 進歩が早い。
 音程がとれている。
 語尾が下がらない。
 かなり練習しないとクリアできない部分をクリアしている。
 歌い込んだら、かなりのレベルまで行くだろう。


 ◆理科
 『寒くなると』の班学習。
 班学である。
 まずは、問題を音読。
 全員で解く。
 時間の関係で、今日は「高速モード」で行く。
 杉渕学級には、基本的に3つのモードがある。
 ・通常
 ・高速
 ・超高速
 ※「超高速読み」
  名前は「超高速」だが、モードは「通常」(笑)

 ◆20分休み
 持久走練習。
 さっと、外に出て練習。
 担当の先生が放送を入れる。
 チャイム後3分くらい。
 練習開始。
 練習を見る。
 後半は、通常の休み時間。
 職員室へ。
 仕事をする。


 ◆音楽
 3校時は、音楽。
 チャイム前に並んでいるのはいいのだが…
 ・机といすの整頓がイマイチの班あり。
 ・しゃべっている子がいる。
 ということで、やり直し。
 着席。
 机・いすの整頓→整列。
 休み明けなので、しめるところはきちんとしめる。
「これくらいでいいや」
 と思うと、そこから腐ってくる。
 人は、低きに流れる。
「いつも下りのエスカレーターに乗っている」
 だから、止まったら下降している。
 「現状維持」(止まった状態)は、下降。
 がんばっているつもりでも、自動的に下っている。
 相当がんばらないと、すぐ下降する。

 空き時間を使って仕事をする。

 ★事件
 半ばで、子どもたちが戻ってくる。
 帰されたようである。
 事情を聴くが…
 よくわからない。
 要領をえない。
 最初から、聴いていく。
 (例)
 ・先生はいつ、「帰りなさい」といったのか。
 最初からではあるまい。
 20分経過しているのだから。
 話を聴いているうちに、わかってきた。
 問題は、全員が帰されたことである。
 連帯責任だ。
 しかし…子どもたちは、わかっていない。
「なぜ、全員帰されたのか」
 がわかっていない。
「きちんとやる子だけ来なさい」
 ということだった。
 根本的な問題が解決していないので、行ってもだめだ。
 ・なぜ、全員帰されたのか。
 ・自分たちは、何をすべきだったのか。
 これを認識しないと、先に進めない。
 途中、音楽の先生が来てくださったのだが…
 話し合いを続けた。
 問題は、「誰も注意しなかったこと」にある。
 誰かが注意する。
 クラス全体が、注意する。
 それでもダメなら、私の出番である。
「杉渕先生を呼んでくる」
 でよい。
 その前に、「注意する」ことが必要なのだ。
 それがないから、連帯責任を取らされたのだ。
 話し合いで、少しはわかったと思うが…
 私が、最後に解説した。
 ふざけた子を、謝りに行かせる。
 その後、全員を謝りに行かせた。
 私は、あとで謝った。
 「育っていない」ことが、もろに出た。
 ふざける子がいる。
 休み明け。
 ありうることだ。
 おそらく、男子はそれにのってしまったのだろう。
 問題は、注意しなかったことだ。
 周りの子が注意する。
 クラス全員で注意する。
 クラス全体の問題として考えなかったことが問題なのだ。

 図工の時間、何人か戻されたことはあった。
 クラス全員が、戻されたのは初めてである。

 人間、体験して初めてわかる。
 今回の体験で、ちょっとわかったかもしれない。
 今日は、「教える」絶好の機会だった。
 ありがたい。

 ◆交流給食の打ち合わせ
 聴いてみると…
 準備できているとのことだった。
 さらに、詳細を練らせる。
 ・時間が余った場合
 ・時間がたりない場合
 いろいろな場合を想定して、準備する。
 基本中の基本である。
 会食がなかなか終わらない場合もあるだろう。
 時間が余る場合もあるだろう。
 「時間通り」にしか準備していないと、対応できない。
 授業と同じ。

 ◆理科
 先ほどの続き。
 班学。

 ◆表現読み
 『ぞうれっしゃがやってきた』の続き。
 先輩たち(S小 2年生)のビデオを見る。
 圧倒的な迫力。
 圧倒的な差。
 比較すると…
 こんなにも違うとは…
 びっくりした。


 ◆交流給食
 今日は、交流給食。
 2年4組の子(半分)が、クラスにくる。
 わがクラスの半分が、2年4組におじゃまする。

 今までは、ただいっしょに食事するだけだった。
 今回違うのは、食事後に「レクの時間」があることだ。
 以前提案したことが、「形」になった。
 食べるだけでは、もったいない。
 いっしょに遊んだ方が、交流も深まるだろう。

 準備完了。
 2年生がくるのを待つ。
 担任の先生が連れてきてくれた。

 会食。
 いつもように、「減らし」から。
 減らしたい子がくる。
 2年生は、野菜減らしが多い。
 カレーを減らす子は、いない。
 次は、「増やし」。
 増やしたい子がくる。
 4年生が多い。

 ゼリーは、もう少したってから贈量。
 私が、スプーンで少しずつわける。

 楽しそうにしゃべっていた。
「このクラスおもしろい」
 ※ただしくは、先生がおもしろい。

 「ごちそうさま」
 は、1:05過ぎ。
 かたづけ。
 その間、2年生は遊び出す。
 2年生を見る子がいない。

 ◆ゲーム
 机・いすを移動し、ゲームを始める。
 ・爆弾ゲーム
 盛り上がった。
 ・フルーツバスケット
 もっと盛り上がった。

 チャイム。
 たっぷり、15分間遊ぶことができた。

 今日は、掃除できず。

 ◆読書タイム
 音楽の先生のところへ。
 謝りに行く。
 おおらかな先生。
 いつもは、大目に見てくれる。
 今日は、度が過ぎたのである。
「それは、ないんじゃないって、怒ったの」
 とのことだった。

 ◆算数

 ★2桁のわり算
 少人数制算数の先生がつくってくださった問題(2問)。
 簡単。

 ★まとめの問題
 今日から、「まとめの問題」をおこなう。
 どのくらいできるか?
 問題は、量である。
 かなりの量がある。
 時間内にできるか?
 ※できない場合は、残ってやる(笑)

 ★どん難問だい!
 「まとめの問題」が大量なので、少量にする。
 今日は、超難問1問のみ。

 ◆SOHRAN
 ビデオを見ながら、練習する。
 ・練習
   ↓
 ・指導
   ↓
 ・ビデオ
   ↓
  練習

 という流れ。
 メインは、「頭を使う」練習。
 ただやっても、上達しない。
 ポイントを押さえ、意識して練習することが大切。
 このへんが、ほんのちょっとわかってきた。
 けっこうわかってきた子は、上達が早い。
 「教える」というのは、奥が深い。
 相手によりけり。
 吸収力がある場合は、短期間で上達する。

 「SOHRAN」
 上達路線に乗ってきた。


 ◆掃除
 交流給食のため、掃除をすることができなかった。
 最後に、掃除をする。

 ◆掃除 2
 子どもたちが帰ったあと、掃除をする。
 まだまだ、ゴミが出る。
 今日の子どもの掃除は、いまいちだった。
 やはり、休み明け。
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-29 22:44 | あやせん

あやせん 11月26日


  あやせん 11月26日(金)

 昨日も、早く帰る。
 電車の事故もなく、スムーズに帰ることができた。
 めでたし、めでたし。

 犬の散歩とえさやり。
 それから、仕事。
 DVDを見る。
 遅い夕食。
 11:00前には寝る

 4:00前に起きる。
 今日も、体内時計は正確。
 頭がすっきりしている。
 コンディションがよくなってきた。

 ◆今後の構想
 忙しい日々が続く。
 ある出版社から、来春本を出す。
 今までになかった本、ありえない本である。
 ただいま、原稿執筆中。
 12月中旬、ディザイナーさんを交えて話し合い。
 装丁を決める(中、外共に)。

 もう一つの本は、編集者の方が原稿チェック中(二度目)。
 今は、待ち状態。


 ある学校の講師は、お断りした。
 あまりにも失礼、いや、無礼。
 お付き合いは、遠慮させていただく。

 「1日学級公開」 12月8日。
 準備を始めた。
 メインは、「表現読み」である。
 ・絶対的な基礎
 ・表現読み
 ・指名なし発言
 ・杉渕流算数の授業
 水曜日、午後は区小研。
 そのため、午前中のみ。

 その他いろいろ。
 たーくさんある。

 そろそろ、講座のお知らせも出そう。
 今回、「てつじん倶楽部」の講座は、関東のみ。
 1月8日に、大宮でおこなう。

 学校到着。
 今日は、いろいろある1日。
 教材印刷。
 仕事。

 ◆忙しい1日
 ・出張授業が2本  依頼されて
   音読指導
   歌唱指導
 ・研究授業を参観  10年次研
 ・一斉下校訓練
 ・学年会  「2分の一成人式に向けて」
 盛りだくさんの1日。

 ◆持久走
 昨日の雨が残っている。
 校庭の状態がよくないので、練習中止。

 教室へ。
 入室するときに、あいさつ。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 8:30前に、完全に準備ができていない。
 だから、全員の意識がそろわない。
 とくに、後半あいさつする班。

 ◆班学
 短すぎる。

 ◆ひと班学
 ・あいさつ
 ・返事
 「返事」は、前よりリズムあり。
 しかし…まだまだ。
 私の考える「心地よいリズム」とは別物。


 ◆班学 2
 『ぞうれっしゃ』
 班ごとに練習。
 まずは、声を出す。
 どんどん読む。
 役割分担など、もっと後の話である。
 班学でこそ、『ぞうれっしゃ』をやるべき。
 それが、できていない。

 ◆歌
 『ぞうれっしゃよ走れ』
 ・CDに合わせて歌う
 ・先輩といっしょに歌う
 ・カラオケで歌う

 今までのクラスの中で、一番よい。
 1回目の指導でここまで歌えるとは…
 驚いた。
 『ぞうれっしゃよ走れ』は、難しい。
 音程、リズムなど。
 それが、ある程度できている。
 うーん、思ったよりかなり育っている。
 ※これに関しては。
 ほとんどの子が、もう歌詞を覚えている。
 指導1回目。
 歌を聴いたのは、昨日が初めて。
 ・覚える
 覚えるのが早くなってきている。
 暗記力は、かなりのもの。

 今の学級、今の段階での特徴
 ・驚異的なスタミナ
 ・覚えが早い

 ◆絶対的な基礎
 「超高速モード」で行う。
 ★なんこれ!
 なんと、30秒制限。
 いつもより、1分短い。
 前回の「1分制限」の半分。
 できるわけがない。
 しかし…無理を承知でやる。
 「30秒制限」となると、意識が違ってくる。
 どのように意識が変わるか。
 このへんが、おもしろい。
 緊迫感がある。
 緊張感が違う。
 見ているとおもしろい。

 ★10マス計算
 これまた、「30秒制限」。
 もちろん、100問完答は無理である。
 敢闘すればよい。
 「30秒で、何題できるか」
 かけ算、たし算、ひき算の順に行う。
 氣が弱い子は、力を発揮できない。
 いつもにくらべ、スピードが鈍る。
 多くの子は、いつもより速い。

 ★あまりのあるわり算

 ●1ブロックずつ(10題ずつ)
 「5秒制限」
 ものすごくハードルが高い。
「厳しすぎる」
 と言いつつも、楽しそう。
 けっこう、できる。
 何事も、挑戦してみるのがよい。

 ●100題連続
 「1分制限」
 速い子は、1分切り。
 すさまじいスピードである。

 育ってきたら、「高速モード」が有効。
 ときどき、高速モードにするとよい。
 「超高速モード」は、遊び的要素が強い。
「無理だろー」
 無理を承知で行う。
 それが、おもしろい。
 無理しなければ、進歩はない。
 「ちょっと無理」 拒絶の無理
 「ちょっと無理」 ほんの少しの無理
 どっちを選ぶか、分かれ道である。

 ★漢字100問テスト
 これは、「5分制限」で行う。
 今、「ていねいさ」がメインなので。

 ★リズム漢字 「書き」
 5分を基準とする。
 まだ、5分でできる子は一人だけ。
 それだけ、難度が高い。
 しかし…全体的にスピードがついてきている。


 ◆SOHRAN
 校庭の状態がよくないので、教室で体育。
 SOHRANを教える。
 まずは、「島の学校」の子どもたちの踊りを見せる。
 長半纏を着ての踊り。
 伊藤太喜雄さんの生歌で踊った子どもたちである。
 それなりのレベル。
 典型的な動きを取り上げる。
 それぞれ、ポイントを示す。
 共通となる姿勢も教える。
 この姿勢をマスターすると、他もマスターできる。

 練習。
 狭いので、思いっきり動くことはできない。
 今日は、「頭を使った練習」がメイン。

 体の軸から動かす。
 (例)手は最後に動く。
 ほとんどの場合、手から動かしている。
 真逆である。

 私の教え方…
 初期にくらべ、飛躍的によくなっている。
 力業が少ない。
 動きのポイントを押さえた具体的指導は圧巻(笑)
 だれもほめてくれないので…
 ときどき、自分で自分をほめる。

 ◆20分休み
 校庭の状態がよくないので、内遊び。
 持久走の練習も中止。

 ◆音楽
 3校時は音楽。
 チャイムが鳴る3分前に、教室を出て行った。
 ・教室内の整理 まあまあ。
 ・予測した行動 よい。
 このへんは、「育ち」が見える。

 空き時間は、出張指導。
 3年生のある学級へ。
 音読の指導。
 まだ学習していない『のらねこ』を取り上げる。
 子どもたちの力を見る。
 一度読ませれば、わかる。
 ・声が出るか。
 ・表現しているか。
 ・へんなくせはついていないか。
 ・その他いろいろ。

 すぐに、ストップをかける。
 あまりにも、読みがスロー。
 ここから、杉渕ワールド。
 パフォーマンス音読指導。
 笑い、爆笑の連続。

 ある箇所は、一人ずつ読ませた。


 ◆交流給食に向けて
 ・役割分担
   A 2年生の教室に行く   17人
   B 教室に残る       18人
 ・プログラム&出し物
   ABにわかれ、上記のことを決める。

 私は、研究授業を見に行く。
 10年次研の授業(3年生 算数)。
 よかった点
  ・クラスがまとまっている。
  ・「学習しよう」という雰囲氣がある。
  ・教師の口調、トーンがソフト、心地よい。
  ・子どもたちの反応。素直。
  ・導入 わかりやすい。
   ビジュアルな教材がよい。
  ・棒グラフの並び替え  子どもが集中した。
   おもしろい。
   わかりやすい。

 ?の点
  ・「どのようなしくみか調べよう」
   子どもの反応が、教師の意図と違う方向に…
   内容について答えた子もいた。
  他の表、グラフと比較させるとよい。
  ・「わかりやすい」
   これは、人によって違う。
   段階によっても違う。
  ・作業時間が長い。
   短く何回もが基本
  ・「同じです」という発言を認めると…
   全部、「同じです」で済ませようとする危険性あり。

 ×の点
  ・授業を延長した。5分以上…
  A小の方々は…授業を延長する。
  びしっと言うべきだ。
  「授業は延長してはいけない」
  これを、徹底すべきである。
  試合終了…「延長してください」はありえない。
  ボクシングなら、ゴングと同時に終わりである。

 授業を延ばしたら、どんなにいい授業でも、0点。

 ◆給食
 研究授業が延びたため、教室に戻るのが遅くなった。
 すでに、準備は始まっていた。
 準備時間は、9分くらい。
 いまいち。
 会食。
 完食を目指す。
「給食主事さんたちが一番うれしいのが、完食」
 言葉で「おいしかった…」といっても、たくさん残っていたら…
 どっちを信じるだろうか?
「杉渕先生のことを考えています。配慮しています」
 どこが?
 やっていることは、言葉と真逆。
 「言葉より行動」
 行動あっての言葉である。
 定刻ちょっとすぎに、「ごちそうさま」
 「完食プロジェクト」で、時間を取った。
 かたづけは、ていねい。
 しかし…私の食器にくらべるときたない。
 教師並みの子も、かなり増えてきている。
「舐めたの?」
 いえいえ、きれいに食べたのである。
「人生舐めても、食器は舐めてはいけない」


「ごちそうさま」
 ・掃除の役割分担
「掃除を始めます」
「はい」
 掃除時間は、13分くらい。
 チャイムが鳴るまで、きれいにする。
 教室は、もう少しかかった。

 ◆昼休み
 ようやく、外遊びができるようになった。
 めでたし、めでたし。

 ◆読書タイム
 少人数制算数の子は、わり算を2問解いてから読書。
 残りの子は、算数の時間に解く。

 ◆算数
 ★『変わり方調べ』
 続き。
 見るところ…
 まだ、感覚的にわかるところまで行っていない。
 けっこう時間がかかる。

 ★2桁のわり算  2問
 いつもやっている難問にくらべれば、楽勝。
 問題は、本氣でできるかどうか?
 「舐めずに取り組めるか」ということである。

 ★難問
 難問5問出題。
 全部できた子用に、スペシャル問題を出す。
 超難問。

 ◆今日のまとめ
 ・交流給食について
 ・SOHRAN
 ・『ぞうれっしゃ』
 ・その他

 出張指導。
 歌を教える。
 あるプロジェクトあり。
 歌を録音するのだが…
 男子の地声がきついということだった。
 『アクロス・ザ・ロード』
 歌う声から指導する。
 最初、合格者は3人。
 後の子は、地声。
 合格者を前に出す。
 見本になってもらう。
 「歌う声」を指導。
 合格者に、地声と歌う声、両方でやってもらった。
 これは、わかりやすかった。
 ・歌う声
 ・目を開ける、まゆを上げる
 ・響かせる
 ・その他いろいろ

 本番、VTRを撮るとなると…
 途中から、力んでしまう。
 何度かやり直しをした。
 しかし、一度目が一番よかった。
 集中力が切れてきたのである。
 「歌う声」その場でできても、すぐ元に戻る。
 わずかな練習では、メッキがはげてしまう。
 もう少し、時間がほしかった。

 教室に戻る。
 残り時間、歌の練習。

 ◆一斉下校
 学年一斉下校。
 時間差あり。
 定刻に放送が入らないので、先にスタートした。
 全員そろうまで待つ。
 全員集合。
 途中まで、子どもたちを送っていく。

 ◆学年会
 「2分の一成人式」について、話し合う。
 先週の金曜日にやろうと思っていたのだが…
 できなかった。
 これが痛かった。
 1週間のロスは大きい。
 ・実施は、1月の授業参観日(予)
 ・実行委員会をつくる。
  →「呼びかけ」は実行委員が中心。
 ・歌は、3~4曲くらい
  ※英語の歌は決定。
  歌いたい歌の候補をピックアップする。
  後日選ぶ。
 ・クラスごとに、出し物
  5分程度。
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-26 19:43 | あやせん

あやせん 11月25日


  あやせん  11月25日(木)

 昨日は、早く帰った。
 コンディション調整&仕事のためである。
 しかし…
 池袋で足止めを食った。
 人身事故で、電車が止まっている。
 この雰囲氣は、かなり長い間止まっている感じだ。
 4:30ころから止まっているらしい。
 踏切で人がはねられたという。
 復旧の見込みなしとのことだった。

 食事をして仕事をするも
 1時間たっても、まだ復旧しない。
 仕方がないので、ウオーキングすることにした。
 ピンチはチャンス。
 歩くのは苦にならない。
 コンディション調整のため、歩こう。
 ただし、コンディションがよくない。
 軽めにしよう。
 6キロ近く歩いた。
 いい運動になった。

 疲れたので、近くの駅へ。
 電車が動いていた。
 ようやく、復旧したようだ。
 今回は、長かった…
 しかし…
 ホームでは、大げんか。
 その他、トラブルあり。
 みなさん、待たされていらいらしているのだろう。
 電車はのろのろ。
 事故の影響は、最後まで続いていた。
 5:00に出たというのに、家に着いたのは、8:20。
 ようやく長い旅は終わった。

 本関係の仕事をする。
 久しぶりに、娘と話をする。
 とめどもなく話す。
 一氣に噴出状態。
 おしゃべり大好き少女なもので。
 メインは、恋愛談義(笑)
 もてているそうだ。
「おれも『モテ期』」
 長男が参戦。
 けっこうなことである。
 好きなタイプも、さんざん聴かされた。
 年上の包容力がある人がいいとのこと。
 ごもっとも。
 私も負けずに言い返した。
「私も『モテ期』。10歳以下、70歳以上にもてる」(笑)

 DVDを見て寝る。
 たくさん歩いたので、バタンキュー。

 朝は、4:00前に起きる。
 目覚ましに世話にならずに起きる。
 体内時計は正確だ。
 コンディションは、よくなってきた感じがする。
 ようやく。

 いつものように、朝風呂読書。
 犬の散歩。
 愛犬は、すごく喜んでいた。
 ※昨夜は、むすこに散歩を任せた。

 車内は、仕事&睡眠。
 ウオーキングの疲れが残っている。
 しかし…コンディションはよくなっている。
 やはり、体を動かした方がよい。

 学校到着。
 みんなで飲む珈琲を入れる。
 前の職場でも、私がやっていた。
 その前の職場では、ベテランの先生が毎日入れてくださった。
 その方は、学校内の掃除、玄関前の掃除、窓開け…
 すばらしい方だった。
 夏はプール清掃、晩秋は落ち葉掃き。
 ただただ、実践していた。
 偉そうな顔などしない。
 すばらしい先輩を見ると…
 後輩は動き出す。
 私も、ゴミ拾い、窓開け、掃除などをしている。
 できることを、できるだけ。

 仕事スタート。
 就学時健診のことを確認。
 『ぞうれっしゃがやってきた』の台本をプリントアウト。
 印刷する。
 その他いろいろ。

 今朝は、持久走なし。
 放送によるゲーム集会がおこなわれる。

 教室へ。
 入るときに、思いっきりあいさつする。
 私の前に、子どもたちから、
「おはようございます」
 のあいさつあり。

  ◆あいさつリレー&あいさつ
 まだ、整っっていない。
 準備できていない子がいる。
 少数だが…全員のときと、段違いの雰囲氣。
 やはり、「全員」。
 9割と「全員」は、別物である。
 ということで、もう一回。
 こんどは、「よし!」。

 ◆ゲーム集会
 放送によるゲーム集会。
「私は誰でしょう」クイズ。
 最初は、校長先生と朝のあいさつ。
 起立して、あいさつする。
 放送が行われている会議室に向かって、あいさつ。
 遠距離でも変わらず、きちんとあいさつする。

 ゲーム集会。
 ヒント 1 めがねをかけています。
 ヒント 2 球技が得意です。
 ヒント 3 美人です。
 その先生がカメラに写っている。
 大きな紙のマスクをかぶっている。

 つなぎの時間あり。
 私が問題を出す。

 ヒント 1 いけめん
 ヒント 2 やさしい
 ヒント 3 超かっこいい
「答えは、杉渕先生です」
「ありえません」
 ごもっとも。

 放送朝会のクイズもおもしろいな。

 集会終了、班学スタート。


 ◆班学
 いいんだけど…短い。
 早い班は、2分40秒で終わっている。
 これでは、カップ麺ができない。

 今日は、「ひと班学」なし。
 特番が入る。

 ◆合唱構成 『ぞうれっしゃがやってきた』
 杉渕学級の定番、ぞうれっしゃがやってきた』。
 私がアレンジしたものである。
 今回は、歌2曲の簡易版、10分。
 まずは、ビデオを見せる。
 作者の小出先生が参観して下ったときのビデオである。
 原作者に見ていただく機会など、滅多にあることではない。
 小出先生は、感動して涙。
 ありがたいことだ。

 作曲者の藤村先生も、ビデオを見てメールをくださった。

-----------------------------------------------------------

  先生のクラスの「ぞうれっしゃ」の演奏は
 ぼくにとっては大変感動的でまたショッキングな
 演奏でした。小学校2年生でそこまで歌えるのかと
 思いました。そして、そのウラにある先生の実践の
 すさまじさも拝見しました。

-----------------------------------------------------------

 『SOHRAN』のときは、伊藤多喜雄さんの生歌で踊った。
 これまた、普通ではありえないことだ。
「南中と同じレベル。小学生版南中だ」
 とほめていただいた。
 このように、いろいろなドラマがあり伝統がある定番なのだ。
 『
 いよいよ、この子たちの番。
 今、バトンがわたされた。

 台本を配る。
 5年生のライト版『ぞうれっしゃがやってきた』のDVDを見る。
 見ながら、台本の読み合わせをする。

 2年生の『ぞうれっしゃがやってきた』(初演)を見る。
 台本の読み合わせ。

 子どもたちは…
 先輩のすごさがわかっていない。
 実際にやってみれば、その「すごさ」がわかる。
 やらない人は、わからない。
「あれくらいできる」
 と思っている。
 とんでもない。

 さて、どうなるか?
 「先輩への挑戦」がはじまった。

 読ませてみる。
 一人一台詞。
 
 爆笑の連続。
 初見なので、しかたがないとはいえ…
 先輩たちとは大違い。
 あまりにも下手。

 練習の仕方を教える。
 まずは、台詞からはじめるのがよい。
 『ぞうれっしゃがやってきた』では、ナレーションが一番難しい。
 一番簡単なのは、軍人の台詞。
 基本的には、どなればよい。
 飼育係は、感情表現が難しい。
 さて、これからどうなるか。

 ★歌
 今回の『ぞうれっしゃ』は、ライト版。
 歌は、2曲のみ。
 4曲入れると、15分かかる。
 2曲だと、10で終わる。

 ●『ぞうれっしゃよ走れ』
 主題曲である。
 一部難しいところがある。
 それ以外は、覚えやすい。
 しかし…この歌は難しい。
 歌う声だと…微妙な音域が多い。
 声のコントロールが難しい。

 ●『悲しみの日』
 『悲しみの日』という歌の後半部分だけを取り上げる。
 高音が続くので、歌いやすい。
 とてもきれいな曲である。
 きれいに響かせるのが難しい。

 『ぞうれっしゃがやってきた』の歌は、難しい。
 この2曲が歌えれば、どんな歌でも歌える。

 『ぞうれっしゃ』をやることで、実力がぐんと伸びる。
 次なる公開は、12月8日。
 ※頼まれて公開することにした。
 それに向けて取り組む。
 「2週間で、どこまでできるか」
 新たな挑戦である。

 ◆絶対的な基礎
 時間の関係で、高速モードで行う。

 ★なんこれ!
 今日は、1分制限。
 1分30秒制限のときと、緊張感が違う。
 もう、1分制限でもいいかもしれない。
 「1分制限」にすると、「1分切り」する子が増える。
 このへんが、おもしろい。

 ★10マス計算  トライアスロン
 かけ算、たし算、ひき算の連続(300題)。
 制限時間は…3分30秒くらい。
 チャイムが鳴るまで。
 子どもたちは、かなり速くなってきている。
 難しいことに、尻込みしなくなってきている。
 いや、むしろ好んで挑戦するようになってきている。
 最高タイムは、2分21秒。
 歴代の中でも最高タイム。
 記録を更新した。
 ※今までは、2分23秒。
 チャイムが鳴り終わると同時に終了。
 3分30秒ジャストだった。

 ◆20分休み
 持久走の練習を見る。職員室へ。
 仕事をする。

 それにしても、今日は寒い。
 太陽が出ていないと、こんなにも寒いのか…

 ◆算数
 3校時になり、ようやく太陽が顔を出した。
 まだ、寒い。
 『変わり方調べ』の続き。
 法則発見が難しく、おもしろい。
 わかれば簡単。
 わかるまでは難しい。
 人生と同じ。

 ★どん難問だい!
「先生、『なんもん』出すんですか?」
 おっ、掛詞を使ったな。

 超難問を出す。
 今日は、1問ずつ。
 すべてクリアした子に対しての、スペシャル問題。
 4年レベルの遙か上。
 普通の6年生でも、解けない問題。

 ◆絶対的な基礎
 「絶対的な基礎」の続き。
 ★漢字100問テスト&リズム漢字「書き」
 あえて、時間を計らずに行う。
 先ほどの「高速モード」と対照的な取り組み。

 時間を計らないと…
 いつもと違う面が見えてくる。
 しゃべる子が出てくる。
 えんぴつの音が聞こえない。
 なるほど。
 やはり、「時間を決めて行う」ことは大切だ。
 人間は、「限定」されるから力を発揮できる。
 ※逆も真なり。
 変な言い方だが、「限定されたフリー」がよい。

 ◆社会
 東京都の白地図→地図づくり。

 ◆給食
 麺がきていないが、準備開始。
 8分ちょっとで、準備完了。
 子どもたちの大好きな味噌ラーメン。
 私も大好き。
 普通のラーメン屋さんよりおいしい。
 私の場合、つけ麺として食す。
「おいしかった おいしかった おいしかった イェイ!」

 今日は、なんとか定刻に「ごちそうさま」ができた。
 ひさしぶりの勝利(笑)
 普通のことだが…
 ようやくできた。

 かたづけの手伝いを呼びかける。
 このところ、固定化している。
 ・自ら手伝う。
 このような子ばかりではない。
 ・ちょっと声をかけられたら手伝う。
 このような子もいる。
 「呼び水」は大切。

 就学時健診のため、高速モードで行う。

 ◆掃除
 「ごちそうさま」のあとは、役割分担の確認。
 掃除場所を確認し、わかれる。
「掃除を始めます」
「はい」
 掃除開始。

 掃除時間は、15分弱。
 12:55までに戻ってくるように指示。
 いつもより短くだが、ていねいに。
 教室掃除は、ていねい。
 スピードもある。
 実に静か。

 子どもたちが帰ってきた。
 帰る支度をするように言う。

 ◆帰り
 帰る支度をし、班ごとに「さようなら」をする。
 班掃除がない分、いつもより早い。
 12:58には、ほとんどの子が下校。
 担任としゃべりたい子が、ちょっと残る。
 1:00には、「そしてだれもいなくなった」状態。
 帰るときは、はやい。
 行動のスピード。
 今の時代、絶対に必要な要素である。
 教育界は、「スピード」に対する認識が甘い。
 「ゆっくり」ではなく「のろい」。
 「スピード」に目を向けないと、とんでもないことになるのでは…


 ◆就学時健診
 私は、知能テストを担当。
 A小の場合、マンツーマンで行う。

 5年生がはりきっている。
 定刻より早く集合。
 準備していた。
 私は、定刻少し前に会場入りした。
 そのときは、すでに準備が終わっていた。

 知能テスト開始までに、30分以上ある。
 子どもたちが、おしゃべりをはじめる。
 ・読書する
 ・宿題をする
 などやらせても…静かにならなかった。
 待ち時間がありすぎ。
 10分くらいだったら、だれなかったと思う。

 ようやく、知能テスト開始。
 簡単な検査なので、すぐ終わる。
 今日は、142人がくる予定。
 私がテストしたのは19人。
 さすがに疲れた。

 テストの集計。
 番号順に整理する。

 全体で、反省会。

 ◆夕会
 いろいろ。

 ◆安全点検
 今月は、校庭担当。
 見て回る。
 登り棒は死んでいる(笑)
 「使用禁止」のリボンがかかっている。
 鉄棒、1つゆるみあり。
 あとは、だいたいオーケーか。
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-25 19:42 | あやせん

あやせん 11月24日


  あやせん  11月24日(月)

 このところ、忙しい。
 飲み会も続いている。
 きちんと付き合い、しっかり飲んでいる。
 そのため、コンディションがよくならない(笑)

 午前中は、家内のために働く。
 「音声ファイルをブログに載せる」作業。
 方法を提案しても、なかなか「うん」と言わない。
 頑固である。
 人のことはいえないが。
 しかし…最終的な提案はすんなり通った。
 ある会社のブログを立ち上げる。
 私のブログのうち、2つはその会社。
 そこは、音声がアップできる。
「そうか、新しくブログをつくればいいのね。
 そこは、音声と動画専用にすればいいんだわ」
 だから、前から言っているじゃないか(笑)
 前から言っているのだが…
 家内が理解できたのは、「この日」なのである。
 相手が理解していない場合…
 いくらいい方法を話しても、無駄になる。
 難しい。
 それにくらべると、クラスの方は楽勝。
 なんとききわけのよい子どもたちなのだろう。

 ようやく問題解決。
 手のかかるファイル変換も、私がする。
 人の役に立つことができた。
 たまに、「必要とされる」人になる。

 その後は、ゆっくり過ごした。
 主に、『水滸伝』のDVDを見て過ごす。
 夜は、ドラマを見た。
 「人に必要とされて、うれしかった」
 という言葉が、印象に残った。
 誰かに必要とされている…
 そう思うと、人はがんばることができる。
 私の場合、ペットかな(笑)

 「必要とされる」には、2つある。
 ・本当に必要とされる。
 ・利用される。
 「似て非なるもの」である。
 前者は、思いが伝わってくる。
 後者は、においが伝わってくる。

 最近、「利用」は断わっている。
 夏から、たびたびいやな思いをしている。
 人のことを、何だと思っているのだろう。
 ひどいことをしているにもかかわらず…
 その方たちは、自覚がない。
 よけいに、始末が悪い。
「またか…」
 自衛しないと、とんでもないことになる。
 事前に断るのがベストということに、ようやく氣がついた。
 これからは、すぐ断ろう。

 車中で、原稿チェック。
 本は、だんだん「形」になってきている。
 問題は、書名である。
 まだ、「これだ!」というものが浮かんでこない。

 前担任の先生来校。
 産休補助で、来週から勤務する。
 今日と明日は、引き継ぎをするそうだ。
 ひさしぶりに、話をする。


 ◆持久走の練習
 今日から、持久走の練習スタート。
 となりのクラスの先生が、おめでた。
 そのため、代わりに走る。
 走るのは得意。
 ・体操
 ・歩く(1分)
 ・走る(3分)
 ・歩く(1分)
 800をこえる子が走る。
 3つのトラックにわかれて走る。
 2周ほどいっしょに走ったあとは、交通整理にまわる。
 例年、くどい話がある。
 今日は、すぐ準備運動に入った。
 グッド。
 余計なことは、言わない方がよい。
 くどくどせず、さっと入る。
 さっと入らないから、学級が崩れるのである。
「走ります。よーい、どん」
 これでよい。
 待っている子は、早く走りたいのである。
 諸注意は、違うところですればよい。

 1回目の練習終了。
 過去3年にくらべると、ダントツでよかった。
 前述したように、余計なことがなかったからである。

 教室へ。
 子どもたちは、カードに記入している。
 何周走ったかを、記録するのである。
 
 これからしばらくは、さっとスタートできない。
 まあ、仕方がないだろう。

 ちょっと待ってから、スタートする。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 カード記入のあとなので、意識がそろっていない。
 まだ、切り替えが遅い子がいる。
 まあ、今日も休み明け。
 仕方がないだろう。

 ◆班学
 短い。

 ◆ひと班学
 3種目からが問題。
 「あいさつ」「返事」と同等にできるかどうか?
 はっきりした尺度がある。
 まだ、弱い。
 それが、その班の弱さである。

 ◆班学 2
 ユニットについての話し合い。
 ・よくできているユニット
 ・いまいちのユニット
 に分類する。
 →弱いユニットを強くする。

 ◆絶対的な基礎
 ★なんこれ!
 「1分切り」がちらほら。
 「ていねい+スピード」の時代になってきたかな?

 ★10マス計算 三種盛り
 そろそろ、制限時間を変えたい。
 1:30秒では、だめだ。
 楽にできるようになると…
 ゆるんでくる。
 1:15秒くらいがいいだろう。
 子どもの実力、実態に合わせて制限時間を変えていこう。

 ★あまりのあるわり算
 10秒制限がちょうどよい。
 トップは、3~4秒。
 遅い子は、7~8秒。
 ※もちろん、まだ10秒でできない子もいる(少数)。
 1セット10秒なので、崩れるひまがない。
 スピードがあり、テンポがよい。
 テンポが、学習のリズムを創る。

 ★漢字100問テスト
 まだまだ、水準に達していない。
 「スピード」と「ていねいさ」の狭間に立つ子がいる。
 マスオさん状態(笑)
 「全員が、5分で100問完答」
 すごいレベルだと思う。
 今の子たちも、がんばってはいるが…
 まだまだ。

 ★リズム漢字 「書き」
 5分でできる子が、出てきた。
 すごいスピードである。
 140漢字を5分で書く。
 すごい。

 ◆英語
 『どろんこハリー』 英語版
 前回、CDを聴かせた。
 今日から教える。
 アメリカで生活していたので、英語はうまい(うそ)。
 しかし…
 前にくらべると、したたかになっている(笑)
「私は英語ができる」
 と信じて発音している。
 少しは、発音がよくなっているだろう。
 子どもの前では、自信を持って読んでいる。
 『おおきなかぶ』にくらべると、難しい。
 さて、どうなるか。


 ◆社会
 「テストを活かした学習」
 前回の続きなのだが…
 スタートが遅い。
 休みで、リセットされている。
「何をするの?」
 という子がいる。
 班員のテストを持っているはずの班長が、
「テストがありません」
 ※探したらあった(笑)
 このへんが、休み明けなのだ。
 テストをやりながら、学んでいく。
 まだ、川の位置関係をつかんでいない子がいる。
 (江戸川、隅田川、荒川の位置関係)
 最低限の知識がないと、解けない。

 ◆避難訓練。
 火災、主事室より出火。
 ひさしぶりの訓練。
 ※前回は、雨のため廊下に並ぶだけだった。
 さっと並び、避難開始。
 しかし…遅い子がいる。
 防災ずきんをかぶりながら移動することができない。
 速い子は、「火災」という言葉を聞く前から準備している。

 全員(全校児童)の避難が終わったのが、4分過ぎ。
 タイム的には、普通。
 ※いいときは、3分台。
 よかったのは、並んでから。
 しゃべる子が少ない。
 いい雰囲氣である。
 ※今日は、西階段が使えない分避難に時間がかかった。
 態度は、よかった。
 学校全体の「育ち」が見えた瞬間だった。
 A小全体が、よくなっている。

 ◆10分休み
 水曜時程なので、中休みは10分。
 持久走の練習が入ってくる。
 ※任意
 多くの子は、外に出て走る。
 走る時間は、3分くらい。

 ◆社会の続き
 答え合わせ&解説。
 今の学級の弱点は、語彙が少ないこと。
 驚くほど、言葉を知らない。
 今日は、「給水制限」がわからない子が多かった。
 いつもより、詳しく解説。
 解き方の復習。
 ・声を出して問題を読む。
 ・該当する資料名を読む。
 ・キーワードに線を引く。
 ・消去法を使う。
 などなど。

 ◆白地図
 東京都の白地図を配る。
 どれくらい知っているか、調べる。
 さすがに、自分たちが住んでいる区はわかった。
 あとは…
 討ち死に(笑)

 ◆算数
 ★「テストを活かした学習」
 『変わり方調べ』
 感覚ができるまでは難問。
 感覚ができると易問。
 一度でわかろうとすると苦しくなる。
 ・わかるまでに時間がかかる
 ・毎日やると少しずつわかってくる
 この認識があれば、焦る必要がない。
 いつもと違った思考なので、最初が難しい。

 ★どん難問だい!
 今日は、問3が難しかった。
 他にくらべ、2桁難しい。
 ある方法を使うと、簡単になる。
 その方法を教える。
 「知る」だけで、実力10倍という感じ。
「解けない…」
「なんだ、簡単じゃない」
 この違いは大きい。
 「知る」は、大きな武器である。
 この場合の「知る」は、「ポイントを知る」。
 難しい問題の場合、教師の出番。
「先生、すごい」
 当たり前だ(笑)

 今日は、ほとんどの子が問3でひっかかった。
 歯ごたえがありすぎる問題であった。

 ◆給食
 入りがよくない。
 休み明け特有の雰囲氣。
 準備に、9分近くかかった。
 食べるのに時間がかかりそうな献立。
 会食時間を3分オーバー。
 特定の子が遅れる。
 先週にくらべ、全体的なラインは上がってきている。
 最後、がんばって食べようという意識も感じられる。
 まあ、こんなものか?

 いずれにせよ、このところ給食は×××。
 鬼門となっている。

「ごちそうさま」
「役割分担を確認します」
「はい」
「3階少人数教室に行く人」
 担当する子が挙手する。
「2階少人数教室に行く人」
「教室掃除をする人」

 掃除開始。
 水曜時程は、簡単掃除。
 しかし、私の学級では普通に掃除をさせる。
 時間がないときは、時間がないなりの掃除あり。
 基本的なところだけでよい。
 普通は、オプションがつく。
 ・基本的な掃除
 ・今日の重点
 ・プラスアルファ
 「簡単清掃」という言葉を変えたい。
 「簡単清掃」→「基本清掃」など。

 掃除は、実にていねい。
 そして、静か。
 分担も、その場で考える。

 ◆休み時間
 水曜時程の場合、昼休みも10分。
 今日は、会食が延びたのでほとんどなしとなるだろう。
 「作品展」かたづけ パート2
 絵を外す→教室へ。
 今日、万華鏡を返す。

 ◆百人一首
 ・黄札  2回
 ・青・赤札(計40枚)ミックス 1回

 黄札の方も、かなり速くなってきた。
 12月に入ったら、緑に突入。
 冬なのに緑。

 ◆国語
 『「便利」について考えよう』
 まずは、言葉について。
 「便利」について考えさせる。
 よく使う言葉だが…
 本当のところ、わかっているのか?
 一人一言発言させる。
 社会と違い、ばんばん意見が出る。
 日常用語は、まあまあ。
 社会科用語がだめ。

 意見はばんばん出るが…
 同じような意見。
 ・簡単にできる。
 ・楽にできる。
 ・だれでもできる。
 ・速くできる。
 ・時間がかからない。
 ・力がいらない。

 2回目は、「便利」の具体例をあげさせる。
 (例)
 ・昔は歩き、今車
 ・昔は調べるのが大変、今はインターネットで調べれば簡単。
 ・電卓を使えば、難しい計算がだれでもできる。

 3回目。
「10年間生きてきて、『便利』だと思ったこと」
 昔は…なんていっても、それを知らない。
 私が言ったのは、「自分」の体験。
「……」
 ここに来て、発言がストップ。
 子どもたちは、「便利だ」と感じたことが少ない。
 当然だろう。
 便利の中に生きているのだから。
 日頃、空氣を意識する人は少ない。
 おぼれて死にそうになった人は…
 空氣のありがたさがわかる。

 この教材は、厳しい教材だ。
 はたして…「便利」をとらえることができるか?


 ◆帰り
 ・持久走のカード配り
 ・掃除
 ・「さようなら」
 帰りのあいさつは、定着してきた。
 教師とのあいさつは、すごい声を出している。

 残って、トレーニングしている子がいた。
 ストレッチというか、柔軟体操。
「杉渕先生に教えてもらいなよ」
 いつでも、教えるよ。

 ◆職員会議
 盛りだくさん。
 1時間みっちり。

 ◆研究分科会
 12月22日に、養護の先生が研究授業をする。
 4年生の授業。
 「二次性徴」に関する授業になる予定。
 担任・養護の先生・栄養士の先生による鼎授業?
 これまた、みっちり話し合う。

 ◆職員夕会
 副校長先生からの話。
 ・表彰される子に対して、事前指導を。
 平たく言えば、「大きな声で返事をする」ということ。
 月曜日の表彰では…
 私から見て、かろうじて合格の子が一人。
 残りは、撃沈。
 たかが返事、されど返事。
 「育ち」は、返事にあらわれる。
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-24 19:41 | あやせん

あやせん 11月22日


  あやせん  11月22日(月)

 作品展終了。
 今日は、かたづけ。
 それが終わると、学校全体もモードチェンジ。
 次は、「持久走大会」である。
 ちょっと、休憩期間がほしい。
 ※「持久走の取り組み」は、水曜から。
 私の経験では、「1週間」あけるとよいのだが…


 昨日は、10:00に寝た。
 9:00頃眠くなったのだが…
 がまん。
 『獣医 ドリトル』を見る。
 原作も、おもしろい。
 やる氣ある教師は、読んだ方がいい。
 教育の原理原則が載っている。
 「育てる」原則。

 今朝は、4:00前に起きる。
 朝風呂読書、仕事、犬の散歩。
 早めに家を出る。
 外は暗い。

 学校到着。
 今週用の教材プリントを印刷する。
 メールあり。
 同学年の先生からだ。

 学年の先生が、急に午前中休暇。
 お子さんの具合が悪いのだという。
 すぐ、補教の手配。
 その他いろいろ。
 急に、慌ただしくなった。
 
 ◆全校朝会
 看護当番の先生が、10分前にスタンバイ。
 大切なことだ。
 教師が先に行って待っている。
 基本中の基本である。
 普通は、5分。
 この方のすごいところは、「10分前のスタンバイ」。
 若手は、こういうところをまねするべきだ。
 子どもたちが集まってくる。
 私が出たのは、6分前。
 5分前に、列の前に行く。
 8割の子が整列して待っていた。
 まだ、しゃべっている子がいる。
 外に出るのは、早くなってきた。
 2分経過。
 ほとんどの子が集まった。
 ※2人は、用事で欠席。
  もう1人、顔が見えない。
  おそらく欠席だろう。
 当番の先生が、号令をかける。
 朝会開始時刻2分前である。
 30秒前に、もう一度号令をかける。
 あいさつ当番の子が、スタンバイ。
「校長先生と、朝のあいさつをします」
「はい」
「おはようございます」(代表の子)
「おはようございます」(校長先生、みんな)
 代表の6年生。  ※交代で代表をつとめる。
 いつも、声を出している。
 すばらしいことである。
 「言葉でない教育」がここにある。
 上級生が立派だと、自然に下級生が育つ。
 校長先生が話を始めようとしたとき…
 チャイムが鳴った。
 3つの話。
 私なら、セーブして1つだけにする。
 3つのうち、ひとつは表彰。
 A小は、表彰をおこなう。
 いいと思うが…
 もっと、スピーディーにできないか。
 時間を短縮すると、しまってくる。
 表彰が長いので、後半崩れる子が出てくる。
 わがクラスを見ると…微動だにしない。
 死んでいる(笑)
 頭が揺れる子がいない。
 このへんは、育ってきている。
 「長い」というのは、よくない。
 スピーチなど、その典型である。
 下手でも、短いのがよい。
 朝会も、秒単位で意識したい。
 当番の先生の話。
 簡潔明瞭、わかりやすかった。
 この方は、こんなに上手だったのか(失礼)。
 しかも、短い。
 30秒程度の話。
 とてもよかった。

 行進に入る。
「ちょっと待って」
 もう一つ、話があった。
 持久走大会のオリエンテーションである。
 朝会が終わったと思った子どもたち。
 元に戻らない。
 一度壊れた雰囲氣は、なかなか戻らない。
 最後まで、もどらなかった。
 これが、指示の怖さである。
 ワンミスが、命取りになる。
「次は、『持久走大会』についての話です」
 といえば、すんなり入っただろう。
 一度行進モードにしたために、混乱を引き起こした。
 ちょっとしたミスが、集団を崩す。
 学級崩壊は、こういうところから起こる。
 「ちょっとしたミス」が、毎日積み重なっていく。
 あるとき、一氣に崩れる。
 私とて、例外ではない。
 指示を間違えれば、同じようになる。
 「ちょっとしたこと」を大切にするかどうか。
 小さなことが、大きな差となってあらわれる。
 まずは、「指示の仕方」を学ぼう。
 ・簡潔明瞭
 ・順番を間違えない。
 などなど。

 ★行進
 行進を見る。
 よくなってきた。
 よそ見したりしゃべったりする子がいない。
 列がそろって、きれいになってきた。
 なるほど。

 教室へ。
 今日は、まだ始まっていなかった。
 班学の準備をしている。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 「あいさつリレー」がはじまる。
 きちんと準備してから始めたので、意識が整っている。
 なるほど。

 ◆班学
 短い。
 プログラムを変える必要あり。
 5分くらいにしたい。
 あとで、チェックする。

 ◆ひと班学
 ・あいさつ
 ・返事
 この2つは、よくなってきた。
 休み明けでも、変わらない。
 ただし、「これでいい」というレベルではない。
 まだまだ、上がある。

 ◆班学の見直し
 1班から順番に、1ユニットずつやらせる。
 ひと班学ずつだと、ごまかしがきかない。
 ときどき、ひと班学ずつやらせる。
 ※「あいさつ」と「返事」は毎回。
 問題は、上記2つ以外のユニットである。


 ◆絶対的な基礎
 ★なんこれ!
 「なんこれ!」から入る。
 トップの子が、59秒。
 以前にくらべると、遅い。
 ていねいに書こうとしているからだ。
 40秒台の子の字を見ると…
 字になっていない。

 ★10マス計算 三種盛り
 ・かけ算
 ・たし算
 「1分切り」する子が多い。
 トップの子は、40秒フラット。
 速い。
 ・ひき算
 ひき算も、速くなってきている。

 ★あまりのあるわり算
 2回行う。
 1回目は、分割方式。
 10題ずつやる。
 制限時間は、10秒。
 かなりスピードがついてきている。
 問題になれてきたこともある。
 トップは、3~4秒。
 こうなると、10秒たつのが長く感じる。
 2回目は、100題連続。
 制限時間は、2分。
 「全員が2分切れるようになると、クラスが変わる」
 かなり前、陰山先生と話したことである。
 ・その子が変わる。
 ・クラスが変わる。
 経験則だが…
 総合的な能力が、ぐんとアップする。
 →すべてにおいてよくなる。
 という感じがする。
 まだまだ、そのレベルは遠い。
 しかし…トップの子は、「1分切り」達成。
 ものすごいスピードである。

 ◆漢字100問テスト
 5分間のテスト。
 かなりハードである。
 私が出した課題は、
「5分を有効に使い、できるだけていねいに書く」
 5分で完答(敢闘)できれば、かなりのスピード。
 問題は、ていねいさである。
 3分台となると、字が乱れてくる。

 終わったら、見直し。

 ◆リズム漢字 「書き」
 よりハードなテスト。
 ハードなテストの連続だが、子どもたちはけろっとしている。
 「ハード」だと思っていないところが、すごい。
 完全に、感覚が違ってきている。
 ※いい意味で。

 ◆音楽
 専科の先生の都合で、3校時→2校時に変更。
 音楽室までついていく。
 ×××。
 入室するとき、あいさつしない子がいる。
 あり得ないことである。
 完全にできていたことが…
 できなくなっている。
 教育とは、こういうものだ。
 安心していると…
 すぐ退行する。

 補教。
 同学年の先生のクラスへ。
 音読を教える。
 『ぞろぞろ』
 ・声を出す。
 ・状況を変える。
 ・状況に合わせて、表現を変える。
 などなど。

 ◆20分休み
 2校時終了と同時に雨が降り出した。
 ドンぴしゃ。
「内遊びです」
 アナウンスが流れたのは、チャイムが鳴ってから3分後。
 外に出て子どもたちが帰ってきた。
 文句を言う子はいない。
 自然な流れで、内遊びに変更。
 読書、トランプ、その他いろいろ。
 暴れる子はいない。

 職員室へ。
 仕事。

 ちょっと前に、教室に戻る。
 静かに遊んでいる。
 自然である。

 ◆理科
 「テストを活かした学習」
 奇襲、いや、既習事項なので、5分しないうちに完答。
 ・問題を解く。
 ・説明を書く(テスト用紙に)。
 ・ノートにまとめを書く。

 ◆国語
 「テストを活かした学習」
 理科と同様に、班ごとに学習。
 途中、先ほど補教に云ったクラスへ。
 何度か見に行く。
 『ぞろぞろ』グループごとに練習。
 最後は、発表。
 一生懸命やっていた。

 ◆英語
 『どろんこハリー』
 『ぐりとぐらのおきゃくさま』
 いずれも、英語本のCDを聴かせる。
 ※『ぐりとぐら』は、途中まで。

 「英語で表現読み」
 杉渕学級新しい取り組みである。
 『おおきなかぶ』で、土台をつくった。
 上記の本は、『おおきなかぶ』にくらべるとかなり難しい。
 しかし…できると判断した。
 さて、これからどうなるか?
 本格的な学習が始まる。

 ◆社会
 「テストを活かした学習」
 これも、班学。
 「4年生のまとめ」といっても、すべて既習事項。
 1班の2人、何回もふざけている。
 様子見ということで、あえて注意しなかったのだが…
 図に乗っている。
 もはや、かんべんならぬ!
 厳重注意。


 ◆給食
 先週は、ひどかった給食時間。
 定刻に「ごちそうさま」ができた日がなかった。
 あまりにも、ひどい。

 人間だから、失敗する。
 当然だ。
 問題は、次である。
 失敗を次につなげるかどうか。
 先週は、連続して時間オーバー。
 真剣さを疑われても、仕方がない。
「遅刻しません」
 と宣言した子が、続けて遅刻するようなものである。
 結果を出さない限り、世の中信用されない。

 少人数算数の先生がくる。
 「2桁のわり算」できが悪いので、毎日2問ずつやらせてほしいとのこと。
 もちろん、オーケー。
 「毎日2問」
 王道である。
 できない子は、「できない」のではない。
 「わすれる」のだ。
 自転車に乗れるようになると…
 一生もんである。
 10年くらい乗らなくても、乗れる。
 それと同じである。
 「回路」をつくれば、しばらくやらなくてもできる。
 できない子は、「回路ができていない」のである。
 「回路」づくりには、毎日学習することが大切。
 「毎日少しずつ学習」すると、感覚的にわかってくる。

 今、算数の授業を変える必要あり。
「できない」
 という前に、工夫すればよい。
「45分同じことをするのではなく、いろいろなことをすればよい」
 私で言えば、「ユニット」。
 前半の15分を、復習に当てればよい。
 今までやったことをやらせればよい。
 2問ずつ出す。
 当座は、同じ問題でよい。
 暗記するようになったら、問題を変える。
 ※「同じ問題」というところが、ポイント。

 定刻の12:50になっても食べ終わらない子がいる。
 ということで、昼休みなし。
 すべて、掃除の時間となる。

 13:05まで、自習時間。
 先ほどの問題をやらせる。
 今日の問題は、
 ・89÷28
 ・685÷36 ※
 簡単な問題。
 これくらいさっと解けないとなると…
 かなり厳しい。
 練習不足である。
 私が担当している子どもたちは、軽く解ける。
 とおもっていたのだが…3人が1問間違えた。※の問題
 やはり、人生甘くない。

 終わった子は、自習。

 ◆掃除
 13:05から、掃除にかかる。
 ※これが、正規の時間(13:05~13:25)
 代表の子が、役割を確認。
 掃除に取りかかる。
 20分が長く感じる。
 手早くできるようになってきた。
 普通の掃除なら、10分もかからない。
 残りは、「氣づき」清掃。
 自分が見つけたところをきれいにする。
 いわば、オプションである。

 ◆読書タイム
 私は、英語版『スーホの白い馬』を聴く。
 かなり長い。
 日本語版を読んでみた(音読)。
 8分弱。
 やはり、長い。
 分量的には、苦しい。
 しかし…内容はダントツによい。
 さて、どうするか。

 ◆算数
 ★『少数のかけ算・わり算』
 「テストを活かした学習」。
 班ごとにおこなう。
 多くの子は、やり方を覚えている。
 やり方を忘れた子は、班の子が教える。
 問題は、「小数点」である。
 これ以外は、普通のかけ算、わり算と変わらない。
 わからない子は、訊きに来る。
 来た子には、教える。

 ★どん難問だい!
 難問であるが…感覚的にわかってきている。
 一見難しそうでも、一つひとつやっていけば簡単。
 難しい問題は、簡単な問題の集合体なのだ。
 簡単な問題を10題やるつもりで解けばよい。
 「難問」は、「集中力持続」の力をつけるのによい。


 ◆体育
 ・持久走大会に向けて
 ・ハードル
 ・表現
 の3本立て。

 帰りの支度を済ませてから、着替え。

 ★ハードル
 「ハードリング」ができてきたので、時間をかけなくてよい。
 今までの5分の一くらいでよい。

 ★表現
 『荒馬』の、二つ跳び。
 『SOHRAN』基本の動きと波。
 爆笑の連続。

 ★○分間走
 A小の取り組み。
「○分間で、何メートル走れるか」
 トラック1周 100メートルくらい。
 杉渕学級の標準(高学年)は、10分で20周。
 ※速い子は、25周近く。
 ※遅い子は、17周くらい。
 今は、昔と違い無理をさせない。
 やわになってきている。
 この水準では、難しいだろう。


 ◆就学時健診の打ち合わせ
 今日は、担当児童を交えての打ち合わせ。
 私は、知能テスト担当。
 A小では、初めて。
 マンツーマンでテストするのも初めて。


 ◆連休の狭間
 × 給食 会食時間
   ふざける子 2人
 ○ あとは、まあまあ。

 冷静に考えれば、マイナスが少ない。
 休み明けでも、きちんとできることが増えてきている。
 ※だからこそ、マイナス面が強く映る。
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-22 19:40 | あやせん

あやせん 11月19日


  あやせん  11月19日(金)

 11月も半ばを過ぎた。
 時が過ぎるのがはやい。

 空が美しい。
 1年で一番きれいなときではないか?
 澄んだ空氣は、なによりのごちそうだ。
 紅葉も、美しい。
 どこかに見に行く時間はないが、行き帰りに楽しんでいる。

 学級の方も、「実りの秋」。
 そろそろ、加速するときである。

 28年の経験で、子どもがぐーんと伸び出すのが11月後半。
 教育の成果+自然の摂理で、伸びは加速する。
 これから、2ヶ月間がおもしろい。

 昨日、偶然ある番組を見た。
 タイトルは、「和の教育」?
 私が見たときは、宮大工のコーナーだった。
 内弟子の生活が放映されていた。
 厳しい…
 昔なら、当然。
 今は、難しいことだろう。
 時代が違う。
 しかし…
 このような厳しさを経て、一人前になる。
 どの世界でも同じ。
 
 さまざまな「厳しさ」がある。
 宮大工の世界は、古き日本の厳しさ。
 今の社会にあった厳しさもあるのではないか。
 昔通りやったら、人はついてこない。
 教師は、全員を伸ばす必要がある。
「いやなら、やめろ」
 とは、いえないのだ。
 ・楽しくないと、厳しさに耐えられない。
 ・厳しさとは、叱ることではない。
 このへんに、「厳しさ」のヒントがあるだろう。

 参観者は、私のことを「厳しい」という。
 とんでもない。
 昔受け持った子が見たら、「先生、大甘の皇子」というだろう。
 ただし…本質的な厳しさは、ちっとも変わっていない。
 子どもへの接し方が、以前とは違うのである。
 今の子は…能力が落ちている。
 以前は、当たり前のことだったことが…
 できていない。
 前提が、すっぽり抜けている。
 だから、前提をつくること。
 もっと、「教える」ことが大切である。
 「考えさせる」「自ら~」
 などは、遙か先の話である。

 今、「前提をつくる教育」が必要。

 「厳しさ」も必要。
 今の教育界、「厳しさ」がない。

 もう一つ、『空から日本を見てみよう』を見た。
 人文字が映し出された。
 なんと、「くもじい」(キャラクター)のラインが見える。
 ADさんに言われたこと。
「ラインは書かないでください!」
 念を押された。
 そのため、A小4年生は、ラインを1回も引かなかった。
 ラインがあれば、並ぶのは簡単。
 空間認識がなくとも、そこへ行けばよい。
 うーん。
 違う学校は、ラインありでオーケーか。
 まあ、ラインなしではできなかったのだろう。
 比較すると、ものすごい差があることがわかる。
 「ラインあり」と「ラインなし」
 天地ほどの違いがある。
 ・ラインあり→判断は、線。
 ・ラインなし→判断は、自分。

 あたらめて、A小4年生の子どもたちのすごさを感じた。


 ◆頼まれごと
 家内に頼まれて、パソコン関係の仕事をする。
 パソコン関係は、私の方が上。
 しかし…アドバイスしても動かない。
 普段の人間関係から考えると、そうだろうなと思う(笑)
「『ワード』で、書式を変えるときどうするの」
「これを、印刷してほしい」
 などなど、相手に言われたとき動く。
 猫に対するときと、同じ原則である。
 ※相手がのぞまないとき、アドバイスしても無駄無駄無駄。
 最近、ようやくわかってきた。

 昨日は、「音声ファイル」のアップロード。
 いろいろ方法を提案したが、
「うーん」
 自分がやりたい方法でアップしたいとのこと。
 ・ファイルを、MP3に変換すること
 ・リンクさせること
 家内は、MP3に変換せずにアップしていた。
 当然、エラーが出る。
 直接アップすると、容量オーバー。
 ファイルが大きすぎるのだ。
 これがホントの、「要領が悪い」。
 
 あるソフトを使い、変換の仕方を伝える。
 私が変換してみせる。
 感動の一瞬!
 どうしてもできなかったことが、私の手にかかると…
 あっという間にできた。
 ちょっと見直した?
 その後、手順を教える。

 次は、アップの仕方。
 あるサイトに登録すると、音声ファイルをアップできる。
 音声ファイルをそのサイトに送信。
 そうすると、タグが表示される。
 それを、ブログに貼り付ければよい。
 解説しながら、実行。
 見事に、音声ファイルのアップロードに成功した。
 またまた、感動の一瞬。
 お役に立てて光栄です(笑)

 ●最近の私
 最近のスタイル。
 相手から何か言われなければ、何もしない。
 子ども、職場の同僚、サークルメンバー、その他の方々。
 相手が必要としていないのに言っても…
 ほとんど意味がない。
 「余計なお世話」になる。
 必要感がないので、真剣に話を聴かない。
 相手が聞いてくるときは、必要感のあるときである。
 そのことだけを答える。
 余計なことは言わない。
 ※熱心な人に対しては、この限りではない。

 ◆わが子に
 めずらしく、お説教。
 といっても、ごく軽い説教である。
 ・遅刻
 ・時間の使い方
 ・無駄遣い(電氣、水など)
 ※私と全く違ったキャラ 2人とも。
 娘の方は、不満がたまっている。
 それを聴く。
 否定しない。
 「そうだね」と聴きつつも、肯定もしない。
 ユーモアで返す。

 昨日は、めずらしく就寝時刻が遅かった。
 11:30(笑)

 今朝は、目覚ましに起こされる。
 ※めずらしいこと。
 一発で起きる。
 目覚めがよい。
 回復してきたかな?


 電車の中で仕事。
 「今後の構想」
 モードチェンジしてから、どうするか。
 「2ヶ月間のプロジェクト」を寝る、いや、練る。
 いろいろなアイディアが浮かんでくる。
 うーん、実におもしろい。
 本来の自分に戻ってきたことを実感。

 今日は、(電車の中で)ほとんど寝なかった。
 回復してきている。

 学校到着。
 書類の整理をしてから、仕事にかかる。

 早めに教室入りするつもりが…
 打ち合わせがあり、定刻になってしまった。

 教室へ。
 子どもたちは、それぞれ学習している。
 もうすぐ、8:30になる。

 ◆あいさつリレー&あいさつ
 チャイム前に立つ。
「あいさつをします」
 ここで、チャイムが鳴る。
「おはようございます」
「おはようございます
「おはようございます」
 あいさつリレーが始まる。
 全体的には、昨日の方がよい。
 ある子は、昨日今日とよくなってきている。
 クラスで一番大人びた子である。
 その子が、声を出すようになってきた。
 ※今までは、ブレーキがかかっていた。
 よし、自分で壁をぶち破ったな。

 ◆班学
 班学スタート。
 いいんだけど…
 短い…
 ウルトラマンじゃないんだから。
 メニューを増やすように言おう。
 内容は、悪くない。

 ◆ひと班学
 ・あいさつ
 ・返事

 ★返事
 返事はよくなかった。
 途中で、間をあけてしまった子3人。
 準備ができていない。
 リズムも、よくない。
 昨日できたことが、できなくなっている。
 「リズム・テンポ」をつかむのは、大変。
 甘くない。
 1回目が終わるのを待つ。

 当然のことながら、やりなおし。
 ある子を指名する。
「体育館をイメージしていますか?」
 うなずく。
 それはわかるが、まだ弱い。
 私がやってみせる。
 まだまだ、子どもには負けない。
 体育館をイメージする。
 ステージに立つ。
 後ろの壁に当てるように声を出す。
 
 2回目、今度はよかった。
 しかし、1回目でできなければ実力ではない。
 社会に出たら、「やりなおし」はない。
 ・明確な意識を持ち続けるのは難しい。
 ・それを「形」にするのも難しい。

 ★一つずつ班学
 1種目目→2種目めというように、一つずつやらせる。
 連続でやるときより、意識が濃くなる。
 そのことだけに集中できるから。
 計6種目行う。

 ◆絶対的な基礎
 今日は、切り口を変える。
 勘である。

 ★なんこれ!
 これは、普通に行う。

 ★10マス計算 三種盛り
 今日は、かけ算、たし算、ひき算の連続(計300題)。
 いわゆる、「トライアスロン」である。
 制限時間は、4分30秒。

 いつも同じことをしていると…
 知らないうちに、鈍ってくる。
 パワーダウンしてくる。
 いわゆる「マンネリ化」である。
 無意識というところが、怖いところ。

 無意識なので、指摘されてもわからない。
「そんなことはない」
 と否定してしまう。
 いくら指摘しても、無駄である。

 だから、角度を変える。
 違う刺激を与えることで、マンネリ化を打破する。
 「トライアスロン」は、3種(300題)連続。
 ハードな取り組みである。
 相当な集中力、持続力がないとできない。
 実力ない子は、後半失速する。
 はたして…

 始める前から、雰囲氣が違う。
 いい感じである。
 さらに、刺激を与える。
 「ルマン方式」のスタートである。

 ★ルマン方式のスタート
 1、3、5班は、教室前に並ぶ。
 2、4、6班は、教室後ろに並ぶ。
 腰掛けてのスタートではない。
「よーい」
「どん」
 一斉に車に向かって走る(笑)
 遅い子は、席に着くまでに5秒経過している。
 ラッシュのため、思うように動けないのだ。
 しかし…席に着いてからは速い。
 リズミカルな音が響く。
 熱氣もすごい。
 すさまじいエネルギーが充満している。

「はい」
「2分28秒」
 速い。
 歴代のトップとくらべても、遜色なし。
 ※トップは、2分23秒。

 次の子は、2分44秒。
 3分切る子が、けっこういた。
 集中力・持続力ともに伸びている。
 多くは、4分かからずゴールイン。
 なかなかやるな。

 ◆あまりのあるわり算
 2系統のスタート。
 自信がない子は、普通のスタート。
 自信がある子は、「5秒」たったらスタートする。

 ★追いかけ方式
 「追いかけ方式」である。
 5秒以内でできる子は、増えてきている。
 しかし…5秒からのスタートは別物。
 0秒からのスタートとは、決定的に違う。
 スタートの仕方を変えるだけで、刺激を与えることができる。
「よーい、どん。1…2…3…4…5秒」
 ここでスタートする。
 制限時間は、10秒。
 共通。
 スタートは、違っている。
 ・0秒から
 ・5秒から

 裏は、2分制限。
 ここでも、2系統のスタート。
 ※やりたい子のみ。


 ◆漢字100問テスト
 「ていねいさ」を意識させる。
 一番速い子は、4分ちょっと。
 以前のように、3分ちょっとの子はいない。
 「ていねいに速く書く」
 かなり難しい課題である。
 スタミナも必要。
 精神的なスタミナも。

 ◆リズム漢字  「書き」
 少し慣れてきた感じがする。
 書けるようになってきている。
 大量に書くので、大変。


 ◆漢字テスト 3
 ワークの漢字テスト 「冬休み前」版。

 ◆漢字テスト 4
 ワークの漢字テスト 「まとめ」版。

 今日はいい天氣だが、教室は漢字の嵐。

 全部で、どのくらい書いただろうか?
 圧倒的な量であることは、間違いない。
 育ってくると、圧倒的な量をこなすことができる。
 疲れない。
 けろっとしている。
 驚異的な持続力。
 スタミナは、すごい。


 ◆体育
 「ハードル」
 漢字テストが終わった子から校庭へ。
 倉庫を開け、ハードルとコーンを準備する。
 準備体操をしてから、練習を始める。

 学んだことを声に出す。
 その部分を意識して練習する。
 それから、総合的な練習に入る。

 2班の練習がよくない。
 ストップをかける。
 一時停止。

 それ以外の班を、指導していく。
 もちろん、一人ひとりを指導する。
 次回、できなくてもよい。
 ただし、意識していない場合は厳しく言う。


 意識したときは、「形」になってきた。
 ×××の子は、いない。
 それなりに、型ができてきている。
 ※回路ができてきた。
 よし。

 15日(月)から、急成長。
 この日参観した方が見たら…
 すごい進歩に驚くだろう。
 それくらい急成長した。
 別人。
 特に、運動が苦手な子が進歩した。

 ハードルを2台にする。

 基本ができないのに台数を増やすと…
 とんでもないことになる。
 型ができてから、台数を増やすべきだと思っている。

 小学校体育。
 時代によって、どんどん変わっている。
 「めあて 1」、「めあて 2」など…
 授業はご立派だが…
 見てくれはいいが…
 子どもが進歩しない授業がほとんど。
 形だけ…
「形だけ、形だけちょうだい」(『一つの花』より)
 ハードリングができていないではないか。
 何のための授業?
 首をかしげる授業ばかりだった。
 若いころ見た林先生の授業がよかった。
 ※筑波大付属小

 最後は、お遊び。
 ハードルをすべてつなげる。
 12台のハードルを越えていく。
 子どもたち、びっくり。
 極端すぎる(笑)

 前半はいい。
 後半、ばてた子はハードリングが崩れる。
 なるほど。
 4~5台なら、かなりよい。


 ◆20分休み
「先生、もう少し練習してもいいですか」
 残って、ハードルをやる子がいる。
 他学年が校庭に出てくるまでやらせる。

 学年委員さんと、「2分の一成人式」の打ち合わせ。
 今日、学年会で詳しいことを決める。
 役員さんとの話し合いは、それからだ。

 今日は、2分前に放送が入った。
 よし。

 保育園の子どもたちが、作品展を見に来ている。

 ◆音楽
 着替えている時間はない。
 上着を着て、音楽室へ。
 うーん、きちんとあいさつしないで入る子がいる。

 職員室で仕事。
 後半は、教室で仕事。

 ◆リズム漢字 「読み」 復唱
 2班からスタート。
 代表が読み、全員が読む。
 一人ずつ代表となって、読む。
 まだまだ、声が小さい。

 ◆音読&表現読み
 教科書音読。
 「やめ」がかかるまで、班ごとに教科書音読。
 『雨ニモマケズ』も読む。

 ◆国語
 「テストを活かした学習」
 「ぞろぞろ」のワークテストを、班ごとにする。
 ・問題文を読む。
 ・キーワードに線を引く、根拠になるところに線を引くなど。
 ・一人ずつ意見を述べる。
 ・答えを書く。
 このような流れで、進めていく。
 濁ってきたら、教師が介入。
 指導を入れる。
 まだ、子どもだけで最後まで進めることは難しい。
 20分をこえると、濁ってくる班あり。
 「5分×○セット」でやらせる。
 時間を意識させる。


 ◆道徳
 『温かい言葉』
 男の人の言葉について。
 いろいろな意見が出された。
 ・本当は、むかっとしている。
 ・優しい人だから、むかっとしない。
 ・男の子の考えを知らないで声をかけてしまって「ごめん」
 ・自分でやりたいのに、余計なことを言ってしまった。
 ・でも、「ぼうや」という言い方はかわっていない。
 などなど。

 無意識のうちに、自分の価値観を述べている。
 「価値観が投影される」ところがおもしろい。

 「大人のゆとり」については、さすがに出なかった。
 やはり、ゆとりある子は少ない。
 えっ、私はどうかって?
「………」
 ノーコメント(笑)

 ◆給食
 今週の給食は、×××。
 定刻に「ごちそうさま」ができたことはない。
 これだけ悪かった週は、最近では皆無。
 リベンジなるか?
 今日は、割と時間のかからない献立なのだが…
 それにしても…のろい。
 呪いだ!
 おまけのリベンジ。
 うーん。
 育っておらんのう。
 今週は、完敗。
 来週は、乾杯になるように…

 ◆掃除
 役割分担、掃除開始。
 今日の教室掃除。
 時間いっぱい使い、何度も何度も掃いていた。
 掃き方がていねいなのがよい。
「掃除を終わります」(ある子)
 5秒後にチャイムが鳴った。

 ※放課後、教室を掃いたのだが…
  いつもよりきれいだった。

 ◆昼休み
 ほとんどの子は、外遊び。
 読書好きの子が、教室で本を読む。
 クラス一読書が好きな子は、『はてしない物語』を読んでいる。
 私が薦めた本だ。
 ※学級文庫にある。

 私は、しばし瞑想。


 ◆読書タイム
 後半、百人一首を行う。
 ★百人一首リーグ戦
 時間がないので、黄札のみ。
 3回戦行う。
 まだ、11~20は覚えていない子が多い。
 配ったばかりだから、当たり前。
 しかし…育ってきた子は、1日で覚える。
 記憶力の桁が違ってきているのだ。

 ◆算数
 『面積』の学習。
 テスト→教科書の問題。
 普通と逆のパターン。
 教える→考えるではなく、考える→教える。
 教科書→テストではなく、テスト→教科書。
 易→難ではなく、難→易。
 「5分×●セット」の進め方。
 教科書の問題を、どんどん解いていく。
 簡単なので、すらすら解ける。
 「すらすらの快感」

 ★どん難問だい!
 後半は、難問。
 最近は、解くのが速くなってきている。
 回路ができてきた。
 感覚的にわかってきた。
 そろそろ、グレードを上げてもいいかもしれない。
 ※今日は、(4)が難しかった。
 

 難問といえども、簡単な問題の組み合わせ。
 一つずつ解いていけば、そんなに難しくない。
 ・見た目
「おえーーっ」
 という感じになるのだろう。
 人間、見た目で決めることは多い。
 ・ていねいさの持続
 面倒くさがる子は、途中でいやになる。
 『エースをねらえ』での1シーン。
 岡ひろみに対して、ある人が言う。
「ぞうきん一枚でプール全部の水を拭き取ってしまうだろう」

 そう、丹念に続ける。
 一つひとつクリアしていく。
 できそうで、できることではない。
 このへんになると、性格の影響が大きい。


 ◆作品展 鑑賞
 昨日1回だけでは、十分に見ることができなかった。
 2回目の鑑賞。
 今度は、班ごと。
 割り当てられた時間は、体育の授業とブッキング。
 そのため、空いている時間に鑑賞することにした。
 2回目の鑑賞。
 一度見ているので、じっくり見ることができる。
 2回見る意味がここにある。

 私は、主に体育館にいた。
 走る子、ふざける子はいなかった。
 鑑賞態度は、よかった。
 じっくり見ることができた。

 ちょっと早めに、教室へ。

 戻ってきた班に、指示する。
 といっても、いつものパターンである。
 ・プリント配り(2枚)  家庭数
 ・掃除
 ・帰りの支度
 ・その他

 子どもたちが、次々に帰ってくる。
 帰るときは、はやい(笑)
 できた班から、「さようなら」。

 ◆掃除
 放課後、掃除をする。
 前述したように…
 きれいだった。
 きちんと掃除ができている。

 金曜日は、子どもに任せる日。
 給食、掃除、その他いろいろ。
 なるほど。

 作品展は、明日で終わり。
 月曜日は、かたづけあり。
 作品展の打ち上げあり。
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-19 19:40 | あやせん

あやせん 11月18日


  あやせん  11月18日(木)

 昨日は、区小研。
 家に帰り、すぐ寝る。
 調子が悪い。
 「勤続疲労」だ。
 ということで、7:00に寝る。
 一度起きたがまた寝る。

 今朝は、いつものように4:00前に起きる。
 ちょっとよくなった感じはする。

 しかし…
 電車の中では、半分以上寝ていた。
 まだ、回復していない。
 寒さの影響もある。
 急に寒くなり、体がついていかないのかもしれない。
 そろそろ冬眠の準備をしなくては…

 ◆モードチェンジ
 作品展前だが、昨日からモードチェンジ。
 次なる山に向かって、スタートする。
 ・百人一首 100首に向け、60首マスターを目指す。
  ※現在、50首マスターしているはず?
 ・テストを活用した学習
  これが、けっこうおもしろい。
  今までにない実践である。
   ・学習したこと…解説、説明を書く。
   ・未学習のこと…いっしょに考えて解く。
  両極の学習。
 を入力。

 これから、いろいろなことに取り組んでいく。
 ・指名なし発言  発言の質と量を上げる。
 ・「書く」    重視して実践する。
 ・表現読み
 ・歌
 ・絶対的な基礎
 ・英語      リーディング 中心
 ・新しい取り組み
  そろそろ、杉渕学級定番に取り組む。
  「SOHRAN」「ぞうれっしゃ」などなど。
 学年としては、「2分の一成人式」。
 まだ、いつ実施するかも決まっていない。
 内容についても、大枠のみ。

 作品展が終わると、落ち着いて実践できる。
 いよいよ、「力を伸ばすとき」がきた。
 これからの2ヶ月がおもしろい。
 「超鍛えモード」(笑)
 小さな親切、大きな迷惑(子どもたちにとって)。


 雨が上がった。
 学校到着。
 仕事を始める。


 教室へ。
 学習してはいるが…
 いまいちだな。
 氣迫が感じられない。
 「朝の入り」は大切。
 まだ、教師がいないと身の入った学習はできない。
 「育っていない」ところである。


 ようやく、調子が出てきた感じがする。
 「作品展モード」で、ちょっとパワーダウンしていた。
 ずっとあった違和感が、今朝はない。

 ◆あいさつリレー
 1回目、用意ができていなかった。
 2回目。
 今度は、よい。
 声に張りがある。
 「声を当てる」ことを意識している。

 ◆あいさつ
 一人の全力が集まり、クラスの全力となる。
 次元が変わる。

 おわるやいなや、班学に入る。

 ◆班学
 いいのだが…
 短い。
 3分かからない。
 もう少し量がほしい。
 「5分間の班学」がよい。

 ◆ひと班学
 「返事」の指導をする。
 テンポを上げるように指示。
 昨日より、ぐんとよくなった。
 ちょっとしたテンポの違いが、「大差」となる。
 教育とは、「ちょっとしたこと」が大切なのだ。
 それを追求するかどうか…
 普通の教師とすごい教師の差は、ほんのわずかなのかもしれない。


 ◆絶対的な基礎

 ★なんこれ!

 ★10マス計算 三種盛り

 ★あまりのあるわり算
 トップレベルの子は、2~4秒。
 かなりのスピードである。
 意外なことに、今日は「2分切り」する子が少なかった。
 このへんが、おもしろい。

 ★漢字100問テスト
 また「スピードの時代」になってきている。
 字が雑になってきている。
 昨日指導を入れた。
 今日は、どうだろうか。

 毎日、これだけ漢字を書いていれば覚えるのは当然。
「学年の漢字全部覚えるのは大変」
     ↓
「全部覚えるのは当然」
 意識は、完全に変わっている。
「大変なことを平然と実行している」レベル。
「えっ、普通じゃないですか」

 以前、このような話を聴いたことがある。
「(授業前)どうして、君たちはおしゃべりしないの」
「どうして、しゃべるんですか?」
 朝自習の時間、真剣に取り組んでいる子どもたち。
 日本の子は、教師が来るまでしゃべっている。
 どうして、しゃべらず自習できるのか。
 参観した教師が聴いた。
 フレネ学校の児童は、質問の意味がわからなかった。
 彼らの認識は、
「朝自習の時間おしゃべりすることはありえない」
「真剣に学習するのは、普通のことである」
 文化が違う。
 おしゃべりをがまんしているのではない。
 文化として、そういうことはないのである。
 自然体なのだ。

 この自然体レベルまでもっていくのが、教育。

「教室の、杉渕さん」
「はーい」
「再び、杉渕学級です」

 「ていねいさ」を意識させた。
 そのため、スピードが鈍った。
 まだ、「速くてていねい」に書ける子は、少ない。

 練習させる。
 「ていねいに速く」の練習。

 2回目の、「漢字100問テスト」。
 1日1回では、進歩は遅い。
 できない子は、くり返し練習する必要がある。
 練習とは、「できるまですること」。
 1回書いただけでは、練習とはいえない。
 「練習」に対する認識は、まだ甘い。
 力みがある子がいる。
 運筆指導を入れていこう。

 ◆リズム漢字
 ★「書き」
 これができるようになると…
 ものすごい力がついたことになる。
 それだけ、ハードな練習である。
 21~40に入った子もいる。

 ★「読み」
 音読。
 声が小さすぎる。
 ストップをかける。
 全部覚えていないと、声を出すことはできない。
 覚えることが前提となる。
 「読み」のプリントをなくした子がいる。
 プリントを配る。
 表はルビつき。
 裏は、ルビなし。
 
 次は、個別読み。
 まず、ルビなしの方を読む。
 読めないところをチェックする。
 「読める」「読めない」を分類することから始める。

 大きな声で読む。
 →覚えるのが前提。


 ◆英語
 中学校のS先生が来校。
 小中連携の一大事業、一大授業。
 『おおきなかぶ』を発表。
 1回、通して読む。
 せっかくの機会である。
 班ごとに指導していただく。
 発音、その他細かいこと。
 私には指導できない分野をお願いする。
 私は、「表現」の指導。
 コラボの授業である。

 指導を見ていると…
 発音関係よりも、「表現」関係の指導が多い。
 かぶを引っぱるときの表現である。
 この辺の指導は、私の分野。
 越権行為だ(笑)
 いえいえ、英語でも、大切なのは「表現」なのだろう。

 他の先生が入って指導する。
 めったにないことである。
 子どもたちの反応が見もの。
 「育っている」場合、「育っていない」場合、反応が違う。
 ・拒絶するか、すぐ受け入れるか。
 ・素直にアドバイスを取り入れ実行するか。
 などなど。

 子どもたちは、楽しそう。
 S先生も、楽しそう。
 いい感じである。

 私の方は、予定を変更。
 客観的に、学級を見る時間にした(笑)

 2回目の発表。
 グレードアップした。
 アドバイスのおかげである。

 S先生に対して、一人一言。
 (例)
 ・学んだこと
 ・氣がついたこと
 ・感想
 ・その他
 なんでもよい。
 一人一言発表する。
 これは、お礼でもある。
 感謝の氣持ちは、「形」にしてあらわす。
 感謝の氣持ちは、すぐあらわす。
 人間関係の基本である。

 子どもたちの感想は多様。
 ・発音がよくわからなかったところがわかりました。
 ・表現の仕方を学びました。
 ・表情のことを教えてもらって、よかったです。
 ・ほめてもらって、うれしかったです。
 ほとんどの子が、最後に「ありがとうございます」といった。
 このへんは、育ってきている。

 英語の先生とのコラボ。
 おもしろい。
 今回、私は極力表に出なかった。
 それでよい。

 子どもたちは、吸収力がある。
 「もっとよくなりたい」という思いがある。
 素直にアドバイスを聞いた。
 それを、すぐ活かした。
 十分ではないが、活かした子が多かった。
 「表現」の場合、活かすのは難しい。
 わかっても、音読は変わらない。
 多くは、こうなる。
 音楽の授業も同様。
 いくら解釈しても、歌は変わらない(笑)
 解釈と表現は別物。
 まずは、「別物」という認識がないと先に進めない。
 表現技術があるのだ。

「ちょっと違っていてもいい。イメージして表現しよう」
「英語ははじめたばかり。まだ赤ちゃんなのだから、できなくても当然」
 などなど。
 ・十分通用する英語。発音もよい。
 ・おもしろい。
 ・その他いろいろ

 いつもは焼酎連携、今日は小中連携。

 小学校と中学校、協力できることはたくさんあるかもしれない。
 とくに、中学の先生が小学校で授業する意味はある。


 ◆20分休み
 校庭の状態はよくないが…
 看護当番の判断で、外遊び。
 いいことだ。
 状態がよくないところを避けて遊べばよい。
 わがクラスの子も、外遊びをしていた。


 ◆算数
 ★「テストを活かした学習」
 『面積』。
 わかれば簡単。
 わからない→話し合う→教科書で調べる。
 というパターン。
 いつもと、逆。
 教育において、
 ・教師→子ども  教える
 ・子ども→教師  訊く
 両方が大切。
 ここでも、両極が顔を出す。

 今日問題になったのは、複雑な図形。
 正方形、長方形ではない図形の求積である。
 ・ヒントを出す。
 ・教える。
 2パターンで対応する。
 わからないから、訊きに来る。
 ただ教えられた場合より、必要感あり。

 ★どん難問だい!
 難問を出題。
 最近、かなり慣れてきている。
 解き方をマスターしてきた。
 以前にくらべ、サッと解けるようになってきている。
 そろそろ、問題のレベルを上げるか?

 一人だけ×××の子がいる。
 面倒くさい問題になると、とたんにテンションが下がる。
 この子だけ。
 残りの子は、ていねいに解く。
 難しいといっても、一つずつやっていけば簡単。
 その作業を継続できるかどうかがポイント。
 その子以外は、かなり育ってきている。
 難問を解く「回路」ができてきている。

 ◆鑑賞
 4校時は、作品展鑑賞の時間。
 ※あらかじめ、割り当てられている。
 A小の場合、体育館だけではない。
 平面作品、家庭科の作品は校舎。
 見て回ると…たっぷり1時間かかる。
 それも、じっくり見てではない。

 ノートを持って行く。
 氣づき、学びを書く(メモする)。

 個人的には、2年生の「グルメタウン」がよかった。
 おいしそうなものばかり。
 おなかがすいてきた(笑)

 わがクラスの「エコ万華鏡」は、すべて手にした。
 すべて、のぞいてみた。
 普通の万華鏡にくらべ、移動に時間がかかる。
 おもしろかった。

 明日も、鑑賞時間がある。



 ◆給食
 今日も、遅くなる予感あり。
 献立が…
 準備も、9分近くかかった。
 子どもたちが、ちょっと苦手な献立?
 定刻に、「ごちそうさま」できず。
 今日は、みかんの皮がよくなかった。
 いつもは、ていねいに皮をむく。
 一筆書きのように、皮一枚。
 今日は、ばらばらにした子がいる。
 意識が低いと、ばらばらになる。
 これが、本当の未完。

 ◆掃除
 昨日は区小研。
 教師による掃除がなかった。
 今日は、ほこりが多い。
 やはり、毎日きちんとやる意味がある。
 見る人が見れば、大きな違いがわかる。
 教室掃除の子どもたちには、細部をきれいにするようにいう。
 まだ、目がいかないところである。
 「細部に目がいく」ようになると、育ってきた証拠。
 人の細部に目がいくのは、育っていない証拠。
 ※「細部のよい点に目がいく」のは、育ってきた証拠。

 ◆昼休み
 私は、引き続き教室を掃除する。
 まだ、ゴミが出る。
 1日やらないと、こうなる。
 何日もやらなかったら…
 1週間やらなかったら…
 1ヶ月やらなかったら…
 教育は、「毎日行う」ことが大切。

 ◆読書タイム
 読書。

 ◆百人一首
 ★一人百人一首
 黄札20枚。
 ここまでマスターすると、60首。
 3分の2をマスターしたことになる。

 ★百人一首リーグ戦
 黄札。
 青赤札。

 ◆作品展を鑑賞して
 鑑賞したことを、新聞にまとめる。

 ◆テストを活かした学習
 ・社会
 ノートにまとめを書く。
 ・理科
 理科は、答え合わせのあと説明させる。
 基本的は言葉が、わかっていない子がいる。
 昔の子にくらべ、極端に語彙が少ない。
 たとえば、「つつ」(筒)、「かさ」(嵩)
 わかる子に説明させる。
 そのあと、私が解説。
 他の問題も、解説を書かせる。

 ◆帰り
 今日は、きちんと帰りをしめる。
 掃除のことについて話す。
 いつも、放課後私が掃除をする。
 まあまあきれいな班と、すごくゴミが出る班がある。
 机の上に消しゴムのかすがある班がある。
 役割分担して、掃除をする。
 (例)
 ・床を掃く。
 ・ぞうきんで、机を拭く。
 ・ロッカー整理
 ・その他
 6人で役割分担する。

 今日は、掃除→帰りの支度→班ごとに「さようなら」
 とした。
 いつもは、教師のところに来て「さようなら」。
 今日は、班のところで(教師の方を向いて)「さようなら」。

 靴をそろえようと思い、下駄箱へ。
 ちょうど、子どもたちが放課後遊びを終え帰るところだった。
「手伝って」
 声をかける。
 このときの反応で、育ちがわかる。
「はい」
 靴のそろえ方を説明。
 6人が、快く手伝ってくれた。
 ときどき、手伝ってもらうのはよい。
 ・手伝って当然
 と考えると、子どもを責める。
 私の場合、毎日黙ってそろえている。
 そろそろ、ちょっと指導しようと思っていたところである。
 「靴のそろえ方」
 悪くはないが、よくもない。
 きちんとそろっている子もいれば、ちょっと乱れている子もいる。
 ※昨日は、乱れた子がけっこういた。
 ●靴そろえ
 ・最後をしっかりしめる。
  移動するとき、イスをきちんとしまうことと同じ。
 ・ものごとの基本中の基本
 など。
 明日にでも、指導しよう。

 ◆打ち合わせ
 放課後は、就学時健診の打ち合わせ。
 私は、知能テスト担当。
 A小に来て、初めての役。
 学校によって、ずいぶんやり方が違うものだ。
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-18 19:39 | あやせん

あやせん 11月17日

  あやせん  11月17日(水)

 連日のハードスケジュール。
 昨日は、とくにきつかった。
 作品展準備あれこれ、実践記録の執筆(2日分)。
 何とか終了。

 作品展準備は、ほとんど終わった。
 実践記録2日分、学校に残って執筆。
 メルマガ5号分を一氣に書き上げた。
 勢いが大事。
 途中でやめると、書けなくなる。

 途中、研究授業した先生にアドバイス。
 ※協議会は、都合により欠席したので。

 よい点をいったあと、課題を提示。
 ・基本
 「聴き手意識」→「誰に向かって、発言するのか」

 家に戻ると、仕事する氣ゼロ(笑)
 力を使い果たしたのだ。
 出がらし状態。
 DVDとテレビを見た。
 『フリーター~』なんとか?
 竹中さんの演技がおもしろい。
 なるほど、こう演じるのか。
 お互いの関係がおもしろい。
 ・一言よけい
 ・一言たりない
 そのため、結果は天と地ほど違っていく…
 人生だな。
 お互いに、相手を責める。
 攻めることで、自分を正当化しているのだ。
 本当は、相手を責めたいのではない。
 自分を認めてほしいのだ。
 なるほど。
 医者の言葉が、的を射ていた。
「お父さんは、向き合うのが恐いのかもしれません」
 こんな言葉だったと思う。
 正対すれば、相手を責めない。
 責めれば責めるほど、相手はかたくなになる。
 「北風と太陽」そのものである。
 自分に置き換えて考えてみた。

 私の場合、親に厳しく育てられた。
 その厳しさは…当時は普通だと思っていた。
 教師になって、10年くらいたったころわかった。
 異常な厳しさだ(笑)
 厳しくされた分、人に対しても厳しかった私。
 「厳しい」基準が、世間と圧倒的に違っていた。
 わかってからは、あまり人を責めなくなった。
 自分の基準で見なくなったからである。


 最近、子どもを責めている(笑)
 反省。

 「作品展モード」終了。
 これからは、落ち着いてできる。

 最近、『水滸伝』にはまっている。
 「教育梁山泊」は、私の理想である。
 若いころ、ある運動に所属していた。
 そこは、「教育梁山泊」になれる可能性を秘めていた。
 しかし…2年もしないうちにこけた。
 代表の器がなかった…
 残念である。
 品よく言えば、「みんなちがってみんないい」金子みすゞの世界。
 新しい教育運動は、それを実現できるか…
 私の場合、本質的に一匹狼。
 子どもたちは、「一頭ゴリラ」の間違いでしょうという(笑)
 『水滸伝』は、おもしろい。

 家内推薦の番組も、ちょっと見る。
 ある俳優さん、女優さんの演技がすごい。
 今までと違う役を見事に演じている。
 いつもはスマート、2枚目を演じる方が…
 どろどろした悪役を演じている。
 うーん、両極だ。
 今週は、「両極」という言葉が出てくる。
 「二極」といってもいい。
 私の実践は、まさに「両極」(二極)である。

 ◆今後の構想
 
 ★学級・学年
 ・2分の一成人式に向けて
 ・「杉渕学級1日公開」に向けて

 作品展が終わると、次は「2分の一成人式」に向けて取り組む。
 学年の先生方と話し合い、詳細を決める。
 今のところ、決まっているのは大枠のみ。

 「1日公開」は、2回予定している。
 ・(予) 1月21日(金)
 授業参観日に、「2分の一成人式」を行う。
 他学年と調整しないと、決定できない。
 ついでに、公開すればよい。
 授業+行事

 ・(予) 2月25日(金)
 こちらは、半分本決まり?
 3月は、予定が詰まっている。
 ここしかない?
 例年、3月下旬に依頼がある。
 終業式直前に参観者あり。

 さて、どうなるか。
 長いリハビリ期間を経て、私らしくなってきた。
 そのとき受け持った学級。
 本来の杉渕学級である。
 おもしろい。
 チケットは、ぴあで(笑)

 ★本
 来春、2冊出版させていただく。
 いずれも、おもしろい本である。
 1冊は、若い人向け。
 コンパクトにまとめてある。
 さらっと書いてあるが…
 例によって、仕掛け絵本。
 ※絵本ではありません。
 裏にたくさんのことが、隠されている。
 どれくらい読み取れるか…
 筆写からの挑戦でもある。

 もう1冊は、ありえない本。
 出版社の英断に拍手。
 売れるかどうかではなく、「出版する意味がある」とのこと。
 ありがたいことだ。
 これまた、おもしろい本である。

 ★講師
 「てつじん倶楽部」をはじめ、いろいろなところで講師を務める。
 そのうち一つは、ライフワークになる可能性がある。
 今まで、私ができなかった部分にメスが入った。
 可能性を秘めた講座である。

 雨が降り出した。

 学校到着。
 仕事をする。

 いよいよ、今日からモードチェンジ。
 平常モード。
 新たな取り組みをスタートする。

 教室へ。
 体育館に行くことを告げる。
 移動がさっとできるか。
 半数がしゃべっている。
 半数は、黙ってきちんと並ぶことができる。
 意識の違いは、態度の違いとなってあらわれる。
 足音も同様。

 体育館へ。
 「エコ万華鏡」の調整。
 手にとって万華鏡を見たとき、名札が邪魔にならないか。
 邪魔になる場合は、貼る位置を変える。

 さて、ここからが本番。
 他学年の先生がいたので、少し待つ。

 ◆体育館班学
 いつもは、教室で班学。
 今日、初めて体育館で班学。
 教室とは大きさが違う体育館。
 いつもと同じようにやると、声が小さく聞こえる。
 育ってきた子は、いつも「体育館の意識」で声を出す。
 教室でも、「体育館にいることをイメージ」して声を出す。
 たいていの場合、人間は場に合わせてしまう。
 無意識のうちに、声量を調整している。
 この「無意識のうちに」がくせ者。
 教育において、多くの場合「無意識」が作用する。
 子どもが育たないのは…
 無意識領域にアタックしていないからである。
 表面的な意識は変わっても、無意識は変わらない。
 だから、すぐ元に戻る。
 教育においては、「無意識」を変えることが必要なのだ。
 すばらしい学級を創っている教師は…
 子どもの無意識を変革している。

 さて、体育館班学である。
 予想通り、貧弱。
 教室ではなんとかなっても、体育館だと馬脚をあらわす。
 子どもたちにいう。
 後ろの壁に声を当てること。
 まだ、意識が低い。
 私から見ると、
 「声を出しているだけ」

 参観者との会話から。
 子どもたちのスピードに驚いていた。
「速いですね」
 そうか?
 私から見たら、まだ話にならないレベル。
 いつも書いているように…
 3つのスピードがある。
 ・心
 ・頭
 ・体
 これら3つがそろわないと、スピードは出ない。
 ある空手の達人の名言。
「スピードがないことを自覚しなさい」
 至言である。
 上には上がある。
 参観者が驚いたのは、身体レベル。
 心のスピードではない。

 話を元に戻す。
 明確な意識を持って、後ろの壁に声を当てる。
 このように思うだけで、声が飛んでいく。

 今後は、体育館での練習が必須である。

 ・あいさつリレー
 ・あいさつ
 ・返事
 ・音読
 ・歌

 体育館で試す。
 なるほど。

 教室に戻る。

 あいさつリレー、あいさつ。

 ◆教室班学
 「体育館にいると思って、声を出そう」
 この意識ができると、次に進むことができる。

 私の場合、いつも参観者がいる。
 イメージで、参観者をつくるのである。
 ・師匠が見ている。
 厳しい目で観察される。
 師匠に見られると、支障がある。
 ちょっと調子が悪いときは、自分と同等の実力を持った人をイメージ。
 調子が悪いときは、熱心な若い人をイメージしている。
 だから、氣を抜かない。

 いつもより声が出ている。
 しかし…私の基準ではまだまだまだ。
 もっとできる。
 まだ、内なるエネルギーが眠っている。

 ◆絶対的な基礎
 ★なんこれ!
 えんぴつの音がいい。

 ★10マス計算 三種盛り
 やはり、たし算が速い。
 ひき算も、スピードがついてきた。
 そろそろ、また「トライアスロン」をやらせるか。

 ★あまりのあるわり算
 トップレベルの子は、3秒でできるようになった。
 すごい速さである。
 制限時間も、10秒に変えた。
 ようやく、戦闘モード。
 今までは、お遊びだった。
 研修期間が終わり、いよいよ正社員。
 このところ、急成長している。

 100題連続、最速の子は1分。
 すごい。
 2分切りでもすごいのに、その半分。
 驚異的な速さである。

 ★漢字100問テスト
 釘を刺す。
「私が認めなければ、タイムは認定されません」
 3分ちょっとでできる子は、驚異的にすごいか、字が雑か。
 どちらかである。
 ていねいに書いて5分弱がよい。
 速さを求めると、無意識のうちに雑になる。
 今日は、時間をたっぷり使う子が多かった。

 ★リズム漢字  「書き」
 100問テストより、40多い。
 難度は高い。
 私は練習不足。
 5分でできない。
 ものすごい集中力を要する。
 毎日やったら、おそろしいほど力がつく。
 子どもたちは、平然と取り組んでいる。
 どんなにすごいことをしているか…
 彼らは知らない(笑)

 ★リズム漢字  「読み」
 終わった子から、音読。

 ◆社会
 「テストを活かした学習」
 最近開発中の実践。
 ・班学で行う。
 ・テストの問題を解く→わからないところを調べる
 という感じである。
 訊きに来ないと、教えない。
 来た場合
 ・指示…○ページを読んでごらん。
 ・ヒントを出す。
 ・教える。
 粗くいえば、3パターンある。
 今日は、「縮尺」「等高線」などに苦戦していた。
 それはそうだろう。
 まだ、学習していないのだから。

 終わったら、ノートにまとめを書く。

 ◆10分休み
 百人一首 黄後半の10枚を印刷する。
 あとで氣づいたのだが、切れてしまったところあり。
 いつもは、縮小して印刷する。
 今日は、無意識のうちに等身大で印刷してしまった。

 10分だと、すぐに休み時間が終わる。
 うーん、短すぎる。

 ◆百人一首づくり
 私の計画より、若干遅れている。
 年内に、できたら80枚までいきたい。
 現在、50首。
 まだ、30ある。
 最近は、記憶力がよくなってきた。
 まあ、何とかなるだろう。
 学校用、家用、2枚配る。
 ・あまり紙をきちんと捨てる→資源ゴミ用の袋に入れる。
 ・覚えながら切る。
 育っていない子は、切るだけ。
 余計なことをしゃべる。
 育ってきた子は、覚えながら切る。
 この差は大きい。
 実力とは、「時間活用力」でもある。
 時間は、誰もが共通。
 限られた時間をどう使うか。
 百人一首づくり一つとっても、力の差が出る。

 札に番号をつけさせる。

 ★ひとり百人一首
 私が読む。
 それを取る。
 もう、上の句でとれる子がいる。
 ・五色百人一首を個人購入→予習している。
 ・学校で、予習している。
 ・切りながら覚えた。
 三層にわかれる。

 ◆理科
 「テストを活かした学習」
 といっても、「まとめ」のテスト。
 すべて、学習済みの内容である。
 10分かからないでできた。
 ・テストに解説を書いていく。
 ・ノートにまとめる。
 などなど。

 ◆算数
 「テストを活かした学習」
 教えない授業。
 「自ら学ぶ」
 かっこいい言葉である。
 しかし…実現となると難しい。
 基礎ができていない場合は、無理。
 世間で言われる「自ら学ぶ」は、程度が低い。
 いや、低すぎる。
 私の考える「自ら学ぶ」は、かなり違っている。
 「テストを活かした学習」は、アプローチの一つ。
 私が狙っているのは、今ではない。
 これからいろいろなことがある。
 火種をつくっているのだ。
 いつ発火するかわからない。
 決して消えることのない火。
 何かあったら発火するように。
 今よくても、担任が替わったら元通り。
 よくある話である。
 ※ある意味、仕方がないこと。

 『面積』の学習スタート。
 わからないところは、教科書で調べる。
 教師に訊きに来る。

 後半は、難問。

 ★どん難問だい!
 いつものように、1問ずつ出題。
 最初の問題が、難しい。
 というより、面倒くさい。
 2~4は、割と簡単。
 5が難しい。

 ◆給食
 今週は、準備が遅い。
 7分台が出ない。
 会食も、いまいち。
 3日目だが、定刻に「ごちそうさま」できた日はゼロ。
 危機的状況。

 ◆掃除
 簡単清掃の日だが、私の学級は平常通り。
 きちんと掃除させる。
 ただし、いつもより時間を短縮して。

 午後は、区小研。
 早めに下校させる。
 
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-17 19:38 | あやせん

あやせん 11月16日


  あやせん  11月16日(火)

 昨日は、「1日公開」だった。
 さすがに疲れた。
 コンディション不良の中、よくがんばった思う。
 協議会は、居酒屋で。
 11時から飲める(笑)
 もちろん、休暇を取っている。
 3:30から協議会&懇親会。
 7:00過ぎまで飲む。
 家に帰ったのは、9:00。
 飲み会があったに、あり得ない時刻である。
 今日も、早めに寝る。
 それほど飲んでないのだが…
 コンディションがよくないので、まわったようだ。
 今朝は、酒が残っていた(笑)

 電車の中は、半分以上寝ていた。
 疲れがたまっている。
 私的な方は、昨日で一段落。
 原稿をわたした。
 公開授業が終わった。
 公的には、作品展準備が残っている。
 まだ、氣を抜くことはできない。
 しばし、車中で休息。

 途中、朝食を取る。
 2日連続、カツカレー。
「朝から、カレー食べるんですか?」
「食べます」
 もともと、カレーは大好き。
 イチロー選手のドキュメンタリーを見て、ますます好きになった。
 当時のイチロー選手、朝食はカレー。
 ※今は、うどん、そーめんらしい。
 朝食は、氣分によって変える。
 食べないときもある。
 今日は華麗に行こうということで、迷わずカレーを選択。
 イチロー選手と違うところは、カツカレーが大好きというところ。
「カツカレーなんて、考えられないですね」(イチロー選手 談)
「カツのないカレーなんて、考えられないですね」(杉渕 談)
 「カツ」は、克つであり喝でもある。
 無理なこじつけでした(笑)


 学校到着。
 仕事をする。
 ・作品を教室に運ぶ
 ・職員室前の作品を取る。
 ・その他いろいろ
 早くきた子に、手伝ってもらった。
 学校全体が、「作品展」モード。

 教室へ。
 ◆あいさつリレー&あいさつ
 すでに終わっていた。
 班学の最中だった。

 ◆班学
 イマイチの班あり。
 今日は、指導を入れよう。

 ◆ひと班学
 「返事」目でつなげるようになったが…
 その分、テンポが遅い。
 今の感じで、テンポを上げるとよい。
 そろそろ、指導を入れよう。

 ◆作品展準備

 ★立体
 立体作品に貼る名札をつくる。
 今回は、ちょっとこだわる。
 違う紙に下書きをする。
 合格しない子は、次に進めない。
 「字のていねいさ」を中心に見る。
 今回再度教えたのは、バランス。
 4文字の場合、3文字の場合、5文字の場合などなど。
 横書き。
 中心をそろえるのは難しいので、下をそろえるように指導した。
 「エコ万華鏡」に名札を貼る。
 ※作品展示は、3校時。
  4年生は、3校時と指定されている。

 ★絵をつなげる
 絵をつなげる。
 4枚ワンセット。
 男女別、出席番号順にセットをつくっていく。
 終わった子は、自習。
 各人個人学習のはずだったのだが…
 班学をしているところもある。
 まあいいだろう。
 8人に手伝ってもらい、展示場所へ。
 2回のクランク。
 目立たないところである(笑)。
 絵を貼る。
 手伝ってもらったので、5分ほどで貼ることができた。

 最後に、ちょっとだけ掃除。

 ◆20分休み
 教室を掃除する。
 昨日は、6校時終了後すぐ協議会。
 そのため、掃除ができなかった。
 今朝も忙しく、掃除ができなかった。
 やはり…かなりゴミが出た。

 ◆社会
 昨日の続き。
 「テストを使った学習」。
 教えない型の授業である。
 子ども自ら学習する。
 わからないことだらけ。
 昨日はその典型だった。
 ・言葉がわからない。
 ・比喩がわからない。
 問題がわからないのではない。
 それ以前のことが、わからないのだ。
 「できない」「わからない」は、分析する必要あり。
 世に言う「できない子」「わからない子」は、分類されていない。
 十把一絡げにされている。

 わからないところは、訊きにくる。
 くれば教えるのが私流。
 ある授業で、ていねいすぎるくらいに教える。
 ある授業では、不親切この上ないくらいに教えない。
 「両極の授業」である。

 3校時終了15分前。
 作品を並べにいく。
 まだ、歩行が下手な子がいる。
 足音を立てる。
 特に階段。
 ・膝の使い方
 ・つま先の使い方
 などができないと、余計な音が出る。
 「余計な音を出さない」
 基本中の基本である。

 作品を並べる。
 わかりやすいように、名簿順に並べる。
 ちょっと一工夫を加える。
 「エコ万華鏡」は、普通の作品とは違う。
 手にとって、中を見ることができる。
「あなたの未来が見えますよ」

 作品を微調整する。
 私が教室に戻ると…
 何もしていない班学がある。
 ・帰ったら学習
 いつものこと。
 ・女子に指示
 先に帰った女子には、「戻ったら学習するように」
 指示しておいた。
 それにもかかわらず、学習していない班がある。
 ありえない。

 当然のことながら、3~4校時の休憩時間?はなし。
 しなかった分学習する。
 このへんは、徹底している。
 ※その代わり、チャイムと同時に授業を終える。
  授業を延ばすことはほとんどない。
  子どもは伸ばすが、授業伸ばさず。

 ◆算数
 子どもたちに任せる。
 2年次研の研究授業を参観。

 子どもたちは、昨日の続き。
 ・「テストとを使った学習」
 ・どん難問だい!

 前半は、「テストを使った学習」。
 『立方体と直方体』の学習。
 班学。

 後半は、難問。
 ある子に、仕切りを頼む。
 いつものように、1問ずつ出していく。
 ほとんどの子ができたら、次の問題を出す。
 わからない子には、教える。

 しっかりやっていた。
 ※途中一度立ち寄る。
  最後5分というところで、教室に戻った。
  きちんとやっていたかどうか、すぐわかる。
  教室に入ると、もっとわかる。

 ★研究授業
 『人間よ、宇宙人になれ』
 私が嫌いな教材(笑)
 「意見交流」の授業。
 いわゆる軽めの討論。
 ●よかった点
 ・クラスがまとまっている。
 ・学習しようという姿勢がある。
 ・まとめを一生懸命書いている子が多い。
  一部の子は、えんぴつの音がよい。

 若い先生だが、きちんと子どもを掌握している。
 当たり前のことだが、大切なことだ。
 最近、これができない教師が急増。
 掌握できていれば、学級崩壊などありえない。

 子どもの一生懸命な姿。
 美しいな。
 「書く」時間が一番よかった。
 特に一部の女子の集中力は、すばらしかった。
 このような場面を増やしていくとよい。
 しかし…このよさに氣づいた人が何人いるか…
 「学級の育ち」が見える場面である。


 課題も、たくさんある。
 基本的なことが、できていない。
 もっと、きちんと教える必要がある。
 私の場合、進んではいわない。
 まあ、いろいろあるので(笑)
 聴かれたら、教える。
 このスタンスは、変わらない。
 ただし、わからない人には言わない。
 時間の無駄なので。
 その人の「半歩先」だけをアドバイスする。
「もっと教えてください」
 教えても…できない。
 大切なのは、目の前。
 今の5分を大切にできない人は、1時間を大切にすることはできない。

 ●これからの点
 ・基本的な声が小さすぎる。
  聞こえない。
 ・話し手の意識が低い。
  「誰に向かって」話しているのか。
  書いたものを読んでいる。
  下を向いている子がほとんど。
  聴き手を見る。
 ・アピールできていない。
  ただ読んでいる。
  何を言いたいのか。
  思いが伝わってこない。
 ・聴き手で、話し手を見ている子が少なかった。
 ・「交流」について、基本的なことを勉強したらどうか。

 ◆給食
 準備に時間がかかる。
 昨日もそうだったが…
 ご飯配りの子が、すごくていねい。
 その分時間がかかる。
 これでスピードがついたらすごい。
 売り上げナンバーワンになれる(笑)
 準備終わった子、待っている子。
 何もしない子がいる。
 普段は、学習して待っているのだが…
 それができない子がいる。
 このへんも、定期的に指導しないと崩れる。

 準備を見れば、会食の状態が想像できる。
 そして、「ごちそうさま」が大幅に遅れることも…
 「先が見える」には、2つある。
 ひとつは、超能力。
 限られた人だけが持つ不思議な力。
 ひとつは、修練により身につけた力
 見ると、「先が見える」。
 私の場合は、後者。

 案の定、会食状態がよくない。
 絶対に終わらない。
 10分オーバーは確実。
 はたして…その通りになった。

 A小は、休み時間と掃除時間が混在している。
 ※いっしょ。
 半分の子は、掃除。
 半分の子は、休み時間。
 となっている。
 どう考えても、おかしな時程。
 私のクラスは、全員掃除。
 終わったら、全員で遊びに行く。
 しかし…ご「ごちそうさま」が遅くなると、これができない。

 ★食器の返し方
 今日は、チェックする。
 こういうときは、食器の状態もよくない。
 基準は、私のお皿である。
 「できるだけきれいにして返す」
 礼儀である。
 感謝の氣持ちをあらわすのは、言葉ではない。
 「完食」という事実である。
 食器、牛乳パックをきれいに整頓して返すという事実である。
 このような行動がバックにあれば、言葉は力を持つ。
「おいしかったです」
 といっても、大量の残飯があったら…
 
 ・感謝の氣持ちは、行動であらわす+言葉
 ・礼儀…完食、食器をきれいにして返す

 ×だったのが、食器を重ねてくる班。
 一つずつ見ると…ひどい…
 一人で持ってくる子にくらべ、10倍汚い。
 明日から、「重ね」は当分禁止。
 
 ★当番の確認
 ・教室掃除
 ・少人数教室(2階)
 ・少人数教室(3階)
 役割を確認。

 ◆掃除
 スタート。
 いつもより、10分遅れ。
 今日は、私は手伝わない。

 教室掃除は、なかなかよい。
 「静掃」になっている。

 早く終わっても、だめ。
 今日は、時刻まで掃除。
 たっぷり時間があるので、ロッカー掃除も。
 ※各人自分のロッカーをきれいにする。

「遊びに行っていいよ」
「先生-!あと30秒しかないじゃなですか」
「いや、45秒ある」
「変わらないじゃないですか」
 いつもの会話。
 ※漫才のネタではありません。

 根性がある子は、遊びに行く。
 すぐにチャイムが鳴る。

 その子が戻ってきた。
「早かったね」
「玄関(昇降口のこと)で、チャイムが鳴りました」

 ひさしぶりの昼休みなし。
 最近では、記憶にない。
 30年ぶりか?


 ◆読書タイム
 少人数教室掃除の子から、うったえあり。
 掃除がいい加減になっているという。
「私たちがもう一度掃いたら、すごいゴミが出たんです」
 なるほど。
 当番全員を呼び、話をする。
 ・一度掃くだけではきれいにならない。
 ・掃き方が雑だと、ほこりが宙に舞い上がる。
  そのほこりが、掃き終わったときに落ちてくる。
  だから、掃いたのにきれいにならない。
 ・一度に5~6人で掃くのではなく…
  ペアで掃く。少ししたら、また違うペアが掃く。
  このように、3段階で掃くのはどうか。
 などなど。
 今回は、教える指導。
 「教える」は、必要感があるときがよい。


 思うところあり、モードチェンジをはかる。
 予定では、来週の月曜日にモードチェンジ。
 それを早めた。
 「作品展」準備がだいたい終了。
 音楽会などと違って、本番はない。
 準備したら、終わりである。

 ◆総合
 久しぶりに、百人一首を行う。
 最初は、班で行う。
 今まで覚えた札をすべて使う。
 青…20枚、赤…20枚、黄…10枚の計50枚。
 ちょうど半分。
 前半の山場である。

 50枚で、どのくらいできるか。
 試してみた。

 さすがに…
 いつものようにはいかない。
 しかし、上の句で取っている。
 なかなかいい。

 終了。
 全員、教室の後ろに並ばせる。
 取った札が多い子から、上位のリーグになる。
 一番取った子は、21枚。
 取れなかった子は、2枚(笑)

 ★リーグ戦
 ひさしぶりのリーグ戦。
 青札。
 次は、赤札。
 その次は、黄札。
 一通りやったところで、次に進む。
 青札10枚。
 半分だけ読む。
 試合時間の短縮になる。
 赤札10枚。
 黄札は、そのまま10枚。

 最後は、青20枚、赤20枚、黄10枚合計50枚でおこなう。
 時間はかかるがおもしろい。

 そろそろ、黄札の11~20を配ろう。
 年内に、次の色まで進みたい。

 ◆クラブ
 今日は、卒業アルバムの撮影。
 作品展準備のため、体育館が使えない。
 一部のクラブは、活動できないのでは?

 放課後は、
 ・教室掃除
 ・作品展準備

 学校に残り、記録を書く。
 昨日書けなかった分、しっかり書く。
[PR]
by sugitecyan | 2010-11-16 21:23 | あやせん



実践の記録
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Order butalb..
from Butalbital pha..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Azithromycin.
from Azithromycin.
Naked women.
from Free naked wom..
Buy cheap am..
from Buy ambien onl..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Citalopram.
from Citalopram.
Buy terbinaf..
from Buy terbinafine.
Buy fioricet.
from Buy fioricet.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧