全力教室

<   2009年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

あやかぜ 3月25日


  あやかぜ  3月25日(水)

 今日は、卒業式。
 予報は雨だが、今は晴れている。
 何とか、午前中持ってくれるといいのだが…
 
 A小は、1~5年生全員で6年生を出迎える。
 門出のような形で並び、6年生を迎えるのである。
 5年生の代表が、卒業生に花をつける。
 それから、6年生が並んで昇降口まで。
 みんなで拍手。

 ということで、あまり準備時間がない。
 声出しをしなければ。
 クラスごとに声出し。
 その後、学年で声出し。
 いまいちなので、氣合を入れる。
 本番直前の緊迫感がほしい。
 WBC決勝を見ただろ!(笑)
 あのイチロー選手のプレッシャーである。
 鈍感な人は、プレッシャーを感じない。
 声が出てきた。
 歌の途中で、時間切れ。
 
 式場へ。
 6年生も同時に移動。
 はやすぎるのでは?

 ◆卒業式
 準備万端だったのだが…
 来賓入場が、8分遅れた。
 きちんとしていたのだが…
 残念。
 
 入場。
 『国歌』、『校歌』。
 証書授与。
 式辞、告示、来賓あいさつ…
 スタミナがない子は、体揺れる。
 あくびを連発する子もいる(笑)
 ※少数
 このへんが、課題である。

 ようやく、呼びかけ。
 5年生は、歌声がきれいだった。
 呼びかけは、めいっぱい声を出していた。
 食べ物が違う(笑)
 立派に役目を果たせたと思う。

 途中から、雨が降り出す。
 もたなかった…

 ◆門出
 雨のため、校舎内での門出。
 みんなで、6年生を送り出した。

 ◆かたづけ
 その後、体育館へ。
 いすと楽器、花をかたづける。

 すべての仕事終了。

 いろいろあったが…
 自分なりに精一杯やった1年だった。

 ◆職員打ち合わせ

 ◆親睦会
 6年生と退職される方を祝う会。
 
 終わってから、仕事。
 疲れ切っているので、仕事がはかどらない。
 しかし、今日ある程度しておかないと、明日から苦しくなる。
 ・出席簿
 ・時数計算
 ・生活指導関係の仕事
 ・その他いろいろ
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-25 19:14 | あやかぜ

あやかぜ 3月24日


  あやかぜ  3月24日(火)

 修了式。
 ようやく、ここまでたどり着いた。
 5年生は、6年生を送り出す仕事がある。
 きちんとした、学級じまいはできそうにない。

 ◆修了式
 今日は、介添え役をつとめる。
 学年代表が、修了証を受け取る。
 その補助である。

 生活指導主任として、話をする。
 「春休みの生活」についての話である。


 ◆あいさつ

 ◆班学

 ◆あゆみ
 あゆみをわたす。
 このときも、返事+今日の一言
 来年度への布石である。

 ◆まとめ
 ・卒業式に向けて
 ・春休みの過ごし方
 ・6年生に向けて

 ◆来年度に向けて
 ・先輩と歌う 『旅立ちの日に』

 ◆大掃除

 ◆式場づくり
 いすをぞうきんで拭く。
 いすを並べる。

 今日は、給食なし。

 午後は、職員による式場づくり。
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-24 19:13 | あやかぜ

あやかぜ 3月23日


  あやかぜ  3月23日(月)

 今日は、1日公開授業と予行。
 どちらも、大切なことである。
 終局でもあり、今後の布石でもある。
 今後を占う大一番がはじまる。

 三連休明け。
 多くの子は、コントロールできるようになってきている。
 心が、体をコントロールするのである。
 少数の子は、体をコントロールすることができない。
 この差は、大きい。
 ものすごく目立つ。

 ◆全校朝会
 「1分間のあいさつしどう」も、今日で終わりである。
 今日は、6年に向かってあいさつをさせる。
 対面形式で、あいさつ。
 
 教室へ。
 1日公開の始まり。
 1日後悔か、航海か、はたまた、更改か?

 三連休明けなので、あいさつから入る。
 ※ふだんは、「班学」からスタートする。
 ◆あいさつ
 ・あいさつ35連発
 ・あいさつ
 体全体を使ってあいさつする子が多い。
 そうしないと、声が出ない。
 自然に、体を使うようになってきている。

 ◆班学
 続いて、班学。
 新メニューの班学である。

 ◆斉学
 ・呼びかけ
 ・圧倒声…『はたはたのうた』『大漁』『八郎』
 ・漢字復唱読み
 ・超高速読み
 ・表現読み 『ひろがる言葉』2~6年
 ・表現読み 『わたしと小鳥とすずと』
 ・歌

 ◆発見の授業
 『わらぐつの中の神様』
 プリントを配る(P12)
 いよいよ、クライマックス。
 大工さんの台詞である。
 ・大工さんの見方 「じょうぶでいいわらぐつ」
 ・おみつさんの見方「ぶかっこうなわらぐつ」
 2つの見方を比較させる

 「仕事」について
 「仕事のよしあし」

 リンクさせる。
 自分のこととして考えさせる。
 「卒業式にのぞむ自分」

「見かけは悪くてもいいのか?」

 自分の思いを、言葉にする。
 「返事+一言」

 ◆学年合同授業
 「卒業式に向けて」の練習。
 主任の先生と音楽の先生が、指導。
 ・態度面
 ・流れの確認
 ・順序通りに練習
  入場
  『国歌』 『区歌』
  呼びかけ
  『校歌』
  退場
 三連休明けなので、声量がもう一つ。
 午後になれば、もっと出るだろう。
 私は、姿勢を指導する。
 ※主に、リコーダー演奏の姿勢。
 呼びかけ、語尾がのびる。
 代表の子を指導する。

 ◆給食


 ここで、もう一人の参観者登場。
 すでに授業は終わっている(笑)
 それでもくるところがすごい。
 根性が違う。
「だって、『来たかったんです』」
 負けました(笑)

 ということで、特別授業。

 呼びかけと歌を見ていただくことにした。
 午後になり、体が温まってきた。
 午前中より、よくなった。
 特に、歌はよくなった。
 ここにきて、ようやく声がそろってきた。
 今までの歌と、響きが違う。
 レベルが違う。

 ◆予行
 5年生の態度は、立派だった。
 6年生も、よかった。
 歌がいい。
 口がよく開いている。
 表情がいい。
 このような6年生は、滅多に見ることができない。
 とくによかったのが、5年生、6年生掛け合いの歌である。
 ※『With You Smile』
 天井で声が混じり合う。
 バトンを渡すもの、受け取るもの。
 受け渡しの瞬間、場の空氣が変わる。
 本番は、もっともっとよくなるだろう。
 思わず、職員から拍手。

 ◆反省会
 予行の反省会。

 ◆協議会&懇親会
 休暇を取って、会場へ。
 協議会&懇親会。
 私が到着する以前に、すでに2時間以上やっている(笑)
 岡山の人の終電まで、会は続いた。
 7:30ころお開き。
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-23 19:12 | あやかぜ

あやかぜ 3月19日


  あやかぜ  3月19日(木)

 教室へ。
 開始2分前。

 ◆班学
 8:30から、班学開始。
 悪くはないのだが…
 全力ではない。
 ある班の男子の口が動いていない。
 3回見て、同じだったら注意する。
 厳しく注意。
 
 ときどき刺激を入れないと、濁ってくるのが人間。
「全力出した人」
 挙手したのは1人だけ。
 声、雰囲氣などで、わかる。
 常に全力を出していないと、力は落ちる。
 力を向上させるためには、120%出す必要がある。
 
 ◆班学 2
 全力を出さない練習は、練習になっていない。
 仮想グループをイメージすることを、教える。
 すごい班をイメージするのである。
 その班とくらべると、自分たちの班はたいしたことがない。
 もっと力を出さないと、追いつかない。
 実際に相手がいなくても、仮想ライバルをつくる。
 その相手と競争するつもりで練習する。
 これが、伸びるコツ。

 ちなみに、私は仮想参観者をつくる。
 調子がいいときは、師匠が参観している。
 ふつうのときは、自分と同レベルか、少し上の人が参観。
 調子が悪いときは、若手教師が参観(笑)

 ◆体育
 『サッカー』
 ゲーム。
 さっと準備し、さっと始めることができる。
 給食準備にくらべると、圧倒的に早い(笑)
 同じ人間とは思えない(笑)
 1ゲーム 5~7分
 男子対女子のゲームもおもしろかった。
 男子4人に対し、女子は10人くらい(笑)
 途中から、どんどん入っていく。
「先生、多すぎますよ」
「数えてみるぞ、1、2、3、4、4人しかいないじゃない」
「同じだよ」
「えーーっ」
「負けたら、給食なしね」(笑)
 必死になる男子4人。
 結果は、1対0で勝利。

 かたづけも、スムーズにできた。
 給食だけがのろい。
 のろいではく、呪いだな。

 ◆発見の授業
 『わらぐつの中の神様』
 大工さんが、市のたびにわらぐつを買ってくれる場面。

 ◆合同音楽
 毎回、いすと楽器を持っていく。
 これだけでも、時間がかかる。
 今日は、大太鼓、バスマスターなどを体育館に入れる。
 ※ワックスがけのため、外に出しておいたのである。
 20分休み後ということもあり、心構えができない子がいる。
 練習がスタートしたのが、11:02。
 すでに15分以上経過している。
 音楽の先生が指導する。
 ★本番の順番通りにおこなう。
 ・入場曲 『祝典行進曲』
 合わない、音が汚い…
 練習していくうちに、だんだんよくなってきた。
 いい音になるまでに、時間がかかる。
 今日よくなったのは、「指揮者を見る」ことである。
 見る子が、増えてきた。
 足のポジション、足の役割を教える。
 足がきちんとしていないと、すべてが狂ってくる。
 強弱の練習、メリハリをつける練習。
 演奏を途中でやめる。
 指揮者がタクトを下ろしたら、演奏をやめる。
 ・『国歌』
 ・『区歌』
 氣をつけないと、地声になりやすい。
 ★呼びかけ
 ある学級で休んだ子がいる。
 代理の子が、間違えたり、うまくいえなかったりした。
 これが普通である。
 わがクラスも一人休み。
 代理の子は、代表以上によかった。
 「全員が、呼びかけ全部を覚えている」からだろう。
 若干、修正したい部分あり。
 ・『旅立ちの時』
 声がそろい、きれいに響くようになってきた。
 ターボボイスもよい。
 ・『With You Smile』
 ある部分の練習。
 ソプラノだけ
 アルトだけ
 合わせる。
 ・『校歌』
 これも、意識しないと地声っぽくなる。
 そうすると、最後盛り上がるところで、声が十分でない。
 このへんを、修正する。


 ◆給食
 パイプいすを体育館に戻すため、給食当番のみ帰る。
「先生、3分で準備できました」
 いつもより、かなり速かったことは確かである。

 ◆掃除

 ◆卒業式合同練習
 ほぼ「予行」という感じだった。
 違いは、司会5年の学年主任だというところ。
 単独の練習より、緊迫感があっていい。
 
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-19 22:47 | あやかぜ

あやかぜ 3月18日


  あやかぜ  3月18日(水)

 ◆朝の打ち合わせ
 ・「開かれた学校づくり協議会・懇親会」
 ・その他

 ◆学年合同授業
 歌と呼びかけの練習。
 『区歌』
 ★『With You Smile』
 細かい点を指導する。
 まだまだ、雑。
 語尾をふわーっと広がるようにする。
 これができると、驚異的にうまくなる。
 ※その分、難度が高い。
 微妙に変化させていくので、コントロールが難しい。
 パートごとに練習。
 ソプラノがよくなってきた。
 アルトは、ソプラノの歌い方になっている。
 サブの歌い方ではない。
 見本を見せる。
 マイルドに歌うと、ぐんとよくなる。
 今、取組中。
 ★『旅立ちの時』
 歌詞を間違えないように。
  1回目 ただ一人歩こう
  2回目 抱きしめて歩こう
 不安定な子がいる。
 だから、この部分だけ声量が落ちる。
 引き続き、語尾をていねいに歌う。
 ターボボイス。
 ラララの部分は、ちょっと押さえきれいに歌う。
 メリハリをつける。
 
 ★呼びかけ
 声は出ている。
 響きを意識させる
 代表だけで、1回練習。
 代表だけでも、かなりの声量。

 ◆班学

 ◆呼びかけ(学級バージョン)
 代表以外の子が活躍する場。
 一人ずつ台詞をいう。

 ◆先輩に挑戦
 歴代杉渕学級卒業式のビデオを見る。
 いっしょに歌う。
 来年度をイメージさせる。
 ・一人一言
 を見る。
 声が出ている。

 ★返事と一言
 昨日よりは、ぐんとよくなった。
 十分声が出ていない子、3人。
 一言で、詰まってしまった子もいる。
 「返事+一言」は、簡単なようで難しい。
 連続技となると、難度が上がる。

 ◆班学 2
 新しいメニューづくり。

 ◆理科
 テストとまとめ。

 ◆算数
 「5年生のまとめ」。

 ◆社会
 まとめ。

 ◆新年度に向けて
 ・前日準備 役割分担
 ・入学式関係 役割分担
「先生が決めてください」
 ・どんな仕事でもおこなう。
 ・文句を言わない。
 という前提がある。
 このへんは、大きく変わってきている。

 子どもたちに決めさせるべきこと
 教師が決めてしまっていいこと
 このへんの見極め、バランスが難しい。

 ◆リコーダー
 リコーダーのテストと指導。
 一人ずつ読んで、演奏を聴く。
 その子にあったアドバイスをする。
 ・タンギング
 ・指使い
 ・運指
 ・息の入れ方
 ・音と音の間の音
 ・その他
 一人ひとり見ることにより、その子の問題点、課題がわかる。
 →それを指導する。
 次の一手を示すのである。
 このくり返しで、上達する。
 何も考えない練習は、しないよりまし程度。
 あるところまでいったら、上達が止まる。
 特に、音に対する意識がないとダメ。
 
 ◆給食
 まだまだ…
 この学級の3大弱点
 ・給食準備がおそい(黙ってできない)。
 ・家庭学習ノートを出さない。
 ・汚い。
  ※机の周りにゴミが落ちていても氣づかない。
 このうち、「汚い」はかなり改善されている。
 前にくらべると、ほとんどゴミが落ちていない。
 しかし、前者2つは、全然できていない(笑)
 まあ、いいか(笑)

 ◆掃除
 次のようにわかれる。
 半分以上が、「体育館の外周」掃除。
 ・教室…先生
 ・図書室…各班1人ずつ
 ・階段…各班1人→3~4人は、体育館外周掃除へ。
 ・体育館外周…教室当番、給食当番+α

 放課後、開かれた学校づくり協議会&懇親会
 町会長さんたちが、喜んでくださった。
 ダイレクトに話せるのがいい。
 4つの分科会にわかれて、1時間話し合った。
 話題がとぎれることがなかった。

 ◎放課後残って、体育館の外周をきれいにしてくれた子がいる。
 昨日に引き続き、掃除してくれた。
 昨日と同じ子もいれば、違う子もいる。
 △サッカークラブのお別れ試合、その他いろいろあって…
 子どもたちの落ち着きがない1日だった。
 いつもとくらべ、上履きが乱れていた。
 いつもできることが、こういう状況になるとできない。
 まだまだ、育っていない。
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-18 22:46 | あやかぜ

あやかぜ 3月17日


  あやかぜ  3月17日(火)

 2日目。
 休み明けの昨日より、パワーアップしていることだろう。

 ◆朝の打ち合わせ
 ・5、6年合同練習
 ・式場清掃…5年生が体育館を掃除する。
 ・カウンセラーの先生、最終日。
 ・サッカーゴールの事故について→対策

 教室へ。

 ◆班学
 8:30から、班学開始。
 そろそろ、メニューの見直しをした方がいい。
 
 ◆あいさつ35連発
 1周したところで、ストップをかける。
「全力を出した人」
 久しぶりに、聴く。
 全力でない子が、いたからである。
 小さな動きに目をつぶるか、見逃さずに指導するか。
 状況、段階によって違うが、今回は指導する。
「これくらいでいい」
 は、絶対に許さない(笑)
 そこから、くさっていく。
 手を挙げた子だけにあいさつリレーをさせる。
 さすがに、全力を出しているだけある。
 張りのある声、声のバトンもうまくつながっている。
「全力を出していない人」
 3分の1が立つ。
 あいさつをする。
 
 ◆あいさつ
 最後は、全員であいさつ

 ◆呼びかけ
 毎日、よくなってきている。
 代表の言葉が、練れてきている。
 積み重ねの重要さを感じる。

 ◆卒業式に向けて
 ※1年後(笑)
 1 返事
 2 一言
 これから、6年生の練習を見る。
 証書授与のとき、名前を呼ばれる。
 名前を呼ばれたら、返事をする。
 そのあと、一言いう。
 (例)
「木村拓哉」
「はい」
「将来、人の役に立つ仕事をしたいです」

 ★返事
 名前を呼ばれたら、返事をする。
 きちんと声を出すことができるか。

 ★一言
 今日の練習のめあてをいう。
 (例)
「大きな声を出します」
 声を出すことができるか。
 
 「返事」に「一言」がプラスされると、声量が落ちる。
 「一言」に意識がいき、返事が弱くなる。
 慣れの問題もあるだろう。
 できた子は、ひとりもいなかった。
 予想より、レベルが低い。
 練習が必要である。

 いついかなる時も、声を出すことができる。
 これが、実力である。
 ちょっと状況が変わると、声量が落ちる。
 これも、実力である。

 練習。

 一人ずついわせる。
 うーん、合格者は少数。
 レベルが低いなー。
 まあ、慣れていないということもあるだろう。

 明日どうなるか。
 練習しなければ、変わらない。

 ◆卒業式合同練習
 
 予行のような感じの練習だった。
 ・退場
 6年生に退場に合わせて、リコーダーを演奏する(『蛍の光』)
 テンポがはやい。
 もう少しスローにすること。

 ・入場 『祝典行進曲』
 だんだん、曲らしくなってきている。
 ・『国歌』
 ・『区歌』
 まだ、不安定な子がいる。
 ・証書授与
 10人くらい、返事のみ(一言はなし)
 ・式辞
 ・お祝いの言葉
 ・来賓紹介
 ・祝電披露
 ★卒業生、在校生の歌と言葉
 5年生の態度は、立派だった。
 呼びかけは、声が出ている。
 代表の子を、もう少し指導したい。
 歌は、きれいでよく響いていた。
 ※今日は、後ろの方で聴いてみた。
 どんどん上達している。
 やる氣を感じる。
 エネルギーがほとばしっている。

 ここで、5年生は終わり。

 ◆理科
 「おもりのはたらき」のテスト
 新聞づくり。

 ◆給食
 システムを変えて日目。
 ちょっとスムーズになってきた。
 しゃべりが減ってきている。
 ただし、時間はかかっている。

 ◆先輩たちの卒業式
 杉渕学級の卒業式のビデオを見せる。
 今見れば、かなりのことがわかるだろう。

 ◆掃除

 ◆読書タイム

 ◆体育館掃除
 わがクラスの担当は、
 ・ギャラリーの掃除
 ・いすの搬出
 ・体育館外周の掃除
 男子は、いすの搬出。
 女子は、ギャラリーの掃除。
 4~5年掃除していないのでは?
 と思うくらいに汚い。
 ぞうきんは、すぐ真っ黒になる。
 1時間では終わらず。
 延長しておこなう。
 外周は、少しだけしかできず。
 明日やることにした。

 放課後、有志と共に体育館のギャラリー、外周の掃除。
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-17 22:45 | あやかぜ

あやかぜ 3月16日


  あやかぜ  3月16日(月)

 あと、7日間(登校日)で終わりである。
 カウントダウンが始まった。

 エンディングをどうするか?

 おっと、そのまえにやるべきことがたくさんある。

 ◆朝の打ち合わせ
 ・「あゆみ」提出 本日〆切り→提出
 ・その他いろいろ

 ◆全校朝会
 いつものように、「1分間のあいさつ」指導をする。
 学年差が、大きい。
 5年生の中にも、あいさつしていない子がいる。
 ※朝礼台の上からは、よく見える。
 やはり、学級で指導しないといけない。

 ◆行進
 行進の練習をさせる。
 一番氣になるのが視線。
 下を向く子が多い。
 ※その多くが、無意識。
 だから、指摘されてもわからない。
「ぼくは、下を向いてない」
 という顔をしている子がいる。
 その子に声をかける。
 教室に戻ってから、廊下を歩かせる。
 頭に本をのせて。
 こうすれば、よくわかるはずである。
 ちょっと視線が下がれば、本が落ちる。
「先生、わかりました」
「よかったね」(笑)

 ◆班学
 すぐ、班学スタート。
 呼びかけから入る班が増えてきた。
 ものすごい声量の班もある。
 一人ひとりが、すごい声を出している。
 いったい何食べてるんだ(笑)

 ◆あいさつ35連発
 そろそろ、響きを指導するか。

 ◆あいさつ

 ◆呼びかけと歌
 休み明け、どのくらいできるか。
 
 代表は、どんどんうまくなっている。
 圧倒的な声量にくわえ、表現が加わってきた。
 間も、よくなってきている。
 歌は、いまいち。
 朝一番ということもあり、あまり声が出ていない。

 ◆テスト
 ・国語のテスト
 ほとんどの子が、95点以上。
 80点が一人だけいた。
 ・社会のテスト
 終わった子は、新聞づくり。

 ◆体育
 『サッカー」
 ゲーム。
 授業システムに慣れてきた。
 スムーズに進行している。
 ゲームにも、慣れてきた。
 パスも、スムーズにまわるようになってきている。
 ゲームを見ながら、アドバイスをする。
 ・キーパーを置かない。→あぶなくなったら、キーパーになる。
 ・カウンター一発はしない。→中盤をつくる。
 ・ポジショニングを考える。
 などなど。
 アドバイスされると、動きが変わる。
 女子は、ボールに固まりがち。
 一つずつ教えている。

 ◆テスト 2
 テストの見直し。

 ◆給食
 システムを変えたのだが…
 しゃべる子は、しゃべる。
 休み明けなので…
 給食準備は、歴史の中で最弱(笑)

 ◆掃除

 ◆読み聴かせ
 図書ボランティアの方による読み聴かせ。
 『たいせつなこと』
 『ぼちぼちいこかー』
 いずれも、今のこの子たちに合った本である。
 ありがとうございました。

 ◆合同音楽
 2組が大きく遅れた。
 読み聴かせが延びたのだろう。
 その間、練習して待つ。

 ★音楽の先生のお話
 明日は、6年生との合同練習。
 5年生が、もりあげる。
 明日、すぐ合わせられるように練習しましょう。

 ★『蛍の光』
 退場曲…リコーダー
 きちんとふけない子がいるので、音が汚い。
 一人ずつチェックする必要あり。
 ピアノが入ると、ごまかせる(笑)
 私が指揮をする。
 それに合わせて、ふかせる。
 前回教えたことは…休みで消えている。
 一つずつ、もう一度教える。
 今日は、姿勢がすぐ崩れる子がいた。
 ブレスの仕方を注意(音楽の先生)。
 音と音をつなぐように(私)。

 ★『祝典行進曲』
 いいたいことはたくさんあるが(笑)
 少しずつよくなってきている。
 ・コーダのところ
 ・通し
 ・部分練習 主に強弱
 ・5分以上
 6年生入場の間演奏する。
 何分くらいかかるのだろうか?

 ★歌
 ・『区歌』
 まだ、2番と3番の一部が、あやふやな子がいる。
 その部分だけ、声が小さくなる。
 ・『旅立ちの時』
 前回にくらべ、ぐんとよくなったのがこの歌。
 いい感じになってきた。
 ・『With You Smil』
 まだ、ソプラノが弱い。
 アルトのマイルドさがたりない。
 全体的には、悪くないのだが…
 ・『校歌』
 ・『君が代』

 ★歌 2
 呼びかけの前に、ちょっと指導させてもらった。
 『旅立ちの時』
 1クラスずつ歌わせる。
 その前に、その学級のよいところをいう。
 『旅立ちの時』のさびの部分を歌わせる。
 どのくらい歌えるのか、チェックしたのである。
 ほぼ、見立て通り。
 個が強くないと、集団は強くならない。
 それぞれの学級が、もっとレベルアップする必要あり。
 学級ごと→学年で歌わせると、パワーアップする。
 しかし…まだまだ。
 もっといける。

 ★呼びかけ
 最後に呼びかけ練習。
 流れを教えながら、おこなう。
 ・入るタイミング
 ・立つタイミング
 ・腰掛けるタイミング
 などなど。
 呼びかけ自体は、毎回よくなっている。
 代表の子のレベルが、どんどん上がっている。
 いい感じである。

 子どもたちは、2時間の練習でくたくた。
 休み明けということもあり、スタミナがない。
 その中で、よくやったほうだろう。

 いよいよ、明日から本格的な合同練習に入る。
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-16 23:44 | あやかぜ

あやかぜ 3月13日


  あやかぜ  3月13日(金)

 ◆朝の打ち合わせ
 ・金管クラブの発表
 ・学年会
 ・1週間のまとめ
 インフルエンザB型8人。
 流行している学校もあるという。

 6年生の意向により、本日の合同練習はなし。
 ※6年単独の練習に変更。

 教室へ。
 1、2校時は、5年生合同音楽。
 その前に、ひな壇を戻す仕事あり。
 男子に頼む。

 ◆リコーダーの練習
 ・基本
 ・美しい音色

 ◆合同音楽
 いすと楽器をもって、体育館へ。
 いすの位置の調整に、ちょっと時間がかかった。
 ※前回より、中央通路を広くする。
  ※中央から、いす半個分広くする。
 
 音楽の先生におまかせ。
 私は、補助。
 ・声かけ
 ・解説
 ◎巡回して指導

 ★『蛍の光』
 退場の演奏(リコーダー)。
 きちんとできない子がいるので、きたない。
 合わせる以前の問題がある。
 リコーダーの基本を指導する。
 ・姿勢
 ・足
 ・角度 45度
 ・ホールド
 ・タンギング
 あまりのもできていないので、何周もする。
 指導しても、すぐ姿勢が崩れる。
 意識がないとそうなる。
 意識している子は、戻らない。
 声をかけ、指導する。
 ほめる、認める、教えるなどなど。
 効果絶大。
 後半は、だいぶよくなった。

 ★『祝典行進曲』
 最後は、かなりよくなってきた。
 前回とは、別人になった。
 音から音楽へと変わってきている。

 ★歌
 『旅立ちの時』
 声はそろってきた。
 ちょっと平板。
 ターボボイスのところも、まだ弱い。
 音楽の先生が、細かい部分を指導する。

 『With You Smile』
 この歌は、ぐんとよくなった。
 ソプラノがよくなった。
 壇上から見て…
 全体的に表情がよくなってきた。
 巡回して指導する。
 ※クラスごとに。
 それぞれ、いいところをほめる。
 
 『区歌』
 まず、2番、3番の歌詞を覚えること。
 まあまあ歌えるので。

 ★呼びかけ
 チャイムが鳴る。
 ここから呼びかけ。
 1回通す。
 声が出ている。
 代表の台詞も、よくなっている。

 全体的に、総合的に、ぐんとよくなった。
 この調子でいきたい。

 練習終わり。
 代表を集め、評価とアドバイス。
 20秒で終了。

 ◆算数
 「5ねんのまとめ」

 ◆テスト
 テスト2枚。

 ◆給食
 準備のシステムを変える。
 効果的。
 いつもよりずっと静か…だったのだが…
 味噌汁と牛乳が届いていない。
 5分後、届く。
 ということで、はやくはできなかった。
 月曜以降に期待しよう。

 ◆掃除
 みんなできれいにする。
 子どもがやった後掃くと…
 それほど、ごみが出なくなってきている。
 前は、大量のごみ。
「これで掃いたの?」(笑)
 最近は、きれいに掃けるようになってきている。

 ◆読書タイム

 ◆家庭科
 空き時間を使って、「要録」執筆。
 だいたい終わった。

 ◆発見の授業
 『わらぐつの中の神様』
 フルタイムの授業。
 まとめを書く時間以外は、ずっと話し合い。
 おもしろかった。
 「うれしくてうれしくて」の中身
 ・わらぐつが売れたこと
 ・中身を見てくれた。このわらぐつのよさをわかってもらえた。
 ・夢に一歩近づいた。
 大きく3つに分類された。

 大工さんは、どうして買ったのか。
 ・おみつさんに同情したから。 1人
 ・中身がいいと思ったから。

 2足目のわらぐつについて
 ・1足目との共通点、相違点

 外見をよくする努力をしたおみつさん
 ・外見をよくする方に力がいき、中身はちょっと落ちた。
 ・中身は同じで、外見もちょっとよくなった。
 ・外見も、中身もよくなった。

 誰が買ったのか。
 ※子どもたちは、先を知らない。
 ・大工さんに紹介された人。
 ・大工さんに「いいよ」と言われた人、大工さんの知り合い。

 大工さんが、2足目のわらぐつを買ったことについて
 ・壊れて買ったのではない。
 ・同情して買った?
 ・同僚のために買った。
 ・よさがわ買ったから、買った。

 放課後
 ・金管クラブの発表会
 ・夕会
 ・学年会
 ・いろいろな仕事






 
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-13 22:59 | あやかぜ

あやかぜ 3月12日


  あやかぜ  3月12日(木)

 同じ区内の学校で、事故があった。
 体育授業中の事故である。
 サッカーゴールが倒れて、子どもがけがをしたという。

 ◆朝の打ち合わせ
 なし。

 ◆早朝登校指導
 7:50 学校を出る。
 所定の位置へ。
 登校状況を見る。

 ◆児童集会
 クラブの発表。
 クラブの宣伝も兼ねている。

 ◆体育
 校庭があいていたので、2時間目も体育。
 このところ、いつも体育がつぶれている。
 ※行事、雨など。
 久しぶりの体育。
 子どもたちは、うれしそうだった。
 事故の関係で、サッカーゴールは使わない。
 コーンで代用。
 チームごとの練習。→ゲーム。

 ゲームするごとに、動きがよくなっていく。
 練習では養えない感覚である。

 2時間フルタイム動いたので、みんなバテバテ。

 ◆班学

 ◆呼びかけ
 代表の子は前。
 順番にいっていく。
 2周で一巡。
 圧倒的な声量。

 ◆歌
 ・『区歌』
 ・『校歌』
 ・『旅立ちの時』
 ・『With You Smile』
 すべて、卒業式で歌う歌。
 力みを取る。
 脱力の指導。
 声がそろい、響くようになってきた。
 やわらかい響きである。
 美しい響き。

 ◆『みすゞさがしの旅』
 テストをする。
 教科書を見ていいテストである。
 多くの子は、100点。

 ◆算数
 まとめの問題。
 ※73ページ。

 ◆社会
 『公害』について、新聞づくり。

 ◆給食

 ◆掃除

 今日は、4時間授業。

 午後は、校内研。
 英語の研究授業。
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-12 22:16 | あやかぜ

あやかぜ 3月11日


  あやかぜ  3月11日(水)

 今日は、卒業式の合同練習。
 「6年生を送る会」、「卒業を祝い感謝する会」が終わった。
 残るは、「卒業式」である。

 ◆朝の打ち合わせ
 ・避難訓練
 教育課程届け出のため、副校長先生、主幹の先生がいない。
 生活指導主任の私が、避難訓練を担当する。
 ・その他いろいろ

 教室へ。
 ちょっとした演出をする。
 それから教室に入る。
 爆笑だった。

 ◆学年合同授業
 ★歌の練習
 『旅立ちの時』
 声を当てる練習。
 感覚的なものなので、わかる子にはわかる。
 わからない子には、わからない。
 頭に声を当てる。→天井に声を当てる。
 『With You Smile』
 学級ごとに歌わせる。
 しかも、男女別。
 クラスカラーが出ていて、おもしろい。
 ある学級は、声に透明感がある。
 ある学級は、響きがやわらかい。
 ある学級は、パワフル。
 各学級に伝える。
 これらを融合させる。
 ソプラノが弱いので、指導する。
 学級ごとに歌わせると、声が出てくる。

 ★呼びかけの練習
 今は、声を出す段階。
 間の取り方は、もう少ししたら指導する。
 声は出ている。

 ◆あいさつ35連発
 氣合入りまくりのあいさつ(笑)
 ◆あいさつ

 ◆班学
 そろそろ、メニューのチェックをするかな。

 ◆発見の授業
 『わらぐつの中の神様』
「ふうん」の意味。
 軽くいうのか、感心していうのか。
 いろいろな言い方が考えられる。
 子どもたちの考えは、
 若い子が、このようなわらぐつをつくれるなんて…
 ・驚いた。
 ・感心した。
 ・感激した。
 ・感動した。
 ・すごいと思った。

 しかし…「ふうん」を表現させてみると…
 上手な子は、少ない。
 解釈できても、表現できない。
 このへんが、難しい。
 
 そろそろ、表現の練習をさせよう。

 ◆テスト
 テストをする。
 ほとんど100点。

 ◆いす並べ
 体育館にいすをもっていく。
 合同練習の準備。

 ◆避難訓練
 副校長先生がいないので、私が代わりを務める。
 クラスの方は、学年の先生にお願いする。
 記録は、3分56秒。
 いつもは、5分近くかかっている。
 新記録である。
 静かで早い。

 ◆卒業式合同練習
 5年生は、すでにいすを並べてある。
 準備オーケーである。
 待っている間、「呼びかけ」の練習。
 代表の子を指導する。
 声が、周りに当たってしまう子がいる。
 ・位置を変える。
 ・顔の向きを教える。
 ちょっとしたコツがある。
 2回目は、ぐんとよくなった。

 6年生がやってきた。
 いすをならべる。
 かなり時間がかかった。
 すでに、13分過ぎている。

 ★練習開始
 5年学年主任の先生が司会。
 卒業式について、作法などを教える。

 ★歌の練習
 5、6年生いっしょに歌う歌の練習。
 『With You Smile』
  1番…5年
  2番…6年
  3番…5、6年
 音楽の先生が指導。
 3番のくり返し「この広い」がすごい。
 ものすごく間を取る。
「こーーーーーのーーーーーひーーーーろーーーーーいーーーーー」
 イメージは、こんな感じ(笑)
 難しい。
 初回から、高度な指導である。
 5年、6年共に態度がよい。
 くだらない指示がないので、中身に時間をかけることができる。

 ★呼びかけ
 残り5分。
 呼びかけ練習に入る。
 6年生は、決まっているところまで。
 最初の部分。
 一度聴いてから、指導する。
 ・だれに向かっていうか。
 卒業を祝ってくれる方々
 ※在校生を含む。
 ・声を飛ばす
 体育館の後ろ、天井にむかって声を飛ばす。
 この2点を指導する。
 2回目は、ぐんとよくなった。
 6年生は、聴こうという姿勢がある。
 よくなりたいという思いがある。
 指導がすっと入っていく。
 
 5年生の呼びかけ
 今の段階としては、なかなかよい。
 間はとれないが、パワーがある。
 すごい声量である。
 体育館中に響く。
「もっと声を出しなさい」
 というくだらない指示を出す必要がない。
 6年生は、驚きの表情(笑)
 いい刺激になったことだろう。

 チャイムが鳴ってしまったが、ちょっと続けた。
 5分は厳しかった。
 7分くらいかかってしまった。

 5年生退場。
 4校時は、6年生のみの練習。

 今日の子どもたち、緊張していた。
 歌は、いつもより声が出ていない。
 このような状況で初めて歌う。
 「6年生を送る会」の雰囲氣とえらい違いなので、とまどっていた。
 いい経験になったことだろう。

 練習中に出した指示。
「来年は、君たちがあそこに立っている」
「来年のことを考えて、6年生を見るように」

 休み時間を長めに取る。
 かなり疲れていると思ったからである。
 その間、学年で打ち合わせ。

 ◆テストの続き
 ・テスト
   ↓
 ・『わらぐつの中の神様』のまとめ
   ↓
 ・『公害』について
   ↓
 ・「国語ドリル」その他

 ◆給食

 ◆掃除

 ◆帰りの会
 歌の練習 3曲。
[PR]
by sugitecyan | 2009-03-11 22:16 | あやかぜ



実践の記録
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Order butalb..
from Butalbital pha..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Azithromycin.
from Azithromycin.
Naked women.
from Free naked wom..
Buy cheap am..
from Buy ambien onl..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Citalopram.
from Citalopram.
Buy terbinaf..
from Buy terbinafine.
Buy fioricet.
from Buy fioricet.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧