全力教室

<   2008年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ろくせん 1月31日


  ろくせん  1月31日(木)

 体をさすような寒さ。
 1月がさよならを告げる今日。

 さわやかな天氣が心を温めてくれる。
 
 ◆校門でのあいさつ
 今日は定位置へ。
 あいさつを始める。
 あいさつの仕方を、一人ひとり替えている。
 ・あいさつしない子
 ・声が小さい子
 修正しようとしても、ダメである。
 よいところを伸ばすに限る。
 ただし、ときどき「刺激」を与える。
 子どもと教師の心が通ったとき、声が響く。
 次元が違うあいさつとなる。
 快感である。
 今日は、取り巻きが多かった。
 ほとんどが、1年生。
 あいさつしてい私をからかいにくるのである。
 いっしょに遊ぶ。
 あいさつしながら、とぎれたときに遊ぶ。
 子どもたちは、大喜び。
「おもしろーい」
 私は、遊園地か。
 

 ◆節分集会

 ●ピンチはチャンス
 マイク故障のため、肉声でおこなう。
 このほうがいい。
 ピンチはチャンスである。
 マイクを使うと、聴いていなくても聞こえてくる。
 肉声の場合、聴こうという意識が芽生える。
 自然に、聴く構えができる。
 担当の先生が、聴くことについて話をする。
 集会委員が、絵本の読み聞かせをする。
 ビデオプロジェクターを使って、絵本を映しながら。
 会場は、しーんとしている。
 集会委員の声がよく通る。
 聴く態度がいいと、よく聴こえる。
 語り手と聴き手が一体になった。
 いつもの集会と雰囲氣が違う。
 いい感じだった。

 ●オールウエイズ
 集会が終わると、体育主任がステージに立つ。
 集団行動の練習である。
 ・きをつけ、前にならえ、回れ右、行進
 など。
 朝会や集会を利用して教えている。
 ものの2分くらいだろう。
 これに、校歌を入れると効果的。
 前の学校では、校歌、あいさつ、礼の仕方 も入れていた。
 4年もたつと、かなり定着する。
 校風が感じられるようになる。
 週1回(2回)、わずかな時間を使うかどうか。
 1年後、結果が出る。
 4年後、文化になってくる。

 ◆公開授業
 校長先生に頼まれて、公開授業。
 新潟から、「民間校長研修会」できている方々が参観。
 4日間の研修2日目。

 ★歌 『旅立ちの日に』
 パワーアップタイムでやっていること。
 1音高い方を使う。
 この方が、声が出る。
 ハモるところがうまくいかない。
 このカラオケはスローテンポ。
 そのまま歌うと、重くなる。
 この2点を修正する。
 ・男女わかれて練習。
 ・メロディより言葉を少し早めにする。
 指導後は、ぐんとよくなった。
 もう少し練習すると、きれいにハモるだろう。

 ★漢字 読み
 「漢字リピート」1~3
 ・復唱読み
 ・一斉読み
 ・超高速読み
 いろいろな読み方をする。
 
 ★『ぞうれっしゃがやってきた』
 ・個人練習
 ・全体練習
 個人練習は、1分くらい。
 自分の台詞(3つ)を練習する。
 さっと練習に入る子どもたち。
 声も出ている。
 やる氣を感じる。
 全体練習に入る。
 昨日より、パワーアップしている。
 ・声を出す。
 ・表現する。
 ・前後の「つなぎ」を考える。
 意識していることそうでない子の差が大きい。
 というか、決定的な違いがある。

 全員が台詞を1つずついったところでストップをかける。
 一人ずつアドバイスし、次なる課題を提示する。

 ちょっと練習。
 2回目は、ぐんとよくなった。

 ここで、参観者の方々退出。

 ●ユニット授業のよさ
 ユニットが軌道に乗ってくると、
 ・短時間でできる。
 『ぞうれっしゃがやってきた』の場合、5~10分である。
 ・個人練習→全体練習→評価  6分
 ・個人練習→全体練習(通しではなく、途中まで)→アドバイス
  →個人練習(2回目)→全体練習(2回目)
 ものすごく、密度が濃い。
 無駄な時間が、ほとんどない。
 終わると、確実に上達している。

 ★漢字
 漢字書き取り。
 自分の進度に合わせてプリントを選ぶ。
 今日は、4年生の漢字プリントをやっている子が多かった。
 これで一周である。
 二周目からが本番。
 
 ◆家庭科
 ・自学ノートのまるつけ
 ・教材研究
 ・事務的な仕事
 ・学年便り
 ・その他
 仕事を一氣にこなす。

 ◆算数
 ・難問
 ・自分の課題

 ★教育の難しいところ、おもしろいところ
 難問を解かせるのは、おもしろい。
 中学入試問題である。
 普通の6年生にとっては、難しい。
 というより、めんどうくさい。
 ・ていねいさ
 ・集中力
 ・持続力
 が問われる。

 成長している子は、素直にアドバイスを聴く。
 その子は…スピードがなかった。
 なかなか解けなかった。
 今は、ベスト3に入っている。
 3日前  1番
 2日前  1番
 1日前  3番
 今日   2番
 スピードがついてきた。
 しかも、安定している。
 もう、まぐれではない。

 一方、素直でない子は伸び悩んでいる。
 同じところでつまずいている。
 こちらが指摘しても、改まらない。
 能力ではない。
 性格なのだ。
 12年間かかってできたものは、簡単には崩れない。
 自分で氣付き、自分で改めようとする。
 こうならないと、動かない。
 働きかけながら、氣づきを待つ。

 こんな感じで、一人ひとり対応する。
 一人として、同じ子はいない。
 このへんが、教育の難しいところである。
 教育のおもしろいところである。
 
 ◆文集
 卒業文集に取り組んでいる。
 詰まってしまった子は、手が動かない。
 いたずらに時間が過ぎていく。
 一方、どんどん進めている子もいる。
 見せ来る回数が多い。
 よくなったところを評価する。
 ワンポイントアドバイスをする。
 教師の力量が問われる場面である。
 子どもによって、かける言葉は違う。
 同じ子でも、コンディションによって違う。
 成長によって、違う。

 書けない子には、特別なアドバイスをする。
 書けない子を書けるようにする方法がある。
 それは…秘密(笑)
 2行で止まっていた子が、30行以上書いた。

 ◆給食
 7分で準備。

 ◆社会
 ・総復習
 今日は、近代。
 ・『世界の人々とわたしたち』
 調べ学習。

 ◆体育
 「サッカー」はじめ。
 昼学のとき、キャプテンが集まって予定を立てていた。
 授業前の動きが見られるようになった。
 以前と違うところである。

 ★準備
 ・ライン
 ・コーン
 ・ボール
 ・ミニゴール
 など、手分けして準備していた。
 
 ★グループ練習
 ・準備運動
 ・ミーティング
 ・練習

 この練習がいまいち。
 教える必要あり。
 任せる部分と教える部分がある。
 今自主性を重視している。
 教えると…自主性が引っ込むのではないか。
 この辺が、まだ不透明。

 アドバイス
 ・縦の線を決める。
 ・縦に動く。
 ※ボールにかたまらないようにするため。
 サッカーを知らない子は、本能的にボールに近寄ってしまう。

 ★ゲーム
 システムは、バスケと同じ。
 進め方はわかっている。
 このへんは、スムーズに進む。

 子どもたちの手で進めている点は、とてもいい。
 教師なしでも、進めることができる。
 しかし、質を考えると…
 自主性か、質か…
 両方を満たすためにはどうしたらいいか。
 考えながら見ていた。
 自主性と質を融合させる。
 これが課題である

 明日から2月。
 学校公開が近づいてきた。
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-31 21:20 | Rokusen(ろくせん)

ろくせん 1月30日


  ろくせん  1月30日(水)

 今日は、少し寒さがゆるんだ。
 小休止かというところだろう。
 
 出勤すると、玄関にテレビ局の方が。
 取材があるのだろる。
 ※あとで、新潟テレビだということがわかった。

 ◆校門でのあいさつ
 世を忍んであいさつしている私。
 カメラに写らないように、昇降口近くであいさつをする。
 魂を抜かれたくないので(笑)
 声が、校舎に当たり反響する。
 体育館に当たって響く。
 最後は、声がかすれてくる。
 まだまだ、のどの鍛えがたりない。

 新潟から、「民間校長研修」で来られた方が4人。
 今日から4日間滞在するという。
 4日間とは長い。

 となりの先生にアクシデント発生。
 歯痛がひどいので、病院に行くという。
 自習の手配をする。
 となりのクラスに行き、連絡をする。

 ◆あいさつ
 ・一人ひとりあいさつ
 ・全員であいさつ
 いまいちの子2人。
 一人は、冬休みをまだ引きずっている子。

 ◆パワーアップタイム
 ・発声練習。
 ・歌の練習。
 いまいち。
 『旅立ちの日に』は、よくない。
 声が出ない。
 歴代杉渕学級で、このようなことはなかった。
 どうしてだろう?
 音が低いから?
 「この広い大空に」の部分を練習。
 いつもよりはいいが…まだまだ。
 先輩といっしょに歌う(ビデオ)。
 『南風にのって』こちらは、まあまあ。
 『さよならは言わないで』もよい。


 ◆歌の続き
 『ビリーブ』
 先輩たちといっしょに歌う(ビデオ)。
 カラピアノで歌う。
 女子のパートがきれい。

 ★先輩たちと歌う
 先輩たちと歌う(ビデオ)。
 同じ杉渕学級で学んだという共通点がある。
 共感がある。
 先輩を越えたいという思いがある。
 先輩を乗り越えるのが後輩の役目である。
 挑戦である。
 このような角度から、刺激する。
 『卒業写真』
 カラピアノで歌う。
 音程がとれてきた。
 きれいに響いている。
 歌い込んだら、かなりいけそう。
 『ジュピター』
 だいぶ覚えた。
 『この地球のどこかで』
 『With You Smile』

 『たしかなこと』
 子どもたちの声に、音が合わない。
 小田和正のクリアトーンが合うかなと思ったのだが…
 合わない。
 落選確実…
 メロディもいいし、歌詞もいいのだが…

 ◆漢字 読み
 「漢字リピート」1~4。
 役割を決めて読む。
 復唱読み。
 
 ◆漢字 書き取り
 今日は、3種類のプリントを用意した。
 ・3年生のまとめ(2)
 ・4年生のまとめ(1)
 ・4年生のまとめ(2)
 これで一周である。

 ◆文集
 ようやく軌道に乗ってきた感じがする。
 
 ◆音楽
 『南風にのって』
 始めから声が出ている。
 なかなかいい。
 ただし、課題もある。

 ★丹田に意識を持っていく
 ピアノの部分の歌い方
「弱いところが、抜けてしまう。抜かないで」
 力が抜けてしまうのである。
 「弱い」というより「小さい」が適切かもしれない。
 子どもたちは、「弱く」といわれると力を抜いてしまう。
 力を抜くのではない。
 声を小さくするのである。
 ・腹筋で支える。
 ・おなかの力を抜かない。→丹田に意識を持っていく。
 ・はっきり。

 ★応用自在
 『区歌』
「フレーズのつなぎに注意しよう」
 音楽の先生の指導が入る。
 息をするタイミングが早い。
 息を長く吸いすぎる。
   ↓
 ぎりぎりまでのばしてから、一氣に吸う。
 一瞬で吸う。
 これができるようになると、応用が利く。

 ★形状記憶合金からの脱出
 『さよならは言わないで』
 先ほど学んだことを活かす。
 ・フレーズのつなぎ
 ・ピアノの部分
 力がついてきているので、指導が入る。
 しかし、ここからが分岐点。
 はい終わり…では流れてしまう。
 1週間たてば元通り。
 形状記憶合金のように、元に戻ってしまう。
 次の歌に移る間に、体に覚えさせることが必要。
 この数秒~十数秒が大切。
 極秘伝である。
 それを教える。

 ★わずかな違いが
 『旅立ちの日に』
 私が使っているCDは、音が低いという。
 今の子どもたちの力では、難しいという。
「1音低いんです」
 1音の差は、かなり大きいという。
 音楽の先生のもっている楽譜は、1音高い。
 そのCDもあるそうだ。
 聴いてみると…
 なるほど、段違いにいい。
 1音の差が決定的なのだ。
 今のレベルでは。

 教室へ戻る。
 ・事務処理
 ・教材研究
 ・自学帳赤ペン入れ
 ・その他

 ◆算数

 ★間違いに氣づくには
 ・難問
 苦戦している子にアドバイスする。
「どこが間違えているかわからない」
 という子には、教える。
 いっしょに解いていく。
 黒板を使って。
 声を出して、解く。
 このようにすると、
「あっ」
 と氣がつく。
「引いてなかった」
 声を出すと、間違いに氣づく。
 一つひとつやっていくと、間違いに氣づく。
 できない子は、この両方ができていない。
 というより、やらない。

 ・自分の課題

 ◆『日本語の文字』
 ・「万葉仮名」
 ・「平仮名と片仮名」
 ・「平仮名と片仮名の使い分け」
 読んで、まとめる。

 ◆表現読み 『きつねの窓』
 最後の場面。
 ・個人で読む。
 ・一斉に読む。
 解釈のヒントを出しながら。
 選択肢を出し、挙手させる。
 (例)

 ◆『ぞうれっしゃがやってきた』
 ★常に本番を意識して
 ・個人練習 1分
 休んでいた子に、台本を渡す。
 ・練習
 全力を出して表現する。
 前の人を受けて、表現する。
 自分の表現をあとの人につなげる。
  前←自分→後
 流れを意識する。
 子どもによって、どの段階かは違う。
 つねに「本番」という意識で練習させる。

 大きな差がある。
 表現力の差ではない。
 意識の差である。
 すべては意識、意識がすべて。

 練習時間は、トータルで6分。
 短時間でも、密度の濃い練習ができる。
 
 ◆文集
 杉渕の文章修業について語る。
 ・父親に書かされた日記
 ・雑誌原稿の論文 書き直し20回
 強烈なエピソードである。
 特に後者。
 
 文章を書くことは、一生ついて回る。
 この機会に、基本をマスターしてほしいと思う。

 ◆給食

 ◆掃除

 校内研のため、早めに下校。

 

 
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-30 20:30 | Rokusen(ろくせん)

ろくせん 1月29日


  ろくせん  1月29日(火)

 今日も寒い。
 雪が降りそうな天氣である。

 ◆校門でのあいさつ
 昨日とは段違いによくなった。
 休みの影響から脱出した。
 金曜なみの声が出ている。
 確実にグレードアップしていえる。

 昨日は、生活指導主任研だった。
 近隣の学校と情報交換する。
 共通するのは、「あいさつ」
 ・あいさつしない。
 ・あいさつする子としない子がいる。
 ・声が小さい。
 ・校内ですれ違ってもあいさつしない。
 などなど。
 私も、「あいさつ」について話をした。
 たかがあいさつ、されどあいさつ

 その学校の実力がわかるのがあいさつ。
 子どもの育ちのバロメーター。

 3月終わりまでに、どこまで伸ばせるか。

 ◆あいさつ
 ・一人ひとり
 ・全員
 今日は、やり直しをさせる。
 ときどき、刺激する必要がある。
 やっていくうちに、マンネリ化するからである。
 1回目と2回目は、大きな違いがあった。

 ◆パワーアップタイム
 練習…いまいち…
 『旅立ちの日に』
 声が出ていない。
 歌云々ではなく、全力を出していないことが問題。
 空氣がにごってくる。
 力を出さない子がいると、空氣がにごる。

 「この広い大空に」の部分を練習させる。
 だんだん声が出てきた。
 しかし…これがスタート。
 朝自分で声を出してくる。
 準備してくる。
 この差が大きい。
 スタートにつくまでに、すでに差がついている。

 『南風にのって』
 時間がないので1番のみ。
 この歌は、いい。
 『旅立ちの日に』とえらい違いである。

 ◆歌
 歌の続き。
 『南風にのって』の2番。
 
 『さよならは言わないで』
 歌詞を見ないで歌っている子が増えた。
 カラピアノでも歌える。

 『卒業写真』
 いい歌。私が大好きな歌である。
 子どもたちも、この歌が好きだという。
 CDに合わせて歌う
 
 『Jupiter』
 CDに合わせて歌う。

 ◆オリエンテーション
 今日は、十一中学校へ参観に行く。
 諸注意。
 少しだけ。
 ・行き帰り
 ・参観態度
 ・あいさつ
 どのくらいできるか。
 オーケストラ教室に続いての実習である。

 ◆写真撮影
 卒業文集に載せる写真を撮る。
 個人写真。

 ◆漢字 書き取り
 3年生のまとめ(1)。
 終わった子は、今までのプリントの中から選んで学習。
 覚え方を伝授(笑)
 秘伝。

 ◆漢字 読み
 「漢字リピート」5~8
 子どもたちにまかせる。
 復唱読みをするとのこと。
「オーケストラを指揮する」(代表の子)
「オーケストラを指揮する」(全員)
 5問ずつで交代。
 意識ある子が、代表になる。
 ほとんどが男子。
 女子は、Kさんだけ。
 ※最近やる氣が出てきて伸びている子。

 ◆音読
 『With You Smile』
 1番の歌詞を板書する。
 みんなで読む。
 個人で読む。
 歌の歌詞を音読するのは、難しい。
 メロディーがじゃまして、音読しにくいのである。
 ついでに、ちょっとだけ歌う。
 ※杉渕学級歌でもある歌。

 ◆音読
 『きつねの窓』の表現読み。
 歌は先輩の域に達したが…
 音読は、まだまだ。
 遠く及ばない。

 ◆文集
 もってきた子に対して
 ・よくなったところを認める。
 ・ほめる。
 ・アドバイスする。
  文章の書き方。
  ふくらませ方。
  その他いろいろ。

 中学校へ行くため、2校時は早めに終了。

 ◆中学校参観
 行き
 態度、歩き方はまあまあ。

 参観
 校長先生のお話
 ・中学について
 ・中学生になるに当たって
 私が語るより、臨場感がある。
 実感がこもっている。
 6年担任として、ありがたかった。
 これも、「刺激」である。

 担当の方が、案内してくださった。
 ていねいに説明してくださった。
 忙しいというのに…ありがたいことである。
 態度はよかった。
 あいさつも、きちんとできた。
 新しい設備は、絶品。
「うちとえらい違いだ…」
 こんなところで勉強できる子どもたちは、幸せだ。

 帰り
 違うルートを通る。
 こちらの方が、かなり近い。
 ※交通量が多い。
 歩行は、まあまあ。

 4校時残り時間は、10分。
 多くの子は、課題を見つけ学習していた。
 ※最近、わざと遅れて教室に入る。
  もちろん、子どもの育ちを見るためである。

 ◆給食
 7分で準備。
 まだ、詰められる。
 無駄がある。
 しかし、一つひとつの行動は素早い。
 給食中、静かだった。
 いつもと違う雰囲氣。
 中学校参観が影響している。

 ◆掃除

 ◆道徳
 「自分の進む道」
 中学校を参観して
 ・感想発表
 ・校長先生の話を聴いて
   校長先生のお話
   ・3年間は短い
   ・体の成長
   ・1年生が半年たつとどう変わるか
   ・十一中について
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-29 19:37 | Rokusen(ろくせん)

ろくせん 1月28日


  ろくせん  1月28日(月)

 第四週スタート。
 相変わらず、寒い。
 冬本番の寒さである。

 ◆校門でのあいさつ
 ボランティアの方の服装が替わった。
 オレンジ色のベストを着ている。
 レスキュー隊みたいでかっこいい。
 氣合が入っている。
 やはり、形は大事だ。

 子どもたちは…休みの影響を受けている。
 金曜日は、すごくよかった。
 それにくらべると、ガクンと落ちる。
 「三歩進んで二歩下がる」
 教師の方は、全力であいさつ。
 体調がいまいちのせいか、寒く感じる。
 ※お腹の調子がよくない。
 主事さんは
「今日は、暖かいね」
 という。
 体調、心の持ちようで感じ方が変わる。
 体感温度で、自分の状態を知ることができる。
 こんな日は、子どもにエネルギーをもらう。

 ◆朝会
 全体的によくなってきた(6年生)。
 4月とは、別人である。
 聴く態度、整列の仕方などなど。
 長期的な視点で見ると、かなりよくなった。

 ◆あいさつ
 ・一人ひとりあいさつ
 ・全員であいさつ
 
 ◆歌の練習
 ・声出し
 ・発声
 ・歌の練習

 教室に入る。
 子どもたちを見る。
 見なくても、かなりの部分わかるのだが…
 焦点を当てて見る。
 意識がしっかりしている子がいる。
 休みの影響を受けている子がいる。
 一人ひとりの状態をとらえる。
 その子の行動を予想する。
 手だてを考える。
 これらを、並行して考える。
 考える時間は、10秒くらい。
 おそろしく頭を使っている。
 多くは無意識のうちにとらえ考えている。

 歌の練習開始。
 金曜日がよかっただけに…
 やはり、ガクンと落ちている。
 金曜日の100分の1くらいである。
 それくらい、よかった。
 落差が大きい。
 どちらも、その子。
 両極の中で、子どもは生きている。
 そして、教師も。

 『旅立ちの日に』は、声が出ない。
 いい状態のときも、いまいちである。
 休み明けの朝は、なおさら声が出ない。
 『さよならは言わないで』
 この歌は、声が出る。
 歌いやすい歌ののか。
 きれいな声が響いている。
 『南風にのって』
 一番声が出る歌である。
 『Jupiter』
 『卒業写真』
 これもいい。
 始めたばかりだとは、思えない。


 候補曲を聴かせる。
 『この地球のどこかで』
 『With You Smile』※杉渕学級歌の一つ

 ◆漢字 書き取り
 3年生の総まとめ(1)。
 思ったよりできている子が多かった。
 3年は、分岐点。
 ここをしっかりやると、ベクトルがプラスに向く。

 ◆漢字 読み
 「漢字リピート」8、7、6、5を読む。
 5は、超高速読みで。

 ◆音読 表現読み
 『きつねの窓』
 休み明けのせいか、声が出ない。
 表現は、ある程度できている。
 しようと意識している。
 ・腹から声を出す。
 ・響かせる。
 ・聴き手を意識して読む。
 これらのことが、飛んでいる。
 微妙な点が飛んでしまう。

 
 ◆総合 『卒業プロジェクト』
 
 新『ぞうれっしゃがやってきた』に挑戦!

 今回は、
 ・学級でおこなう。
 ・一人ずつ台詞をいう。
 ・歌を2曲カットする。
 学習発表会のバージョンとは違っている。

 どのように台詞を決めるか。
 いろいろな案が出された。
 しかし、時間の関係で次のように決まった。
 席の順番。
 シンプルいずベスト。
 この方法は、我があると使えない。
「私は、この台詞じゃなくちゃいや」
 という子がいると、成立しない。
「どれでもいい」
 チームプレーに徹する。
 これが、課題である。
 すんなり決定。
 以前なら、たくさんの我が出ていたことだろう。
 我がぶつかり合っただろう。
 何に時間をかけたらいいか
 それが、わかってきている。

 通しで読んでみる。
 私のトークで、爆笑の連続。
 内容は秘密(笑)

 自分の台詞を練習。

 あとは、練習すればいい。
 乗り越える対象は
 ・学習発表会のときの自分
 ・杉渕学級の先輩
 である。

 新しい挑戦が始まった。

 ★文集
 卒業文集を書く。
 かなりよくなってきた。
 形になってきた。
 文章が練れてきた。
 「これはちょっと」というものは、考えるようにいう。
 卒業アルバムにのせるにはどうかという内容である。
 育ってきた子が、これである。
 根本的なところは、まだまだ変わっていない。
 根強く残っている。
 ちょっとがっかり。
 ただし、全面否定はしない。
 ・卒業アルバムに載せる。
 ということ頭に入れて、題材は考えたほうがいいよ。
 一生残るものだから。

 ◆算数
 ・難問
 休み明けで、調子が悪い子もいた。
 難度が高いと、コンディションに影響される。
 ※簡単な問題なら、コンディションが悪くてもできる。

 ◆給食
 用事があって、教室を離れた。
 戻ったとき、すでに食べ始めていた

 ◆掃除


 ◆自習
 生活指導主任研のため、出張。
 自習。

 ★生活指導主任研修会
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-28 20:41 | Rokusen(ろくせん)

ろくせん 1月25日


  ろくせん  1月25日(金)
 
 第三週最終日。
 このところずっと体調不良。
 おなかの調子がよくない。
 しかし、睡眠はとっているので何とかもった。
 5時間寝ると違う。
 今週の締めの日、がんばりたい。 

 ◆校門でのあいさつ
 学生のYさん登場、
 金曜名物、ツインタワーのあいさつ。
「よく声が聴こえるよ」
 ダブルの「おはようございます」は、パワーがある。
 Yさんは、190センチの長身。
 声の出所が高い。
 その分遠くまでいくのだろう(笑)
 終わると…
「先生、声がかすれているね」
 あいかわらず、美声無理状態。
 今年度は、美声をあきらめた。
 あいさつのしわ寄せがきている。
 表現の指導のとき、うまく声がでないのである。
 歌、音読ともに。
 カラオケも、ダメである。
 まあ、しかたがない。
 あいさつは、昨日よりさらによくなった。
 この調子で加速するか?

 教室へ。

 ◆あいさつ
 ・一人ひとりあいさつ
 ・全員であいさつ
 まだ、全員が全力とはいいがたい。
 もっとできる!
 全員が全力を出したとき、空氣が変わる。
 一人でも力をセーブしたら、空氣は変わらない。

 ◆パワーアップタイム
 あいさつが終わると、子どもたちは発声練習を始める。
 班ごとに、発声練習、歌の練習をする。
 このへんは、スムーズに進む。
 声も出てきた。
 さらなるパワーアップをはかりたい。
 1組がきて練習開始。
 『旅立ちの日に』
 うーん、いまいち。
 声が出ていない。
 「旅立ち」ではなく「逃避行」だ。
 二部にわかれるところは、女子がつられてしまう。
 まだまだ。
 『南風にのって』
 これはいい。
 『旅立ちに日に』とえらい違いである。
 声が出ている。
 よく響いている。
 氣持ちが伝わってくる。
 曲によって、こうも違うものか…
 別人である。
 『さよならは言わない』
 1組は、まだ習っていない。
 2組のある子が、さっと紙を渡す。
 その場にいって、歌詞を書いた紙を見せていた。
 このへんは、よくなってきたところだ。
 動く子がもっと増えるといい。
 この歌も、かなりよい。
 いい声が響いている。

 ◆歌
 学級で。
 『Jupiter』を歌う。
 昨日教えた歌である。
「先生、いい歌だね」
「私、この歌好き」
 という子が多い。
 さらに、ユーミンの『卒業写真』も歌いたいという。
 ※昨日「先生の思い出の曲」として、聴かせたのだ。
 歌わせてみると、いける!
 かなりいい!
「やる?」
「やる!」
 軽いのりで、歌うことが決定(笑)
 いいかげんなものだ。

 ★候補曲(学校公開で歌う曲)
 『旅立ちの日に』
 『さよならは言わない』
 『南風にのって』
 『Jupiter』
 『卒業写真』
 『ビリーブ』 杉渕学級版
 『Tomorrow』※12月に練習した歌
 『たしかなこと』
 などなど。
 覚えが早くなったので、すぐ歌える。
 基盤があるので、すぐ表現の指導に入ることができる。
 効率がえらくいい。
 公立は効率だ。
 効率は高率だ。
 なんのこっちゃ(笑)
 当日は、成果の発表ということでクリスタルボイスを披露したい。

 ◆大休み
 「縄跳び」の取り組みが続いている。
 縦割り班ごとに練習。
 上級生が下級生に教える。

 ◆総合(英語)
 ・命令ゲーム(英語版)
 ・写真を撮る。 ○○の紹介のため
 ・アルファベット練習
 ・自己紹介(英語)
 ・単語カードづくり

 ◆国語
 ・漢字 書き取り 2年生(2)
 ・漢字 読み(音読)
  漢字リピート
 ・音読 表現読み『きつねの窓』
 このあと、谷川俊太郎の『生きる』を予定している。
 ・文集
 アドバイスする。
  文章の書き方
  切り口
  表現方法
  その他いろいろ
 だいぶ形になってきた。


 ◆給食
 7分くらいで準備。
 「選択の授業」の人数調整。
 手紙配り(子ども)。

 ◆算数
 ・難問
 一発合格の子が増えてきた。
 ・自分の課題

 ◆音楽   奇跡の瞬間
 いっしょに行く。
 今日は、今までと大きく違っていた。
 最初の空氣が違っていた。
 次元が違う空氣である。
「これは、かなりやる」
 歌の練習が始まった。
 ピアノに合わせ歌う子どもたち。
 最初から、表現して歌っている。
 『南風にのって』
 『区歌」
 『さよならは言わない』
 そして、
 『旅立ちの日に』
 すばらしかった。
 感動した。
 涙が出そうになった。
 よくここまで育った…
 子どもたちの努力が、結晶になった。
 クリスタルボイスという結晶に。
 奇跡の瞬間を見た。
 先輩たちが到達した境地に、足を踏み入れた子どもたち。
 新しい峰を築くのは、君たちだ。
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-25 23:16 | Rokusen(ろくせん)

ろくせん 1月24日


  ろくせん  1月24日(木)

 昨日とうってかわっていい天氣。
 さわやかな朝である。

 ◆校門でのあいさつ
 今日は、あたたかい。
 子どもたちの服装が違う。
 あいさつも、パワーアップ。
 昨日より、声が出ている。
 思いっきりあいさつをする。
 最近では、一番よかった。

 ◆音楽集会
 全校発表に向けての練習。
 『校歌』
 歌っていない分、声が出ない。
 『南風に乗って』
 ・地声になりがち
 歌う声と地声の境界線。
 地声に近くなっている。
 ・全力を出していない
 全員が本氣になったら、こんなものではない。
 6年生も、全力とはいいがたい。
 
 校歌を歌いながら、退場。
 6年生は、退場が最後。
 5年生が退場するまで、校歌を歌っている。
 その後、ちょっとだけ練習。
 『南風に乗って』
 まだ、歌詞を覚えていない子がいるようだ。
 自信を持って歌っていない。
 まだまだ。
 2回目。
 ようやく、声が出てきた。
 すばらしくよかったところが、一カ所あった。
 この部分は、次元が違っていた。

 ◆あいさつ
 ・一人ひとりあいさつ
 ・全員であいさつ

 ◆歌
 ・発声練習
 ・『旅立ちの日に』の練習。
 今日も、班ごとに練習していた。
 問題は、アルト。
 ・地声にならないようにする。
 ・男子につられないようにする。
 今の段階では、けっこう難しい。
 歌わせると…
 やはり、まだつられてしまう。
 自信がないので、声が小さくなる。

 『さよならは言わない』
 この歌は、いい。
 かなり練習したレベル。
 ※まだ、始めたばかり。

 ◆漢字 書き取り
 2年生の漢字(1)である。
 1年生にくらべ、かなり難しくなる。
 「新聞」を「新文」と書く子がいた。
 「読書」→「毒書」 これは、ブラックユーモア。
 全部書ける子も、制限時間内に書くのは厳しい。
 5分は、あまりにも短い。
 よほど集中していないと、できない。
 今日、5分以内にできたのは一人だけだった。

 ◆漢字 読み
 漢字リピートの8、7、6を読む。

 ◆問題
 ある絵を見せる。
 その絵は、何をあらわしているか。
 発想の勝負である。
「30見つけましょう」(笑)

 
 ◆算数
 ・どん難問だい!
 中学の入試問題。
 ハイレベルの問題である。
 普通の問題の5倍以上は難しい。
 というか、めんどうくさい。
 ・一つひとつていねいに解く。
 ・解く順番を間違えない。
   ×÷+-
 一つひとつは、さほど難しくない。
 しかし、それが重なってくると、難しくなる。
 ・ていねいさ
 ・集中力
 が問われる。

 昨日とくらべて
 苦戦した、間違った子が問題である。
 ・今日も同様に、できない。
  苦戦。
 練習していない。
 何も学んでいない。
 ほとんどいなかった。
 それらしい子が一人。
 ・今日はできた。
 このタイプが多かった。
 昨日は時間がかかったが、今日はさっとできた。
 昨日は教えてもらってできたが、今日は一人でできた。
 昨日は何度も何度も間違えたが、今日は2回目でできた。
 これを、学習という。
 これを、進歩という。

 毎日同じレベル ということがなくなってきた。
 ようやく。

 ◆音読
 『きつねの窓』の表現読み。
 ようやく回復してきた。
 これからが本番である。
 まだ、リハビリの段階(笑)
 少しずつやっていきたい。

 ◆今後に向けて
 オリエンテーション。
 特に、学校公開に向けて。
 公開授業の予定(1月24日現在)

  2月12日 岡山県の方々が参観。
  2月16日 学校公開&活動発表会
  3月14日 SFコラボレーション

 子どもたちは、6年生。
 小学校での公開授業は、これが最後である。

 ◆『卒業プロジェクト』
 表現読み 予告
 『ぞうれっしゃがやってきた』ライト版
  ・歌を2曲カットする。
  ・台詞を一人ひとりがいう。
  ※学習発表会のとき、ナレーションは全員でいった。→一人でいう。
   1組、2組合同でおこなった。→学級でおこなう。
   一人の台詞が増える。

 歌
 『たしかなこと』
 いい曲なのだが…いまのところは?
 いまいち。
 『Jupter』
 これはいい。
 いけそう。
 『ビリーブ』
 かけ合いがある『ビリーブ』
 先輩たちが歌ってきた、杉渕学級歌でもある。

 文集
 だんだん形になってきている。

 ◆給食

 午後は、特別時程。
 ※職員が、青井小の研究発表に参加するため。

 ◆掃除
 特別時程のため、10分間おこなう。

 ◆社会
 『世界の人々とわたしたち』
 世界平和について。


 ◆体育
 子どもたちが楽しみにしている体育だが…
 校庭のコンディションがよくない。
 五反野小の校庭は、水はけがよくない。
 ということで、体育の授業中止。
 かわりに、理科をおこなう。


 青井小学校の研究発表へ
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-24 23:17 | Rokusen(ろくせん)

ろくせん 1月23日


  ろくせん  1月23日(水)

 今日は雪。
 つもりそうな感じの雪である。
 子どもたちは、そわそわしている。
 口を開けて、降ってくる雪を食べている子もいる。

 ◆校門でのあいさつ
 最初小降りだった雪が、いつしか大降り。
 校庭が、みるみるうちに白くなる。

「先生、体に雪がたくさんついてる」
 今日も、コートを着ないであいさつする。
 さすがに、寒い。
 かさをさしているが、あっという間に「かさこじぞう」になる。
 あいさつは、快晴!
 ただし、遅刻が多かった。
 いつもより、くるのが遅い。
 雪で遅れたのだろう(笑)

 ◆自分たちの手で
 今日は、職員朝会が早く終わったので開始前に教室へ。
 子どもたちの様子を見る。
 自分たちで、
 ・一人ひとりあいさつ
 ・全員であいさつ
 ・発声練習
 ・歌の練習
 を進める。
 ここまでは、スムーズにできるようになってきた。
 取りかかりが早く、切り替えがスムーズ。
 歌は、グループで練習している。
 声が出てきた。
 1組が入ってくる。
 それぞれ、練習を始める。
 『旅立ちの日に』を歌う。
 だいぶよくなってきたので、次の段階に入る。
 全力を出す子が増えてきた。
 その分、出していない子が目立つ。
 口の開け方一つとっても、大きな違いがある。
 本人は、わかっていない。
 無意識。
 または、やっているつもり。
 チェックさせる。
 アルト担当の女子が、男子につられなくなるともっとよくなるだろう。

 『南風にのって』
 だいぶよくなった。
 こちらも、第二段階の指導にはいる。
 指揮に合わせて歌わせる。
 自動的に歌っている子を注意。
 指揮を見ていない。
 かってに歌っている。
 ・感性
 ・よく見る
 両方大切である。

 『ふるさと』
 『校歌』
 時間がないので、それぞれ一番のみ。
 「かがやいて」の部分を重点的に指導する。
 「かーー」で、響かせる。
 口の中で響かせてから→外に出す。
 「かがやいて」→明るい輝きの感じを出す。
 難しい。
 なかなか、感じが出ない。
 今後の課題。

 ◆歌
 『さよならは言わないで』
 まだ数回しか歌っていないが、けっこう覚えている。
 CDを購入した。
 カラオケも手に入れた。
 そろそろ、本格的に始動したい。
 前回の音楽の授業で聴いた歌。


 ◆漢字 読み
 「漢字リピート」
 子どもたちにまかせる。
 スピード、リズム、テンポがない。
 だらっとした感じになっている。
 ちょっと指導を入れる。
 ぐんとよくなる。
 まだ、自分たちでは修正できない。
 アドバイスする人が必要。

 ◆漢字 書き取り
 今日は、1年生の漢字。
 50問のプリント2枚。
 簡単だが、難しい。
「間違えたら恥」
 というプレッシャーがかかる。
 さらに、負荷をかける。
「2枚5分でやります」
「えーーーっ」
 早い子は、すでに漢字を書き始めている。
 ※指示がない限り、すぐスタートしていいことになっているの。
 この時点で、もう差がついている。
 スピードとは、意識のスピードである。

 ◆漢字 話
 漢字の学習法について話す。
 ・1年生レベルは、ほとんどの子ができる。
 ・2年生になると、できない子がでてくる。
 ・3年生が分岐点。
 だから、まずは1~2年生の漢字を徹底的に練習するのがいい。
 あとは、その応用である。
 漢字に対する感覚を身につければ、あとの学習は楽。

 ということで、今日から逆に練習させることもはじめた。

 ◆音読
 『きつねの窓』の冒頭部分。
 ようやく、レベルが戻った。
 表現読みになった。
 ああ、よかった。

 ◆『日本語の文字』
 象形文字、指事文字、会意文字、形声文字の復習。

 ◆『政治って、何だろう』
 復習。

 ◆『日本国憲法』
 復習。
  ・三原則
  ・その他

 ◆『世界の人々とわたしたち』
 調べ学習。

 
 ◆音楽
 ★『旅立ちの日に』
 アルトの練習。
 ここでは、音程の確認。
 すぐできた。
 次は、ソプラノにつられないようにする練習。
 男子が入ると、つられてしまう。
 音程が狂ってしまう。
 女子は、声を大きくしてそれを防ごうとしていた。
 見事に、つられなくなった。
 しかし…きれいな声ではない。
 アルトは、やわらかく(マイルドな声で)歌うことが大切。
 そのことを指摘。
 すぐできた。
  
  音程をとる。
    ↓
  つられないようにする。
    ↓
  やわらかく歌う。

 というステップを駆け上った。
 すばらしい進歩である。
 最近は、指導に対する反応がいい。
 上達が早い。

 ★『区歌』
 足立区の歌。
 卒業式で歌う歌である。
 かなりよい。
 あとは、覚えればいい。

 ★『さよならは言わない』
 すぐ歌える。
 それも、かなりいいレベルで。
 ピアノに合わせ、微妙に変化させている。
 すごい!
 音楽の先生も、私もびっくり。
「すごい!」
 始めたばかりなのに…
 力がついてくると、さっとできる。
 驚いた。

 ここで、私は教室へ。
 ・事務的な仕事
 ・教材研究
 ・その他

 ◆大休み
 雪のため、内遊び。
 花に水をやりに行くふりをして、遊んでいる子がいた(笑)
 ※低学年。
 雪の日に、水やり(笑)
 そのうち、雪合戦を始める。
 担当の先生が、注意にいった。
 わがクラスは…
「まさか、遊んだ人はいないでしょうね」(笑)
「すみません」
「正直でよろしい」(笑)

 一方、大人は…
「雪なんて降らなきゃいいのに…」(多数派)
「雪大好き」(少数派)
 とにかく寒い。

 ◆算数
 今後の学習についての予告。
 ・2桁の九九
 ・トランプ計算
 をはじめる。
 ※来週から。
 ★どん難問だい!
 中学入試問題を出す。
 苦戦してる子もいる(少数)。
 すんなりできる子もいる。
 苦戦している子は、やり方を忘れてる。
 
 ★自分の学習
 それぞれの課題を学習。

 ◆総合
 『卒業プロジェクト』
 ・文集
 ・呼びかけの台詞
 ・その他
 時間をかけても、意味がない場合がある。
 その場合は、回数を増やすのがいい。
 1回にかける時間を少なくする。
 そのかわり、毎日おこなう。
 ・短時間、毎日
 これがいいと思う。

 ◆給食
 今日は、めずらしくしゃべりが多かった(準備)。
 7分かかった。
 雪のために遅れたのだろう。

 途中雨になり、校庭はチョコレートに戻った。
 と思ったら、またパウダーシュガーがかかってきた。
 予報と違って、今も雪は降っている。
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-23 22:04 | Rokusen(ろくせん)

ろくせん 1月22日


  ろくせん  1月22日(火)

 第三週2日目。
 昨日の夜雪がぱらついていたが、今日は快晴。
 冬らしい天氣である。
 あいかわらず寒い。
 わが子(中三)の受験が始まる。

 ◆校門でのあいさつ
 校長先生不在のため、一人でおこなう。
 看護当番の先生は、信号のところへ。

「おはようございます」
 休み明けにくらべると、かなりよい。
「先生の声、よく聴こえるよ」
 とのこと。
 思いっきり声を出しているからだろう。
 いい迷惑かもしれない(笑)
 逆に、子どもたちの声を聴き、元氣になるひともいる。
 ときどき、「ありがとう」といわれることがある。
「いつも、子どもたちのあいさつに、元氣をもらっています」
「今日もがんばろうという氣になります」
 などなど。
 子どもたちのあいさつが、人を元氣にする。
 こんなにうれしいことはない。
 みんなが元氣になるあいさつを!
 今日も全力であいさつ。

 ◆パワーアップタイム
 歌の練習がメイン。
 このところ、すぐ練習を始めるようになった。
 まだ、全力ではない。
 声が出ていない。
 自分たちで始めるようになったのはいいことだ。
 『旅立ちの日に』
 アルト(女子担当)が難しい。
 忘れている。
 男子につられる。
 合唱の難しい部分である。
 そのかわり、ハモったときはすごい。
 一瞬、ハモる(笑)
 声が解け合ったときの瞬間
 奇跡が起きる。
 すばらしいハーモニー。
 ふくらみ。
 これは、聴かないとわからない。
 『ふるさと』
 『南風にのって』
 『さよならは言わない』

 ★全校発表
 『南風にのって』を歌う。
 とても美しい歌である。
 だいぶ覚えた。
 強弱などの表現をつけて歌っている。

 ★オーケストラ教室
 オーケストラの伴奏で『ふるさと』を歌う。
 めったにない機会である。
 楽しんでほしい。
 味わってほしい。
 ホールで歌ったら、どうなるか。
 楽しみである。
 
 ★卒業式
 『旅立ちの日に』
 『さよならは言わないで』
 この前聴いたばかり。
 私も初めて聴いた歌である。
 いい歌だ。
 5年生、6年生がいっしょに歌う。
 それ以外に…
 『校歌』
 2番、3番があやしい子がいる(笑)。
 『仰げば尊し』
 リクエストされている歌。
 『広い世界へ』
 となりの先生のリクエスト。
 『区歌』
 区からのリクエスト。

 本格的なユニット授業開始。
 リハビリ、基盤づくり終了。
 いよいよ、本格的な授業を始める。

 国語というように、大きな枠でくくらない。
 細分化して考える。
 短時間、くり返しがポイント。
 集中して学習するので、力がつく。

 ◆漢字
 ・漢字書き取り
 子どもによって、進度が違う。
 ・漢字の読み(音読)
 全員で読む。
 教師が読み、復唱させる。
 個人で読む。
 ・「送り仮名のきまり」
 前日の復習。
 音読、確認。

 ◆国語
 ・『日本語の文字』
   象形文字
   指事文字
   会意文字
   形声文字
 を教える。

 ・『ボランティアしあおうよ』
 指名なし発言
 ボランティアの基本について、自分の考え。

 ◆社会
 ・復習
 『日本国憲法』
   三原則
    国民主権
    基本的人権の尊重
    平和主義
  政治の仕組み
 ・『世界の人々とわたしたち』

 ◆『卒業プロジェクト』
 ・文集の下書き
 ・呼びかけの言葉について
  →先輩たちの呼びかけを見る(VTR)。

 ◆体育
 『縄跳び』
 基本を教える。
 ※できていなかったので。
 ポイントを教える。
 二重跳びができない子に対して。
 上達のステップを教える。
 どのような練習がいいか、方法を示す。
 練習。
 上手な子には、ホップ・サイドクロスを教える。

 『跳び箱運動』
 ・準備運動で、踏み切り、着地の練習
 ・跳び上がり、跳び降り
 ステージを使っての練習。
 これができないと、できない。
 できると、できる。
 基本中の基本である。
 ・腕立て開脚跳び
 多くの子は、無造作に跳ぶ。
 意識していない。
 だから、ただ「跳んでいる」だけ。
 美しさのかけらもない。
 一人ひとり指導する。
 ・着地
 ・突き放し
 このへんができない子が多い。
 途中、2回子どもたちを集める。
 ある子に跳ばせる。
 解説をする。
 練習。
 最後は、一人ずつ跳ばせる。
 私が、解説する。


 ◆給食
 オーケストラ教室のため、4校時は給食時間。
 体育の授業が終了したのが、11:30。
 めいっぱい時間を使った。
「いただきます」
 は、11:45。
 15分で、教室に戻って給食準備ができた。
 まあまあのタイムである。
 ただし、給食中いつもよりうるさかった。
 かたづけは、はやい。
 先進隊の子どもたちが、かたづけのお膳立てをしておく。
 全員でさっとかたづける。
 
 着替える。
 帰る支度をする。
 簡単に掃除をする。
 
 ◆オーケストラ教室
 学校外に出ると、子どもの実力がわかる。
 クラスの実力がわかる。
 学校の実力がわかる。
 校内にいると、わからないことがわかる。
 ・ふだんとの違い
 ・他校との比較
 比較することにより、自分の学校の状態を客観視できる。
 「子どもがどのくらい育っているか」
 今日は、そのテストでもある。
 今までの指導が
 ・態度
 歩行、駅、電車の中、会場で
 さて、どのくらい育っただろうか。
  ↓
 まあまあ。
 悪くはない。
 子どもによって、意識の差がある。
 その違いが大きい。
 しゃべらない子は、しゃべらない。
 列を乱さない。
 しゃべる子がいる。
 列を乱す子がいる。
 といっても、許容範囲。
 他の方に迷惑をかけるほどではない。
 電車の中で、しゃべる子もいる。
 小声であるので、迷惑をかけているわけではない。
 しかし…本当に育ってくると…
 しゃべる子は、一人もいなくなる。
 それが当然になってくるのだ。
   
 ・歌
 『ふるさと』
 どのくらい歌えるだろうか。
  ↓
 オーケストラの生演奏で歌う。
 会場全体で歌ったので、?

 オーケストラの演奏は、おもしろかった。
 特に楽器の紹介と演奏。
 子どもたちにとって、楽しいものだった。
 
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-22 23:24 | Rokusen(ろくせん)

ろくせん 1月21日


  ろくせん  1月21日(月)

 リハビリ、基盤づくりが終わった。
 いよいよ、本格的に始動する。
 第3週スタート。

 今週は、午後の予定がぎっしり。
 夕方からの予定もぎっしり。
 公私ともに、忙しい週である。
 公開授業、SFコラボ、講演が待っている。
 がんばらなくては。

 ◆校門でのあいさつ
 雪が降りそうな天氣。
 寒い。
 さすが、大寒である。
 あいさつに集中すると、寒さを感じない。
 心の置き所によって、体感温度は違ってくる。
 学習と同様。
 楽しいときは、時間がたつのが早い。

「おはようございます」
 休み明けで声が出ていない。
 しかし、8時を過ぎると声が出てきた。
 ※子ども。
 このへんが、不思議である。
 早く来る子は、声が出ない。
 定刻にくる子は、声が出る。
 何か、関係があるのだろうか。
 教師は、常に全力。
 「日々是全力」である。
 2日間休んだので、のどの調子は悪くない。
 思いっきりあいさつをする。
 6年生とあいさつできるのも、あとわずか…

 ◆朝会
 代表のあいさつ。
 ある子を指名する。
 休み明けと朝に弱い子である。
 今日は違っていた。
 校門でのあいさつは、今までで一番よかった。
 靴をきちんと履いている。
 眠そうな顔をしていない。
 ポケットに手を突っ込んでない。
 止まって、目を見て、声を出してあいさつした。
 これはいけると思い、抜擢したのである。
 はたして…
 いいあいさつだった。
 よし!
 ・朝一番
 ・休み明け
 ・突然の指名
 に打ち勝った。
 育ってきている。

 ・校長先生の話。
 遅刻について
 冬休みが終わってから、遅刻する子が増えた。
 寒い、起きられないなど…
 私は、毎日4:30分に起きている。
 遅刻することはない(笑)
 寝坊する子は、7:30過ぎまで布団の中にいるのだろう。
 それを戒める話。
 担任が語る、生活指導主任が語る。
 校長先生が語る。
 いろいろな人が語るのがよい。
 聴く人の意識が変わるからである。

 ・クリーンデー
 月に1回、学校と周辺を掃除する日である。
 今日は、たばこの吸い殻以外のゴミが少なかった。
 変わらないのが、「吸い殻」である。
 携帯用の灰皿を使う人は、少ないのだろう。
 たくさん落ちていた。
 進んでゴミ拾いをしている。
 道具の片づけ方もよくなった。

 わざと遅れて教室へ。
 
 ◆あいさつ
 ・一人ひとりあいさつ
 ・全員であいさつ
 
 ◆歌
 ・声出し
 ・発声練習
 ・歌の練習

 子どもたちの手で、進めていた。
 伴奏(カラピアノ)に合わせて歌う。
 二部のところがうまくいかない。
 女子が、「忘れた」のである。
 金曜日から、3日たっている。
 歌っていないと、忘れてしまう。
 私など、覚えようとしても覚えられなかった(笑)

 ◆漢字
 ・書き取り
 新しいプリント 5年漢字総まとめ(2)を配る。
 それぞれ、進度に合わせて学習。
 ・漢字の読み
 漢字リピート8を復習。
 復唱読み→自分で練習
 漢字リピート7の復習。
 読み方の確認、意味の確認。
 自分で練習。

 ◆漢字2
 「送り仮名のきまり」

 ◆漢字3
 『日本語の文字』

 ◆思いや考えを深めながら読もう
 『ボランティアしあおうよ』

 ◆音読
 『きつねの窓』
 かなりレベルダウンしている。
 ・腹から声が出ていない。
 ・地声になっている。
 ・表現が平板。
 あっという間に、力は落ちる。
 さっそく、修正する。
 発声方法→丹田に意識を集中する。
 そこから、声を出すようにする。
 地声ではなく、音読の声で読む。
 響かせる。
 歌と同じようにすればいい。

 後半は、がらっと変わった。
 元に戻った。
 ある部分を取り上げて、音読させる。
 前後の文を読まないと、どのように読んだらいいかわからない。

 ◆解釈
 ・全体が青の世界 そのわけ
 ・指を染めるわけ
 など。

 ◆校歌の録音
 卒業アルバムCD編にのせるため、校歌を録音する。
 6年生全員、音楽室へ。
 ・発声練習
 ・声出し練習
 ・声出し練習2 1回3番まで歌う。
 ・ピアノ伴奏に合わせて歌う。
 一応録音する。
 悪くはない。
 しかし、修正すべき点はある。
 その点を指導する。
 ・本番
 一発で終了。
 ぐんとよくなっていた。
 休み明けにもかかわらず、よかった。
 実力がついてくると…
 ・すぐできる。
 集中力が違う、意識が違う。
 すぐできるから、氣持ちいい。
 何度も何度も叱られながらするのと、えらい違いである。
 時間も短くてすむ。
 実力がつくと、いいことが増えてくる。

 ◆「卒業プロジェクト」
 ・入学関係の書類配布
 ・文集
 ・その他

 ◆算数
 それぞれ、進度に合わせて学習。
 ・教科書の復習
 ・『算数卒業旅行』
 ・いろいろな問題集

 そろそろ、次のことをはじめたい。
 ・トランプ計算
 ・九九発展版

 ◆給食

 今日は、職員研修のため時程変更。
 給食後、すぐに5校時がはじまる(笑)
 そのかわり、3時下校。

 ◆理科
 『電流のはたらき』
 教科書の学習。
 実験道具づくり。

 ◆社会
 『世界の人々とわたしたち』
 自分が選んだ国について、調べる。
 初めて知ることが多い。
「へぇー」
 の連発。
 まずは、知ることから。

 復習
 これから、総復習に入る。
 さかのぼっていく。
 まずは、『わたしたちのくらしと政治』から。
 
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-21 20:10 | Rokusen(ろくせん)

ろくせん 1月18日


  ろくせん  1月18日(金)

 このところ、おなかの調子がよくない。
 悪いものがすべて出て行く(笑)という感じである。
 とうとう、今日は正露丸を飲んだ。
 今日も、寒い。

 ◆校門でのあいさつ
 学年で打ち合わせをしていたので、出るのが遅くなった。
 すでに、学生のYさんがあいさつをはじめていた。
「おはようございます」
 元氣のいい声が、響いている。
 ツインタワーあいさつ開始。
 2人そろうと、パワー倍増。
 ものすごく響く。
 子どもたちも、元氣にあいさつ。
「せーの」
 を使う。
 こうすると、あいさつの準備ができる。
 心がそろう。
 声が大きくなる。
 今日は、かなりパワーアップしたあいさつだった。
 寒さを感じない。
 省エネは、あいさつから(笑)
 暖房いらずのあいさつからはじめよう。

 ◆朝のあいさつ
 ・一人ひとり
 ・全員
 子どもたちが進める。
 まあまあ。

 ◆パワーアップタイム
 1組がくるまで、自主練習。
 それぞれ、声出しを始める。
 1組も、入ってくると練習をはじめた。
 いわれる前に、練習。
 ちょっと成長している。
 『旅立ちの日に』を歌う。
 かなり回復してきた。
 いける。
 指導を入れる。
 私の指導にすぐ反応できる。
 昨日まで、なかったことである。
 ようやく学習発表会レベル近くに回復してきた。
 細かなところを指導。
 ハイレベルなことを指導。
 それについてくる子どもたち。
 こうなると、楽しい。

 『ふるさと』
 唱歌の歌い方を教える。
 『南風にのって』
 今度の全校発表で歌う歌である。

 今日は、昨日までとは別人。
 ようやく、休みの影響から抜けてきたか。
 来週から、本番である。


 ◆図工
 1、2校時は図工。
 ・要録
 ・整理、片づけ
 ・教材研究
 ・卒業関係の仕事
 ・その他

 ◆英語
 ・あいさつ
 ・今日の天氣
 ・今日は何曜日
 ・命令ゲーム(英語版)
 単純だがおもしろい。
 多くの子がひっかかかる。
 私は、引っかからない(笑)
 素直な子は引っかかる。
 腹黒い人は、引っかからない。
 ・作文
 「マイネームイズ○○」
 声を出して練習。
 書く練習。
 ・アルファベット
 ・自己紹介の文
 ・単語…トマト、卵、かぼちゃ、にんじん


 ◆国語
 ・漢字書き取り
 3つのコースにわかれている。
  6年生総まとめ(1)
  6年生総まとめ(2)
  5年生総まとめ(1)
 進度は、子どもによって違う。
 今回は、さかのぼり方式。
 最後は、1年生。
 だんだん簡単になっていく。

 ・漢字リピート
 まだ、やっていないところを教える。
 今日は、「読み方 8」。
 予想よりできないので、ここだけにする。
 練習。

 ・呼びかけのイメージ
 先輩たち(歴代杉渕学級)のビデオを見る。
 卒業式の呼びかけの様子である。
 ・声の出
 ・声の張り
 ・表現の仕方
 ・表情
 ・その他
 何を感じるか。
 感じたものをどう活かすか。
 まずは、刺激を与える。

 ◆給食
 6分で準備。

 ◆掃除
 掃除の時間、いらない箱を崩す。
 グッズの整理など。

 ◆算数
 実力テスト。
 終わった子は、自分の課題をやる。
 ・復習
 ・問題集
 ・難問題集
 ・その他


 ◆音楽
 授業を見に行く。
 卒業式の歌について打ち合わせ。
 歌う歌
 ・校歌…どの場面で歌うのか?
 ・『旅立ちの日に』
 ・『仰げば尊し』 リクエストされた歌
 ・『広い世界に』 学年の先生のリクエスト
 ・『栄光の架橋』 実行委員による
 ・『さよならは言わない』 音楽の先生が選んでくれた歌

 『さよならは言わない』
 どこかで耳にしたことがある歌。
 とてもきれいな歌である。
 地声では、絶対に歌えない。
 「この子たちのために」と、選んでくださったのだ。
 いい歌だ。

 『旅立ちの日に』
 掛け合いのところは、楽譜通り歌うことにした。
 ・男子…ソプラノ
 ・女子…アルト
[PR]
by sugitecyan | 2008-01-18 23:05 | Rokusen(ろくせん)



実践の記録
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Order butalb..
from Butalbital pha..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Azithromycin.
from Azithromycin.
Naked women.
from Free naked wom..
Buy cheap am..
from Buy ambien onl..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Citalopram.
from Citalopram.
Buy terbinaf..
from Buy terbinafine.
Buy fioricet.
from Buy fioricet.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧