全力教室

<   2006年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

   未来につながる教室 2月28日

   未来につながる教室 2月28日
  
   2月も今日で終わり。
   子どもたちが巣立つまで、あと1か月。
   心して実践したい。
  
   ◆チャレンジタイム
   定番メニュー+新しい漢字プリント&ごいけんばん。
  
   ◆呼びかけ
   個人での作業
   ・内容をつくる。
   ・台詞を加筆修正する。
   ・表現の仕方を考える。
  
   ◆呼びかけ台本作成
   呼びかけ台本(草稿)を作成する。
   全体像がわからないと、先に進めない。
   「門出の言葉」の構成を把握し、見通しをもつ。
   自分がどの場面でいうかを把握する。
   まずは、たたき台が必要ということで、草稿をつくったのである。
   時間を計ってみる。
   全体で11分弱。
   感謝/思い出/在校生の言葉/成長/メッセージ/旅立ち
   の6章である。
   そのうち、メッセージをのぞくと 4分40秒。
   メッセージ(一人ひとこと)は、6分。
   これに、歌と在校生の言葉が加わる。
  
   ◆プレゼントづくり
   ようやく仕上がった。
   包装をする。
  
   ◆出し物の練習
   ・合奏『めぐる季節』
   リコーダーの練習。
   アルトが入るときたなくなるところを変更する。
   前奏と後奏をソプラノだけにする。
  
   ・SOHRAN
   1~4番。
   以前よりスタミナがついてきている。
   型も決まってきている。
   それぞれの番でポイントになるところを指導する。
  
   ◆バスケットボールリーグ戦
   前時より、シュートが決まるようになった。
   50パーセントアップという感じである。
   どうして急に決まるようになったのだろう。
   慌てて打たず、落ち着いてシュートしている。
   一歩近づいてシュートしている。
   このへんが、大きな違いである。
  
   ◆復習
   国語、算数、社会の総復習。
   算数は、単位の計算。
   1~6年までの復習である。
  
   ◆祝い感謝する会
   プログラムづくりのオリエンテーション。
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-28 20:33 | 実践記録 未来につながる教室

未来につながる教室 2月27日

   未来につながる教室 2月27日

   ◆全校朝会
   校歌が落ちてきている。
   声を出さない学級が出てきた。
   そろそろ指導を入れたほうがいい。
   落ちだしたらあっという間である。
  
   ◆基礎学力づくり
   休み明けは…「ごいけんばん」すらすら読めない子がいる。
   
   ◆呼びかけ
   役割分担できた。
   土日の課題は2つである。
   ・文章を加工する。
   ・解釈する。
  
   しかし…いずれも弱かった。
   きちんとしてきた子もいたが、まだ低レベル。
  
   「一人ひとりが」
   だれとだれ。
   37人の成長を書いてきたか。
   だれがどんな成長をしたか。
   一人ずついっててごらん。
  
   「1年生」
   「2年生」
   「1年生と2年生は、いい方が同じなのか、違うのか」
   1年生は、どんないい方がふさわしいのか。
   ・わんぱく
   ・わくわくどきどき
   ・ぴかぴか
   ・不安と期待
   どんな感情を込めて「1年生」というのか。
   以下同じ。
  
   休み明けはいつもこうなのだが…
  
  「考えましょう」
  
   一人ひとり、指摘する。
   アドバイスというか、ヒントを出す。
  
   呼びかけの台本をつくろうと思ったが、時期尚早だった。
   とことん考えていないから、言葉が軽い。
   たとえ表現が上手であっても、中味は0である。
   まずは、あふれる中味をつくることから。
  
   ◆授業
   いずれも、まとめの授業である。
   6年間のまとめをしている。

   ◆卒業プロジェクト
   呼びかけ以外。
   ・『めぐる季節』 
   リコーダーの練習。
   ソプラノばかり見ていたが…アルトが下手くそ。
   ソプラノはよくなってきている。
   アルトは、きちんと吹けない子がいる。
   タイミングが合っていない。
   
   ・SOHRAN
   放課後、体育館で練習。
   1~4番。
   ポイントを押さえて練習する。
   休み明けは厳しい。
   反応鈍し 
   踊っているうちに、だんだんよくなってきた。
  
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-27 20:32 | 実践記録 未来につながる教室

未来につながる教室 2月24日

   未来につながる教室 2月24日
   
   ◆チャレンジタイム
   
   ◆算数
   6年生のまとめ
  
   ◆音楽
   『めぐる季節』劇的な変化があったという。
   昨日の練習が効いている。
   「トラブルはステップアップの教材」である。
  
   ◆呼びかけ(個人)
   呼びかけの練習は2通りある。
   1つは、一人ずついう。
   ・時間がかかる(5分くらい)。
   ・ごまかせない。
   ・いい悪いがはっきりする。
   ・評価しやすい。
  
   もう1つは、全員一斉にいう。
   ・短時間でできる(10秒)。
   ・ごまかせる。
   ・いい悪いがはっきりしない。
   ・評価しにくい。
  
   それぞれ長所と短所がある。
   この2つを組み合わせるといい練習になる。
  
   ◆呼びかけ(全体)
   実行委員が作成した呼びかけ、第一案完成。
   まだまだできは?だが、まずはたたき台が必要。
   第一段階としては、これでよい。
   それにしても…教師がつくればあっという間にできるのだが…
   100倍時間がかかる。
   今日は、役割分担。
   だれが、どのセリフをいうかを分担する。
   ・どうしてもこのセリフをいいたい。
   ・どのセリフでもいい。
   2通りのコースあり。
   
   分担が決まったところで、次なる課題を出す。
   土、日を使って、分担したセリフを考えてくる。
   実行委員がつくったセリフをアレンジする。
   ちょっと言葉を換える、付け加えるなど。
  
   ◆文集
   題について、考えさせる。
   おもしろくないものが多い。
  「楽しかった移動教室」
   だれでも思いつく題。
   安易である。
  「読みたい」と思わせる題を考えるようにいう。
   これも、題検討!
   感覚を磨くには、絶好の題材である。
  
   ◆プレゼントづくり
   各学年にプレゼントするカードづくり。
   教材をつくるというのは、難しい。
   総合的な力量がないと、いい教材はつくれない。
   逆にいえば、教材をつくることで力をつけることができる。
   いつもは、教材を与えられる。
   今回は、教材を与える。
   する立場からさせる立場へ。
   視点を変える学習である。
  
   ◆体育
   バスケットボールリーグ戦。
   パス回しはかなりよくなってきている。
   5年生は、相手にならないだろう。
   しかし…肝心のシュートが×。
   確率が悪い。
   シュートが入らないのである。
   いくらパス回しがよくても入らないのでは意味はない。
   入れてなんぼである。
   シュートを入れることが課題。
   練習ではぽんぽん入る。
   ゲームとなると入らない。
   相手のプレッシャーがあるからである。
   練習のときのように、リラックスできないからである。
  
   SOHRAN フルバージョン
   「6年生を送る会」でSOHRANを踊る。
   踊るのは、あと2回。
   もう1回は、「卒業を祝い感謝する会」である。
   それぞれ、バージョンがある。
   これも【三変化】である。
  
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-24 22:02 | 実践記録 未来につながる教室

未来につながる教室 2月23日

   未来につながる教室 2月23日
  
   家の用事で、2時間休暇。
   
   ◆チャレンジタイム
   プレゼントするカードを使っての学習。
   班ごとに披露。
   他の班が生徒役。
   さて、どうだっただろうか。
  
   ◆理科
  
   ◆算数&国語
   ・カードづくり
   昨日学習したことを活かしているか?
   ・呼びかけ
   ・文集
  
   ◆体育
   ・バスケットボールリーグ戦
   ・SOHRAN フルバージョンの練習
  
   ◆学級活動
   「6年生を送る会」に向けて『めぐる季節』の練習
   楽器の子は、音楽室で練習。
   リコーダーの子は、教室で練習。
  
   ◆学級騒動
   アクシデント発生。
  「先生、○○くんたちがまじめに練習しないんです」
   女の子たちがいいにきた。
   最近は、滅多にないことである。
   ・ふざけない。
   ・自分たちで解決する。
   今回は、助けを求めにきた。
   久しぶりである。
  
   ふざけた2人は、最近様子が変だった。
   原因ははっきりしている。
   ※ここに書くことはできないのだが…
   学級における問題ではない。
   だから、注意しなかった。
   しかし、今回は厳しく注意。
   
   それぞれ、事情はある。
   事情をくんでいる。
   私も他の子も。
  
   一生懸命練習していた子たちに意見を述べさせた。
   私は、席を外す。
   教師がいうより、みんながいうほうが何倍も効くのである。
  
   帰ってきた2人を見ると、まだ十分反省していない。
   そこで、指導する。
  「どうしてふざけたのか」と聴いたのだが、答えない。
   答えられないのだろう。
   私が、かわりに答える。
   ドンぴしゃり。
   2人とも驚いた顔をしていた。
   わかった上で、あえて注意したのである。
   負けるな!
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-23 22:01 | 実践記録 未来につながる教室

未来につながる教室 2月22日

  
   未来につながる教室 2月22日
  
   ◆仲よし集会
   縦割り集会。
   今日は、6年生にプレゼントする色紙づくり。
   6年生は、最初だけ参加する。
  「(メッセージを)だれに書くの?」
   という子がいるから、顔を見せにいくのである。
  
   戻ってきた子から、漢字の学習。
  
   ◆音楽
   いっしょに指導する。
   今日は、全員がリコーダーをふく。
   他の楽器をやっている子は、リコーダーをふくという意識がうすい。
   自分がリコーダーをやることで、合わせ方がわかってくる。
   難しい部分もわかってくる。
   リコーダー担当の苦労もわかる。
   相手を知らないと、合わせることができない。
   相手を知るには、同じことをしてみるのが一番である。
  
   リコーダー、前奏が粗い。
   すぐ戻ってしまう。
   指導したことを思い出させる。
   ていねいにふかせる。
   メロディー、ふき終わりを意識させる。
   ブツッと切れないようにする。
  「音の終わりは、次の音のはじまりでもあるんです」
  「音をつなぎましょう」
  
   中間部分。
   ゆっくりふかせる。
   スピードを落とすだけで、あとは変わらない。
   ゆっくりやっても、音を大切にする。
   やわらかな音を出す。
   強弱をつける。
   などなど。
   指導しないと、すべてが雑になってしまう。
  
   ゆっくりふくと、ごまかしがきかない。
   これがいい。
   はやいところは、スピードでごまかせる。
   ゆっくりふくと、ごまかせない。
   ・おぼえていないから指が動かない。
   ・練習しているが、指が動かない。
   自分はどちらなのかを判定させる。
   一人ひとりふかせないと、本当のところはわからない。
   一人ずつふかせる。
  「練習不足ですね。まずは、練習しましょう」
   ふけないこの多くは、練習不足。
   練習の「れ」にもいっていない。
   練習すると、楽譜を見なくなる。
   無駄な力が抜けてくる。
   
  
   上達法を教える。
   最初は、ゆっくり。
   上手な子にふかせる。
   思いっきりゆっくり。
   しかし、ただスピードを落とすだけではない。
   曲想は表現させる。
   ポイントを教える。
   ・2音目を強くしない。
    意識しないと、第2音が強くなる。
    やわらかく少し小さめでふく。
    3音は、少しずつふくらませていく。
    一氣に音を大きくしない。
    背骨一本ずつ動かすという感じで、息を入れていく。
    4音は、高い音。
    ここで変な音になる子がいる。
    ・強くなりすぎる。
    ・きちんとした音が出ない。
  
   代表の子がリコーダーをふく。
   指導前と後ではえらい違いである。
  
   イメージができたところで、練習法がわかったところで、練習させる。
   今までの練習は、練習になっていない。
   これからが、本番である。
  
   ◆呼びかけ&文集
   全体のほうの呼びかけが、だいぶ進んだようである。
   ※実行委員会で作成中。
  
   ◆プレゼントづくり
   カードづくり
   子どもたちは、簡単に考えている。
   どうしてどうして…教材づくりは高度な作業である。
   相当な力量がないと、いい教材はつくれない。
   途中経過報告
  
   部首の色を変えたのはいいが、部首が黒。
   普通は意識させるところの色を変える。
   どういう感覚しとんじゃ?
   処分するのはもったいないので、部首の部分を太くすることにした。
   書き順クイズ。
   この部分は、○画目かを問う問題である。
   しかし、その部分も色が同じ、矢印も同じ色。
   見にくい。
  
   教材は、独りよがりではつくれない。
   わかりやすく、楽しくなどなど、相手のことを考える必要があるのである。
  
   
   頭をフル回転させ挑むのが教材づくり。
   このような話をした。
  
   子どもたちの認識は新たになったことだろう。
  
   ◆ビデオ
   神津小卒業式のビデオを見せる。
   イメージをつくる。
   いつも見ているものが、基準になってしまうので。
   見たことがないと、できるようになるのは難しい。
   見ると、簡単。
   あとは、実行すればいいからである。
   新河岸小における典型例をつくるのが、彼らの役目である。
  
   ◆会食会
   出し物の準備。
  
   ◆SOHRAN
   二変化目。
   前回と違い、全員が1~4番まで踊る。
  
   SOHRANの練習。
   課題は3つである。
   ・1~4番まで踊るスタミナ養成。
   ・1~4番までの踊りを覚える。
   ・型をびしっと決める。
   
   本日は、基本の動き3つ、前奏と1番の練習をおこなう。
   10分ほど。
   そのあと、南中のビデオを見せる。
   自分たちの練習のあとだと、いろいろなことが見えてくる。
   細かな点に目がいくようになる。
  
   ★要録&抄本
  
   ★片づけ&整理
  
  
  
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-22 22:24 | 実践記録 未来につながる教室

未来につながる教室 2月21日

   未来につながる教室 2月21日
  
   ★卒業プロジェクト
   ・6年生を送る会、会食会
   ・卒業を祝い感謝する会
   ・門出の言葉
   ・文集
  
   事務的なことも、たくさんある。
   要録、抄本、あゆみ…
  
   ◆チャレンジタイム
   いつものメニュー+リコーダー
  
   『めぐる季節』合奏
   前奏は、話にならなかった。
   メロディの途中まではよい。
   そのことを告げると…
   「中間部が難しいんです」(音楽の先生)
   まだ、そこまではいっていない。
  
   今日は、中間部をチェックしたい。
   どのくらいふけるか。
   前奏はやわらかくなった。
   昨日とは別人である。
  
   中間部。
   まだ、合わせる段階ではない。
   きちんとふけない子がいるからである。
  
   上達法を教える。
   最初は、ゆっくり。
   上手な子にふかせる。
   思いっきりゆっくり。
   しかし、ただスピードを落とすだけではない。
   曲想は表現させる。
   ポイントを教える。
   ・2音目を強くしない。
    意識しないと、第2音が強くなる。
    やわらかく少し小さめでふく。
    3音は、少しずつふくらませていく。
    一氣に音を大きくしない。
    背骨一本ずつ動かすという感じで、息を入れていく。
    4音は、高い音。
    ここで変な音になる子がいる。
    ・強くなりすぎる。
    ・きちんとした音が出ない。
  
   代表の子がリコーダーをふく。
   指導前と後ではえらい違いである。
  
   イメージができたところで、練習法がわかったところで、練習させる。
   今までの練習は、練習になっていない。
   これからが、本番である。
  
    押さえ方
    ・同時
    ・他の指→親指
    ・親指→他の指
   あなたの押さえ方は、これら3つのうちどれか?
   もちろん、子どもたちは意識していない。
  
   ◆まとめ
   6年間のまとめ
   とくに、漢字と算数全般、歴史関係。
   中学に入りすぐ使うものである。
   とくに算数(数学)。
   苦手な子は、最初から置いていかれる。
  
  
   ◆卒業プロジェクト
   ・SOHRANは、フルバージョン。
    1~4番まで通して踊ると疲れる。
    かなりハードである。
    
   給食のとき、南中ソーランのビデオを見せる。
   日本一に輝いたときの踊りである。
  
   ◆体育
   球技大会に向けて
   班対抗から、システムを変更する。
   男子は男子、女子は女子で試合をする。
   男子は4チーム、女子は3チームである。
   ・作戦会議
     ポジション、役割などを決める。
     実際に動いてみる。
  
   班対抗より、ずっとおもしろい。
   プレーの質が高くなる。
  
   ◆プレゼントづくり
   例年は、雑巾をプレゼントしている。
   今回は、カードである。
   チャレンジタイム、授業で活用できるカードである。
  
  
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-21 21:20 | 実践記録 未来につながる教室

未来につながる教室 2月20日

  未来につながる教室 2月20日

 ◆全校朝会
   校歌のとき、声が小さかった。
   途中で、校長先生が声を出すように指示。
   最近は、看護当番が指揮をしている。
   これは、これでよい。
   しかし、ただ歌うだけになっている。
   声が出ていなかったらやり直しをさせる。
   学級ごとに歌わせるなどが必要である。
   積み上げるのは大変だが、崩すのは簡単。
   一瞬で崩れる。
  
   ◆基礎学力づくり
   いつものようにおこなう。
   姿勢、軸、腹式呼吸などを指示する。
  
   ◆卒業プロジェクト
   オリエンテーション
   まずは「6年生を送る会」まで。
  
   優先順位をつけておこなう。
   ・6年生を送る会 会食会  出し物  各グループ
   ・6年生を送る会出し物
     『めぐる季節』 合奏
     SOHRAN  三変化   その2
     今回は、フルバージョンでおこなうことにした。
     ※学級の役員さんからの提案あり。
      実行することにした。
   ・門出の言葉
    ・個人
    ・全体
   ・文集
  
   ◆会食会
   出し物は、クイズと心理テストが多かった。
   
   ◆送る会の出し物
   『めぐる季節』のリコーダー。
   前奏は、へたくそで聴いていられない。
   さっそく指導する。
   強く吹きすぎているのである。
   原曲を聴かせる。
   最初の音を強くすると、そのあとも強くなってしまう。
   最初は強く、あとはやわらかく。
   これがなかなか難しい。
   しかし、指導を入れるとどんどん変わっていく。
   指導に反応する耳にはなってきている。
   メロディーのほうは、まあまあ。
   もちろん、一人ひとり吹かせてアドバイスする。
   ・ポイントを指摘
   ・よくなるためのワンポイントアドバイス
   ・上手な子の演奏を解説
   ・何回か吹かせ、イメージを創る。
   こんな感じで指導していく。
  
   SOHRAN フルバージョン
   今回は、フルバージョン。
   1~4番まで踊る。
   いつもは、4番中2回踊る。
   倍踊ることになるわけである。
   力が入ってしまうと、最後までもたない。
   3分30秒の踊りであるが、まともに踊るとかなりハード。
   さて、どうなるか。
  
   9日の「卒業を祝い感謝する会」でもSOHRANを踊る。
   こちらは、違ったバージョンでおこなう。
   演出もある。
  
   門出の言葉(呼びかけ)
   個人の呼びかけはできてきた。
   いい子はいいが、よくない子はよくない(笑)
   ・ごてごてしている。
   ・同じ言葉が何度も繰り返される。
   ・あれもこれもいおうとしている。
   ・文がねじれている。
  
   「私の夢は~」
   「将来なりたいものは~」
   「将来の夢は、○まるです」
   などなど、出だしだけでもいろいろ考えられる。
   内容については、
   ・内容を選ぶ
   ・言葉を選ぶ
   ・切り口を考える
   ・ユーモアをまじえる
   などなど、指導する。
  
  
  
   ◆図工
   螺鈿細工
  
   ◆理科
  
   ◆クラブ
  
  
   放課後は、抄本、要録、あゆみ。
   毎日、少しずつ執筆している。
   教室にこもって、一氣に書き進める。
   だいぶ進んだ。
   ※その氣になるとはやい。
  
   
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-20 21:19 | 実践記録 未来につながる教室

今週のまとめ

◆今週は
   なんといっても、学力テスト。
   ようやく終了。
   
   卒業関係の仕事スタート
   ・お別れ会食会 わりふり
   ・下級生へのプレゼント決め
   ・祝い感謝する会の座席決め
   ・その他いろいろ
  
   
   今週は、思いのほかハードだった。
   メール数も多く、返信に時間がかかった。
   
   13日(月)ある出版社の取材
   14日(火)バレンタインデー
   15日(水)自主研究発表会打ち上げ
   16日(木)飲み会
   17日(金)ある出版社の取材、卓球打ち上げ
  
   ◆取材
   取材が2つ。
   公教育の広告塔だと思って引き受けている。
   いろいろな分野で、公教育の可能性を取り上げてもらいたいと思っている。
  
   新聞、雑誌などを見るとマイナス一色という感じがするので。
  
   ◆バレンタインデー
   子どもたちからも、たくさんもらった。
   最近、厳しくしているのに、なぜ(笑)
   全国の方々からも。
   ありがとうございました。
  
   ◆飲み会
   15日は、若手4人を招待。
   お疲れ様会をする。
   居酒屋で会食。
   よく食べよく飲んだ。
   この日は、わたしのおごり。
  
   16日は、仲間と飲む。
   すぐ帰る予定が…家に着いたら、12時30分。
   17日は、卓球の打ち上げ。
   惜しくも負けてしまった。
   私は、予定が入っていたので、飲み会のみ参加。
  
   3日間続けての飲み会は、ハードだった。
   メルマガの発行ができなかったのは、夜遅く帰ったためである(笑)
   17日などは、朝帰ってきた(18日)。
   取材が終わってから、打ち上げに参加。
   お店に着いたのが、10時近く。
   それから飲んで(他の人はできあがっていた)→カラオケ
   4日は、タクシーで帰った。
   家まで、8000円。
   今回は、ファミレスで始発を待つ。
   一人つき合ってくださった。
   ありがとうございました。
  
  
   こんなハードスケジュールでも、元氣。
   いったい何を食べているのだろう。
  「人を喰っている」(笑)
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-18 21:18 | 実践記録 未来につながる教室

未来につながる教室 2月17日

   未来につながる教室 2月17日
  
   ◆チャレンジタイム
   いつものメニューをさっとやる。
   その後、実行委員が前に出た。
  「今日から、呼びかけにをつくりたいと思います」
   カードを配る。
  「まず、先生、主事さん、地域の方々に対する感謝の言葉です」
   3分ほど時間をとる。
   全員が、感謝の言葉を書く。
   この中からいいものを選ぼうというのである。
   次は、「思い出」
   このようにして、みんなの考えを吸い上げていくのであろう。
  
   ◆算数
   学力テストの分析。
   ほとんどの子が、90点以上。
   問題は、40問。
   1問1点。
   100点に換算すると、1問につき2、5点。
   4問ミスだと90点ということになる。
   多くは、1~2問ミスだった。
   ミスが多かった問題を復習。
  
   ◆体育
   バスケットボールリーグ戦。
   シュートはうまくなったが…
   実戦となるとうまくいかない。
   最近は、このへんを修正している。
   ゲームの中でも、シュートが入るようになってきた。
   ・ポジショニング
   ・役割
   などを教える。
   体が大きく背の高い子には、センターになることを勧めた。
  「リバウンドをとるのが君の仕事だ」
   などなど。
   子どもに応じてアドバイスする。
   これだけでも、見違えるように動きがよくなった。
  
   ◆国語
   ・呼びかけ…自分の分
   ・文集
  
   ◆音楽
   リコーダーを練習させる。
  
   ◆総合
   卒業プロジェクト
   ・下級生へのプレゼントづくり
   ・祝い感謝する会の企画
   ・会食会の出し物
  
   などなど、忙しくなってきた。
   
   となりの5年生もあっぷあっぷ状態(笑)
   6年生を送る会の準備、装飾、仲よし集会準備などなど。
   
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-17 21:17 | 実践記録 未来につながる教室

未来につながる教室 2月16日

   未来につながる教室 2月16日
  
   ◆今後の展開
   学力テスト終了。
   国語、算数とも平均は90を上回るだろう。
  
   ◆学力テスト後
   答え合わせと分析。
   自分の弱点を把握→補強する。
   
   これからは、卒業関係の仕事が中心になる。
  
   ◆チャレンジ
  
   ◆理科
   
   ◆卒業関係
   「6年生を送る会」の会食会
   ・どの学級に行くか
   ・在校生へのプレゼント
    ※例年は、ぞうきん
   「卒業を祝い感謝する会」の席
   など、早急に決めるべきことがある。
  
   ・文集
   ・呼びかけの言葉
   
[PR]
by sugitecyan | 2006-02-16 21:16 | 実践記録 未来につながる教室



実践の記録
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Order butalb..
from Butalbital pha..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Azithromycin.
from Azithromycin.
Naked women.
from Free naked wom..
Buy cheap am..
from Buy ambien onl..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Citalopram.
from Citalopram.
Buy terbinaf..
from Buy terbinafine.
Buy fioricet.
from Buy fioricet.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧