全力教室

こくせん 12月18日

  
  
  こくせん  12月18日(月)

 ◆朝会

 マイクの調子が悪く、当番の先生が肉声で号令をかける。
 ※マイクの電池切れ。
 マイクより肉声の方が集中する。
 これがおもしろい。
 だれに向かっていっているか ということが明確になる。
 指向性の問題である。


 生活指導主任の先生が、礼の仕方を指導する。
 とても大切な指導だと思う。
 毎回意識させることにより、変わるときがくる。


 ◆6年1組

 ★音読 『スイミー』

 同じ部分を何度も読んでいる。
 完璧に読めるようになったら、次に進む予定。
 まだまだ、道は遠い。
 「広い海の」は、すごくよくなってきた。
 声をコントロールしている。
 音読の声である。
 きれいな声である。
 住んだきれいな海がイメージできる声である。

 課題は、「小さな魚のきょうだいたちが」。
 「小さな」の「ちい」が落ちてしまう。
 ぽんと上に当たらない。
 難しいといえば、難しい。
 意識しないと当たらない。
 とくに休みあけは、戻ってしまう。

 できるようになったら、リズム。
 「小さな魚のきょうだいたちが」
 声をだんだん大きくしていく。
 リズミカルに読む。
 これが、なかなかできない。


 ★読解 『人類よ、宇宙人になれ』
 立場をはっきりさせ、自分の考えを書く。


 ★読解  一文解釈

 『きつねの窓』より。

 杉渕流一文解釈。
 どのくらいできるようになったかのテスト。
 時間は、7分くらいか?
 
 多い子は、20以上書いた。

 私の指示は「100見つけよう」


 ◆6年3組

 ★音読 『スイミー』
 冒頭部分。
 「小さな」声を当てること。
 リズム。

 ★一文解釈 『きつねの窓』
 ある一文を提示する。
 『きつねの窓』より、冒頭部分の一部である。
「100見つけよう」
 と声をかける。

 1組より時間をかける。
 60以上見つけた子もいた。
 前半は、停滞状態の子が多かった。
 途中から加速する。
 わけがわかってくると、どんどん書けるようになる。
 こうなるとおもしろくなる。

 ★読解 『人類よ、宇宙人になれ』

  A 宇宙進出よりも、まずは地球のことを知るべき。
    地球ですべきことがある。

  B 地球のことを知り、すべきことをする。
    それとともに、宇宙に進出する計画を進める。  並行

  C 宇宙に進出すべき。

 自分は、3つのうち、どの立場をとるか。
 筆者は、どの立場か?

 
 ◆4年2組

 テスト 『アーチ橋の仕組み』

 終わった子は、一文解釈
 かなり書けるようになってきた。

 ◆選択教科
 『算数の達人になろう!』の最終回
[PR]
by sugitecyan | 2006-12-18 22:01 | こくせん
<< こくせん 12月19日 こくせん 12月14日 >>



実践の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Order butalb..
from Butalbital pha..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Azithromycin.
from Azithromycin.
Naked women.
from Free naked wom..
Buy cheap am..
from Buy ambien onl..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Citalopram.
from Citalopram.
Buy terbinaf..
from Buy terbinafine.
Buy fioricet.
from Buy fioricet.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧