全力教室

こくせん 5月22日

 こくせん  5月22日

 運動会まであと1週間。


 ◆全体練習

 応援の練習
 雨が降っていないので、外ですることができた。
 さて?全体的に声が出ていない。
 休みあけのせいもある。
 応援団はがんばっているが、全体は、まだまだ△。
 後半は、少し声が出てきた。


 ◆2年2組
・あいさつ&声出し
 運動会バージョンでおこなう。
  赤→白→全員
・校歌
 腹筋で声を支える。
 響かせる。
 最初は△、何度も練習すると◎になった。
 休みあけと全体練習のせいであろう。

 ・応援
 「フレフレ赤(白)組 フレフレ赤(白)組」
 赤→白の順におこなう。
 赤3点、白80点。
「もう一度やらせて」
 今度は、白100点。
「もう一度やらせて」
 赤も、100点。
 最後は、「フレフレ五反野 フレフレ五反野」
 かなりの声量。

 ・音読 『ひろがることば』
 きれいな声で。
 これまた、運動会バージョン
  赤→白→全員
  前半は、赤、後半は、白。
  一行ずつ交互に
 などなど。
 応援のときとがらっと変わって、きれいな声。

 ・漢字
 カタカナのたし算
 例示  ナ+ロ=左
 プリントを配る。
 どんどんつくらせる。
 よくわからないこのために、黒板の例を書く。
「よくわからない人は、黒板を写しましょう」
 熱中、集中!


 『だからわるい』
 2年生なので、解説を入れながらおこなう。
 読ませるだけではわからない子もいるので。


 ◆6年2組
 今日から、研究授業モード。
 私の担当する部分を減らす。
 テンポよくおこなう。
 ・あいさつ&声出し
 ・校歌…一部分
 ・漢字…四方熟語  
 2問出題。

   富     通
  岡□形   未□識
   梨     能
 
 答え
   山     知

 ・『だからわるい』
 それぞれの見方
  男の子たち→女の人
  女の人→男の子たち
 全部で、10~15分でおこなう。

 短時間で、それぞれワンポイント。

 『ぼくの見方、君の見方』 担任の先生による授業。

 ◆題名読み
 題を見て思ったこと、考えたことなど
 ・この世界とは、心の中のこと。
 ・世界とは海のこと。
 ・自分が見ているところ(自分の視界)。
 ・気持ち
 ・心の中
 ・自分の理想
 ・夢
 ・1日の過ごし方
 ・妄想
 ・自分の部屋
 ・ぼくと君の天国と地獄

 「ぼくってだれ、君ってだれ」
 ・ぼくは、作品を書いた人、君は、その友だち。
 ・ぼくは、筆者、君は、読者。
 ・一人ひとり
 ・存在しない人

「ぼくは、男、女?」

「どうして、『ぼくと君の世界』としないのか。
 どうして、まとめないのか」
 ・同じ所に住んでいないから。
 ・違う世界だから。まったく違うから。
 ・一人ひとり違う世界をもっているから。
 ・二人に、それぞれの世界があるから。
 ・ぼくと君は違うから。
 ・同じ気持ちになれないから。
 ・題名を強調したいから。

 などなど。

 ◆2年3組
 すべて、運動会バージョンでおこなう。
 赤vs白
 ・あいさつ&声出し
 ・校歌
 ・運動会の歌   声がきれい。地声との使いわけができている。
 ・音読(表現読み)声がきれい。

 ・漢字
 カタカナ漢字計算
 カタカナを組み合わせて漢字をつくる。
 3組も熱中。
 おもしろい。
「もっとやりたい!」の声が多い。

 ・読解 『だからわるい」
 プリントを配る。
 読み聴かせ。
 はじめから、少しずつやっていく。
 冒頭の一文を読む。
「犬は、何匹ですか」
「一匹です」
 いろいろな答え方で「一匹」

「この犬の大きさを想像しましょう」
 ・大きい
 ・中くらい
 ・小さい
 大きくわけて、3つの考えが出された。

「犬は、今、何をしているでしょう」
 ・けんか
 ・ほえている。
 ・怒っている。
 ・猫をいじめている。
 

「犬は、今、どんな顔をしているでしょう」
 ・こわい顔。
 ・猫のことをにらんでいる。
 ・目がこわい。
 ・怒っている。
 など。
 

 ◆リレーの練習
 今日は晴天。
 初めての校庭練習(笑)。
 実際のトラックを走ってみる。
 体育館練習とは、勝手が違う。
 テークオーバーゾーンが14メートルくらいしかない。
 ※ふつうは、20メートル。
 練習後、本番のように走ってみる。
 ゾーンをオーバーする子が続出。
 事前に、できるだけ引きつけてからスタートするようにいったのだが…
 やらないとわからないのが人間。
 いつも通りスタートした子は、全員オーバーしていた。
 オーバーしたら失格、1位でも最下位に落ちる。

 対策
 ・真ん中で「はい」と声がかからない場合、スピードを落とす。
 ・自分が思っているより引きつけてスタートする。
 ・認識を変える。
 本番用に頭を切り換えること。
 本番は、
 ・相手がいる。
 ・カーブを曲がってからパス。
 ・ゾーンが短い。
 この3つを頭に入れて練習する必要あり。

 ◆運動会練習
 3年生の手伝い。
 「ソーラン節」の指導。
 しかし…もう形ができあがっているので、修正が難しい…
 強調したのは、視線。
 「どこを見るか」
 視線によって、踊りががらっと変わってくる。
 短時間での修正は難しかった。


 ◆係活動
 応援団担当。
 午後の応援(ウエーブ)の練習。
 一つ一つの型を決める練習。
 ポイントを押さえた練習。
 まだ、頭でわかるができない段階。

 ◆校庭整備
[PR]
by sugitecyan | 2006-05-22 20:52 | こくせん
<< こくせん 5月23日 こくせん 5月19日 >>



実践の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Order butalb..
from Butalbital pha..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Azithromycin.
from Azithromycin.
Naked women.
from Free naked wom..
Buy cheap am..
from Buy ambien onl..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Citalopram.
from Citalopram.
Buy terbinaf..
from Buy terbinafine.
Buy fioricet.
from Buy fioricet.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧