全力教室

全力教室


  全力教室  1月31日(金)


 学校へ。
 電車の中はいいのだが…
 バスに乗ると…眠くなる。
 今日も、しっかり寝てしまった。
 あれだけ寝たのに、まだ眠い。
 青春時代だから、仕方がない(笑)

 傘そろえ、ゴミ拾い。

 教室で、仕事をする。

 ◆看護当番
 日直の先生がお休みなので、代わりに仕事をする。
 ・校門であいさつ
 ・中央門であいさつ、門閉め
 ・その他
 もう一人の先生と2人で、日直の代役を務める。
「おはようございます」
 子どもたちから、声をかけてくる。
 今週2回目なので、無視する子はいなくいない。
 自分からあいさつする子が増えた。
 思いっきりあいさつする。
 少々のどが痛いが…
 始まれば、全力あいさつ。
 氣分がよい。

 今日も、思いっきりあいさつすることができた。
 子どもといるときは、スイッチが入る。
 疲れなど感じない。

 ◆イニシアチブ
「先生、うんこが…」
 便器以外のところに、うんこが落ちているという。
 トイレの倉庫に、運が3つ。
 超硬い。
 これは、昨日以前のものだろう。
 朝から、運がいい(笑)

 学校が荒れてくると、こういうことが起きる。
 前の学校では、廊下にうんこが落ちていたことがあった。
 運がいいのか、悪いのか(笑)

 ◆出欠チェック


 ◆あいさつリレー
 反対側から、あいさつリレー。

 ◆班学

 ◆あまりのある100題のわり算

 ◆全漢字

 ◆一文解釈&指名なし発言
 『きつねの窓』
 指名なしで、どんどん発言していく。
 見落としている点について、言及する。

 主人公の探し方の違いががわかるか?

 最初は、きつねの「家」を探している。
 今日読んだところは、「きつね」を探している。
 探し方が、違ってきているのだ。

 ◆一文解釈
 『言葉のきまり 2』

 アジアの面積は、世界の五分の一にもなる。
                  ̄
 この一文について。
 ・アジアは思ったより広い。
 ・ちょっと自慢しているような言い方。
 ・「も」がつくと、思ったより広いという感じを受ける。
 などなど。

 ◆一文解釈
 『フリードルとテレジンの小さな画家たち』
 4つの台詞から、状況を考える。
 指名なし発言。
 
 先を読む。
 私が解説する。
 重たい話である。
 重たい現実の中に、わずかな希望がある。

 ◆算数

 ★超予習
 ・方程式
 分数が入った問題。
 ・方程式の応用問題
 まだ、回路づくりの段階。
 わからない子には、教える。

 ★『計算ドリル』説明
 ・説明
 ・個人学習

 ◆20分休み

 ◆理科
 『電氣』
 ・電氣をつくる。
 ・IHについて。
 ・その他

 指名なし発言+書く。

 ◆SOHRAN
 練習→撮影→分析・練習→撮影→分析。
 伸びる素質は、「素直」ということ。
 多くの場合、いわれるとかちんとくる。
「やっているよ」
「努力しているよ」
 と思ってしまう。
 アドバイスを聴こうとしない。
 結果として、伸びない。

 映像は、シビアである。
 いくら言い訳しても…目の前にいるのは自分である。
 自分で自分の姿を見て…愕然とする。
「超下手くそ」
 映像を見るということは、自分を客観視することだ。
 映像を見て、下手なのはわかる。
 自分が思っているより、ずっと下手。
 イメージとかけ離れている。

 下手だということがわかっても、先に進めない。
 「どうしたら上達するか」がわからないからだ。
 アドバイスされたことを…
 まだまだ、軽く聴いている。
 真剣に聴き実行すれば、もっとうまくなっているはず。
 上達しない原因は、
 ・自分はできていると思っている。
 ・アドバイスを真剣に聴かない。
 ・アドバイスを取り入れて練習しない。
 ことである。

 少しずつうまくなってはいるが…
 進歩にものすごく時間がかかっている。
 SOHRANは、頭がかなりかかわってくる。
 頭を使わないと、上達しない。
 SOHRANには、育ちがあらわれる。

 ◆歌
 『ふるさと』
 ・いつものように歌う。
 ・ソプラノ、アルトにわかれ、輪になって歌う。
 こちらの方が、いいかな?

 ◆認識
 SOHRANについて。
 ・自分の踊りについて
 ・(自分たちの踊りの)映像を見て
 下手だと認識する。
 どうしたらいいか、考える。
 まず、着手すべきはどこか。
 何をどう練習するか。
 頭を使わせる。
 これが、今流行の「思考力」。

 今の教育界、歯垢力になっているのではないか。

 ◆給食
 10人休みなので、少し減らしてくれたようだ。
 完食可能な感触。
 準備、会食順調。
 完食。
 10分前に、「ごちそうさま」。
 以前の学級だったら、当たり前のことなのだが…
 
 ★かたづけ
 昨日がひどかっただけに、今日は慎重に。
 食べるのが遅い子が、かたづけもよくない。
 今日は、遅い子もていねいに食べている。
 みかんを御美にして返却。
 食器もきれい。
 当たり前のことを維持するのは、けっこう大変かもしれない。
「そこまでする必要ないでしょ」
 という意識(子どもの意識)がある。
 「そこまで」とは「底まで」ということだ。
 一つひとつをきちんとやることが、実力をつける道である。

 ◆昼学
 7~8分、昼学。
 わずかな時間を有効活用できるかどうか。
 将来が決まってくる。
 時間を大切にしない人は、何をやってもダメだろう。
 南米は?
 文化が違うので、よくわからない。

 ◆掃除
 私も掃除をする。
 中学モードは、子どもたちに合わない。
 小学校では、教師率先でいいだろう。
 まだまだ、「先生がやっているから、私もやろう」の段階。
 
 時間をかけて、きれいにする。
 私も、いっしょに仕事をするのが向いている。


 ◆昼休み

 ◆社会
 『十五年戦争』について
 今日は、個人学習。
 どんどん調べて、どんどんまとめていく。

 ◆書く
 ・文集
 ・新聞
 ・授業のまとめ

 ◆SOHRAN
 2組に頼まれて、SOHRANを教える。
 ・基本となる3つの動き
 ・ポイント
 ・1番、2番、3番、それぞれの動き。

 最後は、1組の子に応援を頼む。
 見本の踊り。
 最後は、2組が踊る。
 踊れるわけはないのだが…
 踊ることが大切。
 「できない」ことが、よーくわかる。
 1組は、2組の踊りを見ていろいろなことを考える。
 初期の自分を思い出す。
 差を感じる。
 自分たちの到達状況を知ることができる。
 先ほどは、自分たちの映像を見て落ち込む。
 今、初心者の踊りを見て何かを感じる。
 両極を感じさせた。

 ◆書く 2
 先ほどの続き。
 杉渕学級静の授業。

 ◆英語
 ストーリーテリング。
 『ももたろう』※教科書に載っている教材。
 ・音読
 ・覚える。
 まずは、覚える。
 教師用の教科書には全会話が出ているが…
 子どもの教科書には、一部分しか出ていない。
 どうして、一部分しか載せないのだろう?
 不思議である。
 教師用の教科書をコピーするしかない。


 ◆今週のまとめ

 
[PR]
by sugitecyan | 2014-02-04 08:16 | 全力教室
<< 公開授業のお知らせ 3日目 >>



実践の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Buy tramadol.
from Buy tramadol.
Order butalb..
from Butalbital pha..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Azithromycin.
from Azithromycin.
Naked women.
from Free naked wom..
Buy cheap am..
from Buy ambien onl..
Buy esomepra..
from Buy esomeprazo..
Citalopram.
from Citalopram.
Buy terbinaf..
from Buy terbinafine.
Buy fioricet.
from Buy fioricet.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧